チル・ウィルス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
チル・ウィルス
Chill Wills
Chill Wills
Stand By for Action』(1942年)より
本名 Chill Theodore Wills
生年月日 (1902-07-18) 1902年7月18日
没年月日 (1978-12-15) 1978年12月15日(76歳没)
出生地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 テキサス州ダラスシーガビル
死没地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 カリフォルニア州ロサンゼルスエンシノ
職業 俳優歌手
ジャンル 映画、舞台、テレビ
活動期間 1934年 - 1978年
配偶者 ハティ・エリザベス・チャッペル(1928年 - 1971年)※死別
ノヴァディーン・グージ(1973年 - 1978年)
主な作品
1956年『ジャイアンツ
1960年『アラモ

チル・ウィルスChill Wills, 1902年7月18日 - 1978年12月15日)は、アメリカ合衆国俳優歌手

アカデミー助演男優賞にノミネートされたこともある名脇役、特に西部劇での印象的な脇役として知られるが、元々は四人組歌手グループ「Chill Wills and his Avalon Boys (The Avalon Boys)」のリーダーとして1930年代に人気のあった歌手である。

来歴[編集]

1902年アメリカテキサス州ダラスシーガビルに生まれる。12歳でヴォードヴィリアンとして舞台に立つようになる。

1928年バレエ・ダンサーのハティ・エリザベス(ベティ)チャッペルと結婚する。後に2人の子をもうける。

四人組の歌手グループ「Chill Wills and his Avalon Boys」を結成。

ハリウッドのナイトクラブ「トロカデロ」に出演しているところをRKOの重役が目に留め、いくつかの低予算西部劇映画に出演する。その後グループとして多くのコメディ映画に出演する。1937年ローレル&ハーディ主演コメディ『宝の山』でのパフォーマンス(スタン・ローレルの低音パートの吹替を含む)が絶賛される。

1938年にグループを解散し、俳優に専念する。以降、西部劇を中心に様々な映画に出演、1950年代以降はテレビドラマにも出演するようになる。

1960年の『アラモ』で第33回アカデミー賞助演男優賞にノミネートされる。

1971年に妻ベティを亡くす。1973年にノヴァディーン・グージと再婚。

1978年に癌で死去。

主な出演作品[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]