東京ゲームショウ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
東京ゲームショウ
TOKYO GAME SHOW
東京ゲームショウ(2004年)
東京ゲームショウ(2004年)
イベントの種類 展示会
通称・略称 TGS
開催時期 毎年9月または10月
#開催実績も参照)
初回開催 1996年8月22日 - 8月24日
会場 東京ビッグサイト(1996年 - 1997年春)
幕張メッセ(1997年秋 - )
主催 社団法人コンピュータエンターテインメント協会(CESA)
共催 日経BP社
後援 経済産業省
協賛 NTTドコモ(特別協賛)
来場者数 268,446人(2015年)
最寄駅 JR海浜幕張駅
公式サイト
備考
2001年までは春・秋の年2回開催(2002年より年1回、毎年秋に開催)

東京ゲームショウ(とうきょうゲームショウ、TOKYO GAME SHOW)とは、コンピュータエンターテインメント協会(CESA)の主催によって開催される、コンピューターゲームを始めとするコンピューターエンタテイメントの日本最大規模の総合展示会である。略称としてTGSと表記される事があり、本項もそれに倣う。E3Gamescomと並ぶ世界三大ゲームショウでもある。

概要[編集]

入場ゲート(2008年)
試遊台の様子(ソニー、2006年)
初音ミク巡音ルカのコスプレ(2011年)

毎年2〜3月頃にその年の開催概要が決定され3〜6月頃にかけて各社の出展希望を受け付け、当日のブース設営位置なども7月に決定される。初日(通常木・金曜日)はビジネスデイとして原則的にゲーム業界関係者および報道関係者のみの公開となる。このイベントは年末商戦に向けての各社の新作発表・展示という意味合いもあり、1996年の第1回開催以来、毎年大勢の来場者を集め、日本のゲーム業界およびゲームファンにとっての年に一度の祭典となっている。特にスマートフォンなどの携帯電話ゲームの部門においては最大規模を誇る。

一方で、2000年代における日本ゲーム機市場の世界市場におけるシェア縮小、および売上を伸ばす作品の海外との乖離、TGSより先に行われるアメリカのゲームイベント『PAX West』の台頭のため、世界ゲーム市場から見た場合の重要性は年々低下している。そのため近年の開催側は、世界規模で認知されるイベントへと復権するべくパフォーマンスを続けている。出展企業においても露出の高めなイベントコンパニオンを多数起用し、カメコよる需要の掘り起こしを行っている。

「東京ゲームショウ2013」では33ヶ国・地域から、352企業・団体が参加。スマートフォンの普及や性能向上を背景に、ソーシャルゲームや、表現力を高めた新作ゲームが注目を集めた。一方、年末商戦を前に、新型ゲーム機向けのゲームも数多く発表された。総来場者数は、過去最高の27万197人であった。

当展示会では、来場者のコスプレが認められている。開催初期の頃はゲームを題材とした同人誌即売会が併催されたこともあった。

また、年によってはゲーム好きのお笑い芸人アーティストなどの芸能人のトークセッションイベントが行われる場合もある。

通常は前売り券1,000円、当日券1,200円だが、障害者や70歳以上の人などは、当日券のみだが100円で入場できる。

期日[編集]

  • 1996年 - 8月の1回(3日間)
  • 1997年〜2001年 - 春・秋の年2回(各3日間)
  • 2002年〜2006年 - 秋の年1回(3日間)
  • 2007年〜 - 秋の年1回(4日間)

会場[編集]

沿革[編集]

  • 1996年 - 「東京ゲームショウ'96」(第1回)開催
  • 1997年 - 展示内容の増加と来場者多数のため、秋の開催から、会場を東京ビッグサイトから幕張メッセに変更。
  • 1999年 - 秋の東京ゲームショウより、併催されていた技術説明会がCEDECとして一新された[1]
  • 2002年 - 入場者数と出展者数の伸び悩みから、年1回の開催に変更。
  • 2002年 - 以降日経BP社との共催に変更。
  • 2007年 - 開催期間を4日間に変更。
  • 2007年 - 経済産業省の主導で東京国際映画祭などと統合し、「JAPAN国際コンテンツフェスティバル」の一イベントとして開催される。
  • 2008年 - 会場内の電力バイオマス発電の利用開始。
    • かつて学校週5日制が完全実施されていなかった頃は、会期中の土曜日の小・中・高校生の入場は午後2時からに制限されており(ただし、該当日が登校日の場合のみ)、代わりに当日は19時まで開場していた。また、初日のビジネスデイ(金曜日)の午後を一般開放に当てていた時期もあった。
  • 2015年 - 会場をイベントホールを含めた施設全体に拡大。期間中は黒バスカップの開催も予定している。

トピックス[編集]

参加・不参加[編集]

任天堂[編集]

ゲーム業界最大手の任天堂は、同社がコンピュータエンターテインメント協会の特別協賛会員であるが、「入場料が有料である」「東京近辺の人しか来られない」との理由から[2]、TGSへは、基本的に出展していない[3]。ただし、併催される業界向けフォーラムや開催イベントなどには関係者が出席した事例がある[4]

なお、近年ではTGS開催時期において重要な発表がある場合、業者には任天堂主催のイベント「任天堂カンファレンス」を東京ビッグサイトで行っているが、2012年度はニンテンドーダイレクト等と同じようにUStreamおよびニコニコ生放送を通じてのネット配信に切り替えた。

なお、闘会議では特別協賛として、TGSより先に行われるPAX PRIMEには出展している。

マイクロソフト[編集]

マイクロソフトは東京ゲームショウ2001より毎年出展していたが、2012年度は出展を見送ることとなった[5]。2013年度はXbox Oneの発表もあったことから、出展した[6]

レベルファイブ[編集]

レベルファイブは2011年のTGSには自社出展せず[7]、独自に「レベルファイブワールド 2011」という自社イベントを10月15〜16日に東京ビッグサイトで開催した。2014年以降は一般出展を取りやめ、ビジネスミーティングエリアのみの出展となった。

日本ファルコム[編集]

1990年代、もともとPCエンジンCD-ROM主体だったからか出展の規模はかなり小さかった、しかし2000年代に入ると家庭用ゲーム機に積極的に参戦し始め、グッズ販売、新作ゲームの展示が多く執り行われていく。2010年代に入るとPC向けソフトウェア開発からは事実上撤退状態となり、空の軌跡シリーズのPS3のリマスタ作品の発表に伴いさらに出展の規模は拡大される事となる。

その他メーカー[編集]

本イベントに限らず、サブカルチャーのイベント全般に言えることであるが、会場へ直接足を運ぶ労力や、入場有料であるという性質、来客の多くはコアユーザー・マニアが中心となるため、カジュアルなユーザーを対象としたメーカーおよびタイトルは出展を見送る、または小規模となる場合が少なくない。「概要」で述べたように日本市場と海外市場(特に北米と欧州)では世界市場との乖離が大きいため、日本以外のメーカーの出展は東アジア圏以外は少なく、日本の大手メーカーがローカライズを行ったもの以外での欧米タイトル出展は少ない。

その他にも過去に様々な事情で大手メーカーが出展を見送ったことがあった[8]

開催実績[編集]

回数 タイトル キャッチフレーズ 開催場所 開催期間 出展数 来場者数
第1回 東京ゲームショウ'96 ゲームショウでゲームしよう 東京ビッグサイト 1996年8月22日 - 24日 87社 109,649人
第2回 東京ゲームショウ'97春 みんな集まれゲームの新学期! 1997年4月4日 - 6日 104社 121,172人
第3回 東京ゲームショウ'97秋 The Entertainment of Your Life 幕張メッセ 1997年9月5日 - 7日 104社 140,630人
第4回 東京ゲームショウ'98春 ゲームは無限のエネルギー。 1998年3月20日 - 22日 93社 147,913人
第5回 東京ゲームショウ'98秋 ゲームパワー、見せてあげる 1998年10月9日 - 11日 92社 156,455人
第6回 東京ゲームショウ'99春 スイッチ・オン! 1999年3月19日 - 21日 82社 163,448人
第7回 東京ゲームショウ'99秋 Coming Surprise 〜スゴイは、ここから〜 1999年9月17日 - 19日 74社 163,866人
第8回 東京ゲームショウ2000春 東京ゲームショウは2000年バージョンへと進化する 2000年3月31日 - 4月2日 66社 131,708人
第9回 東京ゲームショウ2000秋 生活を楽しむエンターテインメント 〜The Entertainment of Your Life〜 2000年9月22日 - 24日 63社 137,400人
第10回 東京ゲームショウ2001春 ゲームが開く21世紀エンタテインメント 2001年3月30日 - 4月1日 53社 118,080人
第11回 東京ゲームショウ2001秋 Let's Play together 〜さあ一緒に遊ぼう〜 2001年10月12日 - 14日 53社 129,626人
第12回 東京ゲームショウ2002 遊びは人類のDNA。 2002年9月20日 - 22日 85社 134,042人
第13回 東京ゲームショウ2003 遊び心が世界を変える 2003年9月26日 - 28日 111社 150,089人
第14回 東京ゲームショウ2004 最新の感動を、世界のみんなへ 2004年9月24日 - 26日 117社 160,096人
第15回 東京ゲームショウ2005 最前列で未来を見よう。 2005年9月16日 - 18日 131社 176,056人
第16回 東京ゲームショウ2006 新興奮。新感動。新時代。 2006年9月22日 - 24日 148社 192,411人
第17回 東京ゲームショウ2007 つながって、ひろがって、世界へ。 2007年9月20日 - 23日 217社 193,040人
第18回 東京ゲームショウ2008 さあ、行こう!GAMEの時間です。 2008年10月9日 - 12日 209社 194,288人
第19回 東京ゲームショウ2009 GAMEは、元気です。 2009年9月24日 - 27日 180社 185,030人
第20回 東京ゲームショウ2010 GAMEは、新章へ。 2010年9月16日 - 19日 194社 207,647人
第21回 東京ゲームショウ2011 心が躍れば、それはGAMEです。 2011年9月15日 - 18日 193社 222,600人
第22回 東京ゲームショウ2012 GAMEで笑顔がつながっていく 2012年9月20日 - 23日 209社 223,753人
第23回 東京ゲームショウ2013 GAMEは進化し続ける 2013年9月19日 - 22日 352社 270,197人
第24回 東京ゲームショウ2014 GAMEは変わる、遊びを変える。 2014年9月18日 - 21日 421社 251,832人
第25回 東京ゲームショウ2015 もっと自由に、GAMEと遊ぼう。 2015年9月17日 - 20日 480社 268,446人
第26回 東京ゲームショウ2016 エンターテインメントが変わる。未来が変わる。 2016年9月15日 - 18日 614社 271,224人
赤字(最高)青字(最低)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ TGSの併催イベント「CEDEC」は開発者向け展示会&セミナー”. ITmedia (1999年6月28日). 2013年7月6日閲覧。
  2. ^ ニンテンドードリーム』2007年12月号記載。
  3. ^ ただし、一度だけ、2001年春に特別招待された際に、『ゲームボーイミュージック』(後に発売中止。後年『大合奏!バンドブラザーズ』としてニンテンドーDS用タイトルとして再開発・発売された)を出展した事例がある。
  4. ^ 2005年のフォーラムでは、その席上でWii(当時は仮称「レボリューション」)の詳細情報(コントローラ(Wiiリモコン)の情報のみ)が発表された。トークイベントや日本ゲーム大賞の表彰などで、任天堂のゲームクリエイターが招かれた事例もある。
  5. ^ マイクロソフトがGamescom 2012およびTGS 2012への出展を見送り
  6. ^ 出展社一覧(公式サイト)
  7. ^ 同年の『ニノ国 白き聖灰の女王』はソニー・コンピュータエンタテインメント、『レイトン教授VS逆転裁判』はカプコンからの出展である。
  8. ^ 例として、2000年秋にスクウェア、2001年春にセガエニックス2007年GENKIなどがある

関連項目[編集]

外部リンク[編集]