フィルス・ピッグ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

フィルス・ピッグ』(Filth Pig)は、ミニストリー1996年1月30日に発表した6作目のアルバムである。 ワーナー・ブラザース・レコードからリリースされた。

解説[編集]

前作『KE・AH‐詩篇69‐』でインダストリアル・メタルの1つの到達点を示したミニストリーであったが、今作ではそれまで彼らの楽曲の特徴であった打ち込みやサンプリングは用いられず、生演奏が中心となっている("The Fall"におけるピアノの導入など)。また楽曲のテンポも、当時の流行であったグランジや、ドゥームメタルを連想させるスローなものへと変化した。そのため、前作のような路線を期待するファンからは不評であった。

"Lay Lady Lay"はボブ・ディランのカヴァー。

"Reload"、"The Fall"、"Lay Lady Lay"がシングルカットされた。

収録曲[編集]

  1. Reload
  2. Filth Pig
  3. Lava
  4. Crumbs
  5. Useless
  6. Dead Guy
  7. Game Show
  8. The Fall
  9. Lay Lady Lay
  10. Brick Windows

参加ミュージシャン[編集]