野島昭生

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
のじま あきお
野島 昭生
プロフィール
本名 同じ[1][2]
性別 男性
出生地 中華民国の旗 中華民国満洲[3]撫順市[4]
出身地 日本の旗 日本東京都西東京市[5][注 1]
生年月日 (1945-04-06) 1945年4月6日(77歳)
血液型 A型[5]
身長 168 cm[6]
職業 声優俳優ナレーター[7]
事務所 シグマ・セブン[8]
配偶者 あり[3]
著名な家族 長男:野島裕史[9]
次男:野島健児[9]
三男:野島智司[10]
孫:野島透也[11]
公式サイト 野島 昭生|株式会社シグマ・セブン
声優活動
活動期間 1960年代 -
ジャンル アニメゲーム吹き替えナレーション
俳優活動
活動期間 1960年代 -
ジャンル テレビドラマ映画
声優テンプレート | プロジェクト | カテゴリ

野島 昭生(のじま あきお、1945年4月6日[12] - )は、日本声優俳優ナレーター[7]東京都西東京市出身[5]シグマ・セブン所属[8]

3人の息子がおり、長男の野島裕史と次男の野島健児は共に声優[9]、三男は作家野島智司[10]。孫(健児の長男)は俳優の野島透也[11]

代表作に『ナイトライダー』(K.I.T.T.〈ナイト2000〉)や『ナイトライダーNEXT』(K.I.T.T.〈ナイト3000〉)、『CSI:科学捜査班』(ギル・グリッソム)などがある[6][13]

経歴[編集]

満洲撫順市で生まれたが、父は生後40日目に終戦のわずか一か月前に召集されて戦死し、終戦後、母と姉ともに日本に引き上げる[3][4]。東京都杉並区の四畳半のアパートに住み、母が外で働き詰めに働き、姉と共に育つ[3][4]。そのような環境で子役として芸能界に入ったと語っており[3]、小学5年生の時に劇団東芸[14]に入団し、テレビドラマの子役として活躍していた[4]。声優としても子役時代から活動しており[15][13]、洋画のアテレコにも数多く出演[4]

所属事務所は東京俳優生活協同組合[14]を経て、1989年シグマ・セブンへと移籍[16]

東京都立井草高等学校卒業[17][18]

1977年から1986年にかけて、スラップスティックのリーダー、ベーシスト(当初はギター担当で、後にパートが変わった)としても活躍した。

妻がナチュラリストだったこともあって家族全員で大分県竹田市荻町[19]の山奥に引っ越しして[20]自給自足の生活をして一時は声優活動を休止していた時期もある[17]

人物[編集]

特色・役柄[編集]

声種バリトン[2]。ちょっと高めだが、温かい声が魅力的[21]

アニメ、外画を中心に、ナレーションでも活躍している[7]

次男の健児によれば、昭生はヒーロー作品に出演する際、戦隊ものにおけるポジションでいえばイエローやグリーンの役柄が多かったとのこと。昭生は「グリーンやイエローは楽しいんだよ」と健児に語っていたが、当時の健児はそれについて理解できなかった。後年健児が昭生と同じく声優業を開始した際に、「イエローやグリーンは『自由にやってください』という役が多く、脇役こそ役者の力が試されるテクニカルな仕事」であると再認識し、昭生の語っていた役柄のやりがいや楽しさを感じるようになったという[22]

ナイトライダー』ではナイト2000の人工知能K.I.T.T.の役作りにはずいぶん悩み、ディレクターとも2人で話し合ったが、パイロット版の製作は難航し、およそ1か月をかけた3度目の収録でようやく完成した。現在の喋り方になるまでは、原語に近いフレンドリーな口調や、逆に徹底的に無機質な演技も試したというが、最終的には「マイケルを兄と慕う弟(兄弟愛)」「奔放な兄を窘める慎重派の弟」をイメージした上で、少しコンピュータっぽく、かつ大人っぽくした感じにすることで決まったという[13]。ブルーレイBOXに同封のブックレットにあるインタビューによると、K.I.T.T.の声は機械でエフェクトを掛けないといけないため、主演で相棒のマイケル・ナイト役の声優ささきいさおとは別録りで収録せねばならず、「彼の収録を見てから演技に入り、覚えている内に一気に録り終えた」とのこと。ブルーレイBOXのための追加収録でも、当時の雰囲気を再現するために別録りとした。それだけにマイケルとK.I.T.T.の掛け合いは、一番苦労していた。現在でもK.I.T.T.は野島の代表作として挙げられ、野島自身も「自分の仕事の中で三本の指に入る」と語っている。テレビ放送時の全74話のエピソード中、最も印象に残っているのはシーズン3第13話「ナイト2000魔の毒液に溶ける!決死の再生!立ち直れキット!!︎(原題:JUNK YARD DOG)」と述べている[23]。2012年にはフジテレビのみ放映された『ナイトライダーNEXT』での新型K.I.T.T.〈ナイト3000〉の役も担当している。なお原語版ではナイト2000(ウィリアム・ダニエルズ)とナイト3000(ヴァル・キルマー)は各々異なる人物が演じている。

死去した富山敬佐古正人石森達幸肝付兼太後藤哲夫から持ち役の一部を引き継いでいる。

息子たちとの共演の機会も何度かあり、実際に親子役で共演することが多い。裕史が主演の『スケアクロウマン』ではゲストとしてシュタインの現在の声を演じ、その過去の声を健児が担当したことで親子三人での共演が実現した。『スケートリーディング☆スターズ』でも息子たちが演じる双子の兄弟の父親役を演じ、親子三人での共演を果たしている。

その他エピソード[編集]

神谷明曽我部和恭とよく飲みに行ったスナックで曽我部がギターを披露し、あまりに上手だったためにバンドを結成する気になり、古川登志夫古谷徹を迎え、スラップスティックを結成。1回目の練習では真夏のため、全員汗だくになったという。アテレコとは違う世界を触れたことで、このバンド時代を「凄く楽しかった、いい経験ができた」と振り返っている。すでにバンドとしての活動は終了しているが、2007年2月に元メンバーの曽我部・鈴置洋孝両名の追悼コンサートを行っている。

趣味・特技はギタースケート卓球[14]。所持資格普通自動車免許[8]

好きな言葉は「己心厳[注 2]」。

出演[編集]

テレビアニメ[編集]

1964年
1966年
1968年
1969年
1970年
1971年
1972年
1974年
1975年
1976年
1977年
1978年
1979年
1980年
1981年
1982年
1983年
1984年
1985年
1986年
1987年
1988年
1991年
1992年
1993年
1995年
  • H2(竹村)
1996年
1998年
1999年
2000年
  • 名探偵コナン(2000年 - 2019年、片桐正紀、萬田年久、漆原典児、小嶋元次、熊堂巌、福原栄鏡、深町惇史)
2001年
2002年
2004年
2005年
2006年
2007年
2008年
2009年
2011年
2012年
2013年
2014年
2016年
2017年
2018年
2020年
2021年
2022年

劇場アニメ[編集]

1979年
1980年
1982年
1983年
1984年
  • プロ野球を10倍楽しく見る方法 PART2(ナレーター)
  • 綿の国星(魚八の主人)
1985年
1986年
1987年
2002年
2005年
2006年
2010年
2011年
2015年
2021年

OVA[編集]

Webアニメ[編集]

ゲーム[編集]

ドラマCD[編集]

吹き替え[編集]

担当俳優[編集]

ウィンストン・チャオ
J・T・ウォルシュ
ジョン・ハード
ハーヴェイ・カイテル
ブルース・デイヴィソン
ロバート・デ・ニーロ

映画(吹き替え)[編集]

ドラマ[編集]

テレビ番組[編集]

アニメ[編集]

人形劇[編集]

ボイスオーバー[編集]

テレビドラマ[編集]

テレビ番組[編集]

  • NHKスペシャル 沸騰都市 第8回 「TOKYOモンスター」』内、短編アニメーション(三田)
  • 原子の力を解放せよ 〜戦争に翻弄された核物理学者たち〜(声の出演)
  • ミュージックステーション(K.I.T.T.[ナイト2000]の声)

映画[編集]

特撮[編集]

人形劇[編集]

テレビナレーション[編集]

ラジオ[編集]

ラジオドラマ[編集]

CMナレーション[編集]

パチンコ・パチスロ[編集]

その他コンテンツ[編集]

  • 東京国立博物館「対決 巨匠たちの日本美術」音声ガイド(木喰
  • プラスエスト「きゃらナビ CNS-2000NA」type NAs(ボイス)
  • モニターリサーチ
    • 「カーセキュリティ GOOD NIGHT SC2000」(ボイス)
    • 「ボイスマイスター ギルシード」GS-R05スペシャルエディション/GVZ-01(ボイス)
  • ウルトラセブンとペリーヌちゃんのなぞなぞクイズレコード(ウルトラセブンの声、小学館の幼稚園1978年11月号ふろくのソノシート)

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 西東京市の発足(市政開始)は2001年であり、生年月日から類推して合併前の旧・田無市か旧・保谷市のどちらかである。
  2. ^ 野島自身が作った言葉である[3]
  3. ^ 第10話から第15話までは田中秀幸が一時的に代役を務めた(第13話は総集編のため野島の声が使用されている)。

シリーズ一覧

  1. ^ シーズン1(2019年)、シーズン2(2022年)

出典[編集]

  1. ^ 『声優事典 第二版』キネマ旬報社、1996年、232頁。ISBN 4-87376-160-3 
  2. ^ a b 「声優インタビュー 野島昭生」『月刊OUT』1980年9月号、みのり書房、1980年9月1日、 135-140頁。
  3. ^ a b c d e f アニメージュ編集部編「野島昭生 何でも"熱く"なる"戦争体験"の傷痕」『アニメ声優24時』徳間書店、1981年7月31日、153-158頁。
  4. ^ a b c d e 「VOICE ACTOR CLOSE UP」『ジ・アニメ』1981年5月号、近代映画社、1981年4月、 152頁。
  5. ^ a b c 野島昭生”. goo人名事典. 2019年10月9日閲覧。
  6. ^ a b 野島 昭生”. 日本タレント名鑑. 2020年2月15日閲覧。
  7. ^ a b c 野島 昭生”. タレントデータバンク. 2020年5月24日閲覧。
  8. ^ a b c 野島 昭生|株式会社シグマ・セブン”. 2020年10月14日閲覧。
  9. ^ a b c “野島昭生”. Excite News. エキサイト株式会社. https://www.excite.co.jp/news/dictionary/person/PEd825dbde9484567604a90055f64e39d3c8ffda5c/ 2021年4月2日閲覧。 
  10. ^ a b 『野島兄弟。』が最終回前の最後の公開録音イベントを開催! 『野島兄弟。公開録音~なつまつり~』イベントレポート”. アニメイトタイムズ. アニメイト (2013年8月20日). 2020年9月4日閲覧。
  11. ^ a b 野島健児の長男・透也が声優デビュー 親子3代で声優、父から子へ託す思い「とにかく続けろ」”. ORICON NEWS. 2021年7月31日閲覧。
  12. ^ 『声優名鑑』成美堂出版、1999年8月、584頁頁。ISBN 4-415-00878-X 
  13. ^ a b c スーパー!ドラマTV 海外ドラマ:声優名鑑”. 2017年4月25日閲覧。
  14. ^ a b c 『声優の世界-アニメーションから外国映画まで』朝日ソノラマファンタスティックコレクション別冊〉、1979年10月30日、97頁。 
  15. ^ 『声優名鑑 アニメーションから洋画まで…』近代映画社、1985年、125頁。 
  16. ^ 野島昭生”. シグマ・セブン. 2001年2月26日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年8月22日閲覧。
  17. ^ a b 1991(平成3年) (PDF)”. 東京都立井草高校同窓会. 東京都立井草高等学校. p. 6. 2020年2月15日閲覧。
  18. ^ 『日本タレント名鑑(1978年版)』VIPタイムズ社、1978年、139頁。 
  19. ^ 野島智司 (2008年8月6日). “第2話 ホゲ娘”. ふくおか子育てパーク. 連載子育てコラム. 福岡県立社会教育総合センター. 2023年1月6日閲覧。
  20. ^ 野島健児 (2017年9月14日). 声優インタビュー:野島健児【先輩のオフレコ!】2. インタビュアー:タウンワークマガジン. タウンワークマガジン, リクルートホールディングス.. https://townwork.net/magazine/serial/c_offrecord/44804/ 2023年1月6日閲覧。 
  21. ^ 小川びい 『こだわりの声優事典'97』徳間書店〈ロマンアルバム〉、1997年3月10日、110頁。ISBN 4-19-720012-9 
  22. ^ 野島健児 (2017年9月14日). 声優インタビュー:野島健児【先輩のオフレコ!】2. インタビュアー:タウンワークマガジン. タウンワークマガジン, リクルートホールディングス.. https://townwork.net/magazine/serial/c_offrecord/44804/ 2023年1月6日閲覧。 
  23. ^ ナイトライダーコンプリートブルーレイBOXのブックレットより
  24. ^ アパッチ野球軍”. 東映アニメーション. 2016年6月12日閲覧。
  25. ^ 宝島”. メディア芸術データベース. 2016年11月27日閲覧。
  26. ^ 科学冒険隊タンサー5”. メディア芸術データベース. 2016年9月27日閲覧。
  27. ^ a b アロン&グラン - ABOUT VOTOMS”. ボトムズWeb. 2022年7月25日閲覧。
  28. ^ オヨネコぶーにゃん”. メディア芸術データベース. 2022年12月9日閲覧。
  29. ^ 魔法の妖精ペルシャ”. ぴえろ公式サイト. 2022年9月2日閲覧。
  30. ^ シティーハンタースペシャル 緊急生中継!?凶悪犯冴羽獠の最期”. サンライズワールド. サンライズ. 2023年1月7日閲覧。
  31. ^ character”. ∀ガンダムWeb. サンライズ. 2022年4月9日閲覧。
  32. ^ スタッフ&キャスト”. 陸上防衛隊まおちゃん. 2016年6月27日閲覧。
  33. ^ 英國戀物語エマ 第二幕”. ぴえろ公式サイト. 2016年5月16日閲覧。
  34. ^ “ブラック・ジャック21”. 手塚治虫公式サイト. https://tezukaosamu.net/jp/anime/124.html 2016年5月8日閲覧。 
  35. ^ パタリロ! スターダスト計画”. メディア芸術データベース. 2016年9月28日閲覧。
  36. ^ GUILSTEIN”. メディア芸術データベース. 2016年8月5日閲覧。
  37. ^ X-MEN2”. 日曜洋画劇場. 2016年7月22日閲覧。
  38. ^ “『ジョーカー』来年1月ソフト発売!日本語吹替版は平田広明がアーサー役”. シネマトゥデイ. (2019年12月6日). https://www.cinematoday.jp/news/N0112792 2019年12月6日閲覧。 
  39. ^ アイアン・スカイ/第三帝国の逆襲”. 株式会社twin. 2019年10月14日閲覧。
  40. ^ ウルヴァリン: X-MEN ZERO”. 金曜ロードSHOW!. 2013年9月9日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年9月6日閲覧。
  41. ^ “話題のふきカエ カンフー・ヨガ”. ふきカエル大作戦!!. (2017年12月22日). http://www.fukikaeru.com/?p=8457 2017年12月22日閲覧。 
  42. ^ クリフハンガー”. 日曜洋画劇場. 2016年9月6日閲覧。
  43. ^ ザ・ラスト・マーセナリー -日本語吹き替え版”. ふきカエル大作戦!! (2021年8月3日). 2021年8月8日閲覧。
  44. ^ ジェイソン・ボーン <新録吹き替え版>”. BSテレ東 (2022年10月10日). 2022年9月25日閲覧。
  45. ^ “#66 水樹奈々さんとの初仕事(たぶん)”. ふきカエル大作戦!!. (2021年8月1日). https://www.fukikaeru.com/?p=16314 2021年8月2日閲覧。 
  46. ^ プラットフォーム”. クロックワークス. 2021年5月7日閲覧。
  47. ^ “『ホビット 決戦のゆくえ』レジェンド級の声優集う!! 「こんな吹替版は二度と作れない」”. http://dramanavi.net/news/2014/11/post-3255.php 2014年11月18日閲覧。 
  48. ^ CSI:ベガス”. WOWOW. 2022年4月7日閲覧。
  49. ^ “あの夏のルカ”. ふきカエル大作戦!!. (2021年6月1日). https://www.fukikaeru.com/?p=15950 2021年6月1日閲覧。 
  50. ^ シネマコリア|韓国映画情報 >>『少年勇者ギルドン』 シン・ドンホン監督ティーチイン”. シネマコリア (2012年6月27日). 2017年3月27日閲覧。

外部リンク[編集]