SoftBank 940P

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
'ソフトバンクモバイル 940P'
キャリア ソフトバンクモバイル
製造 パナソニックモバイルコミュニケーションズ
発売日 2009年12月18日
概要
OS Linux
音声通信方式 SoftBank 3G (W-CDMA)
GSM
(2.0GHz (W-CDMA)
900/1800/1900MHz (GSM))
形状 スライド式
(スイングスライド)
サイズ 112 × 50 × 18.8 mm
質量 149 g
連続通話時間 W-CDMA網:約220分
GSM網:約230分
連続待受時間 W-CDMA網:約640時間
GSM網:約370時間
充電時間 130分
外部メモリ microSDHC(16GBまで)
FeliCa あり
赤外線通信機能 あり
Bluetooth Ver 2.0
放送受信機能 ワンセグ放送対応
メインディスプレイ
方式 TFT
解像度 FWVGA
(854×480ドット
サイズ 3.1インチ
表示色数 26万色
サブディスプレイ
なし
メインカメラ
画素数・方式 811万画素CMOS
機能 AF付き
手ぶれ補正機能
サブカメラ
画素数・方式 {{{サブカメラ画素数}}}画素{{{サブカメラ方式}}}
カラーバリエーション
ムーンライトパープル
シャンパン
ピンク
ブラック
テンプレート / ノート
ウィキプロジェクト

SoftBank 940Pソフトバンク きゅう よん ゼロ ピー)は、パナソニック モバイルコミュニケーションズによって開発された、ソフトバンクモバイル第三世代携帯電話SoftBank 3G端末である。

特徴[編集]

ソフトバンクモバイル向けでは、5代目となるVIERAケータイNTTドコモ向けのP-02Bと兄弟機種であるため、ほぼ同じような機能を持つ。ソフトバンクモバイル向けのスライドでは810P以来の2機種目だが、スイングスライド型、スピードセレクター搭載型の端末は初である。

811万画素のモバイルカメラを搭載し、タッチフォーカス機能としてタッチパネルが搭載されている。

不具合[編集]

2010年1月28日に以下の不具合を修正するソフトウェアの更新がなされた。

  • Y!ケータイで、ブックマークされたサイトを選択すると、登録済みの他のブックマークされているサイトへ接続される場合がある。

2010年4月26日に以下の不具合を修正するソフトウェアの更新がなされた。

  • 海外(GSMエリア)でエリア内にも関わらず圏外状態のままとなる場合がある。

2012年3月22日に以下の不具合を修正するソフトウェアの更新がなされた。

  • Y!ケータイで、ブックマークされたサイトを選択すると、登録済みの他のブックマークされているサイトへ 接続される場合がある。

2012年3月27日に以下の不具合を修正するソフトウェアの更新がなされた。

  • ネットワークの状況などにより、コンテンツのダウンロードに失敗してしまう場合がある。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]