N-04D

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
NTTドコモ N-04D
N-04D 前面
N-04D 前面
N-04D 背面
N-04D 背面
キャリア NTTドコモ
製造 NECカシオ モバイルコミュニケーションズ
発売日 2012年2月15日[1]
概要
OS Android 2.3.6 → 4.0.4
CPU Qualcomm Snapdragon S3 APQ8060 1.2GHz(デュアルコア)
音声通信方式 3GFOMAW-CDMA
2GGSM
(3G:800MHz、850MHz、2GHz)
(2G:900MHz、1800MHz、1900MHz))
データ通信方式 3.9GXi
3GFOMAHSDPAHSUPA
2GGSM
無線LAN(IEEE 802.11b/g/n)
形状 ストレート型
サイズ 131 × 67 × 10.9 (最厚部約 11.3) mm
質量 約149 g
連続通話時間 約200分(3G)/約210分(GSM)
連続待受時間 約240時間(3G)/約200時間(LTE)/約210時間(GSM)
充電時間 約220分
バッテリー 1520mAh
内部メモリ RAM:1GB
ROM:16GB
外部メモリ microSD
(2GBまで・ドコモ発表)
microSDHC
(32GBまで・ドコモ発表)
日本語入力 ATOKT9式入力対応)
FeliCa あり
赤外線通信機能 あり
Bluetooth あり V4.0+EDR [2]
放送受信機能 ワンセグ対応
外部接続 microUSB
備考 G-SHOCK連携対応
メインディスプレイ
方式 TFT
解像度 HD
(1280×720ドット
サイズ 4.3インチ
表示色数 約1677万色
サブディスプレイ
なし
メインカメラ
画素数・方式 約810万画素CMOS
機能 HD 1080p動画撮影
手ぶれ補正機能
顔認識
サブカメラ
なし
カラーバリエーション
Advance Black
            
テンプレート / ノート
ウィキプロジェクト

docomo NEXT Series MEDIAS LTE N-04D(ドコモ ネクストシリーズ メディアス エルティーイー エヌゼロヨンディー)は、NECカシオ モバイルコミュニケーションズによって開発された、NTTドコモ第3.9世代移動通信システムXi)と第3世代移動通信システムFOMA)とのデュアルモード端末である。docomo NEXT seriesのひとつ。

概要[ソースを編集]

  • MEDIASシリーズの一つで、初のXi対応モデルである。
  • HD液晶及び1.2GHzのデュアルコアCPUを採用しており、ROMの容量は16GB、RAMの容量は1GBである。
  • 同日発表されたN-01Dと同じくBluetooth 4.0(Bluetooth Low Energy)を搭載しており、カシオ計算機製腕時計G-SHOCKと連携させることも可能である。
  • 搭載されている充電池の容量は1520mAhである。
  • テザリングをサポートしている。
  • 防水性能を備えているが、おくだけ充電には対応していない。
  • 卓上のホルダが附属しているが、コネクタの形状による問題から「ACアダプタ 03」ではなく「FOMA ACアダプタ 02」を接続する必要がある。本体に直接接続して充電する場合は、「ACアダプタ 03」を直接つなぐか、付属する「FOMA 充電microUSB変換アダプタ N01」で中継した上で「FOMA ACアダプタ 02」を利用するかのいずれかとなる。ただし、直接本体に接続する場合は、前者のほうが出力電流が大きいため、充電時間が短くなる。

Android 4.0での変更点[ソースを編集]

2012年12月18日にAndroid 4.0へのアップデートが開始された。

アップデートに伴う変更点・機能の追加は以下とおり。

  • スクリーンキャプチャ機能の追加
  • 伝言メモ機能の追加
  • プライバシー設定機能の追加
  • クイック返信機能の追加
  • フォルダ作成の簡易化
  • 文字入力(ATOK)の機能追加
    • 2タッチ入力機能への対応
    • 手書き入力の機能改善
  • ecoモードの機能追加
    • 「ecoモード自動設定」機能の追加
  • Bluetoothプロファイルの追加(HID)
  • 「iコンシェル」、「SDカードバックアップ」アプリなどの追加。

また、以下の不具合も解消される。

  • 地図アプリでナビ機能を利用中、まれに再起動する場合がある。

搭載アプリ[ソースを編集]

ドコモサービス
基本機能
  • 電話
  • spモードメール(2013年12月10日にドコモメールにアップデート可能になる予定)
  • 電話帳(Android4.0はアップデートによりドコモ電話帳を利用できる)
  • メール
  • Gmail
  • エリアメール
  • メッセージ
  • トーク
  • 災害キット
  • 取扱説明書
  • ブラウザ
  • 検索
  • 音声検索
  • Playストア
便利ツール
  • カメラ
  • メモ
  • スケジュール
  • カレンダー
  • 地図アプリ
  • ご当地ガイド
  • マップ
  • ナビ
  • ローカル
  • 名刺作成
  • 赤外線
  • 電卓
  • 時計
  • WELLNESS
  • BEAUTY
  • Quickoffice
  • ファイルマネージメント
  • MEDIAS NAVI
  • 音楽

主な機能[ソースを編集]

主な対応サービス
タッチパネル加速度センサー Xi[3]FOMAハイスピード[4] Bluetooth DCMXおサイフケータイ赤外線トルカ
ワンセグ[5] メロディコール テザリング(Wi-Fi・USB) WiFi IEEE802.11b/g/n
GPS spモード電話帳バックアップ デコメールデコメ絵文字デコメアニメ iチャネル
エリアメール/ソフトウェアーアップデート自動更新 デジタルオーディオプレーヤー(WMA)(MP3他) GSM3GローミングWORLD WING フルブラウザFlash Player 10.3
Androidマーケット/dメニュー/dマーケット GmailGoogle TalkYouTubePicasa バーコードリーダ名刺リーダ ドコモ地図ナビGoogle Mapsストリートビュー

歴史[ソースを編集]

アップデート[ソースを編集]

2012年3月8日のアップデート
  • 電池残量が少なく本体に負荷がかかっている際に、まれに本体が再起動する場合がある。
  • ブラウザを繰り返し利用するとまれにブラウザの起動に時間がかかる場合がある。
2012年5月14日のアップデート
  • イヤホンを挿入したたま通話を行うと受話音量の変更ができない場合がある。
2012年9月19日のアップデート
  • 携帯電話とG-SHOCKをBluetoothで接続した際、電話を着信してもG-SHOCKが鳴動しない場合がある。
  • microSDXCカードを差し込むと、microSDXCカード内のデータが破損する。

※ただし、ソフトウェアアップデートを実施してもmicroSDXCカードの利用は不可。

2013年4月25日のアップデート
  • 特定の環境において地図アプリでナビ機能を利用中、まれに本体が再起動する場合がある。
2014年3月14日のアップデート[9]
  • 携帯電話(本体)とG-SHOCKをBluetooth®接続するためのペアリングに失敗する場合がある不具合を修正する。
  • ビルド番号がA3003401A3003601A3003801からA3004201になる。

脚注[ソースを編集]

  1. ^ 当初は2月10日発売予定だったが延期となった
  2. ^ 対応プロファイル:HSP、HFP、OPP、A2DP、AVRCP、SPP、PBAP、PXP、ANP、PASP、FMP、TIP(Android 4.0へのアップデートでHIDにも対応。)
  3. ^ 受信時:75Mbps/送信時:25Mbps
  4. ^ 受信時:14Mbps/送信時:5.7Mbps
  5. ^ 連続視聴時間:約280分
  6. ^ 報道発表資料 : 「docomo NEXT series MEDIAS LTE N-04D」を発売 | お知らせ | NTTドコモ
  7. ^ MEDIAS LTE N-04Dの製品アップデート情報 | お客様サポート | NTTドコモ
  8. ^ OSバージョンアップ » N-04D » docomo 機種一覧 | NEC mobile
  9. ^ MEDIAS LTE N-04Dの製品アップデート情報 | お客様サポート | NTTドコモ

関連項目[ソースを編集]

外部リンク[ソースを編集]