Twitch

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Twitch
Twitch logo 2019.svg
URL www.twitch.tv
タイプ ストリーミングサービス
前身 Justin.tv
運営者 Twitch Interactive, Inc.
設立者
  • Justin Kan
  • Emmett Shear
  • Michael Seibel
  • Kyle Vogt
  • Kevin Lin
主要人物
  • Emmett Shear (CEO)
  • Sara Clemens (COO)
株主 Amazon.com, Inc.
営利性 営利
登録 任意
開始 2011年6月6日 (10年前) (2011-06-06)
現在の状態 運営中
Twitch Interactive, Inc.
種類 子会社非公開
略称 twitch.tv
本社所在地

アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
カリフォルニア州サンフランシスコ

ブッシュストリート350番 2F
設立 2011年6月6日 (10年前) (2011-06-06)
業種 情報通信
法人番号 6700150092777 ウィキデータを編集
事業内容
  • ストリーミングプラットフォーム
  • ソーシャルコンテンツ
  • エンターテインメント
代表者
従業員数 増加 1800人 (2021年)
主要株主 Amazon.com, Inc. 100%
外部リンク www.twitch.tv(英語)
特記事項:2014年8月25日、Amazon.com, Inc. によって約9億7,000万ドルで買収・合併された [1]
テンプレートを表示

Twitch(ツイッチ)[2] は、Twitch Interactive(Amazon.com子会社)が提供するライブストリーミング配信プラットフォームである[3]

2011年6月に総合的なライブストリーミング配信サイト Justin.tv から、コンピュータゲームに特化したプラットフォームとして派生して立ち上げられた[4]。運営はサイト名と同名の組織が行っていたが、2014年8月、AmazonがTwitchを買収したことを正式に発表。それに関連して、Justin.tv の運営企業は Twitch に特化するため Twitch Interactive に社名を変更、2014年8月には Justin.tv は閉鎖された[5][6]。また音楽に関連したストリーミングも行われている。2015年の Twitch による公表では、一月あたり150万人以上の配信者と1億人以上の視聴者が存在する[7]。2016年8月17日にゲームコミュニティを運営しているCurse, Inc.を買収した[8]。2018年5月時点で、Twitchには27,000以上のパートナーチャンネルがあり[9][10]、2020年2月時点で、月間300万人の配信者数と1,500万人の日間利用者数(DAU)、140万人の平均同時接続利用者数(ACU)を擁している[9][11]

概要[編集]

コンシューマゲーム及びPCゲームといったゲームの生放送を中心としており、対象となるジャンルはゲームの実況プレイe-Sports大会やその他コンピュータゲーム(ビデオゲーム)に関連したイベントの配信である。配信はアーカイブが残せる仕様となっており、ライブ放送が終了した後でも視聴可能である。期間は14日までだが、Twitchパートナーを結んだ配信者、ないし月額サービスTwitchTurboに登録した場合は60日まで延長される。ビデオマネージャーからアーカイブをダウンロードして再アップロードすることで、手動でアーカイブを維持することも可能。

主要となるのは冒頭の通りコンピュータゲームの配信であるが、配信者の雑談・顔出しチャット・ダンス・その他雑多なもの(IRL:InRealLife)や、音楽やライブドローイングなどクリエイター向けの配信(Creative)も配信ジャンルに設定されている。

番組検索では様々なゲームタイトルが列挙されており、それらごとに配信されている番組数が把握できるようになっている。

ログインしたユーザーは配信にコメントやスタンプが可能で、特にユーザーが配信者へのスポンサー登録を行うことも可能となっている。また、「Bit」という、Twitch内での通貨を使用した投げ銭(チップ)も可能。

Amazonからの買収後は、Amazonの各サービスと連携したコンテンツが用意されている。Amazon内で配信されている映像作品をtwitch内でプライム会員の視聴者と一緒に閲覧できる「ウォッチパーティー」が代表。

Twitch の利用者数はライブストリーミング全体の大きな割合を占めており、2013年10月には45万人のユニークユーザーがサイトを訪れており[12]:38、また2014年2月にはアメリカ合衆国で4番目に大きなインターネットトラフィックであった。

歴史[編集]

創業期、初期成長(2007年~2013年)[編集]

2007年にJustin.tvがジャスティン・カンとエメット・シアーによって立ち上げられたとき、サイト内はいくつかのコンテンツカテゴリに分けられていた。特にゲームカテゴリーは急速に成長し、サイトの中で最も人気のあるコンテンツとなった[13]。2011年6月[14]、Justin.tvは"twitch gameplay"という言葉に触発されて、ゲームコンテンツを「TwitchTV」としてスピンオフさせることを決定し、2011年6月6日にパブリックベータ版として「TwitchTV」が正式にサービス開始した[15]。それ以来、Twitchは毎月3,500万人以上のユニーク訪問数を獲得した[16][17]。Twitchの従業員は2013年6月には約80人だったが、2013年12月には100人に増えている[18]。本社オフィスはサンフランシスコの金融街にあった。

創業期のTwitchは、2012年に(Justin.tvによって調達した700万米ドルに上乗せして)1,500万米ドル[19][20]、2013年には2,000万米ドル[21]とベンチャーキャピタルからの多額の投資に支えられていた。2013年末までに行われた3回の資金調達では、Draper Associates、Bessemer Venture Partners、Thrive Capitalなどの投資家が参加している。ベンチャーキャピタルからの資金流入に加え、2013年には会社が黒字化したと考えられている。

特に2013年初頭に直接的な競合サービスであるOwn3d.tvが閉鎖されて以来、Twitchは最も人気のあるEスポーツ配信サービスとなり、部では同サイトが「市場をほぼ独占している」と結論づけられている[22]。YouTubeやDailymotionなどの競合する動画共有サイトは、Twitchに対抗するためにゲームコンテンツの注目度を上げ始めたが、これまでのところ影響はかなり小さい[23][24]。2013年半ばの時点で、Twitchの月間視聴者数は4,300万人を超え、平均的な視聴者はTwitchを1日に1時間半視聴している[25]。2014年2月までに、Twitchは米国のピーク時のインターネット・トラフィック元として、Netflix、Google、Appleに次ぐ第4位となった。Twitchは、ピーク時の米国のインターネットトラフィック全体の1.8%を占めていた[26]

2013年後半、視聴者数の増加に伴い、Twitchはヨーロッパ地域でラグや低フレームレートの問題を抱えるようになる[27]。その後、Twitchは同地域に新たなサーバーを追加した[28]。また、これらの問題に対処するため、Twitchは、従来のシステムよりも効率的であるとされる新しいビデオシステムを導入した。当初、この新しいビデオシステムは、ストリームの大幅な遅延を引き起こし、配信者と視聴者のコミュニケーションを妨げるため、ユーザーから批判された[29]。Twitchのスタッフは、遅延の増加は一時的なものである可能性が高く、当時はバッファリングの減少とのトレードオフとして許容できるものであったと述べている[30]

成長期、YouTubeによる買収の思惑(2014年)[編集]

2014年2月10日、Twitchの親会社(Justin.tv, Inc.)は、同社の主要事業としてJustin.tvよりも同サービス(TwitchTV)が目立つようになったことを反映して、Twitch Interactiveへと社名変更した[31]。同月、チャットコマンドをゲーム内操作に変換するシステムを使って「Pokémon Red」をプレイする「Twitch Plays Pokémon」と呼ばれる配信が流行した。2月17日までに、このチャンネルの総視聴回数は650万回を超え、平均同時視聴者数は6~7万回で、少なくとも視聴者の10%がチャットコマンドに参加していた。マーケティング部門の副部長であるマシュー・ディピエトロ氏は、この配信について「ビデオゲームが、ゲーム制作者の意図を超えたエンターテインメントと創造性のプラットフォームになったことを示す一つの例です。ビデオゲームと生配信、そして参加型のユーザー体験を融合させることで、放送主はTwitchコミュニティのためにカスタムメイドのエンターテイメントハイブリッドを作り上げました。これは素晴らしいコンセプトの証明であり、今後の展開が期待されます」と述べている[32][33]。2014年の開催から、Twitchは「Electronic Entertainment Expo(E3)」の公式ライブ・ストリーミング・プラットフォームになった[34]

2014年5月18日、エンターテイメント産業専門の業界紙Varietyは、GoogleがYouTubeの子会社を通じてTwitchを約10億米ドルで買収する予備的な合意に達したと報じた[35][36][37][38][39]

2014年8月5日、オリジナルサイトである「Justin.tv」は、Twitchにリソースを完全に集中させる必要があることを理由に、突然運営を停止した[40][5][6]。2014年8月6日、Twitchは新しいアーカイブシステムを導入し、チャンネル内の過去配信からのハイライト動画へのマルチプラットフォームでのアクセス、より高品質のビデオ、サーバーのバックアップの増加、新しいVideo Managerインターフェイスを導入した。技術的な限界とリソース上の要請から、新システムにはいくつかの後退が見られた。放送全体を無期限にアーカイブする(「永久保存」)オプションが削除されたため、最大14日間(パートナーおよびターボ加入者は60日間)までしか配信動画を保存できなくなった[41][42]。さらに、Twitchは著作権フィンガープリントシステムを導入し、著作権で保護された曲を検出した場合、アーカイブされた動画クリップ内の音声をミュートするようになった。

Amazon.comの子会社として(2014年~現在)[編集]

2014年8月25日、Amazon.com社はTwitch Interactive社を9億7000万米ドルで全額現金によって買収した[43][44]。報道機関によると、噂されていたGoogleとの交渉が決裂し、Amazon.comが入札を行うことができたと報じられており、フォーブスは、Googleが、Googleを取り巻く潜在的な独占禁止法上の懸念と、既存のYouTubeの所有権のために、この取引から手を引いたと報じていた[45]。この買収は2014年9月25日に完了した[46]。買収時に2%の株式を所有していたテイクツー・インタラクティブ社は、2,200万ドルの株式売却益を得た[47]

アマゾンの傘下になった後も、エメット・シアー氏は引き続きTwitch Interactive社の最高経営責任者(CEO)を務め、2018年1月にはサラ・クレメンス氏が最高執行責任者(COO)として経営陣に加わった[48]。CEOのシアー氏は、今回の買収の「魅力」として、Amazon Web Services(AWS)のプラットフォームを挙げ、Amazonが「メディア業界の大手企業との関係を築いている」ことから、特にコンテンツライセンスの分野でサービスの優位性を発揮できると述べた。Twitchの買収は、Amazonが近年実施したビデオゲーム関連の買収としては3件目となり、これまでにReflexive Entertainment社とDouble Helix Games社を買収している[49]

2014年12月9日、Twitchは、Eスポーツチーム「Evil Geniuses」と「Alliance」を所有する組織「GoodGame Agency」を買収したことを発表した[50][51]。 2015年3月、Twitchは、何者かが一部のTwitchユーザーのユーザー情報に「不正なアクセスを得た」と報告した後、すべてのユーザーのパスワードをリセットし、外部のTwitterやYouTubeアカウントへの接続をすべて無効にした[52]

2016年6月、Twitchは「Cheering」と呼ばれる新機能を追加した[53]。これは「ビッツ(Bits)」と呼ばれるサイト内通貨を使ってマイクロトランザクションとして購入する特殊な形の顔文字を指す。 ビッツはAmazon Payを利用して購入し、応援したいチャンネルへの寄付機能として利用できる。また、ユーザーは、チャンネル内での寄付金額に応じてバッジを獲得することができる[54]

2016年8月16日、Twitchはオンラインビデオゲームコミュニティやゲーム向けVoIPソフトウェアを運営するCurse, Inc.を買収した[55]。2016年12月、GoodGame Agencyは利益相反の懸念があるため、Amazonから個別に売却された[55] In December 2016, GoodGame Agency was divested by Amazon to their respective members due to conflict of interest concerns.[56]。 2016年9月30日、Twitchは、Amazonプライムに加入しているアクティブユーザー限定のプレミアム機能を提供するサービス「Twitch Prime」を発表した。「Twitch Prime」には、広告なしの配信、アドオン・コンテンツ(Game loot rewards)の無料提供、ゲーム料金の割引などが含まれている[57]。アドオン・コンテンツの対象となるゲームとしては『Apex Legends』『Legends of Runeterra』『FIFA Ultimate Team』『Teamfight Tactics』『Mobile Legends』『Bang Bang』『Doom Eternal』などがある[58]

2017年8月、Twitchは動画インデックス作成プラットフォームClipMineを買収したことを発表した[59]

2019年9月、Twitchはビデオゲームの詳細をカタログ化するInternet Movie Database(IMDb)と同様の機能を持つユーザー主導型のウェブサイトInternet Games Database(IGDB)を買収した。Twitchは、このデータベースサービスを利用して、自社の内部検索機能を向上させ、ユーザーが興味のあるゲームをより発見しやすくすることを計画している[60]。2019年9月26日、Twitchは新しいロゴおよびサイトデザインを発表した。このデザインに伴い、新しい広告キャンペーン「You're already one of us」が実施され、プラットフォーム内のコミュニティメンバーが促進が図られた[61] 。2019年12月にTwitchは知名度の高いストリーマーと独占契約を締結し始めた[62][63]

Twitchは2020年5月に、ストリーマー、学者、シンクタンクなどから構成される安全諮問委員会(: Safety Advisory Council)を設立した。この組織では、モデレーション、ワークライフバランス、地域コミュニティの利益保護に関するガイドラインをプラットフォーム用に策定することを目的としている[64]。 2020年8月、Twitch PrimeはPrime Gamingへと改名され、Amazon Prime系列の他サービスとより近い位置づけとなった[65]

2021年5月、Twitchは配信カテゴリーを詳しく分類するために350以上の新しいタグを導入すると発表した。新たに導入されたタグには、性自認、性的自認、障害のための細かいタグや、新しい種類のジャンル(バーチャルストリーマーなど)のためのタグも含まれている。障害やLGBT向けのタグは、ビデオゲームのアクセシビリティ慈善団体AbleGamersとSpecialEffect、LGBT団体GLAADとThe Trevor Projectとの協議の上、開発された[66]

2021年10月6日、匿名のハッカーが、TwitchクライアントやAPIのソースコード、2019年8月以降に約240万人のストリーマーに支払われた報酬の詳細など、Twitchの「全体」をリークしたと発表した[67][68]。128GBのトレントリンクを4chanに投稿した匿名のユーザーは、約6000の内部Gitリポジトリからのソースコードを含むこのリークは、より大きな情報公開の「パート1」にすぎないと述べている[67][69][70]。このリーク情報には、配信サービスSteamの競合となることを意図した「Vapor」というコードネームのデジタルストア計画の詳細や、Twitchからストリーマーが受け取った報酬に関する詳細も含まれていた[71][72][73]。Twitchは、「悪意のある第三者」によるサーバーの誤設定に起因するデータ漏洩に見舞われたことを認めた[74][75]。Twitchは、ハッカーの侵入によってログイン情報やクレジットカード情報が盗まれた形跡は見つからなかったものの、予防措置としてすべてのストリームキーをリセットすると発表した[76][77]

コンテンツ[編集]

Twitchは、Eスポーツ大会、ゲームプレイヤーの個人配信、ゲーム関連のトークショーなどのコンテンツのプラットフォームとして設計されている[78]スピードラン(RTA)の生配信を行うチャンネルも多数ある[79]。Twitchのホームページでは現在、視聴率に基づいてゲームが表示されている。 2021年11月現在、Twitchで配信されている最も人気のあるゲームは、『League of Legends』『Grand Theft Auto V』『Counter-Strike: Global Offensive』『Minecraft』『Apex Legends』『VALORANT』『FIFA 22』『Call of Duty』である[80]

Twitchはゲーム以外のコンテンツ展開も行っている。2013年7月にはサンディエゴで開催されたコミコンから「Fester's Feast」のパフォーマンスをストリーミング配信したり、2014年7月30日にはスティーヴ・アオキイビサ島のナイトクラブからエレクトロニック・ダンス・ミュージックのライブパフォーマンスを配信したりしている[81][82][83][84]。2015年1月、Twitchは、ラジオ番組や音楽制作活動などの音楽配信の公式カテゴリーを導入し、2015年3月には、マイアミで開催されるエレクトロニック・ミュージック・フェスティバル「Ultra Music Festival」の新たな公式ライブ・ストリーミング・パートナーになることを発表した[85][86]

2015年10月28日、Twitchはゲーム以外の2つ目のカテゴリーとして、芸術作品や創作物を展示する配信を対象とした「クリエイティブ(Creative)」を開始した。また、この発表のプロモーションとして、ボブ・ロスの『The Joy of Painting』を8日間にわたって連続配信した[87]。2016年7月、Twitchはベータ版として「Social eating」カテゴリーを導入した。これは韓国で流行していた「モクバン」に触発されたカテゴリーで、韓国のゲーマーたちが配信の休憩時間にモクバンの練習を行っていたことに由来する[88]

2017年3月、Twitchは「IRL(InRealLife)」カテゴリーを追加した。このカテゴリーは、Twitchのガイドラインの範囲内で、サイト内に既に用意されている他カテゴリー(Lifelogsなど)に該当しないコンテンツを対象としている[89]。 2019年12月、GeekWireは、「Twitch経由で放送されるコンテンツの大部分は依然としてゲームプレイが占めているが、12月(2019年)には、ざっくばらんな日常会話からリアリティ番組までを包括するカテゴリーである「雑談(Just Chatting)」が、他カテゴリを引き離してトップに立った。このカテゴリーはここ2~3カ月の間、上昇傾向にあったが、プラットフォーム上で集計が行われた期間において、総合1位を達成したのは今回が初めてである。」と報じている[90]

2020年、ThrillistはTwitchを「極めてオンラインな人々のためのトークラジオ」と表現した[91]。2021年、マイケル・エスピノサはBusiness Insiderの記事の中で、「Twitchはライブコンテンツの分野を支配しており、昨年の視聴時間は170億時間(StreamElements社調べ)で、YouTube Gaming Liveの100億時間(同社調べ)と比べても遜色ない。しかし、ゲームコンテンツの大部分は依然としてオンデマンドで消費されており、YouTubeは昨年1,000億時間以上の視聴時間を記録したことから明らかなように、この分野をリードしている」と述べている[92]

教育[編集]

Twitchはビデオゲームのチュートリアルによく使われている。Twitchの性質上、大量の学習者がリアルタイムで他の利用者や講師と交流することができる[93]。また、Twitchはソフトウェア開発の学習にも使われている[93]

チャリティー[編集]

Twitchの配信者は、チャリティのためのプロモーション企画や募金活動のための配信イベントを頻繁に開催している。2013年までに、「Extra Life 2013」など、合計で800万米ドル以上の寄付金を集めるイベントが開催された[94]。2017年までに、Twitchは7500万米ドル以上の寄付金を集めている[95]。Twitchの最大のチャリティーイベントは、Adrien NougaretとAlexandre Doucharyが設立したフランスのプロジェクト「Zevent」で、2020年10月にアムネスティ・インターナショナルの元へ690万米ドル以上の寄付金が集められた。

Eスポーツ[編集]

ESLが主催する『CS:GO』『StarCraft II』『Warcraft II』のプロリーグおよび競技トーナメントは、2009年からJustin.tvおよび後継サイトのTwitch.tvで放送されている[96]

また、Twitchは対戦型格闘ゲームの国際大会「Evolution Championship Series(EVO)」を毎年ライブ中継している[97][98]

Twitchは、2012年から「League of Legends World Championship」の公式放送を行っており[99]、Riot Gamesが主催するその他の『League of Legends』公式大会もライブ配信している。

Dota 2』のプレミアトーナメント「The International」は、2013年からTwitchでライブストリーミングされている[100]

Twitchでは、2016年からPsyonixが主催する『ロケットリーグ』のトーナメントを放送している[101]。ELeagueのイベントも2016年からTwitchで放送されている[102][103]

TwitchとBlizzard Entertainmentは2017年6月に2年間の契約を結び、TwitchがBlizzardの一部のEスポーツ大会を独占配信するプラットフォームとなり、Twitch Primeに加入している視聴者はBlizzardの様々なゲームで特別報酬を獲得できるようになった[104]。また、Twitchは2018年に「Overwatch League」のストリーミングパートナーとなる契約を結び、同サイトでは『Overwatch』の限定コンテンツ、エモート、ゲーム内アイテムを含む「All-Access Pass」も提供している[105][106]。Blizzardは2020年にTwitchの競合相手であるYouTubeへと配信パートナーを変更した[107]

「E3 2018 Fortnite Pro-Am」や「2019 Fortnite World Cup」などの『Fortnite』の大会は、2017年の発売以来Twitchで放送されている[108][109]

NBA 2Kリーグ」は、2018年の開始以来、Twitchでライブストリーミングされている[110]

プロスポーツ[編集]

2017年12月、ナショナル・バスケットボール・アソシエーション(NBA)は12月5日より「NBA Gリーグ」の試合をTwitchで配信すると発表した。放送では、インタラクティブな統計情報の表示や、Twitchのパーソナリティーによる解説付きの試合の別配信も行われる[111]。2018年4月、Twitchは、2018年から2021年にかけて、NFLの「Thursday Night Football」で行われる11試合を配信することを発表した(2020年以降、AmazonとNFLによる配信契約の一環として音声放送も視聴可能となった)。これはNFLがAmazon Prime Videoとのストリーミング契約を更新したためであり、2017年シーズンまではNFLの試合中継は、Amazon Primeの購読者に限定されていた[112]

2021年3月18日、Amazonはナショナル・フットボール・リーグ(NFL)と独占契約を結び、TwitchとAmazon PrimeがリーグのTNFの全試合(計15試合)に加えて、年1回のプレシーズンゲーム、シーズン後半のサタデーゲーム、ワイルドカードのサイマルキャストの配信が解禁された(シーズン後半の土曜日の独占試合は2020年と2021年のシーズン中に追加された)。

2019年1月、米国のプロレス団体「Impact Wrestling」は、米国のケーブルネットワークPursuit Channel(同プロモーションの親会社であるAnthem Sports & Entertainmentとの共同所有)によるテレビ放送とのサイマルキャストで毎週放送している番組「Impact!」をTwitchで配信することを発表した[113]

2019年9月5日、全米女子ホッケーリーグ(NWHL)は、Twitchと3年間の放送権契約を発表[114]。TwitchでNWHLのすべての試合とリーグイベントが配信可能になった。この契約には、TwitchとNWHL選手会との間で選手へのレベニューシェアに関する合意も含まれており、NWHLが(放送局、配信プラットフォームから)放映権料を受け取るのは初めてである。2020年3月、 全米女子サッカーリーグ(NWSL)はTwitchがアメリカとカナダでシーズンごとに24試合をストリーミング配信し、オリジナルコンテンツを共同制作し、アメリカとカナダ以外のすべての試合の権利者となる3年契約を発表した[115][116]

2020年6月20日、Amazon Prime Videoのリーグ現地放映権の延長として、イギリス国内のTwitchでプレミアリーグ4試合分のパッケージコンテンツがストリーミング配信されることが発表された。Amazon Prime Videoでは、COVID-19の流行による続行試合や無観客試合のために、2019-20シーズンの残りの全試合を放映し、これらの試合の一部を無料で配信した[117][118]

2020年7月16日、米国のラジオ放送会社Entercomは、主要市場のスポーツトーク局による一部の番組をTwitchチャンネルでビデオ・シミュレーション配信する共同事業を発表した[119]。 2020年7月22日、Twitchは「スポーツ(Sports)」カテゴリーを正式に立ち上げ、主にスポーツリーグやチームが配信コンテンツのホスト役を務めている[120]

スペインのサッカー選手ジェラール・ピケが保有するメディア会社KosmosとTwitchストリーマーのIbai Llanosとのパートナーシップの下、2021年シーズンのコパ・アメリカの試合がスペイン国内のTwitchで放映された[121]

2021年5月、オリンピックの放映権を持つNBCがTwitchと提携し、Twitch上で2020年東京オリンピックを配信すると発表した。Twitchではハイライトの放送や、選手へのインタビューや生配信などが行われる。またNBCのゴールデンタイムの放送でTwitchクリエイターが、ストリーミングプラットフォームと放送ネットワークの共同視聴を促進するコメントなどを発信していく予定。[122]

エモート[編集]

Twitchの特徴として、多種多様な「エモート」を挙げられる。「エモート」には、すべてのユーザーが無料で使えるエモート、Turboユーザー向けのエモート、Twitch Primeユーザー向けのエモート、Twitchのパートナーやアフィリエイトに加入しているユーザー向けのエモートがある[123]。2015年10月までにTwitchで最も使用されているエモートは「Kappa」である[124][125]。Twitchパートナーの配信者は、チャンネルごとの購読者数(サブスク数)に応じて最大50個まで「エモート・スロット」をアンロックできる[126]

2021年1月6日、Twitchは、2018年に同プラットフォームで3番目に多く使用されたエモート[127] である「PogChamp」(興奮、喜び、ショックを表現するためのエモート)を削除したと発表した[128][129][130]。この決定は、「PogChamp」の元ネタとなったストリーマーのRyan "Gootecks" Gutierrez氏が、2021年に起きたデモ参加者の死を理由とした米国連邦議会議事堂襲撃事件の際に、市民の不安を煽るようなコメントをした件を受けたものである[128][131][132][133][134]。Twitchは、この顔文字に代わる適切なエモートをコミュニティに求める予定であると発表し、2月12日、視聴者コミュニティによって「KomodoHype」が新しい「PogChamp」エモートとして選出された[135]

コミュニティ[編集]

ストリーマー(配信者)[編集]

ストリーマーのNinjaは、1400万人以上のフォロワーを持つTwitchのトップパーソナリティの一人だった。しかし、2019年8月にNinjaはマイクロソフト傘下の競合他社であるMixerに独占的に移行することを発表した[136][137][138]。Ninjaが去った後、2019年10月時点のフォロワー数に基づくストリーマーTOP3は、Tfue(701万人のフォロワー)、Shroud(645万人のフォロワー)、TSM Myth(510万人のフォロワー)であった[139]。以降、2019年12月に行ったDrLupo、TimTheTatman、Lirikとの独占契約[注 1] を皮切りに、Twitchは知名度の高いストリーマーと独占契約を結び始めた。Dr DisRespectは2020年3月にTwitchと複数年契約を結んだ。2020年5月、Twitchは人気ストリーマーのSummit1g、dakotaz、JoshOGと複数年の独占契約を結んだ[140][141]。2020年6月26日、Dr DisRespectは原因不明の理由でTwitchから追放(BAN)され、彼のチャンネルも削除された[142]。2020年7月末にMixerが廃止したことを受けて、(Mixerに移行していた)NinjaとShroudの両名はTwitchとの独占契約を再度結んだ[143][144][145]

2022年3月時点で、チャンネルの同時購読者数が10万人を超えたストリーマーは、Ninja、Shroud、Ranboo、Ludwig Ahgren、Casimito、Ironmouseの6名である[146]。2021年4月、Business Insiderは、「ゲームパーソナリティのTyler 'Ninja' Blevins氏が持つ269,154人の購読者数記録を破ろうと、Ahgrenは過去31日間、ノンストップでストリーミングを行った。1ヵ月間の配信が終了した時点で、Ahgrenのチャンネル購読者数は28万2,000人を超えていた。(中略)Ahgrenが睡眠している時でも、彼のチャンネルはプラットフォーム上で最も同時視聴者数が多いタイミングがあった。」と報じた[147]。2021年8月、DrLupoはYouTubeとの独占配信契約のためにTwitchを離れ、TimTheTatmanも2021年9月に同様の契約をした。ワシントン・ポスト紙のネイサン・グレイソン記者は、「2019年にTwitchストリーマーがMixerに移った際、Twitchは複数のストリーマーをすぐに独占契約で囲い込んだが、Mixerに移ったストリーマーの視聴者数は、著しいダウンサイジングに陥った。これにより、Twitchコミュニティ内の多くの視聴者は、お気に入りの大物ストリーマーを奪われた場合、代わりになる他のTwitchストリーマーを見つけるだけだということが実証された。いま現在、Twitchは自信を持って配信契約の交渉に臨んでいる。この出来事によって、ストリーマーが強い影響力を持っていた時期に行われた過去の契約を見直すことができる。」とコメントしている。グレイソン氏は、Twitchからのオファー金額が低いことと、Twitchによる配信時間の要件が高いこと(「YouTubeとの配信契約では月100時間から交渉が始まるが、Twitchでは月200時間から交渉が始まる」)が相まって、YouTubeとの独占契約が一部のTwitchストリーマーにとって「魅力的である」と報じた。グレイソン氏は「YouTube Gamingの責任者であるRyan Wyatt氏は、ストリーマーがより良いワークライフバランスを取れるように努めることが、彼にとって大きな優先事項であると述べている」と書き、DrLupoがTwitchを離れる決断をした要因の一つとしてワークライフバランスを挙げている。

2021年10月に発生したデータ流出事件の分析では、複数の報道機関が、Twitchのコンテンツ・クリエーターの収入上位3人は、Critical Role(9,626,712ドル)、XQc(8,454,427ドル)、Summit1g(5,847,541ドル)であると報じた[68][71][72][73][148]。KotakuのSisi Jiang氏は、「複数人で運営している配信番組(Critical Roleなど)を除くと、収入の多いTwitchのコンテンツ・クリエイターの上位3分の1に女性はいない」と報じている。実際、収入上位100人の中に女性配信者は合計で3人しかおらず、有色人種の女性は1人しかいなかった。Jiang氏は、上位100人に含まれた女性ストリーマーが「39位の"Pokimane"氏(『VALORANT』のゲーム配信者)、48位の"Amouranth"氏(コスプレイヤー)、71位の"Sintica"氏(ミュージシャン)」であることを強調し、「ホットタブメタ("hot tub meta")やおっぱいストリーマー("titty streamers")に対する苦情や不満、女性ストリーマーが男性から再生回数を奪っているという一部の男性ストリーマーの認識にもかかわらず、数字を見ると、Twitchで最も稼いでいるコンテンツ・クリエイターの中には、ごく一部の女性しかいない」とコメントしている[149]

ユーザー(利用者)[編集]

2010年代初頭には、Twitchの典型的な視聴者は男性で、年齢は18歳から34歳であると報告されていたが、女性を含む他の視聴者層を取り込もうとする試みも行われている[25][150]。2015年までにTwitchの月間視聴者数は1億人を超えた。2017年、Twitchは米国におけるビデオゲームのライブストリーミング動画サービスのトップを維持した[151][152]。GeekWireは、「ストリーミング市場におけるTwitchの全体的なシェアは、2018年12月の67.1%から2019年末の61%へと、1年の間に減少しているが、市場全体が着実に成長しているということは、同サービスで視聴されるコンテンツの全体的な量は増加する一方であることを意味する」と報じていた。学術雑誌に掲載された論文「World of Streaming. Motivation and Gratification on Twitch」では、2017年に行われたTwitchのユーザー調査の結果が報告されている[153]。ユーザーの利用動機をランキング調査したところ、「楽しむため」「ゲームイベントを追うため」「テレビの代わりとなるため」がTwitchを視聴するためのモチベーションとなっていた(降順)。「社会化」と「情報」のカテゴリに分類された動機は、「娯楽」のカテゴリに分類された動機よりも低い順位となった[153]

2020年2月時点で、月間300万の配信チャンネルと月間1,500万人のデイリーアクティブユーザー(Daily Active Users、DAU)[注 2]、140万人の平均同時接続利用者数(Average Concurrent Users、ACU)を擁している。市場および消費者データを専門とする調査会社Statista社は、「2020年5月時点で、米国におけるTwitchのアクティブアプリユーザーアカウントの4分の3以上を10代と20代のユーザーが占めている。最近のデータによると、20代のユーザーがAndroidプラットフォーム上のビデオストリーミングアプリの利用者人口の40.6%を占めていた。」と報告している[154]。また、「2021年第2四半期時点の米国におけるTwitchの利用者分布」では、男性75%・女性25%であると報告している[155]

Twitchでは、誰でもライブ配信を見ることができ、視聴者がログインする必要はない[156]。また、ユーザーは、配信者をフォローしたり、購読(サブスクライブ)することができる。「フォロー」は、InstagramやTwitterなどの他のプラットフォームと同様に無料のオプションで、ユーザーがサインインするとTwitchのトップページにフォローした配信者一覧が表示され、放送開始の通知を受け取ることができる[157][158][159]。「購読(サブスクライブ)」は、個々の配信者が決めているチャンネル限定の購読特典と引き換えに、ユーザーが配信者を金銭的に支援する方法である[160]

パートナーおよびアフィリエイトプログラム[編集]

2011年7月、Twitchはパートナープログラムを開始した[161]。2015年8月までに全世界で11,000人以上のTwitchパートナーが誕生した[162]

YouTubeなどの動画共有サイトにおける他のパートナープログラムと同様に、Twitchのパートナープログラムに参加することで、人気のあるコンテンツ制作者(配信者)は自分の配信から得られる広告収入をTwitchと共有できる。さらに、Twitchパートナーとなった配信者のチャンネルは月額4.99米ドルで購読(サブスクリプション)することが可能になり、チャンネルの購読ユーザーはユニークな顔文字やライブチャットサービスといった様々な特典を得ることができる。4.99米ドルのチャンネル購読料のうち2.49米ドルはTwitchへ支払われ、残りの2.50米ドルは配信者に直接支払われる[163]。例外はあるが、過去にはTwitchパートナーの条件として「平均同時視聴者数500以上」および「週3日以上の一貫した配信スケジュール」が配信者に要求されていた[164]。しかし、「Achievements(実績)」機能が開始されてからは、同時視聴者数、配信の継続時間と頻度に関する追跡可能な目標による、明確なガイドラインとして「パートナーシップへの道("Path to Partnership")」が用意されている[165][166]

2017年4月、Twitchは小規模なチャンネルでも収益を上げることができる「アフィリエイトプログラム」を開始し、各チャンネルが複数の価格帯(ティア, Tier)の購読(サブスクリプション, Subs)を利用できるようにすることも発表した[167][168]。アフィリエイトプログラムの参加者は、部分的にはパートナープログラムと同じ恩恵を得ることができる。視聴者がTwitchから直接購入するビッツ(Bits )による投げ銭を受け取ることで、配信者はチャンネルから収益を得ることができる。アフィリエイトプログラムに参加する配信者は、Twitchパートナーが使うものと同じ購読(サブスクリプション)機能を利用することができ、チャンネル購読者だけが使えるエモートを最大5個まで作れる[169]。2019年9月、Twitchはアフィリエイトプログラムの参加者も広告収入を受け取れるようになったと発表した[170]

Twitchのサイト内広告は、多くのパートナー企業によって取り扱われている。2011年、TwitchはFuture USと独占契約を結んだ[171]。2012年4月17日、TwitchはCBS Interactiveと広告販売・プロモーション・スポンサーシップに関する独占契約を結んだと発表した[150][172]。2013年6月5日、CBS Interactiveの広告販売業務を引き継いだ新しい社内広告販売チーム「Twitch Media Group」の設立をTwitchが発表した。

購読者ではない一般ユーザーには、配信チャンネルやTwitch Turboにおいて、プレロール広告や配信者が手動で操作するミッドロール広告が表示される。2020年9月、Twitchは、配信者が手動操作できない自動ミッドロール広告を配信上でテストすることを発表した[173]

日本における展開[編集]

Twitch Japan合同会社
種類 株式会社非公開
本社所在地 日本の旗 日本
153-0064
東京都目黒区下目黒一丁目8番1号
設立 2017年7月20日 (4年前) (2017-07-20)
業種 情報通信
法人番号 2011003007871
関係する人物 中村鮎葉 (日本第1号社員)
テンプレートを表示

2014年9月、Twitterアカウント(@TwitchJP)を開設し、日本語によるカスタマーサポートを行う。

2015年、中村鮎葉が米国法人Twitch Interactive, Inc.に日本人として初めて入社。9月に行われた「東京ゲームショウ2015」で、親会社であるAmazonと共同でブースを初出展[174]。日本市場に本格進出を果たし、日本語対応など機能のローカライズを行う。

2017年7月20日、Twitch Japan合同会社を設立し現地法人化。9月6日、日本市場への本格参入に向け、日本オフィスを東京都内に設立すると発表した[175]。9月21日~22日、「東京ゲームショウ2017」の開催期間にあわせて、アジア太平洋地域(APAC)ディレクターのレイフォード・コックフィールド氏、シニア・ヴァイス・プレジデントのマイケル・アラゴン氏が来日[176]。12月6日、Amazon PrimeとTwitchアカウントをリンクさせことによって利用できる特典サービス「Twitch Prime」の提供を日本国内で開始[177]

2018年9月、千葉・幕張メッセにて開催された「東京ゲームショウ2018」にてブース出展を行う。9月15日~17日、ダンスミュージックイベント「ULTRA JAPAN 2018」をTwitch JapanおよびAmazon Ultra Japan特設会場にてライブストリーミング配信する。

TwitchCon[編集]

TwitchCon
状況 COVID-19のため休止中
種類 ライブストリーミング
会場
会場所在地 北米、ヨーロッパ
初回開催 2015年9月25日 (6年前) (2015-09-25)
最終開催 2019年9月27日 (2年前) (2019-09-27)
来場者数 >28,000, San Diego 2019
主催 Twitch Interactive
ウェブサイト
www.twitchcon.com

TwitchConは、Twitchとビデオゲームストリーミングの文化に特化した年1・2回のファンイベントである[178]。初開催は、2015年9月25日から26日、サンフランシスコのモスコーニセンターで開催された。初回以降、TwitchConは毎年開催されている。第2回は、2016年9月30日~10月2日、サンディエゴのサンディエゴ・コンベンション・センターで開催された[179]。 第3回は、2017年10月20日から22日まで、ロングビーチのロングビーチ・コンベンション・アンド・エンターテイメント・センターで開催された[180]。 第4回は、2018年10月26日から28日まで、カリフォルニア州サンノゼのサンノゼ・マッケナリー・コンベンション・センターで開催された[181]

2019年、TwitchConは海外進出し、2019年4月にドイツ・ベルリンの「CityCube Berlin」でヨーロッパ初のイベント開催を行った[182]。その後、2019年11月にサンディエゴで開催された北米のイベントと並行して[183]、TwitchConは2020年5月にオランダ・アムステルダムでイベント開催を計画していたが、COVID-19のパンデミックのために中止された[184]。また、2020年9月にサンディエゴで別のTwitchConイベントが計画されていたが[185] 、これもCOVID-19のために中止された[186]

Twitch Rivals[編集]

Twitch Rivalsは、Twitchのストリーマーや元プロゲーマーが参加するEスポーツ大会、オンライン対戦イベントである[187][188][189][190][191]。2018年2月28日、初めてのTwitch Rivalsイベントが開催された[192]

ネット検閲とブロッキング[編集]

2018年9月20日現在、中国ではTwitchのウェブサイトはブロックされており、モバイルアプリはApple App Storeからブロックされている[193]

インドでは、2020年にインディアン・プレミアリーグの試合を一部のユーザーがTwitch上で違法に配信していたため、2020年9月にリライアンス・インダストリーズ傘下の通信会社JioおよびインターネットサービスプロバイダーのJioFiberとHathwayによって、Twitchがブロックされたと報じられている[194]

プラットフォーム展開[編集]

TwitchのCEOであるエメット・シアー氏は、さまざまなプラットフォームに対応したいとの意向を表明しており、「人々がビデオを見るあらゆるプラットフォーム」に対応したいと述べている[25]。Twitchのストリーミングアプリは、AndroidiOSなどのモバイル端末[195]デジタルメディアプレーヤーFire TVFire HDApple TVPlayStation 5PlayStation 4PlayStation 3Xbox Series X/SXbox OneXbox 360Nintendo Switchなどのビデオゲーム機で利用することができる[196][197][198][199]

ユーザーは、OBSのようなスタンドアロン・ソフトウェア、EAのOriginソフトウェア[200]UbisoftUplay[201]ValveSteam[202]などのプラットフォームを通じて、WindowsMacOSLinuxなどのOSからTwitch上で動画配信ができる。『EVE Online』、『PlanetSide 2』、『Call of Duty』シリーズなどのゲームも、Twitchに直接リンクされるようになった[12]:40。2013年、Twitchはソフトウェア開発キットをリリースし、あらゆる開発者がTwitchのストリーミングサービスをソフトウェアに統合できるようになった[203]

デスクトップアプリ[編集]

Twitchのデスクトップアプリ(Twitch Desktop App)は、2017年にCurse ClientとCurse Launcherに置き換わった。デスクトップアプリはTwitchサイト専用のブラウザを搭載し、CurseForgeサービスによる対応ゲームのMODインストールや管理、ボイスチャットなど、Curseソフトウェアから受け継いだ機能も追加されている[204]。また、同ソフトは旧Twitch Game Storeのクライアントとしても機能している[205]

2020年6月、CurseForgeはOverwolf社に非公開の金額で売却された。現在のTwitchクライアントでのMOD管理は、スタンドアロンではないが専用のCurseForgeクライアントに移行される予定である[206][207]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 当時、3人合わせて合計1036万人のフォロワーを持っていた。
  2. ^ "Daily Active Users(DAU)"とは、1日に1回以上サービスを使った利用者(およびその人数)を指す。

出典[編集]

  1. ^ Amazon.com, Inc. (2014年8月25日), “Amazon.com to Acquire Twitch” (プレスリリース), Amazon.com, Inc., https://press.aboutamazon.com/news-releases/news-release-details/amazoncom-acquire-twitch 2021年11月23日閲覧。 
  2. ^ Twitch (2015年9月14日), “Twitch,TGS 2015の出展&ステージイベント情報を公開” (プレスリリース), Aetas, http://www.4gamer.net/games/999/G999905/20150914106/ 2015年10月28日閲覧。 
  3. ^ Wawro, Alex (2014年8月25日). “Amazon to acquire Twitch”. Gamasutra. UBM plc. 2014年8月25日閲覧。
  4. ^ TV, Destacados (2021年3月12日). “Cómo usar Twitch: todos los conceptos básicos, consejos y trucos” (スペイン語). Destacados TV Revista. 2021年5月24日閲覧。
  5. ^ a b Machovech, Sam (2014年8月5日). “Streaming video site Justin.tv announces closure effective immediately”. Arstechnica. http://arstechnica.com/gaming/2014/08/streaming-video-site-justin-tv-announces-closure-effective-immediately/ 
  6. ^ a b Popper, Ben (2014年8月5日). “Justin.tv, the live video pioneer that birthed Twitch, officially shuts down”. The Verge. http://www.theverge.com/2014/8/5/5971939/justin-tv-the-live-video-pioneer-that-birthed-twitch-officially-shuts 
  7. ^ Sarah Needleman (2015年1月29日). “Twitch’s Viewers Reach 100 Million a Month”. Wall Street Journal. 2015年10月8日閲覧。
  8. ^ Freitas, Evan (2016年8月17日). “Say hi to Curse, the newest member of the Twitch family”. Twitch. http://blog.twitch.tv/twitch-and-curse-8ae2b20acf91/ 
  9. ^ a b 55 Amazing Twitch Stats and Facts”. DMR (2015年6月15日). 2018年7月15日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年11月22日閲覧。
  10. ^ Audience | Twitch Advertising”. twitchadvertising.tv. 2018年12月15日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年12月11日閲覧。
  11. ^ Perez, Sarah (2018年4月26日). “Twitch solidifies its lead with viewership up 21% in Q1, while YouTube Gaming drops”. TechCrunch. 2018年9月2日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年11月22日閲覧。
  12. ^ a b Ewalt, David M. (2013年12月2日). “The ESPN of Videogames” (paper). Forbes 
  13. ^ Matthew Lynley (2011年3月10日). “Live-streaming site Justin.tv buffing up for e-sports channels”. VentureBeat. 2017年8月9日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年9月17日閲覧。
  14. ^ Ewalt, David M. (2013年12月2日). “The ESPN of Videogames”. Forbes. オリジナルの2017年8月3日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20170803091943/https://www.forbes.com/sites/davidewalt/2013/11/13/the-espn-of-video-games/ 2017年9月17日閲覧。 
  15. ^ Alex Wilhelm (2011年6月6日). “TwitchTV: Justin.tv's killer new esports project”. The Next Web. 2018年6月14日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年6月18日閲覧。
  16. ^ Rao, Leena (2011年8月11日). “Justin.TV's Video Gaming Portal Twitch.TV Is Growing Fast”. TechCrunch. AOL. 2017年9月28日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年6月25日閲覧。
  17. ^ Lawler, Ryan (2013年6月5日). “With 35M Unique Viewers A Month, Twitch Hires An In-House Ad Sales Team To Ramp Up Monetization”. TechCrunch. オリジナルの2013年6月10日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20130610061948/http://techcrunch.com/2013/06/05/twitch-in-house-sales-team/ 2013年6月11日閲覧。 
  18. ^ Sam Thielman (2013年6月5日). “Twitch Bids Adieu to CBSi Ad Sales ESports hub sets up internal sales team led by CRO Jonathan Simpson-Bint”. AdWeek. 2014年2月1日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年11月22日閲覧。
  19. ^ Dean Takahashi (2012年9月19日). “Making every gamer famous, Twitch raises $15M to expand its eSports webcasts”. VentureBeat. 2013年9月15日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年10月1日閲覧。
  20. ^ Alexander Sliwinski (2012年9月20日). “Twitch receives $15 million investment to expand eSports broadcasts”. Joystiq. 2015年1月31日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年10月2日閲覧。
  21. ^ Samit Sarkar (2013年9月30日). “Twitch secures $20M investment to prepare for PS4, Xbox One”. Polygon. 2013年9月30日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年10月1日閲覧。
  22. ^ Ben Popper (2013年9月30日). “Field of streams: how Twitch made video games a spectator sport”. The Verge. 2013年10月1日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年10月1日閲覧。
  23. ^ Patrick Howell O'Neill (2014年1月16日). “Twitch dominated streaming in 2013, and here are the numbers to prove it”. TheDailyDot. 2014年1月22日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年1月23日閲覧。
  24. ^ Alex Wilhelm (2013年3月30日). “As DailyMotion and YouTube turn up the pressure, Twitch looks to retain livestreaming ascendance”. TheNextWeb. 2014年2月1日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年1月23日閲覧。
  25. ^ a b c Webb, Charles (2012年5月2日). “Interview: The Big Broadcast – TwitchTV, eSports, and Making it Big as an Online Gamer”. MTV. 2014年3月30日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年5月2日閲覧。
  26. ^ Wall Street Journal chart lists Twitch.tv fourth in U.S. peak traffic”. The Wall Street Journal via on Gamers (2014年2月5日). 2014年2月8日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年2月10日閲覧。
  27. ^ The Daily Dot – Twitch dominated streaming in 2013, and here are the numbers to prove it”. The Daily Dot (2014年1月22日). 2014年1月22日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年12月1日閲覧。
  28. ^ Twitch.tv Adds New Servers and Upgrades Video System”. Gameranx (2013年12月13日). 2013年12月20日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年12月20日閲覧。
  29. ^ Rory Young (2013年12月16日). “Twitch.tv update imposes delay of up to 60s in all streams, viewer interaction severely affected”. Neoseeker. 2013年12月20日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年12月20日閲覧。
  30. ^ New Video System: Update after One Week in Full Service”. Twitch (2013年12月20日). 2013年12月25日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年12月24日閲覧。
  31. ^ Truong, Alice (2014年2月10日). “As Twitch Grows, Justin.tv Inc. Is Renamed Twitch Interactive”. Fast Company. 2018年11月3日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年10月14日閲覧。
  32. ^ How Twitch is crowd-sourcing an amazing Pokémon multiplayer game”. Polygon (2014年2月14日). 2014年2月22日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年2月18日閲覧。
  33. ^ Twitch Plays Pokemon captivates with more than 6.5M total views”. Polygon (2014年2月17日). 2014年2月22日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年2月18日閲覧。
  34. ^ Twitch Broadcast Schedule for E3”. Twitch (2014年6月2日). 2014年6月3日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年6月3日閲覧。
  35. ^ Spangler, Todd (2014年5月18日). “YouTube to Acquire Videogame-Streaming Service Twitch for $1 Billion: Sources”. Variety. オリジナルの2014年7月27日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20140727072502/http://variety.com/2014/digital/news/youtube-to-acquire-videogame-streaming-service-twitch-for-1-billion-sources-1201185204/ 2014年7月27日閲覧。 
  36. ^ Takahashi, Dean (2014年7月24日). “Google's $1B purchase of Twitch confirmed – joins YouTube for new video empire”. VentureBeat. オリジナルの2014年7月24日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20140724215944/http://venturebeat.com/2014/07/24/googles-1b-purchase-of-twitch-confirmed-joins-youtube-for-new-video-empire/ 2014年7月24日閲覧。 
  37. ^ Spangler, Todd (2014年7月24日). “Google Seals Deal to Buy Twitch for $1 Billion: Report”. Variety. オリジナルの2014年7月27日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20140727001408/http://variety.com/2014/digital/news/google-seals-deal-to-buy-twitch-for-1-billion-report-1201268604/ 2014年7月24日閲覧。 
  38. ^ Mahardy, Mike (2014年7月24日). “Google buys livestreaming service Twitch”. IGN. オリジナルの2014年12月19日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20141219023515/http://uk.ign.com/articles/2014/07/24/google-buys-livestreaming-service-twitch 2014年7月24日閲覧。 
  39. ^ Gibbs, Samuel (2014年7月25日). “Twitch: what is it, and why has Google bought it for $1bn?”. The Guardian. オリジナルの2014年7月26日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20140726234206/http://www.theguardian.com/technology/2014/jul/25/twitch-google-gaming-video-site 2014年7月27日閲覧。 
  40. ^ “Twitch pulls the plug on video-streaming site Justin.tv”. (2014年8月5日). オリジナルの2014年8月6日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20140806020824/http://www.cnet.com/news/twitch-pulls-the-plug-on-video-streaming-site-justin-tv/ 2014年8月6日閲覧。 
  41. ^ Twitch is dropping its 'save forever' feature, but users can still archive highlight clips”. Polygon (2014年8月6日). 2014年8月8日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年8月7日閲覧。
  42. ^ Update: Changes To VODs On Twitch”. Twitch official blog. 2014年8月6日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年8月7日閲覧。
  43. ^ A Letter from the CEO, August 25, 2014”. Twitch Blog (2014年8月25日). 2014年8月25日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年8月25日閲覧。
  44. ^ Amazon Buys Twitch For $US970 Million In Cash”. Business Insider Australia (2014年8月26日). 2018年11月16日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年11月16日閲覧。
  45. ^ Amazon Pounces on Twitch After Google Balks Due To Antitrust Concerns”. Forbes. 2014年8月26日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年8月26日閲覧。
  46. ^ Amazon.com SEC filing” (2014年9月25日). 2014年12月7日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年12月9日閲覧。
  47. ^ Take-Two made $22M on its investment in gameplay livestreaming king Twitch” (2014年10月29日). 2018年8月19日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年8月26日閲覧。
  48. ^ Twitch brings in a team of executives to oversee deployment of new features” (2018年1月17日). 2018年2月26日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年2月25日閲覧。
  49. ^ “Why it makes sense for Amazon to buy Twitch”. The Verge. (2014年8月25日). オリジナルの2014年8月26日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20140826030527/http://www.theverge.com/2014/8/25/6066509/why-it-makes-sense-for-amazon-to-buy-twitch 2014年8月26日閲覧。 
  50. ^ Twitch to Acquire GoodGame Agency”. 2015年1月14日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年12月10日閲覧。
  51. ^ Te, Zorine (2014年12月9日). “Twitch Acquires Evil Geniuses' Agency GoodGame”. GameSpot (CBS Interactive). オリジナルの2014年12月30日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20141230215923/http://www.gamespot.com/articles/twitch-acquires-evil-geniuses-agency-goodgame/1100-6424122/ 2014年12月10日閲覧。 
  52. ^ “'Some' Twitch user accounts possibly accessed in hack”. CNET. オリジナルの2017年8月8日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20170808204300/https://www.cnet.com/news/amazons-twitch-hacked-some-user-accounts-possibly-accessed/ 2017年8月8日閲覧。 
  53. ^ Partin, William Clyde (2020-07-01). “Bit by (Twitch) Bit: "Platform Capture" and the Evolution of Digital Platforms” (英語). Social Media + Society 6 (3): 2056305120933981. doi:10.1177/2056305120933981. ISSN 2056-3051. 
  54. ^ Twitch Adds Microtransactions to Cheer in Chat”. GameSpot. CBS Interactive. 2017年4月20日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年4月20日閲覧。
  55. ^ a b Twitch to acquire Curse”. Polygon. Vox Media (2016年8月16日). 2016年8月17日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年8月16日閲覧。
  56. ^ Evil Geniuses and Alliance become player-owned organizations”. ESPN (2016年12月12日). 2016年12月13日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年12月12日閲覧。
  57. ^ Statt, Nick (2016年9月30日). “Twitch will be ad-free for all Amazon Prime subscribers”. The Verge. 2016年10月1日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年9月30日閲覧。
  58. ^ Cyre, Clayton (2020年5月28日). “TWITCH PRIME GETTING MORE GAMES AND LOOT IN JUNE”. COGconnected. オリジナルの2020年6月7日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20200607135623/https://cogconnected.com/2020/05/twitch-prime-games-loot-june/ 2020年6月8日閲覧。 
  59. ^ Perez, Sarah. “Twitch acquired video indexing platform ClipMine to power new discovery features”. TechCrunch. オリジナルの2017年9月14日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20170914220629/https://techcrunch.com/2017/08/18/twitch-acquired-video-indexing-platform-clipmine-to-power-new-discovery-features/ 2017年9月14日閲覧。 
  60. ^ Kerr, Chris (2019年9月18日). “Twitch acquires IGDB to bolster search and discoverability capabilities”. Gamasutra. 2019年9月21日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年9月18日閲覧。
  61. ^ Stephen, Bijan (2019年9月26日). “Eight years after its launch, Twitch is getting a slightly new look”. The Verge. 2019年9月26日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年9月26日閲覧。
  62. ^ Stephen, Bijan (2019年12月10日). “Twitch just locked down top streamers DrLupo, TimTheTatman, and Lirik”. The Verge. 2019年12月11日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年12月11日閲覧。
  63. ^ Shanley, Patrick (2020年3月12日). “Streamer Dr Disrespect Signs Multiyear Deal to Stay on Twitch”. The Hollywood Reporter. 2020年3月13日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年3月13日閲覧。
  64. ^ Grayson, Nathan (2020年5月14日). “Twitch's New 'Safety Advisory Council' To Focus On Work-Life Balance, Protecting Marginalized Groups”. Kotaku. 2020年6月25日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年6月24日閲覧。
  65. ^ Amazon rebrands Twitch Prime as Prime Gaming” (英語). The Verge (2020年8月10日). 2020年8月10日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年8月10日閲覧。
  66. ^ Marshall, Cass (2021年5月27日). “Twitch introduces more than 350 new streamer tags, including Vtuber, transgender, queer” (英語). Polygon. 2021年9月1日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年9月1日閲覧。
  67. ^ a b Warren, Tom (2021年10月6日). “Twitch hack” (英語). The Verge. 2021年10月6日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年10月6日閲覧。
  68. ^ a b “Twitch confirms massive data breach” (英語). BBC News. (2021年10月6日). オリジナルの2021年10月6日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20211006182125/https://www.bbc.com/news/technology-58817658 2021年10月6日閲覧。 
  69. ^ Browning, Kellen (2021年10月6日). “A 'potentially disastrous' data breach hits Twitch, the livestreaming site.” (英語). The New York Times. ISSN 0362-4331. オリジナルの2021年10月6日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20211006175233/https://www.nytimes.com/2021/10/06/technology/twitch-data-breach.html 2021年10月6日閲覧。 
  70. ^ Scullion, Chris (2021年10月6日). “The entirety of Twitch has reportedly been leaked”. Video Games Chronicle. 2021年10月6日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年10月6日閲覧。
  71. ^ a b Grayson, Nathan (2021年10月6日). “Massive Twitch hack reveals streamers' pay, with top stars making millions”. The Washington Post. オリジナルの2021年10月6日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20211006191030/https://www.washingtonpost.com/video-games/2021/10/06/twitch-hack-pay-xqc-pokimane-summit1g/ 2021年10月6日閲覧。 
  72. ^ a b “Twitch hacker leaks entire source code and streamers' incomes for the past three years”. MarketWatch. (2021年10月6日). オリジナルの2021年10月6日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20211006153725/https://www.marketwatch.com/story/reported-twitch-hacker-leaks-entire-source-code-and-streamers-incomes-for-the-past-three-years-11633533597 2021年10月6日閲覧. "The leaked data does apparently reveal just how much money popular Twitch streamers are earning directly from Twitch. Some 81 have been paid more than $1 million by Twitch since August 2019, likely from subscriptions and advertising revenue, according to the leaked documents." 
  73. ^ a b Carpenter, Nicole (2021年10月6日). “Massive Twitch source code, creator earnings hack, explained” (英語). Polygon. 2021年10月7日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年10月7日閲覧。
  74. ^ Warren, Tom (2021年10月6日). “Twitch confirms major data breach after its source code and secrets leak out”. The Verge. 2021年10月6日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年10月6日閲覧。
  75. ^ Plunkett, Luke (2021年10月6日). “Twitch Says 'Malicious Third Party' Was Behind Hack”. Kotaku. 2021年10月7日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年10月6日閲覧。
  76. ^ Scullion, Chris (2021年10月7日). “Twitch leak: All stream keys have been reset 'out of an abundance of caution'”. Video Games Chronicle. 2021年10月7日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年10月7日閲覧。
  77. ^ “Amazon's Twitch blames configuration error for data breach” (英語). Reuters. Reuters. (2021年10月7日). オリジナルの2021年10月8日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20211008024145/https://www.reuters.com/technology/amazons-twitch-hit-by-data-breach-2021-10-06/ 2021年10月7日閲覧。 
  78. ^ Miller, Patrick (2011年10月31日). “Twitch.tv Releases iPhone App, Feeds Your Addiction”. PC World. 2012年8月20日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年7月25日閲覧。
  79. ^ Sebastian Haley (2013年2月5日). “Can live speedruns compete with e-sports? (interview)”. VentureBeat. 2014年2月1日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年1月23日閲覧。
  80. ^ The Most Watched Games on Twitch, November 2021”. Twitchmetrics. 2021年11月22日閲覧。
  81. ^ Twitch to stream Video Games Live concert from Comic-Con”. Polygon (2013年7月15日). 2014年10月11日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年8月8日閲覧。
  82. ^ “Twitch tries out live concerts with free house music performance tonight”. The Verge. オリジナルの2014年8月2日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20140802035436/http://www.theverge.com/2014/7/30/5953217/twitch-tries-music-with-free-steve-aoki-concert-tonight 2014年8月8日閲覧。 
  83. ^ DJ Steve Aoki to star in Twitch's first live concert tonight”. CNET. 2014年8月2日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年8月8日閲覧。
  84. ^ “Twitch starts streaming live music today”. Polygon. オリジナルの2014年8月3日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20140803071652/http://www.polygon.com/2014/7/30/5952191/twitch-starts-streaming-live-music-today 2014年8月8日閲覧。 
  85. ^ Twitch adds a music section, free tracks to make up for copyright crackdown”. PC World (2015年1月15日). 2015年1月16日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年1月15日閲覧。
  86. ^ The Ultra Music Festival will be broadcast live on Twitch”. The Verge (2015年3月23日). 2015年3月25日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年3月25日閲覧。
  87. ^ Twitch launches "Creative" category, eight-day Bob Ross Painting marathon”. Ars Technica (2015年10月29日). 2015年10月30日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年12月28日閲覧。
  88. ^ Why eating and gaming is a thing on Twitch”. Polygon. Vox Media (2016年7月11日). 2016年7月14日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年7月18日閲覧。
  89. ^ Games Are Taking A Back Seat To Players On Video Game Streaming Sites”. NPR (2017年3月12日). 2017年8月12日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年8月11日閲覧。
  90. ^ Game streaming report: 'Just Chatting' category takes over Twitch; Facebook Gaming sees growth” (英語). GeekWire (2020年1月9日). 2021年2月25日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年10月7日閲覧。
  91. ^ Corrall, Cody (2020年11月18日). “The Museum of Home Video Is One of Twitch's Best-Kept, Weirdo Pop-Culture Secrets”. Thrillist. 2020年11月27日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年11月19日閲覧。
  92. ^ Espinosa, Michael (2021年10月6日). “Why Twitch is still the top destination for livestreaming, even as YouTube Gaming poaches some big streamers” (英語). Business Insider. 2021年10月8日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年10月7日閲覧。
  93. ^ a b Payne, Katherine; Keith, Mark J.; Schuetzler, Ryan M.; Giboney, Justin Scott (Dec 2017). “Examining the learning effects of live streaming video game instruction over Twitch”. Computers in Human Behavior 77: 95–109. doi:10.1016/j.chb.2017.08.029. 
  94. ^ Jeffrey Grubb (2013年10月31日). “Livestreaming community on Twitch has raised $8 million for charity; plans to raise more this weekend”. VentureBeat. 2013年12月28日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年12月24日閲覧。
  95. ^ Schroeder, Andrew (2017年7月20日). “2017 Charity Update: Twitch community gives back at record pace!”. Twitch Blog (Medium). 2021年11月22日閲覧。
  96. ^ Jonno Nicholson (2020年4月28日). “ESL and DreamHack enter three-year broadcast deal with Twitch”. eSports Insider. 2020年4月28日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年4月28日閲覧。
  97. ^ Mike Williams (2012年6月29日). “EVO tournament offering HD pay-per-view stream”. Games Industry. 2021年4月28日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年4月28日閲覧。
  98. ^ Phillip Martínez (2019年8月2日). “EVO 2019: Schedule, Start Time and How to Stream Every Tournament Online”. Newsweek. 2021年4月28日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年4月28日閲覧。
  99. ^ Dreamer IX (2014年5月15日). “The rise of Twitch.tv - How this giant came to be”. MWeb Gamezone. 2021年4月28日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年4月28日閲覧。
  100. ^ Jenna Pitcher (2013年8月13日). “The International attracts more than 1 million viewers”. Polygon. 2021年4月28日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年4月28日閲覧。
  101. ^ John Gaudiosi (2016年3月2日). “Twitch launching 'Rocket League' into eSports”. Fortune. 2021年4月28日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年4月28日閲覧。
  102. ^ Turner Broadcasting System, Inc. and WME / IMG Form Strategic Partnership to Create Groundbreaking eSports League”. Time Warner (2015年9月24日). 2017年6月2日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年11月20日閲覧。
  103. ^ Wynne, Jared (2015年11月6日). “Turner plans to partner with an online streaming company, expand into other esports”. The Daily Dot. 2016年11月10日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年4月28日閲覧。
  104. ^ Bryant, Jacob (2017年6月20日). “Twitch and Blizzard Announce Two-Year Worldwide Collaboration”. Variety. 2017年6月20日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年6月20日閲覧。
  105. ^ Arif, Shabana (2018年4月5日). “Overwatch League All-Access Pass Includes Twitch Emotes, in-Game Skins, and More for $30”. IGN. 2019年2月1日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年2月14日閲覧。
  106. ^ At The Last Minute, Blizzard Strikes Overwatch League Deal With Twitch”. GameSpot (2018年5月23日). 2018年1月10日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年2月14日閲覧。
  107. ^ Todd Spangler (2020年1月24日). “YouTube Scores Exclusive Streaming for Activision Blizzard's E-Sports, Including Overwatch and Call of Duty Leagues”. Variety. 2020年5月26日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年4月28日閲覧。
  108. ^ Davenport, James (2018年6月13日). “Fortnite Celebrity Pro-Am Twitch channel breaks 700,000 concurrent viewers”. PC Gamer. オリジナルの2018年6月14日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20180614152814/https://www.pcgamer.com/fortnite-celebrity-pro-am-twitch-channel-breaks-700000-concurrent-viewers/ 2018年6月13日閲覧。. 
  109. ^ Spangler, Todd (2019年7月29日). “Fortnite World Cup Finals 2019 Draws Over 2 Million Live Viewers”. Variety. 2019年7月29日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年7月29日閲覧。
  110. ^ Andrew Hayward (2019年4月15日). “NBA 2K League Adds YouTube as Streaming Partner”. eSports Observer. 2021年4月28日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年4月28日閲覧。
  111. ^ Wolf, Jacob (2017年12月13日). “NBA to broadcast G League games on Twitch”. ESPN.com. 2017年12月14日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年12月13日閲覧。
  112. ^ McWhertor, Michael (2018年4月26日). “NFL games are coming to Twitch”. Polygon.com. 2018年4月27日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年4月27日閲覧。
  113. ^ Decker, Kyle (2019年1月6日). “Impact's weekly program will be simulcast on Twitch as it airs on the Pursuit channel”. Cageside Seats. 2019年3月27日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年3月8日閲覧。
  114. ^ Clinton, Jared (2019年9月5日). “NWHL signs three-year streaming deal with Twitch, receives broadcasting rights fee”. The Hockey News. 2019年9月5日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年9月5日閲覧。
  115. ^ Alexander, Julia (2020年3月11日). “Amazon continues push into sports with National Women's Soccer League on Twitch” (英語). The Verge. 2020年3月12日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年3月13日閲覧。
  116. ^ NWSL Inks Multi-Year Deal With CBS Sports, Twitch” (英語). Sports Video Group (2020年3月12日). 2020年7月29日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年3月13日閲覧。
  117. ^ Amazon's four Premier League matches to be made available free”. SportsPro Media (2020年6月3日). 2020年6月3日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年7月13日閲覧。
  118. ^ Amazon's Premier League games to air on Twitch for free”. SportsPro Media (2020年6月18日). 2020年7月10日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年7月13日閲覧。
  119. ^ Spangler, Todd (2020年7月16日). “Twitch Inks Deal to Livestream Entercom's Sports Radio Talk Shows as Video Simulcasts (EXCLUSIVE)” (英語). Variety. 2020年8月13日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年8月9日閲覧。
  120. ^ Warren, Tom (2020年7月22日). “Twitch launches a new sports category as Amazon pushes for sports dominance” (英語). The Verge. 2020年7月22日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年7月22日閲覧。
  121. ^ Dixon, Ed (2021年6月21日). “Kosmos turns to Twitch for Copa America broadcasts in Spain”. SportsPro. 2021年6月21日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年6月22日閲覧。
  122. ^ NBCがTwitchと提携して「2020年東京オリンピック」のコンテンツを配信!?Twitchクリエイターの募集も”. funglr Games (2021年5月18日). 2022年1月14日閲覧。
  123. ^ Community, The. “Twitch Emotes – Bringing a little Kappa to you everyday”. twitchemotes.com. 2017年10月25日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年10月25日閲覧。
  124. ^ Goldenberg, David (2015年10月21日). “How Kappa Became The Face Of Twitch”. FiveThirtyEight. オリジナルの2017年10月26日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20171026001422/https://fivethirtyeight.com/features/why-a-former-twitch-employee-has-one-of-the-most-reproduced-faces-ever/ 2017年10月25日閲覧。 
  125. ^ StreamElements. “Chat stats”. StreamElements. 2018年4月8日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年7月15日閲覧。
  126. ^ Subscriber Emoticon Tiers”. Twitch Help. 2017年11月7日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年11月7日閲覧。
  127. ^ Carpenter, Nicole (2018年12月14日). “Kappa dethroned on Twitch after six years on top” (英語). Dot Esports. Gamurs. 2021年1月10日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年1月7日閲覧。
  128. ^ a b Kelly, Makena (2021年1月6日). “Twitch deletes PogChamp emote because it's now the face of 'further violence'”. The Verge. 2021年1月8日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年1月8日閲覧。
  129. ^ Ford, Colin; Gardner, Dan; Horgan, Leah Elaine; Liu, Calvin; tsaasan, a. m.; Nardi, Bonnie; Rickman, Jordan (2017-05-06). written at Denver, Colorado, USA. “Chat Speed OP PogChamp: Practices of Coherence in Massive Twitch Chat”. Proceedings of the 2017 CHI Conference Extended Abstracts on Human Factors in Computing Systems. CHI EA '17 (University of California, Irvine: Association for Computing Machinery): 858–871. doi:10.1145/3027063.3052765. ISBN 978-1-4503-4656-6. "For instance, a string of PogChamp messages indicated amazement at an impressive play or situation," 
  130. ^ Davis, Paul K.; O'Mahony, Angela; Pfautz, Jonathan (2019-04-09) (英語). Social-Behavioral Modeling for Complex Systems. John Wiley & Sons. pp. 421. ISBN 978-1-119-48496-7. オリジナルのJanuary 22, 2021時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20210122151446/https://books.google.com/books?id=sNuLDwAAQBAJ&q=%22PogChamp%22&pg=PA421 2021年1月10日閲覧。 
  131. ^ Twitch removes PogChamp emote: 'We can't in good conscience continue to enable use of the image'”. PC Gamer (2021年1月7日). 2021年1月7日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年1月8日閲覧。
  132. ^ @Twitch (2021年1月6日). "We've made the decision to remove the PogChamp emote following statements from the face of the emote encouraging further violence after what took place in the Capitol today" (ツイート). Twitterより2021年1月6日閲覧
  133. ^ Twitch Removes "PogChamp" Emote”. Kotaku. G/O Media (2021年1月7日). 2021年1月7日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年1月7日閲覧。
  134. ^ T.M. Kim, Matt (2021年1月7日). “Twitch Removes 'Pogchamp' Emote Following Tweets by Gootecks”. IGN. 2021年1月8日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年1月7日閲覧。
  135. ^ Twitch Viewers Elect Meme Lizard As New Permanent Pogchamp”. Kotaku. G/O Media (2021年2月12日). 2021年2月13日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年2月14日閲覧。
  136. ^ “Ninja announces he is leaving Twitch to stream exclusively on Mixer”. オリジナルの2019年8月14日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20190814160821/https://www.theverge.com/2019/8/1/20750393/ninja-mixer-exclusive-twitch-fortnite-streaming-gaming-announcement 2019年8月1日閲覧。 
  137. ^ Alexander, Julia (2019年8月1日). “What is Mixer, Ninja's new exclusive streaming home?”. The Verge. 2019年8月14日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年8月1日閲覧。
  138. ^ Roettgers, Janko (2019年8月1日). “Ninja Is Ditching Amazon's Twitch for Microsoft's Mixer”. Variety. 2019年8月14日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年8月1日閲覧。
  139. ^ Webb, Kevin (2019年10月2日). “The 10 most popular channels on Twitch” (英語). Business Insider. 2020年10月20日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年10月7日閲覧。
  140. ^ Summit1G, Dakotaz And JoshOG Have Signed New Contracts With Twitch”. Gamespot. 2020年6月14日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年5月26日閲覧。
  141. ^ Twitch signs multiyear deals with popular streamers Summit1G, Dakotaz, and JoshOG”. The Verge (2020年5月26日). 2020年5月26日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年5月26日閲覧。
  142. ^ Thier, Dave. “Dr. Disrespect Banned From Twitch: Doc's Statement And What We Know”. Forbes. 2020年11月28日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年1月11日閲覧。
  143. ^ Stephen, Bijan (2020年8月11日). “Shroud returns to Twitch, exclusively” (英語). The Verge. 2020年8月12日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年8月23日閲覧。
  144. ^ Garrett, Alexandra. “Fortnite streamer Ninja comes back to Twitch after Mixer closure” (英語). CNET. 2020年9月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年8月23日閲覧。
  145. ^ Park, Gene (2020年8月11日). “Shroud is returning to Twitch”. The Washington Post. オリジナルの2020年8月12日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20200812115610/https://www.washingtonpost.com/video-games/2020/08/11/shroud-returns-twitch/ 2021年10月7日閲覧。 
  146. ^ ALL-TIME SUBSCRIPTION RECORDS”. TwitchTracker. 2021年3月23日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年3月23日閲覧。
  147. ^ Asarch, Steven. “A Twitch streamer ended his 31-day livestream by breaking the record for the most-subscribed-to personality on the platform” (英語). Business Insider. 2021年9月15日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年10月7日閲覧。
  148. ^ Biazzi, Leonardo (2021年10月6日). “CriticalRole, xQc, summit1g, and Tfue among the highest earners on Twitch, according to leak” (英語). Dot Esports. 2021年10月7日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年10月6日閲覧。
  149. ^ Jiang, Sisi (2021年10月6日). “Only Three Percent Of Twitch's Top-Earning Streamers Are Women, Apparently” (英語). Kotaku. 2021年10月7日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年10月7日閲覧。
  150. ^ a b “CBS Interactive Expands into eSports Category With Exclusive Live Gaming Video and League Partnerships”. PR Newswire. (2012年4月17日). オリジナルの2012年5月7日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20120507061313/http://www.prnewswire.com/news-releases/english-releases/cbs-interactive-expands-into-esports-category-with-exclusive-live-gaming-video-and-league-partnerships-147725445.html 2012年5月21日閲覧。 
  151. ^ Perez, Sarah. “Twitch's concurrent streamers grew 67% in Q3, as YouTube Gaming declined”. 2017年11月8日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年11月8日閲覧。
  152. ^ Coldewey, Devin. “Streamers flock to YouTube Live, but the money (and crowd) is still at Twitch”. 2017年12月1日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年11月27日閲覧。
  153. ^ a b Gros, Daniel; Wanner, Brigitta; Hackenholt, Anna; Zawadzki, Piotr; Knautz, Kathrin (2017). Meiselwitz, Gabriele. ed. “World of Streaming. Motivation and Gratification on Twitch” (英語). Social Computing and Social Media. Human Behavior. Lecture Notes in Computer Science (Cham: Springer International Publishing) 10282: 44–57. doi:10.1007/978-3-319-58559-8_5. ISBN 978-3-319-58559-8. オリジナルのNovember 12, 2020時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20201112001604/https://link.springer.com/chapter/10.1007/978-3-319-58559-8_5 2021年10月7日閲覧。. 
  154. ^ U.S. Twitch app users by age 2020” (英語). Statista. 2021年4月8日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年10月7日閲覧。
  155. ^ Twitch users by gender in the U.S. 2021” (英語). Statista. 2021年10月7日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年10月7日閲覧。
  156. ^ Twitch: Everything You Need to Know” (英語). Lifewire (2020年11月10日). 2021年8月9日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年10月7日閲覧。
  157. ^ Twitch Subscriptions: What They Are and How They Work” (英語). Lifewire (2020年9月11日). 2021年4月12日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年10月7日閲覧。
  158. ^ Morris, Tee. “How to Follow and Subscribe to Twitch Channels” (英語). dummies. 2021年10月7日閲覧。
  159. ^ Where are my notifications?”. Twitch Customer Support. 2021年1月22日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年10月7日閲覧。
  160. ^ Terms of Service”. www.twitch.tv. 2021年4月30日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年4月30日閲覧。
  161. ^ Tassi, Paul (2011年7月27日). “JustinTV Lets Gamers Earn Cash with New Twitch Partner Service”. Forbes. オリジナルの2017年8月25日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20170825025320/https://forbes.com/sites/insertcoin/2011/07/27/justintv-lets-gamers-earn-cash-with-new-twitch-partner-service/ 2017年9月17日閲覧。 
  162. ^ Grubb, Jeff (2015年8月27日). “Twitch's partner contracts will keep most livestreamers from also using YouTube Gaming”. VentureBeat. 2016年4月22日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年5月18日閲覧。
  163. ^ “How exactly do Twitch streamers make a living? Destiny breaks it down”. Dot Esports. オリジナルの2018年5月8日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20180508185532/https://dotesports.com/culture/news/twitch-streaming-money-careers-destiny-1785#list-2 2018年5月8日閲覧。 
  164. ^ Twitch (2014年). “Twitch Partner Signup”. Twitch. 2014年4月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年3月15日閲覧。
  165. ^ Twitch. “Customer Support”. Twitch Help. 2019年3月6日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年3月6日閲覧。
  166. ^ Engadget. “Twitch shows how close you are to becoming a paid streamer”. Engadget. 2019年3月6日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年3月6日閲覧。
  167. ^ Fontaine, Robin (2017年4月24日). “Twitch Affiliate Program launches today! First invites going out…”. Twitch Blog. 2019年7月28日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年3月6日閲覧。
  168. ^ Twitch's new subscription model will let fans pay streamers significantly more money”. The Verge. Vox Media (2017年4月19日). 2017年4月20日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年4月20日閲覧。
  169. ^ Keep your eyes peeled for Sub buttons!”. Twitter (2017年6月27日). 2021年10月9日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年7月5日閲覧。
  170. ^ TwitchCon Day 1: All the News from the Opening Ceremony”. Twitch Blog (September 27, 2019). February 6, 2021時点のオリジナルよりアーカイブ。October 31, 2019閲覧。
  171. ^ John Gaudiosi (September 9, 2011). “StarCraft II Pro Gamer Steven "Destiny" Bonnell Explains How TwitchTV Is Changing the Game”. Forbes. October 5, 2013時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年10月1日閲覧。
  172. ^ CBS INTERACTIVE EXPANDS INTO ESPORTS CATEGORY WITH EXCLUSIVE LIVE GAMING VIDEO AND LEAGUE PARTNERSHIPS”. Major League Gaming (2012年4月17日). April 19, 2012時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年4月17日閲覧。
  173. ^ Stephen, Bijan (2020-09-15). “Twitch is testing mid-roll ads that streamers can't control” (英語). The Verge. September 17, 2020時点のオリジナルよりアーカイブ。2020-09-17閲覧。
  174. ^ ゲーマー第一を貫く“世界最大の生放送サイト”Twitch 日本展開を担う4人に聞く”. ファミ通.com (2015-12-08). 2021年11月23日閲覧。
  175. ^ ゲーム実況「Twitch」日本オフィス設立 日本に本格参入”. ITmedia New (2017-09-06). 2021年11月23日閲覧。
  176. ^ 泊裕一郎 (2017-09-26). “「Twitch」トップインタビュー。日本支社設立でTwitchはどう変わるのか?”. GAME Watch. 2021年11月23日閲覧。
  177. ^ 「Twitch Prime」日本でも提供スタート”. ITmedia News (2017-12-06). 2021年11月23日閲覧。
  178. ^ TwitchCon 2015: What it is, and what to watch”. Polygon (2015年9月24日). March 20, 2017時点のオリジナルよりアーカイブ。February 14, 2017閲覧。
  179. ^ Sarkar, Samit (2016-02-18). “TwitchCon 2016 announced, coming to San Diego this September”. polygon. 2017-08-10時点のオリジナルよりアーカイブ。2017-08-10閲覧。
  180. ^ Sarkar, Samit (2017-01-10). “TwitchCon 2017 announced for late October”. Polygon. 2017-08-10時点のオリジナルよりアーカイブ。2017-08-10閲覧。
  181. ^ Lumb, David (February 28, 2018). “TwitchCon returns to the Bay Area on October 26th”. Engadget. February 28, 2018時点のオリジナルよりアーカイブ。February 28, 2018閲覧。
  182. ^ Crecente, Brian (2018-11-21). “TwitchCon Expands to Europe in 2019” (英語). Variety. September 28, 2019時点のオリジナルよりアーカイブ。2020-01-13閲覧。
  183. ^ Vincent, Brittany (2019-02-20). “TwitchCon 2019 Returns To San Diego Convention Center With Fifth Annual Event” (英語). Variety. February 21, 2019時点のオリジナルよりアーカイブ。2020-01-14閲覧。
  184. ^ Hitt, Kevin (March 6, 2020). “Twitch Cancels TwitchCon Amsterdam Event Amid Coronavirus Concerns”. The Esports Observer. April 8, 2020時点のオリジナルよりアーカイブ。March 7, 2020閲覧。
  185. ^ Twitch announces TwitchCon 2020 dates and locations” (英語). Shacknews. September 28, 2019時点のオリジナルよりアーカイブ。2020-01-14閲覧。
  186. ^ TwitchCon 2020 San Diego Event Officially Cancelled”. Collider (June 19, 2020). June 19, 2020時点のオリジナルよりアーカイブ。June 19, 2020閲覧。
  187. ^ Twitch Rivals” (2019-09-29). 2019-09-29時点のオリジナルよりアーカイブ。2019-09-29閲覧。
  188. ^ Scores and standings for Twitch Rivals League of Legends at TwitchCon 2019” (英語). Dot Esports (2019-09-28). 2019-09-29閲覧。
  189. ^ Team EU, Team Yassuo Win Twitch Rivals League of Legends” (英語). TheGamer (2019-09-28). 2019-09-29閲覧。
  190. ^ Twitch Rivals Fortnite at TwitchCon 2019: Recap and Results”. estnn.com (28 September 2019). 2019-09-29閲覧。
  191. ^ Groux, Christopher (2019-09-27). “How to watch 'Fortnite's Twitchcon Showdown” (英語). Newsweek. 2019-09-29閲覧。
  192. ^ Twitch Rivals returns with over 100 events in 2019” (英語). Twitch Blog. 2021年11月23日閲覧。
  193. ^ Twitch is now blocked in China Archived October 2, 2018, at the Wayback Machine. – Shannon Liao, The Verge, September 20, 2018
  194. ^ “Jio Blocking Twitch Streams During IPL 2020 Cricket Matches, Users Report” (英語). NDTV. オリジナルの2020年11月19日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20201119204120/https://gadgets.ndtv.com/telecom/news/jio-twitch-block-streams-ipl-2020-cricket-matches-reliance-hathway-users-report-2301985 17 November 2020閲覧。 
  195. ^ “TwitchTV Launches iPad and Android Apps; Expands Mobile Market Presence for Live Video Game Streaming Movement” (プレスリリース), Business Wire, (April 12, 2012), オリジナルの2012年5月2日時点におけるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20120502150007/http://www.businesswire.com/news/home/20120412005443/en/TwitchTV-Launches-iPad-Android-Apps-Expands-Mobile 2012年5月21日閲覧。 
  196. ^ Stephanie Mlot (May 14, 2013). “Twitch TV App Launches on Xbox 360”. PC Magazine. 2014年1月22日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年1月22日閲覧。
  197. ^ Xbox at E3 2013: everything you need to know”. The Verge (2013年6月10日). 2013年6月11日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年6月11日閲覧。
  198. ^ Mike Futter (November 11, 2013). “Twitch on PlayStation 4 Makes Brilliant Innovations”. GameInformer. January 12, 2014時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年1月22日閲覧。
  199. ^ Lyles, Taylor (October 22, 2020). “Sony confirms Disney Plus, Netflix, and Twitch will be on the PS5 at launch”. The Verge. October 22, 2020時点のオリジナルよりアーカイブ。October 22, 2020閲覧。
  200. ^ Jeffrey Grubb (November 7, 2012). “Origin gets video broadcasting in next update”. VentureBeat. October 5, 2013時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年10月2日閲覧。
  201. ^ Brett Makedonski (September 19, 2013). “New version of Uplay features Twitch integration”. Destructoid. January 31, 2014時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年1月22日閲覧。
  202. ^ Jenna Pitcher (July 5, 2013). “Steam accounts now link with Twitch”. Polygon. 2014年2月1日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年1月22日閲覧。
  203. ^ Jeffrey Grubb (June 17, 2013). “Twitch blazing a path to livestreaming ubiquity with its updated SDK (interview)”. VentureBeat. October 5, 2013時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年10月2日閲覧。
  204. ^ Twitch to relaunch Curse, acquired last year, as the more social Twitch Desktop App”. TechCrunch. 2021年10月9日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年2月14日閲覧。
  205. ^ Petrocelli, Brian (2017-08-10). “The new Twitch Desktop App is here”. Twitch Blog. 2021年10月9日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年3月6日閲覧。
  206. ^ In-game app-development platform Overwolf acquires CurseForge assets from Twitch to get into mods”. TechCrunch. Verizon Media. June 23, 2020時点のオリジナルよりアーカイブ。22 June 2020閲覧。
  207. ^ A new home for CurseForge”. Overwolf. June 22, 2020時点のオリジナルよりアーカイブ。22 June 2020閲覧。

外部リンク[編集]