ミニストリー (バンド)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ミニストリー
Ministry
Ministry Sweden Rock 2008.jpg
基本情報
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
イリノイ州 シカゴ
ジャンル インダストリアル・メタル[1][2]
スラッシュメタル
ニュー・ウェイヴ
シンセポップ(初期)
インダストリアル[1][2]
オルタナティヴ・メタル[1]
オルタナティヴ・ロック[1]
ヘヴィメタル[1]
ダンスロック[1]
活動期間 1981年 - 2008年
2011年 -
レーベル ワックス・トラックス!
アリスタ・レコード
サイア・レコード
ワーナー・ブラザース・レコード
サンクチュアリ・レコード
サーティーズ・プラネット
メガフォース
メンバー アル・ジュールゲンセン
ジョン・ベックデル
シン・クウィリン
トニー・カンポス
シーザー・ソート
デレク・エイブラムス
旧メンバー ジョン・デイヴィス
スティーヴン・ジョージ
ロバート・ロバーツ
マーティ・ソレンソン
シェイ・ジョーンズ
ブラッド・ヘイレン
ポール・バーカー
ビル・リーフリン
クリス・コネリー
マイク・スカーシャ
ニヴェック・オーガ
ハウィー・ビーノ
マイケル・バルチ
ルイス・スヴィテック
デュエイン・ビュフォード
ズラトコ・ハキック
レイ・ウォッシャム
マックス・ブロディ
マーク・ベイカー
ジョン・モンテ
ポール・レイヴン
トミー・ヴィクター
ケイシー・オー
モンテ・ピットマン
アーロン・ロッシ
ロイ・マイヨルガ

ミニストリー (Ministry) は、アメリカ合衆国インダストリアル・メタルバンド。シカゴで結成したスペシャル・アフェクトを元に誕生。当初の音楽性はエレクトロニック・ボディ・ミュージックだったが、スラッシュメタルを取り入れ、インダストリアル・メタルの重鎮としてその地位につく。1981年に結成し2008年に解散。2011年に再結成し2013年に「最後のスタジオアルバム」を作り、その後はライブを中心に活動していたが、2018年になり、新作アルバム『AmeriKKKant』を発表した。

来歴[編集]

メンバー[編集]

  • アル・ジュールゲンセン (Alain David Jourgensen) – ボーカル、キーボード、シンセサイザー、ギター、ベース、ドラム (1981年–2008年、2011年–2013年、2014年- )
  • ジョン・ベックデル (John Bechdel) – キーボード (2006年–2008年、2011年-2013年、2014年– )
  • シン・クウィリン (Sin Quirin) – ギター、ベース (2007年–2008年、2011年-2013年、2014年– )
  • トニー・カンポス (Tony Campos) – ベース (2007年–2008年、2011年–2012年、2014年- )
  • シーザー・ソート (Cesar Soto) – ギター (2015年– )
  • デレク・エイブラムス (Derek Abrams) – ドラム (2017年–2018年、2018年– )

旧メンバー[編集]

  • ジョン・デイヴィス (John Davis) – キーボード (1981年–1982年)
  • スティーヴン・ジョージ (Stephen George) – ドラム (1981年–1985年)
  • ロバート・ロバーツ (Robert Roberts) – キーボード (1981年–1984年)
  • マーティ・ソレンソン (Marty Sorenson) – ベース (1981年–1982年)
  • シェイ・ジョーンズ (Shay Jones) – ボーカル (1982年–1983年)
  • ブラッド・ヘイレン (Brad Hallen) – ベース (1983年–1985年)
  • ポール・バーカー (Paul Barker) – ベース、キーボード、プログラミング、ボーカル (1986年–2003年)
  • ビル・リーフリン (Bill Rieflin) – ドラム、キーボード、プログラミング、ギター (1986年–1995年)
  • クリス・コネリー (Chris Connelly) – ボーカル、キーボード、作曲 (1987年–1993年)
  • マイク・スカーシャ (Mike Scaccia) – ギター、ベース (1989年–1995年。2003年–2006年、2011年–2012年)
  • ニヴェック・オーガ (Nivek Ogre) – ボーカル、ギター、キーボード (1988年–1990年)
  • ハウィー・ビーノ (Howie Beno) – プログラミング、編集 (1990年–1993年)
  • マイケル・バルチ (Michael Balch) – キーボード、プログラミング (1991年–1992年)
  • ルイス・スヴィテック (Louis Svitek) – ギター (1992年–1999年、2003年)
  • デュエイン・ビュフォード (Duane Buford) – キーボード (1995年–1999年)
  • ズラトコ・ハキック (Zlatko Hukic) – エレクトロニクス、ギター (1995年–1999年)
  • レイ・ウォッシャム (Rey Washam) – ドラム、パーカッション、プログラミング (1995年–1999年、2003年)
  • マックス・ブロディ (Max Brody) – ドラム、パーカッション、プログラミング、サックス (1999年–2004年)
  • マーク・ベイカー (Mark Baker) – ドラム (2004年–2005年)
  • ジョン・モンテ (John Monte) – ベース (2004年)
  • ポール・レイヴン (Paul Raven) – ベース、キーボード、ギター、ドラム (2005年–2007年)
  • トミー・ヴィクター (Tommy Victor) – ギター、ベース (2005年–2008年、2011年–2012年)
  • ケイシー・オー (Casey Orr) – ベース、キーボード (2012年–2013年)
  • モンテ・ピットマン (Monte Pittman) - ギター (2014年-2015年)
  • アーロン・ロッシ (Aaron Rossi) – ドラム (2007年–2008年、2011年-2013年、2014年–2016年)
  • ロイ・マイヨルガ (Roy Mayorga) – ドラム (2016年、2017年)

タイムライン[編集]

ディスコグラフィ[編集]

スタジオ・アルバム[編集]

アルバムデータ チャート最高位 セールス 認定
US
AUS
AUT
FRA
GER
NZ
NOR
SWE
SWI
UK
1983 ウィズ・シンパシー
With Sympathy
  • 発売: 1983年5月10日
  • レーベル: Arista/BMG
96

US: 103,484+

1986 トゥイッチ
Twitch
194

US: 138,755+

1988 ザ・ランド・オブ・レイプ・アンド・ハニー
The Land of Rape and Honey
  • 発売日: 1988年10月11日
  • レーベル: Sire/Warner Bros.
164

US: 525,000+[要出典]

  • US: ゴールド
1989 ザ・マインド・イズ・ア・テリブル・シング・トゥ・テイスト
The Mind Is a Terrible Thing to Taste
  • 発売日: 1989年11月14日
  • レーベル: Sire/Warner Bros.
163

US: 587,000+[要出典]

  • US: ゴールド
1992 ΚΕΦΑΛΗΞΘ -詩篇69-
Psalm 69: The Way to Succeed and the Way to Suck Eggs
  • 発売日: 1992年7月14日
  • レーベル: Sire/Warner Bros.
27 69 24 33

US: 1,061,948+[要出典]

  • US: プラチナ
  • AUS: ゴールド
  • CAN: ゴールド
1996 フィルス・ピッグ
Filth Pig
  • 発売日: 1996年1月30日
  • レーベル: Warner Bros.
19 9 47 28 16 38 7 50 43

US: 236,557+

1999 ダークサイド・オブ・ザ・スプーン
Dark Side of the Spoon
  • 発売日: 1999年6月8日
  • レーベル: Warner Bros.
92 57 51 85

US: 79,459+

2003 アニモシティシモニア
Animositisomina
  • 発売日: 2003年2月18日
  • レーベル: Sanctuary/BMG
157 125 93 186

US: 46,319+

2004 ハウジズ・オブ・ザ・モーレ
Houses of the Molé
  • 発売日: 2004年6月22日
  • レーベル: Sanctuary/BMG
162 138

US: 45,419+

2006 リオ・グランデ・ブラッド
Rio Grande Blood
134 60

US: 34,346+

2007 ザ・ラスト・サッカー
The Last Sucker
  • 発売日: 2007年9月18日
  • レーベル: 13th Planet/Megaforce
130 95

US: 5,140+

2012 リラプス
Relapse
  • 発売日: 2012年3月23日
  • レーベル: 13th Planet
193 72 56 99

US: 5,000+

2013 フロム・ビア・トゥ・エタニティ
From Beer to Eternity
  • 発売日: 2013年9月10日
  • レーベル: 13th Planet
140 79
2018 AmeriKKKant
AmeriKKKant
  • 発売日: 2018年3月9日
  • レーベル: Nuclear Blast
73 189 57 65
"—" は未発売またはチャート圏外を意味する。

ライブ・アルバム[編集]

  • 『イン・ケース・ユー・ディドゥント・フィール・ライク・ショウイング・アップ』 - In Case You Didn't Feel Like Showing Up (1990年)
  • Just Another Fix (1995年)
  • 『スフィンク・ツアー』 - Sphinctour (2002年)
  • Adios... Puta Madres (2009年)
  • Enjoy the Quiet—Live at Wacken 2012 (2013年)
  • Last Tangle in Paris / Live 2012 Defibrila Tour (2014年)
  • Toronto 1986 (2015年)
  • Live Necronomicon (2017年)

コンピレーション & リミックス・アルバム[編集]

  • Twelve Inch Singles (1981–1984) (1987年)
  • Box (1993年)
  • 『グレイテスト・フィッツ』 - Greatest Fits (2001年)
  • Twitched (unauthorised release) (2003年)
  • Early Trax (2004年)
  • Side Trax (2004年)
  • Rantology (2005年)
  • 『リオ・グランデ・ダブ』 - Rio Grande Dub (2007年)
  • 『カヴァー・アップ』 - Cover Up (2008年)
  • The Last Dubber (2009年)
  • MiXXXes of the Molé (2010年)
  • Every Day Is Halloween: The Anthology (2010年)
  • Undercover (2010年)
  • Very Best of Fixes and Remixes (2011年)

ビデオ&DVD[編集]

  • 『ライブ - イン・ケース・ユー・ディドント』 - In Case You Didn't Feel Like Showing Up(LIVE) (1991年)
  • 『復讐のビデオ・クロニクル』 - Tapes of Wrath (2000年)
  • Sphinctour (2002年)
  • Adios... Puta Madres: Ministry Final World Tour (2009年)

関連項目[編集]

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f Ministry|Biography”. オールミュージック. All Media Guide. 2015年5月27日閲覧。
  2. ^ a b Ministry reviews, music, news - sputnikmusic・2015年5月27日閲覧。

外部リンク[編集]