ボブ・ディランの頭のなか

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ボブ・ディランの頭のなか
Masked and Anonymous
監督 ラリー・チャールズ
脚本 ボブ・ディラン
ラリー・チャールズ
製作 ジェフ・ローゼン
ナイジェル・シンクレア
製作総指揮 マリー・カンティン
ジョゼフ・ニュートン・コーエン
ウラジミール・ドスタル
ガイ・イースト
アナトリー・フラディス
ピエトロ・スカリア
デヴィッド・M・トンプソン
出演者 ボブ・ディラン
音楽 ボブ・ディラン
撮影 ロジェ・ストファーズ
編集 ピエトロ・スカリア
製作会社 BBCフィルムズ
配給 アメリカ合衆国の旗 ソニー・ピクチャーズ・クラシックス
日本の旗 ザナドゥー
公開 アメリカ合衆国の旗 2003年7月24日
日本の旗 2005年7月23日
上映時間 106分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
イギリスの旗 イギリス
言語 英語
興行収入 アメリカ合衆国の旗 $533,569[1]
テンプレートを表示

ボブ・ディランの頭のなか』(原題:Masked and Anonymous)は、2003年制作のアメリカ合衆国イギリスの映画

俳優、文筆家、画家など様々な顔を持つフォークの神様ボブ・ディランが自身の監督作『レナルド&クララ』以来26年ぶりに主演した映画で、近未来の内戦が続くある国を舞台に、刑務所から釈放されカムバックを目指す一人のミュージシャンが政変の渦に巻き込まれていく姿を描く。ディランは自ら脚本と音楽も手がけ、印象的なシーンでは自身の楽曲が使用されているほか、ライブシーンでは当時のバンドメンバーと共に実際に演奏している。ラリー・チャールズの初監督映画。

あらすじ[編集]

近未来。内戦が続き混乱する某国。投獄されていたミュージシャンのジャック・フェイトが刑務所から釈放された。かつてのマネージャー、アンクル・スウィートハートとニナ・ヴェロニカが企画するチャリティーコンサートに出演するため、釈放が認められたのだ。

会場に来たジャックはバンドメンバーとリハーサルを重ね、コンサートの準備を整えるが、その頃、国を揺るがす大事件が起こる。大統領が死去し、彼の息子エドムンドが新しい大統領に就任したのだ。

エドムンドは軍隊を派遣し、コンサートを弾圧、会場は混乱をきたす。ジャックはこの国に歌で平和をもたらそうとする。

キャスト[編集]

サウンドトラック[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]