ビリー・ザ・キッド/21才の生涯

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ビリー・ザ・キッド/21才の生涯
Pat Garrett and Billy the Kid
監督 サム・ペキンパー
脚本 ルディ・ワーリッツァー
製作 ゴードン・キャロル
音楽 ボブ・ディラン
撮影 ジョン・コキロン
編集 ロジャー・スポティスウッド
ガース・クレーヴン
ロバート・L・ウォルフ
リチャード・ハルシー
デイヴィッド・バーラトスキー
トニー・デ・ザラガ
製作会社 メトロ・ゴールドウィン・メイヤー
配給 メトロ・ゴールドウィン・メイヤー
公開 アメリカ合衆国の旗 1973年5月23日
日本の旗 1973年10月6日
上映時間 108分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
テンプレートを表示

ビリー・ザ・キッド/21才の生涯』(Pat Garrett and Billy the Kid)は、サム・ペキンパー監督による西部劇映画である。ビリー・ザ・キッドを描いた伝記でもあり、キッドをクリス・クリストファーソン、彼の友人で保安官でもあるバット・ギャレットをジェームズ・コバーンが演じた。

ストーリー[編集]

1880年代のニューメキシコ州、フォート・サムナー。無法者で知られるビリー・ザ・キッドは友人で保安官でもあるパット・ギャレットから町を出て行くように警告されるがそれを無視し逮捕されるも脱獄する。ギャレットはビリーがメキシコへ逃げ延びることを願いつつ、彼を追跡する。

キャスト[編集]

役名 俳優 日本語吹替
パット・ギャレット ジェームズ・コバーン 小林清志
ビリー・ザ・キッド クリス・クリストファーソン 堀勝之祐
ルー・ウォレス ジェイソン・ロバーズ
アラモサ・ビル ジャック・イーラム
キップ・マッキニー リチャード・ジャッケル
ベイカー夫人 ケティ・フラド
エイリアス ボブ・ディラン 松橋登
コリン・ベイカー スリム・ピケンズ 飯塚昭三
ブラック・ハリス L・Q・ジョーンズ 北村弘一
ルーク ハリー・ディーン・スタントン 青野武
ボブ・オリンジャー R・G・アームストロング 藤本譲
イーノ ルーク・アスキュー 野島昭生
ジョン・W・ポー ジョン・ベック
J・W・ベル マット・クラーク
チャーリー チャールズ・マーティン・スミス 野島昭生
マリア リタ・クーリッジ
レミュエル チル・ウィルス 飯塚昭三
ホリー リチャード・ブライト
ホーランド ジャック・ドッドソン 仲木隆司
パコ エミリオ・フェルナンデス 藤本譲
ピート ポール・フィックス 北村弘一
ノリス ジョン・デイヴィス・チャンドラー
ルース・リー ルターニャ・アルダ
ホレル ジーン・エヴァンス
ビーヴァー ドニー・フリッツ

音楽[編集]

エイリアス役で出演もしているミュージシャンのボブ・ディランが映画音楽を手掛け、アルバム『ビリー・ザ・キッド』が発売された。

映画賞ノミネート[編集]

映画祭・賞 部門 候補 結果
英国アカデミー賞[1] 作曲賞 ボブ・ディラン ノミネート
新人賞 クリス・クリストファーソン

参考文献[編集]

  1. ^ Film Nominations 1973”. 英国アカデミー賞. 2011年9月25日閲覧。

外部リンク[編集]