野島昭生

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
のじま あきお
野島 昭生
プロフィール
性別 男性
出生地 日本の旗 日本東京都(現)西東京市
生年月日 1945年4月6日(69歳)
血液型 A型
身長 168 cm
職業 声優俳優ナレーター
事務所 シグマ・セブン
家族 長男:野島裕史
次男:野島健児
三男:野島智司
声優活動
活動時期 1960年代 -
俳優活動
活動時期 1960年代 -
ジャンル テレビドラマ映画
声優テンプレート | プロジェクト | カテゴリ

野島 昭生(のじま あきお、1945年4月6日[1] - )は、日本声優俳優ナレーター。所属事務所はシグマ・セブン

3人の息子がおり、長男の野島裕史と次男の野島健児は共に声優、三男は作家の野島智司。

東京都、現在の西東京市出身。身長168cm、血液型はA型。

経歴[編集]

東京俳優生活協同組合を経て、後にシグマ・セブンへと移籍。

1977年から1986年にかけて、スラップスティックのリーダー、ベーシスト(当初はギター担当で、後にパートが変わった)としても活躍した。

エピソード[編集]

スラップスティック

神谷明曽我部和恭とよく飲みに行ったスナックで曽我部がギターを披露し、余りに上手だったためにバンドを結成する気になり、古川登志夫古谷徹を迎え、結成させた。1回目の練習では真夏のため、全員汗だくになったという。アテレコとは違う世界を触れたことで、このバンド時代を「凄く楽しかった、いい経験ができた」と振り返っている。すでにバンドとしての活動は終了しているが、2007年2月に元メンバーの曽我部・鈴置両名の追悼コンサートを行っている。

ナイトライダー

ナイトライダー』でのナイト2000の人工知能K.I.T.T.の役作りにはずいぶん悩み、ディレクターとも2人で話し合った後、パイロット版を製作し、3度目の収録でようやく出来上がった。ちなみにコンピュータの様な現在の喋り方が出来上がるまでは、兄弟愛やそれを少し大人っぽくした感じで収録していた。主演で相棒役のささきいさおとは別録りで収録し、彼の収録を見てから演技に入り、覚えている内に一気に録り終えた。それだけにマイケルとK.I.T.T.の掛け合いは、1番苦労していた。現在でもK.I.T.T.は野島の代表作として挙げられている。2012年からフジテレビ系で放映されている『ナイトライダーNEXT』での新型K.I.T.T.(ナイト3000)の役も担当している。

息子との共演

息子たちとの共演の機会も何度かあり、特に親子役で共演することが多い。裕史が主演の『スケアクロウマン』ではゲストとしてシュタインの現在の声を演じ、その過去の声を健児が担当したことで親子共演が実現した。

出演作品[編集]

テレビアニメ[編集]

1964年

1966年

1968年

1969年

1970年

1971年

1972年

1974年

1975年

1976年

1977年

1978年

1979年

1980年

1981年

1982年

1983年

1984年

1985年

1986年

1991年

1992年

1993年

1995年

  • H2(竹村)

1996年

1998年

1999年

2000年

2001年

2002年

2003年

  • THE ビッグオー second season(R・インストル)

2004年

2005年

2006年

2007年

2008年

2009年

2011年

2012年

2013年

OVA[編集]

1985年

  • NORA(ビカンソン)
  • トゥインクル NORA ロック・ミー!(マックス)

1986年

1987年

1999年

2000年

劇場アニメ[編集]

1979年

1983年

1984年

  • プロ野球を10倍楽しく見る方法 PART2(ナレーター)
  • 綿の国星(魚八の主人)

1985年

1986年

1987年

  • プロゴルファー猿 甲賀秘境!影の忍法ゴルファー参上!(ナレーション)

2002年

2005年

2006年

2010年

2011年

Webアニメ[編集]

2008年

ゲーム[編集]

1999年

2000年

2002年

2005年

2006年

2008年

2012年

ドラマCD[編集]

吹き替え[編集]

映画(吹き替え)[編集]

テレビドラマ(吹き替え)[編集]

アニメ[編集]

人形劇[編集]

特撮[編集]

テレビ番組[編集]

ラジオドラマ[編集]

CM[編集]

テレビドラマ[編集]

映画[編集]

その他[編集]

出典[編集]

  1. ^ 『声優名鑑』 成美堂出版、1999年、584頁。ISBN 978-44150087832012年2月15日18:14閲覧。
  2. ^ キャラクター”. るろうに剣心 -明治剣客浪漫譚- 完醒. 2012年7月17日閲覧。
  3. ^ 愛の選択 みんなのシネマレビュー 2011.12.18 07:33 (UTC) 閲覧
  4. ^ ASIN B000793DB2, 愛の選択[DVD] Amazon.co.jp 2011.12.18 07:35 (UTC) 閲覧

外部リンク[編集]