SoftBank 201HW

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ソフトバンクモバイル STREAM SoftBank 201HW
キャリア ソフトバンクモバイル
製造 華為技術日本
発売日 2012年10月10日
概要
OS Android 4.0
CPU Qualcomm Snapdragon S4 Plus MSM8960 1.5GHz(デュアルコア)
音声通信方式 SoftBank 3GW-CDMA900MHz帯対応)
GSM
データ通信方式 SoftBank 4G(AXGP)
EDGE
IEEE 802.11b/g/n(Wi-Fi認証)
形状 ストレート型
サイズ 133 × 65 × 9.9 mm
質量 131 g
連続通話時間 約650分(3G)
約430分(GSM)
連続待受時間 約420時間(3G)
約400時間(GSM)
約178時間(AXGP)
充電時間 約180分
バッテリー 1930mAh
内部メモリ ROM:4GB
RAM:1GB
外部メモリ microSD
(最大2GB)
microSDHC
(最大32GB)
日本語入力 FSKAREN
FeliCa なし
赤外線通信機能 なし
テザリング Wi-Fi
Bluetooth 3.0
放送受信機能 なし
外部接続 microUSB、イヤホン端子
メインディスプレイ
方式 SuperAMOLED
解像度 qHD
(960×540ドット
サイズ 4.3インチ
表示色数 約1677万色
サブディスプレイ
なし
メインカメラ
画素数・方式 約800万画素CMOS
機能 高速連写機能
サブカメラ
画素数・方式 130万画素画素CMOS
カラーバリエーション
フレイムブラック
        
ライトニングブラック
        
テンプレート / ノート
ウィキプロジェクト

STREAM SoftBank 201HW(ストリーム ソフトバンク ニーマルイチエイチダブリュ)は、華為技術日本(ファーウェイ・ジャパン)によって開発された、ソフトバンクモバイル第3.9世代移動通信システムSoftBank 4G端末である。SoftBank スマートフォンシリーズのひとつ。OSはAndroid 4.0を搭載している。

概要[編集]

SoftBank 4G(AXGP)対応スマートフォンとしては第1弾となるスマートフォンである。

NTTドコモ向けの事実上の兄弟機種Ascend HW-01Eと同じく、ファーウェイ製のスマートフォンでおなじみの高速ブート機能を搭載しており、電源を切った状態から約5秒で起動することが可能である。ただし、バッテリーを抜くと完全にシャットダウンしてしまうため、高速起動が無効となる。

なお、ワンセグおサイフケータイNFC赤外線通信には対応していないほか、防水性能は備えていない。防水と赤外線通信に非対応なのはHW-01Eと共通である。

ソフトバンクモバイルの端末としては、3機種目にあたるSIMロック解除対応端末である(後述のように、派生端末では不可)。


派生端末[編集]

2013年11月22日からスマートフォン向けプリペイドサービス「プリスマ」向けに、AXGP通信機能などを省略して1万円分のチャージ付きでのセット販売(端末名は、SoftBank 201HW 3G)が販売された[1]

この機種はウィルコムからも2013年9月5日に発売(201HWとして)された。スペックなどはほぼ共通しているが、PHS網での通話は不可。

搭載アプリ[編集]

その他機能[編集]

主な対応サービス
タッチパネル qHD液晶 4.3インチ フルブラウザ SoftBank 4G [2]
バッテリー容量 1930mAh テザリング WiFi GPS
800万画素カメラ ワンセグ デジタルオーディオプレーヤー(AAC)(WMA) おサイフケータイNFC
Bluetooth 赤外線通信 緊急速報メール 防水/防塵

歴史[編集]

アップデート履歴[編集]


脚注[編集]

関連項目[編集]


外部リンク[編集]