ニュー・ウェーヴ (音楽)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ニュー・ウェーヴ
様式的起源 パンク・ロックアート・ロックガレージロック実験音楽グラムロックパブロックスカレゲエファンク電子音楽ポップ・ミュージック[1]ディスコ[2]
文化的起源 1970年代後半
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
イギリスの旗 イギリス
使用楽器 エレクトリック・ギターエレクトリックベースドラムスシンセサイザーボーカル
派生ジャンル ニューロマンティックシンセポップ - Neue Deutsche Welle
融合ジャンル
Synthpunk2トーンエレクトロクラッシュニューレイヴ
地域的なスタイル
イギリス - アメリカ - ドイツ - フランス - イタリア - スペイン - ベルギー - 日本
関連項目
ポストパンクオルタナティヴ・ロック

音楽におけるニュー・ウェーヴ(英語: New Wave) とは、パンク・ムーブメントによって音楽環境が一変したイギリスで、ポストパンク現代音楽クラフトワークなどの電子音楽といったさまざまなジャンルの影響によって成立したロックの一ジャンル。「新しい波」という意味の表現であるが、一般的な意味ではなく特定の時期のことを指す。元々はパンク・ロックのことを指す言葉[要出典]1970年代後半から1980年代初頭にかけて世界的に流行した。

1983年頃には商業化が進行し、ニュー・ロマンティックスとして売り出されたイギリスのバンドが多数アメリカ進出を果たし、第2次ブリティッシュ・インヴェイジョンと呼ばれた[要出典]

概要[編集]

70年代半ば以降、それまで勢いがあったハードロックプログレッシヴ・ロックなどは一気に停滞状況を迎え、社会的には73年に起きた石油ショックにより、世界的な不況におおわれていた。そうした閉塞状況の中で起こったのが、77年のセックス・ピストルズ、ダムド、クラッシュなどによるロンドン・パンク[3]の登場である。パンク/ニュー・ウェーヴの若者たちは、ストゥージズザ・フーらロック全盛期のバンドのスピリットを復活させることに腐心した。ジョニー・ロットンは70年代後半に「ロックは死んだ」と宣言したが、その考えは当時も21世紀になってからも変わらないと語っている[4]。ロンドン・パンクが短期間で失速し、実験的で洗練された方向へ向かって以降のロック音楽は「ニューウェーヴ」と呼ばれた。米国では、ニューヨークのクラブ、CBGBやマクシズ・カンサス・シティ[5](トーキングヘッズ、Mink DeVille、Blondieなどが演奏)でニューウェーヴ・バンドの演奏が行われた。PIL、キャバレー・ヴォルテール、XTCスクィーズ[6]などもニュー・ウェーヴのバンドとして紹介された。イギリスのラジオDJ、ジョン・ピールはアンダートーンズ、フォールなどを紹介し、非常に熱心に応援していた[7]

詳細[編集]

70年代後半には、英国出身でカントリー・ギターの影響が強かったダイアー・ストレイツも、ニュー・ウェイヴのカテゴリーに含まれた。[要出典]また日本では、アンダーグラウンドのパンクバンドたち(東京ロッカーズなど)がニュー・ウェイヴとして紹介されたこともある。[要出典]当時の日本におけるニューウェイブの定義は、英国のパンク・ムーブメントの後に登場した、新しいスタイルのロック・ミュージックというもので、その定義は曖昧だった。[要出典]

1981年にニュー・ロマンティクスが台頭してからは、ニュー・ウェイヴという言葉は比較的使われなくなった。[要出典]当時、人気のあったアダム・アンド・ジ・アンツデュラン・デュランなどは、ニュー・ロマンティクス、フューチャリストと呼ばれた。[要出典]

パンクやニュー・ウェーヴの流れは既存の音楽産業に取り込まれることを拒むという要素もあったため、のちのインディーズと呼ばれる自主制作やマイナー・レーベルの活性化を促した[8]

ニュー・ウェーヴの主なアーティスト[編集]

ニュー・ウェーヴの代表的なバンド及びミュージシャンは以下の通り。

ポストパンク/サイケデリック・ロック|ネオ・サイケ/オルタナティヴ・ロック系[編集]

エコー&ザ・バニーメンザ・フォールギャング・オブ・フォーワイヤーオー・ペアーズマガジンメコンズザ・サイケデリック・ファーズパブリック・イメージ・リミテッドザ・レインコーツストラングラーズスリッツスウェル・マップスU2ビリー・アイドルアイシクル・ワークスオルタード・イメージキッチンズ・オブ・ディスティンクションシンプル・マインズオルタナティヴTVコムサット・エンジェルズザ・ドゥルッティ・コラムジーザス&メリーチェインザ・ザアソシエイツブームタウン・ラッツフライング・リザーズモダン・イングリッシュポジティヴ・ノイズハウス・オブ・ラヴザ・サウンドチャーチオポジションヤング・マーブル・ジャイアンツなど

ゴシック・ロック/ポジティヴ・パンク/ダーク・ウェーヴ系[編集]

ザ・キュアースージー・アンド・ザ・バンシーズジョイ・ディヴィジョンバウハウスカメレオンズコクトー・ツインズキリング・ジョークニュー・モデル・アーミートーンズ・オン・テイルラヴ・アンド・ロケッツエイリアン・セックス・フィエンドダンス・ソサエティセックス・ギャング・チルドレンサザン・デス・カルト(後のカルト)、シスターズ・オブ・マーシーミッションヴァージン・プルーンズレッド・ローリー・イエロー・ローリーフレッシュ・フォー・ルルプレイ・デッドクリスチャン・デスなど

パブロック系[編集]

エルヴィス・コステロニック・ロウブリンズレー・シュウォーツドクター・フィールグッドパイレーツグラハム・パーカーなど

モッズ/ネオモッズ系[編集]

ザ・ジャムなど

パワー・ポップ系[編集]

プリテンダーズスクィーズマーシャル・クレンショウジョー・ジャクソンアウトフィールドオンリー・ワンズビッグ・カントリーなど

ネオアコ/ギターポップ系[編集]

アズテック・カメラオレンジ・ジュースフェルトワイルド・スワンズザ・ソフト・ボーイズティアドロップ・エクスプローズモノクローム・セットヘアカット100ザ・スミスロータス・イーターズチャイナ・クライシスエヴリシング・バット・ザ・ガールアイレス・イン・ギャザモーマスペイル・ファウンテンズザ・パステルズストロベリー・スウィッチブレイドドリーム・アカデミーライトニング・シーズジョーボクサーズフェアーグラウンド・アトラクションなど

エレクトロ・ポップ/シンセポップ/ダンス系[編集]

ガゼボA-haユーリズミックスヒューマン・リーグティアーズ・フォー・フィアーズバナナラマXTCバリー・アンドリューズ在籍時)、デッド・オア・アライヴキム・ワイルドハワード・ジョーンズトーマス・ドルビーバルティモラフランキー・ゴーズ・トゥ・ハリウッドゲイリー・ニューマンチューブウェイ・アーミー)、オーケストラル・マヌヴァーズ・イン・ザ・ダーク(OMD)、トンプソン・ツインズデペッシュ・モード808ステイトZTT在籍時)、アート・オブ・ノイズウェン・イン・ローマバグルスヘヴン17(別プロジェクトとしてB.E.Fとしても活動)、カジャグーグーウルトラヴォックスミッジ・ユーロヤズーテレックストランス-Xイレイジャーニック・カーショウアーケイディアネイキッド・アイズビラヴドビル・ネルソンフィクション・ファクトリーブレックファスト・クラブブロンスキ・ビートペット・ショップ・ボーイズミート・ビート・マニフェストメン・ウィズアウト・ハッツシェイメンワン・チャンアニモーションインフォメーション・ソサイエティコーギズエイス・ワンダーブラックなど

ニューロマンティック系[編集]

ジャパンデュラン・デュランフロック・オブ・シーガルズヴィサージABCトーク・トークソフト・セルクラシックス・ヌヴォースパンダー・バレエなど

ノイズ/インダストリアル/アバンギャルド系[編集]

スロッビング・グリッスルスワンズスキニー・パピーナイン・インチ・ネイルズミニストリーサイキックTVコイルキャバレー・ヴォルテールディス・ヒートホワイトハウステスト・デパートメントソビエト:フランスなど

ブルー・アイド・ソウル/ファンク[編集]

イアン・デューリーデキシーズ・ミッドナイト・ランナーズカルチャー・クラブWham!ポール・ヤングシンプリー・レッドスタイル・カウンシルシャーデーパワー・ステーションスウィング・アウト・シスターブルー・ナイルブロウ・モンキーズアリソン・モイエファイン・ヤング・カニバルズスクリッティ・ポリッティジェームス・チャンスリビング・イン・ア・ボックスキュリオシティー・キルド・ザ・キャットなど

レゲエ/スカ/ダブ系[編集]

ポリススペシャルズザ・ビートマッドネス、セレクター、UB40バッド・マナーズベル・スターズマーク・スチュワートトロージャンズ、など

エスニック/ファンカラティーナ系[編集]

アダム&ジ・アンツブルー・ロンド・アラ・タークバウ・ワウ・ワウア・サーテン・レイシオピッグ・バッグポップ・グループモダン・ロマンス、など

USニューウェーヴ[編集]

The B-52'sブロンディカーズトーキング・ヘッズディーヴォテレヴィジョンペル・ウブベルリンスーサイドバングルスゴーゴーズザ・ナックシンディ・ローパーザ・フーターズプリムソウルズオインゴ・ボインゴレッド・クレイオラザ・クランプスマイケル・ペンミッション・オブ・バーマヴァイオレント・ファムズヴェイパーズクック・ロビンエニイ・トラブルR.E.M.トム・トム・クラブリプレイスメンツクロームカトリーナ&ジ・ウェイヴスキッド・クレオール&ザ・ココナッツザ・フィックスヴァン・ステファンソンザ・ロマンティックスフェイス・トゥ・フェイスルビナーズリフレックスウォール・オブ・ブードゥースタージェッツミッシング・パーソンズモーテルズチューブスなど

ジャーマン・ニューウェイヴ/ドイツ出身のバンド[編集]

プロパガンダDAFニナ・ハーゲンアインシュテュルツェンデ・ノイバウテンアルファヴィルクラウス・ノミデアプランピロレイターパレ・シャンブルグピーター・シリングホルガー・ヒラーアンドレアス・ドラウディー・クルップストミー・シュタンプメビウス・プランク・ノイメイヤーリエゾン・ダンジュルーズネーナなど

オーストラリア、ニュージーランド出身のバンド[編集]

ザ・セインツINXSメン・アット・ワークレイディオ・バードマンスプリット・エンズリアル・ライフバースデイ・パーティクラウデッド・ハウスアイスハウスミッドナイト・オイルなど

日本のバンド[編集]

イエロー・マジック・オーケストラシーナ&ザ・ロケッツプラスチックス立花ハジメ)、ヒカシューP-MODELムーンライダーズフリクションオート・モッド有頂天ヴァージンVSLIZARDPhewビートニクス近田春夫&ビブラトーンズハルメンズ四人囃子佐久間正英:「NEO-N」や再結成後の「DANCE」)、チャクラBOØWYBUCK-TICKポータブル・ロックパール兄弟ヤプーズ戸川純)、MELONサンディー&ザ・サンセッツ、一風堂土屋昌巳)、ジュランSHI-SHONENDER ZIBET人生(ZIN-SAY!)など

フォロワー[編集]

など

日本のバンド[編集]

など

脚注[編集]

  1. ^ Cooper,Kim, Smay, David, Bubblegum Music is the Naked Truth (2001), page 248 "Nobody took the bubblegum ethos to heart like the new wave bands"/
  2. ^ Bernard Edwards, 43, Musician In Disco Band and Pop Producer The New York Times 22 April 1996 "As disco waned in the late 70s, so did Chic's album sales. But its influence lingered on as new wave, rap and dance-pop bands found inspiration in Chic's club anthems"
  3. ^ http://www.inmusicwetrust.com/articles/08f04.html
  4. ^ http://www.yahoo.com/.../johnny-rotten-most-wicked-momen...
  5. ^ http://www.allmusic.com/.../maxis-kansascity-mn0001415966
  6. ^ http://www.bbc.co.uk/.../0509a681-a362-4800-9075-656041...
  7. ^ http://vivelerock.net/the-fall-the-undertones-to-play-john-peel...
  8. ^ 宮入恭平、佐藤生実『ライブシーンよ、どこへいく』青弓社、2011年

参考文献[編集]

外部リンク[編集]