SC-04F

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
NTTドコモ GALAXY S5 SC-04F
Samsung Galaxy S5 logo.svg
Samsung Galaxy S5.png
グローバルモデルとしてのGALAXY S5
(ドコモ版は画面上部のサムスンのロゴが「NTT docomo Xi」となっている)
キャリア NTTドコモ
製造 サムスン電子
発売日 2014年5月15日
概要
OS Android 4.4.2→Android 5.0→Android 6.0.1
CPU Qualcomm
Snapdragon 801
MSM8974AC 2.5GHz
(クアッドコア)
音声通信方式 3.9GVoLTE(LTE)
3GFOMA(W-CDMA)
2GGSM
データ通信方式 3.9GXi
3GFOMA(HSDPAHSUPA)
2GGSM
無線LAN(IEEE 802.11a/b/g/n/ac)
形状 ストレート型
サイズ 142 × 73 × 10.3(最厚部12.9) mm
質量 約147 g
連続通話時間 約1020分(LTE)
約1020分(3G)
約700分(GSM)
連続待受時間 約500時間(静止時・3G)
約440時間(静止時・LTE)
約440時間(静止時・GSM)
充電時間 約100分(ACアダプタ05使用時)
約125分(ACアダプタ04使用時)
バッテリー 2800mAh
内部メモリ ROM:32GB
RAM:2GB
外部メモリ microSD
(最大2GB・ドコモ発表)
microSDHC
(最大32GB・ドコモ発表)
microSDXC
(最大128GB・ドコモ発表)
日本語入力 iWnnIME
FeliCa FeliCa/NFC
赤外線通信機能  なし
テザリング Wi-Fi:10台
USB:1台
Bluetooth 4.0[注 1]
放送受信機能 ワンセグ
モバキャス
外部接続 microUSB
φ3.5mmステレオイヤホンジャック
備考 実使用時間:65時間
メインディスプレイ
方式 SUPER AMOLED
解像度 FHD
(1920×1080ドット
サイズ 5.1インチ
表示色数 約1677万色
サブディスプレイ
なし
メインカメラ
画素数・方式 約1600万画素裏面照射型CMOS
機能 2160p動画撮影、手ぶれ補正機能
顔認識
サブカメラ
なし
カラーバリエーション
Shimmery WHITE
Charcoal BLACK
Sweet PINK
テンプレート / ノート
ウィキプロジェクト

ドコモ スマートフォン GALAXY S5 SC-04F(ドコモ スマートフォン ギャラクシー エスファイブ エスシーゼロヨンエフ)は、韓国のサムスン電子によって開発された、NTTドコモ第3.9世代移動通信システムXi)と第3世代移動通信システムFOMA)のデュアルモード端末である。ドコモ スマートフォン(第2期)のひとつ。製品番号はSM-G900D

概要[編集]

SC-04Eの後継機種で、グローバルモデルであるGALAXY S5の日本国内ローカライズモデルとなる。

ドコモ向けのGALAXYブランドのスマートフォンでは初となる防水(IPX5/7)・防塵(IP6X)対応機種である。

基本的な性能は先にau向けに発表されたSCL23とほぼ同等だが、こちらはモバキャスの受信機能とVoLTEが追加されており、さらにピンク系のカラーバリエーションにおいてグローバルモデル及びau版の「Champagne Pink」と異なり、ドコモオリジナルカラーとして「Sweet PINK」が用意されている。

「Shimmery WHITE」・「Charcoal BLACK」・「Sweet PINK」の他にもオプションとしてアイ・オー・データ機器扱いで用意されているリアカバーを使用すれば国内モデルでは用意されていないelectric BLUEにすることもできる。[1]

なお、フルセグ放送の受信には対応していない。

キャッチコピーは「そろそろ、次の世界へ。」

搭載アプリ[編集]

PC連携アプリ
  • Samsung Kies 3
Google標準アプリ
メーカー提供アプリ
  • ChatON
  • Dropbox
  • Eメール
  • Flipboard
  • POLARIS Office Viewer
  • S Health
  • Samsung Apps
  • Smart Remote
  • SMS
  • Sプランナー
  • Sボイス
  • おサイフケータイ
  • カメラ
  • ギャラリー
  • ダイヤル
  • ビデオ
  • ブラウザ
  • ボイスレコーダー
  • マイファイル
  • メモ
  • ワンセグ
  • 音楽
  • 辞典
  • 設定
  • 電卓
  • 時計
  • 取扱説明書
  • 防災生活インフォ
  • 連絡先

主な機能[編集]

主な対応サービス
タッチパネル/加速度センサー Xi[注 2]/FOMAハイスピード[注 3]/VoLTE Bluetooth DCMX/おサイフケータイ/NFC/かざしてリンク/トルカ
ワンセグ[注 4]/フルセグ/モバキャス[注 5] メロディコール テザリング WiFi IEEE802.11a/b/g/n/ac
GPS ドコモメール/電話帳バックアップ デコメール/デコメ絵文字/デコメアニメ iチャネル
エリアメール/ソフトウェアーアップデート自動更新 デジタルオーディオプレーヤー(WMAMP3他) GSM/3Gローミング(WORLD WING) フルブラウザ/Flash Player
Google Play/dメニュー/dマーケット Gmail/Google Talk/YouTube/Picasa バーコードリーダ/名刺リーダ ドコモ地図ナビ/ドコモ ドライブネット/Google Maps/ストリートビュー

歴史[編集]

  • 2014年2月25日(現地時間) - スペインバルセロナの携帯電話展示会「Mobile World Congress 2014」にてサムスン電子よりグローバルモデル発表。ただし、この時点では日本国内での販売は未定だった[2]
  • 2014年5月14日 - NTTドコモより発表・事前予約開始。
  • 2014年5月15日 - 発売開始。
  • 2014年6月24日 - ソフトウェア更新によりVoLTEに対応[3]

アップデート・不具合など[編集]

2014年5月29日のアップデート[4]
  • 携帯電話(本体)の画面をOFF/ON後、まれに一部アプリが正しく起動できない場合がある不具合を修正する。
  • ビルド番号がKOT49H.SC04FOMU1ANC0からKOT49H.SC04FOMU1ANE3になる。
2014年6月24日のアップデート(機能バージョンアップ)[4]
  • 「VoLTE(ボルテ)」に対応。本端末を利用して、VoLTEを利用可能となる。
  • ビルド番号がKOT49H.SC04FOMU1ANE3からKOT49H.SC04FOMU1VNF8になる。
2014年10月15日のアップデート[4] ※ソフトウェア更新の対象は、2014年6月24日より提供している機能バージョンアップを実施された携帯電話となるため、事前に機能バージョンアップの実施が必要。
  • ビデオコール時、自端末に表示される相手画像が正常に表示されない場合がある不具合を修正する。
  • ビルド番号がKOT49H.SC04FOMU1ANC0KOT49H.SC04FOMU1ANE3からKOT49H.SC04FOMU1VNJ1になる。
2015年1月6日のアップデート[4]
  • 通話中、相手の声に雑音が混入する場合がある不具合を修正する。
  • ビルド番号がKOT49H.SC04FOMU1ANC0KOT49H.SC04FOMU1ANE3KOT49H.SC04FOMU1VNF9KOT49H.SC04FOMU1VNJ1からKOT49H.SC04FOMU1VNL5になる。
2015年6月4日のアップデート[4]
  • Android 5.0 Lollipop への OS バージョンアップ
  • 画面デザインや操作感の刷新
  • ロック画面への通知表示
  • VoLTE通話中、まれに相手の声が途切れて聞こえる場合がある不具合の修正
  • ビルド番号がLRX21T.SC04FOMU1WOEAになる

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 対応プロファイル:HSP、HFP、OPP、SPP、HID、A2DP、AVRCP、PBAP、PAN(PANU対応)、SAP、MAP
  2. ^ 受信時:150Mbps/送信時:50Mbps
  3. ^ 受信時:14Mbps/送信時:5.7Mbps
  4. ^ 連続視聴時間:約600分
  5. ^ 連続視聴時間:約410分

出典[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

先代:
GALAXY S4 SC-04E
GALAXY S
GALAXY S5 SC-04F
GALAXY S5 SCL23
次代:
Galaxy S6 edge SC-04G
Galaxy S6 SC-05G
Galaxy S6 edge SCV31