SC-01G

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
NTTドコモ GALAXY Note Edge SC-01G
Samsung Galaxy Note Edge.png
グローバルモデルとしてのGALAXY Note Edge
(NTTドコモ版は画面上部のサムスンのロゴが無い[1]。)
キャリア NTTドコモ
製造 サムスン電子
発売日 2014年10月23日(Charcoal Black)
11月13日(Frost White)
概要
OS Android 4.4→5.0→6.0
CPU Qualcomm
Snapdragon 805
APQ8084 2.7GHz
(クアッドコア)
音声通信方式 3.9GVoLTE(LTE)
3GFOMA(W-CDMA)
2GGSM
データ通信方式 3.9GXi
3GFOMA(HSDPAHSUPA)
2GGSM
無線LAN(IEEE 802.11a/b/g/n/ac)
形状 ファブレット
(右側に曲面ディスプレイ搭載)
サイズ 151 × 82 × 8.5(最厚部10.1) mm
質量 約177 g
連続通話時間 約1110分(LTE)
約1020分(3G)
約700分(GSM)
連続待受時間 約470時間(静止時・3G)
約430時間(静止時・LTE)
約400時間(静止時・GSM)
充電時間 約100分[2](急速充電対応)
バッテリー 3000mAh
内部メモリ RAM:3GB
ROM:32GB
外部メモリ microSD
(最大2GB・ドコモ発表)
microSDHC
(最大32GB・ドコモ発表)
日本語入力 iWnn
FeliCa FeliCa/NFC(決済対応)
赤外線通信機能 なし
テザリング Wi-Fi(最大10台)
Bluetooth(最大3台)
USB(最大1台)
Bluetooth 4.1[3]
放送受信機能 ワンセグ[4]
フルセグ(録画・データ放送対応)[5]
モバキャス[6]
外部接続 microUSB
MHL 3.0
3.5φイヤホンマイク端子
備考 1.実使用時間:約68.6時間
メインディスプレイ
方式 有機EL
SUPER AMOLED
解像度 WQHD
((1440+160)×2560ドット)
サイズ 5.6インチ
表示色数 約1677万色
サブディスプレイ
なし
メインカメラ
画素数・方式 約1600万画素裏面照射型CMOS
機能 手ぶれ補正機能
2160p動画
顔認識
サブカメラ
画素数・方式 約370万画素裏面照射型CMOS
機能 手ぶれ補正機能
カラーバリエーション
Charcoal Black
Frost White
テンプレート / ノート
ウィキプロジェクト

ドコモ スマートフォン GALAXY Note Edge SC-01G(ドコモ スマートフォン ギャラクシー ノート エッジ エスシーゼロイチジー)は、韓国サムスン電子によって開発された、NTTドコモ第3.9世代移動通信システムXi)と第3世代移動通信システムFOMA)のデュアルモード端末である。ドコモ スマートフォン(第2期)のひとつ。

概要[編集]

SC-01Fの後継機種で、筺体の右側に曲面ディスプレイを搭載している。この曲面ディスプレイは本体と独立しており、アプリケーションの切り替えを素早く行ったり、ショートカット操作を行うことが可能となっているほか、アプリの操作や動画視聴、写真や動画撮影を全画面を使って楽しむことができる。

Noteシリーズの独自機能である「Sペン」が進化。ペン先の感度が「GALAXY Note 3」と比較し約2倍になり、まるで紙に書くようなリアルな使い心地を実現。またSペンのボタンを押しながらさっと線を引くだけで写真やテキストの一括選択ができるなど、PCのマウスのような操作性も実現している。

インカメラはF値1.9の広角レンズを採用した370万画素で、ワイド自分撮りモードを使えば、最大120°の広角撮影が可能で、複数人数での集合写真も撮影できる。

他にも、日本独自機能としてワンセグ・おサイフケータイに加え、GALAXYシリーズでは初となるフルセグ放送の受信にも対応している。またハイレゾ音源の再生に対応し、K2[7]HDプロセッシングによりMP3CDの音楽データをハイレゾ化することで、失われてしまう音楽情報を再生成し、原音に極めて忠実な高音質で再生することが可能となっている。さらに3つのマイクを使ったノイズキャンセラー機能搭載により、雑音を排除したクリアな通話音質を実現したほか、ボイスレコーダーでは、8方向からの音や会話を聞き分けて、音声の方向を判別して録音し、特定方向からの会話だけを再生することができる「会議モード」も搭載している。

TD-LTEと700MHzに対応している。TD-LTE対応はドコモ スマートフォンシリーズでは本機種が初めてとなる。

なお、防水性能は搭載していない。

キャッチコピーは「スマホの新しいカタチ。曲面有機ELディスプレイでプレミアムな使い方を。」

搭載アプリ[編集]

PC連携アプリ
  • Samsung Kies 3
Google標準アプリ
メーカー提供アプリ
  • Dropbox
  • Evernote
  • Eメール
  • Flipboard
  • GALAXY Apps
  • PEN.UP
  • S Health
  • Samsung Apps
  • Smart Remote
  • SMS
  • Sノート
  • Sプランナー
  • Sボイス
  • おサイフケータイ
  • カメラ
  • ギャラリー
  • スクラップブック
  • ダイヤル
  • ビデオ
  • ブラウザ
  • ボイスレコーダー
  • マイファイル
  • テレビ
  • ミュージック
  • 辞書
  • 設定
  • 電卓
  • 時計
  • 取扱説明書
  • 防災生活インフォ
  • 名刺認識
  • 連絡先


主な機能[編集]

主な対応サービス
タッチパネル/加速度センサー Xi[8]/FOMAハイスピード[9]/VoLTE Bluetooth DCMX/おサイフケータイ/NFC/かざしてリンク/赤外線/トルカ
ワンセグ/フルセグ/モバキャス メロディコール テザリング WiFi IEEE802.11a/b/g/n/ac
GPS ドコモメール/電話帳バックアップ デコメール/デコメ絵文字/デコメアニメ iチャネル
エリアメール/ソフトウェアーアップデート自動更新 デジタルオーディオプレーヤー(WMAMP3他)/ハイレゾ音源 GSM/3Gローミング(WORLD WING) フルブラウザ/Flash Player
Google Play/dメニュー/dマーケット Gmail/Google Talk/YouTube/Picasa バーコードリーダ/名刺リーダ ドコモ地図ナビ/ドコモ ドライブネット/Google Maps/ストリートビュー


歴史[編集]

アップデート・不具合など[編集]

2015年2月2日のアップデート[14]
  • 通話中、相手の声に雑音が混入する場合がある不具合を修正する。
  • ビルド番号がKTU84P.SC01GOMU1ANJ3からKTU84P.SC01GOMU1AOA3になる。
2015年4月21日
  • 使用状況によって、電池の持ちが悪くなる場合がある。
  • ビルド番号:KTU84PSC01GOMU1AOD1
2015年7月23日
  • Android 5.0へアップデート
  • VoLTE通話中、まれに相手の声が途切れて聞こえる場合がある。
  • ビルド番号:LRX22C.SC01GOMU1BOF4
2015年8月31日
  • ビデオコール時、自端末に表示される相手画像が正常に表示されない場合がある。
  • ビルド番号:LRX22C.SC01GOMU1BOH7
2016年4月18日
  • 特定の条件下において、着信拒否が正常に動作しない場合がある。
  • ビルド番号:LRX22C.SC01GOMU1BPC3

脚注[編集]

  1. ^ 従来はサムスンのロゴの代わりに画面上部に「NTT docomo Xi」と刻印されていたが、本機種ではドコモのロゴは本体裏側に配置されている。
  2. ^ ACアダプタ05(別売)使用時
  3. ^ 対応プロファイル:HFP、HSP、OPP、SPP、HID、A2DP(aptX/SBC対応)AVRCP、PBAP、PAN(PAN-NAP/PANU対応)、SAP、MAP
  4. ^ 連続視聴時間:約530分
  5. ^ 連続視聴時間:約330分
  6. ^ 連続視聴時間:約430分
  7. ^ JVCケンウッドビクターエンタテインメントが共同で開発を進めてきたデジタル音源の高音質化技術。
  8. ^ 受信時:150Mbps/送信時:50Mbps
  9. ^ 受信時:14Mbps/送信時:5.7Mbps
  10. ^ サムスン、「GALAXY Note 4」「GALAXY Note Edge」を発表 - ケータイ Watch 2014年9月4日
  11. ^ 「Galaxy Note Edge」日本発売へ、「東京ゲームショウ 2014」でも展示 - ケータイ Watch2014年9月18日
  12. ^ 報道発表資料 :2014-2015冬春モデルの2機種を発売 -「ドコモ スマートフォン GALAXY Note Edge SC-01G(Charcoal Black)」「ドコモ スマートフォン XperiaTM Z3 SO-01G」- | お知らせ | NTTドコモ
  13. ^ 報道発表資料 | 2014-2015冬春モデルの2機種を発売 | お知らせ | NTTドコモ
  14. ^ GALAXY Note Edge SC-01Gの製品アップデート情報 | お客様サポート | NTTドコモ

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

先代:
GALAXY Note 3 SC-01F
GALAXY Note 3 SCL22
GALAXY Note
GALAXY Note Edge SC-01G
GALAXY Note Edge SCL24
※GALAXY Note 4は日本国内では未発売。
次代:
-