リーグ・オブ・レジェンド/時空を超えた戦い

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
リーグ・オブ・レジェンド
/時空を超えた戦い
The League of Extraordinary Gentlemen
監督 スティーヴン・ノリントン
脚本 ジェームズ・デイル・ロビンソン
原作 アラン・ムーア
ケヴィン・オニール
リーグ・オブ・エクストラオーディナリー・ジェントルメン
製作 ドン・マーフィー
トレヴァー・アルバート
製作総指揮 ショーン・コネリー
マーク・ゴードン
出演者 ショーン・コネリー
音楽 トレヴァー・ジョーンズ
撮影 ダン・ローストセン
編集 ポール・ルベル
配給 20世紀フォックス
公開 アメリカ合衆国の旗 2003年7月11日
日本の旗 2003年10月11日
上映時間 110分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
ドイツの旗 ドイツ
チェコの旗 チェコ
イギリスの旗 イギリス
言語 英語
ドイツ語
イタリア語
製作費 $78,000,000[1]
興行収入 $179,265,204[1]
テンプレートを表示

リーグ・オブ・レジェンド/時空を超えた戦い』(リーグ・オブ・レジェンド/じくうをこえたたたかい、The League of Extraordinary Gentlemen)は、アメコミ作品『リーグ・オブ・エクストラオーディナリー・ジェントルメン』を原作とした映画。2003年20世紀フォックスにより、スティーヴン・ノリントン監督で映画化された。原作とはほぼ別物になっている。

概要[編集]

映画版では、ヴェネツィアで催される国際平和会議の妨害によって世界大戦を引き起こそうとする仮面の武器商人ファントムの陰謀を、怪人連盟が阻止するというオリジナルストーリーが採用されている。怪人連盟のメンバーには原作の5人に加えて、不死身の貴族ドリアン・グレイアメリカ合衆国の諜報員トム・ソーヤーが参加しており、透明人間役はホーレイ・グリフィン博士でなく、透明薬を盗み出したロドニー・スキナーという盗賊になっている。また、麻薬中毒のクォーターメインや少女強姦者の透明人間といった設定はカットされている。

本作では監督ノリントンと制作・主演のショーン・コネリーの間でトラブルがあったため、ノリントンは長期の沈黙期間を経ることとなり、一方のショーン・コネリーもこれ以降、映画に出演しないまま、2006年に引退宣言をした。

あらすじ[編集]

19世紀末、アフリカで隠遁生活を送っていたアラン・クォーターメインは英国からの要請を受けて帰国を果たす。ロンドンでは“M”を名乗る人物によって、国際的な武器密輸組織を率いる仮面の男ファントムを逮捕するため「超人同盟」の会合が開かれていた。ファントムの組織に襲撃を受けた超人同盟は、米国スパイのトム・ソーヤーを加えてこれを撃退し、ファントムを追跡する。

しかし追跡の中で“M”の正体がファントム、そして死んだはずのジェームズ・モリアーティ教授である事が判明。さらにドリアン・グレイが超人同盟の裏切り者で、メンバーの超能力を盗むことが目的であったことが明らかになる。

一度はバラバラになったかに見えた超人同盟のメンバーは、自分たちの能力をコピーした超人兵士の量産を防ぐため、南極にあるモリアーティの基地を襲撃する。戦いの中でクォーターメインはトム・ソーヤーに後を託して死に、トム・ソーヤーはクォーターメインの銃を使ってモリアーティを射殺する。

その後クォーターメインは彼の望み通りアフリカの大地に埋葬された。超人同盟はクォーターメインの埋葬に立ち会い、その場を後にする。しかし葬儀を取り計らった呪術師の「アフリカは彼を死なせない」という言葉通り、クォーターメインの墓が内側から揺れ動くシーンで物語は幕を閉じる。

登場人物[編集]

※「演」の括弧内は日本語吹替

アラン・クォーターメイン
- ショーン・コネリー若山弦蔵
H.R.ハガード作『ソロモン王の洞窟』などの主人公。
ミナ・ハーカー
演 - ペータ・ウィルソン高乃麗
ブラム・ストーカー作『吸血鬼ドラキュラ』のヒロイン。
チーム紅一点の女性科学者。原作小説では吸血鬼にされなかったが、本作では半分吸血鬼になってしまっている。
また原作コミック及び原作小説では結婚前のマリーの名字であったが、本作ではジョナサンと結婚してハーカーになっている。
原作コミックではピアノ教師だが、本作では科学者に設定が変更された。制作段階ではモニカ・ベルッチの出演が決まっていたが急遽変更された。
ドリアン・グレイ
演 - スチュアート・タウンゼント家中宏
オスカー・ワイルド作『ドリアン・グレイの肖像』の主人公。
本作ではミナ・マリーの知己の貴族という設定になっている。しかし、チームを裏切ったためにミナの手で葬り去られた。
原作『エクストラ - 』では、外伝にのみ登場。
トム・ソーヤー
演 - シェーン・ウェスト神奈延年
マーク・トウェイン作『トム・ソーヤーの冒険』の主人公。
本作では20代の青年で、アメリカの諜報部員。原作『エクストラ~』には登場しないが、ハリウッド映画ということで登場することになった。
本作の未公開シーン及びノベライズ版では親友かつ諜報部の同僚であったハックの仇をとるためにリーグに志願した。
ヘンリー・ジキル博士/エドワード・ハイド氏
演 - ジェイソン・フレミング内田直哉
スティーブンソン作『ジキル博士とハイド氏』の主人公。
優秀な外科医だが臆病なジキル博士と性格を逆転させたハイド氏。原作小説ではハイド氏は醜悪で残酷な小男だが、本作ではハルクを連想させる力任せで乱暴だが仲間思いの巨漢に設定変更されている。
本作の原作コミックの説明によると当初は原作小説と同じ小男のハイドであったが、凶悪な性格が暴走するごとに体が肥大化したとのこと。
イギリスを逃亡後、パリのモルグ街で連続殺人を行っていたがクォーターメインに仕留められてメンバーに加わる。ハイド変身時は当初巨大なシルクハットを被っていた。 
ロドニー・スキナー
演 - トニー・カラン北沢洋
H.G.ウエルズ作『透明人間』からの翻案キャラクター。
グリフィン博士が開発した透明薬を服用した泥棒。紳士泥棒を自称する。
白塗りのドーランとツルなしのサングラスで顔を見せてるが、服はコートと帽子しか着ていない。
ネモ船長
演 - ナセールディン・シャー三夏紳
ジュール・ヴェルヌ作『海底二万里』と『神秘の島』の主人公。
ノーチラス号の艦長で自身も腕の立つ武芸者。原作小説および本作の原作コミックの人間嫌いの孤高の存在とは異なり、チームに対しては比較的に好感的。
M
演 - リチャード・ロクスバーグ野島昭生
『007』に出てくる上司と同じ略称になっている。本作でもリーグへの指示を出す立場にあり、『シャーロック・ホームズ』に出てくるディオゲネスクラブ会員を彷彿とさせる。
原作では当初姿を隠しており、ホームズの兄であるマイクロフト(頭文字「M」)ではないかと思われていた。
ファントム
演 - ?
ガストン・ルルー作『オペラ座の怪人』の主人公[2]
パリのオペラ座を震撼させた怪人。オペラ座の事件の直後、死亡したかに思われていたが。軍隊を率いてロンドンの銀行、パリの兵器工場を最新兵器を使って攻撃。世界が混乱する事となる。
ダンテ
演 - マックス・ライアン
イタリアの詩人「ダンテ・アリギエーリ」の翻案キャラクター[3]
ファントムの忠実な部下。終盤でジキル博士から盗み出した薬物の複製品を飲んで怪物化する。
イシュマエル
演 - テリー・オニール
ハーマン・メルヴィル作 『白鯨』の主人公。
ネモの忠実な部下で、ネモービルの運転、ノーチラス号の副艦長を務める。
ナイジェル
演 - デヴィッド・ヘミングス加藤精三
H.R.ハガード作『ソロモン王の洞窟』などの登場人物の一人。
アランの代わりに冒険話を任されている人物。
サンダーソン・リード
演 - トム・グッドマン=ヒル清水明彦
映画版のみに登場する出典なしのオリジナルキャラクター。リーグのメンバー達をスカウトすべく世界各地を回る。後にスキナーの皮膚のサンプルによって体が透明化する。
キャンピオン・ボンド
原作とノベライズ版のみに登場するオリジナルキャラクター。
007の暗号名を持つ英国諜報員で、原作ではリーグのメンバー達を招集した人物。ある有名なスパイの祖父とされる。

登場兵器[編集]

ノーチラス号
ネモ船長が開発した『海底二万里』と『神秘の島』で主に活躍する潜水艦。
ヴェルヌの原作小説及び本作の原作コミックでは8本の触手のある葉巻型の潜水艦として描かれているが、本作では予算の都合上触手を再現する事が不可能となったので剣の形をした潜水艦へと変更された。
ネモービル
ネモ船長が開発した六輪車で映画オリジナルのマシーン。時代設定的にはまだ車は開発されていないが、監督の希望により登場。トム・ソーヤーが乗って活躍し、ミサイルによって爆破した。
戦車
ファントム率いる軍隊が冒頭で乗った初期型の戦車。当時、戦車自体が発明されたばかりで警官たちは機械だと知らずに止めようとし一人が轢死する。

参考文献[編集]

  1. ^ a b The League of Extraordinary Gentlemen” (英語). Box Office Mojo. Amazon.com. 2011年11月4日閲覧。
  2. ^ ノベライズ小説による。
  3. ^ DVD音声解説による

外部リンク[編集]