League of Legends

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
リーグ・オブ・レジェンド
ジャンル マルチプレイヤーオンラインバトルアリーナ
対応機種 Microsoft Windows, macOS
開発元 ライアットゲームズ
人数 1~10人
メディア Download
稼働時期 2009年10月27日
テンプレートを表示

League of Legends(リーグ・オブ・レジェンド)は、Riot Games(ライアットゲームズ)が開発したWindows、macOS用のマルチプレイヤーオンラインバトルアリーナ(MOBA)型の基本プレイ無料ゲームである。[1]略称:LoL/ロル

多くのゲームレビューサイトなどで高評価を得ており[2][3][4][5][6]、2012年、世界で最もプレイヤー数の多いPCゲームとされている[7][8]。 米国ではプロスポーツ選手用のビザが認定されるなど、プロゲーマーが競い合うエレクトロニック・スポーツの種目としても注目されている[9]

日本語版のオープンβテストは2016年3月1日に開かれた[10]

日本語版のオープンβから 1 周年となる2017年3月1日より正式版のサービスが開始された。

概要[編集]

プレーヤーは3対3あるいは5対5の2つのチームに分かれ、各プレイヤーが使用するチャンピオンを選択、ネクサスと呼ばれるお互いの本拠地を破壊することを目指す。チャンピオンは100種類を超えており、現在でも定期的に追加されている[11]。ただし、全てのチャンピオンが使えるわけではなく、毎週変わる無料で使えるチャンピオンか、後述するBEかRPを消費して解除したチャンピオンしか選択することはできない。

ネクサスを破壊するために、レーンと呼ばれた道に沿って配置されている塔を破壊しながら進軍することになる。しかし、塔からは非常に強力な攻撃を受けてしまうため、ミニオンと呼ばれるネクサスから定期的に発生するNPCを楯にして塔に攻撃をする必要がある[12]。また、ミニオンや敵チャンピオンを倒すことによって、チャンピオンを強化することができる経験値やお金を入手することができる[13]。最終的にゲームに勝利するためには、効率的にミニオンを倒す、強襲して敵チャンピオンを倒すなどして自チームのチャンピオンを強化していくことが重要となる。

ゲームモード[編集]

チュートリアル[編集]

リーグ・オブ・レジェンドの基本的なルールや操作方法を習得するためのモード。

ノーマル[編集]

3対3あるいは5対5によるプレイヤー同士の対戦を行なうモード。対戦相手およびチームメイトはレートにより自動的に選定される[14]。このモードによる戦績はマッチングヒストリーに表示されるが、マッチングの指標となるレートは見ることができず、他のプレイヤーからもどの程度の実力のプレイヤーであるかはわからない。

また、細かいゲームのルールとして、ブラインドピック、ドラフトピックの2種類がある。

このモードでは、ブラインドピックと呼ばれるお互いのチームでどのチャンピオンを選択しているかゲーム開始までわからないルールと、ドラフトピックと呼ばれるお互いにバンチャンピオン、使用するチャンピオンを交互に選択していくルールの2通りがある。

ランク[編集]

5対5によるプレイヤー同士の対戦を行なうモード。このモードをプレイすることにより、実力に応じたリーグと呼ばれるグループに所属することになる。リーグ内で勝利を重ねることによりリーグポイントを獲得、リーグポイントが一定以上の値になると昇段戦に挑戦でき、そこで勝利することでさらに上位のリーグに所属することになる。 各プレイヤーの所属しているリーグは他のプレイヤーにもわかるように表示される。また、5人でランクチームを結成することもでき、チームによるリーグも管理される。ランクにおけるリーグはRiot Gamesの公式サイト上にてラダーランクとして常時表示されている[15]。また、ラダーランクの上位チームはRiotの主催する世界大会に参加する権利を得ることができる。 このモードでのチャンピオン選択ルールはドラフトピックのみである。

ランダムミッド[編集]

ランダムミッドとは無作為総力戦。両チーム5対5の全メンバーが使用するチャンピオンが、利用可能なチャンピオンからランダムに決められる。マップのレーンは 1 つだけで、全プレイヤーが真っ向からぶつかり合う。展開の速い、チームの総力戦を特徴としたゲームモード。

AI戦[編集]

5対5によるAIの操るチャンピオンとプレイヤーチームとの対戦を行なうモード。このモードの戦績はレートには影響しない。このモードでのチャンピオン選択ルールはブラインドピックのみである。入門者、初級者、中級者の三つの難易度がある。経験値はもらえるが、チャンピオンのマスタリーポイントは貯まらない。

カスタム[編集]

プレイヤーが自由にルールを設定してプレイすることができるモード。新チャンピオンの練習や、特殊なルールでのプレイを行うために利用されることが多い。観戦もできる。

マップの種類[編集]

サモナーズリフト[編集]

5対5で対戦するためのマップであり、リーグ・オブ・レジェンドにおける最も標準的なマップである。正方形のマップの左下と右上に各チームのネクサスが配置され、左辺から上辺、中央、下辺から右辺を通るような3つのレーンに塔が各3本ずつ配置されている。また、レーンとレーンの間のジャングルと呼ばれるエリアには中立モンスターが存在しており、モンスターを倒すことによって経験値やお金を獲得できる。中にはチャンピオンに一時的な強化を与えたり、チーム全体にお金を与える中立モンスターも存在する。

ツイステッドツリーライン[編集]

3対3で対戦するためのマップである。このマップでは、左右にネクサスが配置され、レーンは上下の2つになっている。サモナーズリフトとは種別は異なるが、中立のモンスターが存在している。また、アルターと呼ばれるポイントが2つあり、これを占領することによってチーム全体に強化を得ることができる。

クリスタルスカー[編集]

5対5で対戦するためのマップである。このマップはドミニオンと呼ばれるゲームルールでのみプレイ可能である[16]。ネクサスに直接攻撃することはできず、マップ内に点在する5つの塔を相手チームよりも多く占領することで相手チームのネクサスにダメージが与えられる。中立モンスターは存在しない。マップ中央にはシールと呼ばれるポイントがあり、これを占領することによって一時的にチャンピオンを強化することができる。2016/2に終了した。 終了に伴い、ノーマルモードで通算100勝するとアイコンがもらえた。

ハウリングアビス[編集]

5対5で対戦するためのマップである。このマップはランダムミッドと呼ばれるゲームルールでのみプレイ可能である。各チームのネクサスが左下と右上に配置されているのはサモナーズリフトと同様だが、レーンが中央の1本しかなく、必然的にお互いのチームが常に総力戦でぶつかり合うことになる。レーンの途中には定期的にHP、マナを回復させるアイテムが発生するポイントがある。中立モンスターや占領可能なポイントなどは存在しない。

ゲームプレイ[編集]

ゲーム序盤では、主に各レーンで敵チャンピオンとミニオンをはさんで対峙することになる。ミニオンに止めを刺しお金を獲得する、相手チャンピオンに攻撃する、といった直接的な戦闘技術から、他のレーンに移動して敵チャンピオンに強襲をかける、強襲を回避するために一時的に退避する、といった戦術的な動きが求められる。また、中立ミニオンのみを倒すことでチーム全体としての経験値をより多く獲得し、相手チームに視認されないよう動き各レーンへ強襲をかけるジャングラーと呼ばれる役割も一般的である[17]。ゲームの中盤から後半では、チーム全体にメリットのあるドラゴンやバロンナッシャーといった中立ミニオンの奪い合いや、集団戦のために相手の行動を把握する、単独行動で塔に攻撃を仕掛ける、などの様々な戦術、戦略が駆使される。

各チャンピオンは基本的に4つのスキルと1つのパッシブスキルを持っており、ミニオンや敵チャンピオンを倒してレベルアップすると共に各スキルを使用可能にしたり強化することができる。4つのスキルのうち1つはアルティメットと呼ばれており、非常に強力なものであることが多い。また、獲得したお金を使用することでチャンピオンを強化するアイテムを購入することができる。アイテムには非常に多くの種類があり、同じチャンピオンであっても様々な性能を発揮することができる。スキルの強化順やアイテム購入の流れなどはビルドと呼ばれ、敵や味方のチーム構成などに応じて臨機応変に変更していくことが重要である。

各種ポイント[編集]

プレイヤーはゲームをプレイする、あるいは現金で購入することによりゲーム全体に対して有利に働くポイント(XP、BE、RP)を獲得することができる。

経験値 (XP) は、プレイヤーのサモナーレベルを上昇するために必要なポイントである。サモナーレベルが上昇することにより、プレイヤーが操作するチャンピオンを強化するルーンを装備できる数、およびチャンピオンの種類によらず使用することができるサモナースペルの種類が増える、などのメリットがある。

ブルーエッセンス (BE) は、使用できるチャンピオンの追加、スキンのクロマの購入などに使用されるポイントである。1日に1回、ゲームに勝利することで本日の初勝利ボーナスを獲得できる。

ライアットポイント (RP) は、BEと同様にチャンピオンの購入に加え、チャンピオンの見た目を変更する、一時的に獲得できるXP、BEを増加させる、などの効果を得ることができる。RPは特別なボーナスを除いて携帯払いやウェブマネー、クレジットカードやペイパルなどで購入することができる。

大会[編集]

リーグ・オブ・レジェンドは世界各国にて多くの大会が行なわれている。プレイヤーも北米をはじめとして南米、ヨーロッパ、アジアなど多くの地域から参加している。その優勝賞金も高額になっており、2017年に北京の国家体育場などで開催された「League of Legends World Championship」は、決勝で韓国のSamsung Galaxyが3-0でSK Telecom T1を下し2度目のサモナーズカップ奪還を果たした。その他定期開催されている大会は「ミッドシーズンインビテーショナル」(MSI)、「オールスター」(AS)、「リフトライバル」(RR)戦などがある。

全世界の各地域で公式リーグ/チャンピオンシップシリーズがある。その地域は北アメリカ(NA LCS)[NA]ヨーロッパ(EU LCS)[EU]韓国(LCK)、中国(LPL)、台湾香港マカオ(LMS)、ベトナム(VCS)、トルコ(TCL)、ロシアを含む独立国家共同体(LCL)[CIS]ラテンアメリカ(LLN)[LAN]ラテンアメリカ(CLS)[LAS]ブラジル(CBLOL), オセアニア(OPL)、東南アジア(GPL)[SEA]。そして、日本国内ではRIOT公式リーグの「League of Legends Japan League」(略称:LJL) があり、日本初の「フルタイム・月給制」を導入したDetonatioN Gamingの「DetonatioN FocusMe」や[18]、LJLを3連覇した「PENTAGRAM」(旧名:「Rampage」)[19]などのプロゲーミングチームが参戦している。

国際選手権歴代優勝戦結果[編集]

LOLワールドチャンピオンシップ
開催年 決勝開催地 決勝 準決勝敗退チーム
優勝 結果 準優勝
2011 スウェーデンの旗 ヨンショーピング市 欧州連合の旗 Fnatic 2 1 フランスの旗 against All authority アメリカ合衆国の旗Team SoloMid
2012 アメリカ合衆国の旗 ロサンゼルス 台湾の旗 Taipei Assassins 3 1 大韓民国の旗 Azubu Frost 欧州連合の旗 Counter Logic Gaming Europe ロシアの旗 Moscow Five
2013 アメリカ合衆国の旗 ロサンゼルス 大韓民国の旗 SK Telecom T1 3 0 中華人民共和国の旗 Royal Club 欧州連合の旗 Fnatic 大韓民国の旗 NaJin Black Sword
2014 大韓民国の旗 ソウル 大韓民国の旗 Samsung Galaxy White 3 1 中華人民共和国の旗 Star Horn Royal Club 中華人民共和国の旗 OMG 大韓民国の旗 Samsung Galaxy Blue
2015 ドイツの旗 ベルリン 大韓民国の旗 SK Telecom T1 3 1 大韓民国の旗 KOO Tigers 欧州連合の旗 Fnatic 欧州連合の旗 Origen
2016 アメリカ合衆国の旗 ロサンゼルス 大韓民国の旗 SK Telecom T1 3 2 大韓民国の旗 Samsung Galaxy 大韓民国の旗 ROX Tigers 欧州連合の旗 H2k-Gaming
2017 中華人民共和国の旗 北京 大韓民国の旗 Samsung Galaxy 3 0 大韓民国の旗 SK Telecom T1 中華人民共和国の旗 Team WE 中華人民共和国の旗 Royal Never Give Up
2018 大韓民国の旗 未知 0 0 未知 未知 未知
ミッドシーズンインビテーショナル
開催年 決勝開催地 決勝 準決勝敗退チーム Group Stage (Group Stage Score)
Winner Score Runner-up 5th Place 6th Place
2015 アメリカ合衆国の旗 タラハシー 中華人民共和国の旗 Edward Gaming 3–2 大韓民国の旗 SK Telecom T1 台湾の旗 ahq e-Sports Club 欧州連合の旗 Fnatic
2016 中華人民共和国の旗 上海 大韓民国の旗 SK Telecom T1 3–0 アメリカ合衆国の旗 Counter Logic Gaming 中華人民共和国の旗 Royal Never Give Up 台湾の旗 Flash Wolves
2017 ブラジルの旗 リオデジャネイロ 大韓民国の旗 SK Telecom T1 3–1 欧州連合の旗 G2 Esports 台湾の旗 Flash Wolves 中華人民共和国の旗 Team WE
2018 フランスの旗 パリ 中華人民共和国の旗 Royal Never Give Up (8W-3L) 3–1 大韓民国の旗 King-Zone DragonX (6W-4L) 台湾の旗 Flash Wolves (7W-4L) 欧州連合の旗 Fnatic (5W-6L) アメリカ合衆国の旗 Team Liquid (4W-7L) ベトナムの旗 EVOS Esports (2W-8L)

開発[編集]

ゲームの開発元であるライアットゲームズは、南カリフォルニア大学でのルームメイトだったBrandon "Ryze" BeckとMarc "Tryndamere" Merrillによって設立された。彼らは、Steve "Guinsoo" Feak(ウォークラフトIIIのカスタムマップとして有名なDotAをデザインした)、Steve "Pendragon" Mescon(DotAコミュニティのウェブサイトの管理者)と協力してリーグ・オブ・レジェンドを開発した。

DotAの元になる着想は1998年にStarCraftコミュニティのメンバーであるAeon64によって作られた"Aeon of Strife"と呼ばれるMODだった。ウォークラフトIIIとマップエディタが2002年にリリースされたのち、別のMOD製作者のEulによってDotAが製作された。彼は"Aeon of Strife"を移植、拡張して"Defense of the Ancients"と名付けた。その後、GuinsooがDotAに多数のヒーロー、レシピとアイテム、様々な変更を追加したDotA Allstarsを製作した。Guinsooはライアットゲームズに入社し、MODはIceFrogに引き継がれた。

DotAの後継として、ウォークラフトIIIの新たなMODではない、独自のエンジンを持つスタンドアローンのゲームというアイディアが2005年の終わりころに形づくられはじめた。DotAコミュニティのメンバーたちは、このゲームがとても面白く、新しいジャンルを作るほどに革新的であると信じ、機能とサービスを大きく拡張した専用のゲームがあるべきと考え、リーグ・オブ・レジェンドが誕生した。

ライアットゲームズは公式には2006年9月に開業し、2013年には1000人以上がリーグ・オブ・レジェンドのために働いている。Marc Merrillによれば、新しいチャンピオンをゲームに追加するにあたり、数人のメンバーに委ねるのではなく、どのチャンピオンを追加するかを投票できる仕組みを通じて社内の全員に開かれるようにしているという。

リーグ・オブ・レジェンドは2008年10月7日に発表され、2009年4月10日から10月22日までクローズドベータが行われた。その後、リリースまでオープンベータに移行した。

リリース[編集]

リーグ・オブ・レジェンドは2009年10月27日にリリースされた。ライアットゲームズはゲームの開発と、北アメリカにおけるサービスの運営を行っている。社はアジア、ヨーロッパ、北アメリカでの展開について契約し、2013年7月までにはオーストラリア、アメリカ、カナダ、ヨーロッパ、フィリピン、韓国で展開されている。

中国ではインスタントメッセンジャーソフトのテンセントQQで知られるテンセント社によって運営される。3億のユーザーを抱えるQQゲームポータルを通じてゲームが配信される。アメリカで開発されたゲームが直接中国で展開される数少ない例の一つとなっている。

ヨーロッパではまずGOAと国際ライセンス契約を結んだ。GOAはOrange社コンテンツ配信事業のゲーム部門で、ヨーロッパ最大のゲームポータルである。2009年10月13日、GOAとライアットゲームズはヨーロッパのプレイヤー向けにGOAのサーバへ配信を開始すると発表した。提携は続かず、2010年5月10日にライアットゲームズはヨーロッパでの配信と運営を引き継ぐと発表し、そのためにダブリンにヨーロッパ本社を設立した。

2010年7月16日、ライアットゲームズは東南アジアでGarenaがサービス提供することを発表した。また東南アジアのプレイヤーは、北アメリカやヨーロッパサーバーでのゲーム実績とともにアカウントを引き継げるようになった。台湾でも同じようにGarenaが配信を行っている。

2013年3月、ライアットゲームズはWindows版に加えてOS X版のクライアントのベータ版を公開した。クライアントはベータ版を抜け、OS X・macOSのプレイヤーもリーグに参加することができるようになった。

その後もライアットゲームズは多くの国に展開した。2012年にブラジル、トルコサーバーが開業、2013年にラテンアメリカ、ロシアサーバー、2016年には日本サーバーのベータが始まった。

トラブル[編集]

『リーグ・オブ・レジェンド』の大会では規定違反はたびたび発生している。

2016年2月13日、『League of Legends Japan League』(以下:LJL)の下位リーグ大会『LJL Challenger Series』(以下:LJL:CS)の予選(Round1)に参加したチームの一つであるKINGDOMのゼネラルマネージャー・児玉信城がブログの記事の中で「2月5日にDFGが替え玉を用いている疑惑について運営に調査依頼をしたが、最終的には納得のいく調査結果が得られなかった」と述べる形で、大会内で不正があったことを明かした[20]。 その後、ゲームの開発元でありイベントの主催者であるライアットゲームズはこの件にかかわったDragonflyGamingとScarZの選手個人に数試合の出場停止ペナルティを科し、無断で機密情報の漏洩を行なったKINGDOMに対し出場停止処分を下した。またLJL:CSの本戦を当初の予定より1週間遅い2月25日に延期すると発表した[21]。これら2チームには北米からアクセスして参戦していた選手がおり、北米からアクセスしていた選手2名は出場停止以外にも別のペナルティを科した[21]。ただし、DragonflyGamingの替え玉疑惑については「第三者的に判断できる証拠がない」という理由で厳重注意処分にとどめた[21]。ライアットゲームズが他のチームも調べたところ、海外のIPアドレスを用いていた選手がいたほか、Virtual Private Network(VPN)を用いて日本からのアクセスを装っていた選手もいた[21]。 また、出場停止処分を受けたKINGDOMは無期限の活動休止を発表した[22]。 この処分に対しては、ユーザー間で議論となったが、ライアットゲームズはGame Watchからの問い合わせに対して「仮決定の情報を漏えいし、度重なる取り下げ要請にも応じなかったため、罰せざるを得なかった」と答えている[23]

日本語版『League of Legends』は2016年3月1日にオープンβテストが始まったばかりであり、対戦するには北米のリーグサーバーを使用する必要があり、公平性の観点からLJLは日本国外からのアクセスによる参戦を禁止していた[21]。 Game Watchは「日本から接続を行う場合タイムラグなしでプレイするには低いPingが必要である一方、北米から接続するとPingを200msから20msに下げる ことができるため、「北米からの接続やVPNによる偽装を行えば大丈夫」と考えたチームマネージャーがいたのではないか。」とし、LJL本戦と異なり試合はすべてオンラインで行われる上、予選リーグを含めると参加者が膨大な数になるため、LJL:CSの参加者に対するチェックが不十分になってしまったのではないかとGame Watchは推測している[21]

その後、ライアットゲームズは初動対応に不備があったことを認め、再発防止に努めるとコメントした[23]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ League of Legends - Free Online Game
  2. ^ League of Legends for PC Reviews - Metacritic”. Metacritic. 2011年5月19日閲覧。
  3. ^ League of Legends - Overview - allgame”. 2011年5月19日閲覧。
  4. ^ League of Legends Review • Reviews • PC • Eurogamer.net”. Eurogamer. 2011年5月19日閲覧。
  5. ^ GameSpy: The Consensus: League of Legends Review”. GameSpy. 2011年5月19日閲覧。
  6. ^ League of Legends Review - IGN”. 2011年5月19日閲覧。
  7. ^ 'League of Legends' players log 1 billion hours a month - InGame on NBCNews.com
  8. ^ League of Legends the world's 'most played video game' | Crave - CNET
  9. ^ 米政府、LoLプレイヤーをスポーツ選手として認定
  10. ^ 「League of Legends」,日本サーバーによるオープンβテストは3月1日9:00スタート! 北米アカウントからの移行で「ブラッドムーン ヤスオ」がもらえる”. 4Gamer.net (2016年2月26日). 2016年2月29日閲覧。
  11. ^ Champions | LoL - League of Legends
  12. ^ Minions and Turrets | LoL - League of Legends
  13. ^ Gold | LoL - League of Legends
  14. ^ Matchmaking | LoL - League of Legends
  15. ^ Ladders | LoL - League of Legends
  16. ^ Home | League of Legends - Dominion
  17. ^ Tactics - Beginner | LoL - League of Legends
  18. ^ DetonatioN FocusMe - DetonatioN Gaming”. DetonatioN Gaming. 2018年3月21日閲覧。
  19. ^ 【特集】RPGが3連覇!「LJL 2017 Summer Split Final」で感じた日本プロシーンの成長【UPDATE】”. Game Spark (2017年8月27日). 2018年3月21日閲覧。
  20. ^ LJL CS予選について”. KINGDOM (2016年2月13日). 2016年2月29日閲覧。
  21. ^ a b c d e f 「LoL」の日本リーグ「LJL CS」で大規模な不正が発覚”. Game Watch (2016年2月16日). 2016年2月18日閲覧。
  22. ^ 活動休止”. KINGDOM (2016年2月16日). 2016年2月29日閲覧。
  23. ^ a b ライアットゲームズ、「LJL CS」違反行為に対する今後の対応を発表 可及的速やかに日本サーバーでの「LJL」開催へ。ルール改正も実施”. Game Watch (2016年2月17日). 2016年2月21日閲覧。

注釈[編集]

  1. ^北アメリカ地域」は「北部アメリカ」に言及して、要するにアメリカ合衆国カナダ。北アメリカのラテンアメリカの国家/領土(メキシコとかプエルトリコとか)のプレイヤーは北ラテンアメリカ地域(LAN)に属する。
  2. ^ ヨーロッパの独立国家共同体バルト三国を含まない。
  3. ^ メキシコからペルーにかけて、ブラジルの北にラテンアメリカの国家/領土。
  4. ^ ペルーとブラジルの南にラテンアメリカ国家。
  5. ^ バルト三国のプレイヤーを含む。
  6. ^ 今の「東南アジア地域」はインドネシア、シンガポール、タイ、フィリピン、マレーシアとして国家を含む。2018年から、ベトナムは独立した競技地域になる。

外部リンク[編集]