サム・ペキンパー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
サム・ペキンパー
Sam Peckinpah
Sam Peckinpah
別名義 Bloody Sam
生年月日 (1925-02-21) 1925年2月21日
没年月日 (1984-12-28) 1984年12月28日(満59歳没)
出生地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 カリフォルニア州フレズノ
死没地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 カリフォルニア州イングルウッド
職業 映画監督
脚本家
ジャンル 映画
活動期間 1954年 - 1984年
活動内容 1955年:『ガンスモーク』でテレビ脚本家、監督デビュー
1961年:『荒野のガンマン』で劇場映画監督デビュー
1969年:『ワイルドバンチ』を発表
主な作品
ワイルドバンチ
わらの犬
ゲッタウェイ
ガルシアの首
戦争のはらわた

サム・ペキンパーSam Peckinpah, 1925年2月21日 - 1984年12月28日)は、アメリカ合衆国映画監督。代表作に『ワイルドバンチ』、『わらの犬』、『ゲッタウェイ』、『ガルシアの首』、『戦争のはらわた』など。

本国アメリカではその残酷な作風から「血まみれのサム」(原文:Bloody Sam)と呼ばれた。日本では最後の西部劇監督[1]、もしくはバイオレンス映画の巨匠として知られる。暴力描写とそれを写し出す映像技法は映画界に留まらず、ジャンルを超えて多くの人々へ影響を与えた。

経歴[編集]

サム・ペキンパーは1925年2月21日カリフォルニア州フレズノで生まれた。本人はインディアンの血を引いていると自慢していたが、実際はドイツ移民の子孫で、一族の本来の苗字はベッケンバッハ(Beckenbach)だったが、米国に移民してからペキンパー(Peckinpaugh)と改め、曾祖父の代からPeckinpahとなった。少年時代は読書好きで繊細な性格だったという。

第二次世界大戦では海兵隊として従軍する。戦後南カリフォルニア大学に入学し、そこで演劇を学んだ。卒業後しばらく舞台演出家として活動する。その後テレビ局の裏方としてスタジオに入り、ドン・シーゲルのもとに弟子入りする。『ガンスモーク』、『ライフルマン』、『風雲クロンダイク』といった脚本がテレビ局に買われ、西部劇のテレビシリーズのディレクターになった。

ペキンパーが初めて監督した劇場映画は、『荒野のガンマン』(1961年)である。翌年に公開された『昼下りの決斗』(1962年)で監督としての力量を認められたものの、『ダンディー少佐』(Major Dundee1965年[2]では編集権をめぐりプロデューサーと衝突、以後しばらく映画界から干されてしまった。しかしテレビ映画『昼酒』(1966年)での優れた演出が認められ、無事復帰することになる。

ワイルドバンチ』(1969年)では、スローモーション撮影を多用とした独特のバイオレンス描写でアクション映画に新境地を切り開いた。その反面、一般客や保守的な批評家からは、その過激な暴力表現に対する批判を招いた。『砂漠の流れ者/ケーブル・ホーグのバラード』(1970年)はペキンパーによってベスト・フィルムであることを宣言された作品であり、彼の穏やかな一面が見られる。『わらの犬』(1971年)はペキンパー作品でも特に暴力描写が激しい作品で、公開後物議を醸した。『ゲッタウェイ』(1972年)は人気俳優スティーブ・マックイーンを主役に迎え初の大ヒットを記録。ペキンパー監督作品としては最も娯楽色の強い映画である。

ビリー・ザ・キッド/21才の生涯』(1973年)はボブ・ディランが音楽を担当していることで話題になった。ペキンパー本人も棺桶屋の役で出演している。『ガルシアの首』(1974年) はアメリカでは惨敗したが、日本ではヒットした。しかしその次の監督作品『キラー・エリート』(1975年)は作中の奇妙な日本描写が日本人の顰蹙を買い、興行的には失敗した。『戦争のはらわた』(1977年)もアメリカでは興行的にも批評的にもいまひとつだったが、ヨーロッパや日本では高い評価を受けた。オーソン・ウェルズマーティン・スコセッシらに絶賛された作品でもある。

監督として精力的に活動を続ける半面、ペキンパーの体は徐々にアルコールや麻薬で蝕まれていた。『コンボイ』(1978年)はペキンパーのキャリアで最大のヒット作となったものの、撮影中にスタジオで見せた狂態が映画会社に嫌われてしばらく監督業から遠ざけられてしまう。結局その5年後の『バイオレント・サタデー』(1983年)が最後の監督作品となった。

1984年12月28日に59歳で死去。死因は心不全だった。

監督としての特徴[編集]

バイオレンス映画、アクション映画の原点にして頂点とも言える作品を数多く世に送り出した。また、滅びゆく西部の男たちを哀切の込もった視線で描き続けたことから、「最後の西部劇監督」、もしくは「西部劇の破壊者」と呼ばれる。同時期のマカロニ・ウェスタンの巨匠セルジオ・レオーネと同様、西部に対する深い愛と、失われてゆく西部への哀愁が漂う作品が多かった。

予算やスケジュールを度外視してまで作品の完成度を追求し、気に入らないことがあれば関係者を容赦なく叱咤した。そのため製作者や出演者と事あるごとに衝突し、特に晩年は会社側からは扱いづらい監督として冷遇され続けた。また、私生活でも過度の飲酒や麻薬常用などの問題を抱えていた。それは誰にも自分の感情を理解してもらえない孤独な寂しさゆえの表れであったとも言える。実生活での過剰なストレスゆえか、晩年は実年齢と比べてかなり老け込んだ風貌だった。ペキンパーの作品は、トラブルメーカーだった本人自身の経験や人生が色濃く反映したものである。ペキンパー映画の常連俳優であるL・Q・ジョーンズは、同じ作品を14本も撮ったと語った。それぐらいペキンパーの作品は、彼自身の性格を表したような作品が多いということである。

ペキンパーはスローモーションや細かいカットを自在に編集するセンスで、映画中に過激な暴力描写を生み出した。ペキンパー独自の演出は、マカロニ・ウェスタンや同じ暴力派のドン・シーゲルの影響を受けたと言われた。また、斬新な映像表現はジョン・ウークエンティン・タランティーノジョニー・トーに代表されるフィルム・ノワール的な作品やウォシャウスキー兄弟の『マトリックス』など、今日に至るまでのアクション映画における表現手法に多大な影響を及ぼした。

ペキンパー曰く、映画人生を通じて影響を受けた監督はドン・シーゲル、ジョン・フォード黒澤明とのことである。特に黒澤の『羅生門』はこれまで作られた映画の中で最も優れた作品、とインタビューの中で語っている。

ペキンパーを評価している日本の映画監督や評論家たち[編集]

日本では黒沢清青山真治SABU井筒和幸[3][4][5]森達也篠崎誠大林宣彦崔洋一小沢仁志[6]野沢尚[7]君塚良一[8][9]渡辺信一郎[10]といった映像作家たちがペキンパーに対するリスペクトを表明している。

大の西部劇ファンで知られた映画監督の岡本喜八淀川長治田中英一と共に西部劇ベスト25を選び、ジョン・フォード駅馬車』や『荒野の決闘』『捜索者ハワード・ホークス赤い河ウィリアム・ワイラー西部の男』『大いなる西部フレッド・ジンネマン真昼の決闘ジョン・スタージェス墓石と決闘』等とともにペキンパー『ワイルドバンチ』を選んでいる[11]

映画評論家では川本三郎蓮實重彦山田宏一町山智浩[12]石上三登志などがペキンパーを高く評価している[13]

日本のサム・ペキンパー[編集]

日本では作風などの類似性から『仁義なき戦い』などで知られる深作欣二監督を「日本のサム・ペキンパー」と呼んだ。深作組の常連であり、ペキンパーファンである役者の川谷拓三。ペキンパーが『戦争のはらわた』のプロモーションのために来日し、日本のテレビにゲスト出演している時に川谷は泥酔して乱入し、「ゲッタウェイ!!!」と叫びペキンパーと握手をして、「ペキンパー、深作欣二と勝負せんかい!」と叫んだ[14][15]

ペキンパーを評価している日本以外の国の監督やその他エピソードなど[編集]

アシュラ』や西島秀俊主演の『ゲノムハザード ある天才科学者の5日間』などで知られる韓国のキム・ソンスは好きな映画に映画黄金期の40年代から60年代にかけてのハリウッド映画やフレンチ・ノワールの名作にブルース・リー作品、黒澤明やジュールス・ダッシンに『復讐するは我にあり』の今村昌平と共にペキンパーを偉大な監督に挙げている[16]

作品[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 1970年の映画『ソルジャー・ブルー 』以降、「インディアン」(作中の呼称に準拠)に対する見方、西部劇への接し方が変ってしまったためである。
  2. ^ ハーマン・メルヴィルの『白鯨』と比較されることがあり、ダンディーがエイハブ船長、タイリーンがスターバック、ライアンがイシュメイル、チャリバが白鯨だという。
  3. ^ 著書『アメリカの活動写真が先生だった 小学館, 1998.12』や『虎の門 井筒和幸のこちトラ自腹じゃ! 101本斬り テレビ朝日コンテンツ事業部, 2004.12』『サルに教える映画の話  バジリコ, 2005.10』『ガキ以上、愚連隊未満。  ダイヤモンド社, 2010.5』などで『ゲッタウェイ』などを絶賛しペキンパーへのリスペクトを公言。
  4. ^ ネット連載では『ジュニア・ボナー/華麗なる挑戦』を取り上げている。「映画は喧嘩じゃ!vol.15 変わらない」business-plus.net/business/columnist/cat/462603.shtml
  5. ^ ラジオ番組『ライムスター宇多丸のウィークエンド・シャッフル』の企画で高村薫原作の監督作『黄金を抱いて翔べ』に影響を与えた犯罪映画の名作として、ペキンパー『ゲッタウェイ』やドン・シーゲル突破口!ジャック・ベッケル現金に手を出すなウォルター・ヒルザ・ドライバーダリル・デュークサイレント・パートナー』を挙げており、とりわけ『ゲッタウェイ』とシーゲル『突破口!』を「年に2,3回は見ますね」と発言。「<映画駄話 〜ザ・プレミアム〜> 井筒和幸 監督の<犯罪映画>大好き!」https://www.tbsradio.jp/utamaru/2012/10/24/
  6. ^ キネマ旬報 1999年10月上旬特別号 NO.1293映画人が選ぶオールタイムベスト100(外国映画篇)』「キネマ旬報1999年10月下旬号NO.1294映画人が選んだオールタイムベスト100(日本映画篇)』にて邦画では黒澤明七人の侍』や『用心棒深作欣二仁義なき戦い』など、洋画ではルキノ・ヴィスコンティベニスに死す』やジョン・スタージェス大脱走フランシス・フォード・コッポラゴッドファーザー』と共にペキンパー『ワイルドバンチ』を選んでいる。
  7. ^ キネマ旬報 1999年10月上旬特別号 NO.1293映画人が選ぶオールタイムベスト100(外国映画篇)』『「キネマ旬報1999年10月下旬号NO.1294映画人が選んだオールタイムベスト100(日本映画篇)』にて邦画では『砂の器』や降旗康男駅 STATION』など、洋画ではドン・シーゲルダーティハリー』やロナルド・ニームポセイドン・アドベンチャーウィリアム・フリードキンエクソシストシドニー・ルメット狼たちの午後アーサー・ペン俺たちに明日はないジョゼ・ジョヴァンニ暗黒街のふたり』と共にペキンパー『わらの犬』『ゲッタウェイ』を選んでいる。
  8. ^ キネマ旬報 1999年10月上旬特別号 NO.1293映画人が選ぶオールタイムベスト100(外国映画篇)』「キネマ旬報1999年10月下旬号NO.1294映画人が選んだオールタイムベスト100(日本映画篇)』にて須川栄三野獣狩り』や洋画ではジョン・G・アヴィルドセンふたりでスロー・ダンスを』やペキンパー『わらの犬』などを選んだ
  9. ^ 『シナリオライターになろう』(1998年、同文書院)
  10. ^ 映画秘宝exオトナアニメex アニメクリエイターの選んだ至高の映画』62p-71pで、ドン・シーゲルダーティハリー』とロバート・クローズ燃えよドラゴン』を別格の2本とした上で自身のベスト10(「禍々しい映画」10本)としてジャン=リュック・ゴダール気狂いピエロルネ・クレマン狼は天使の匂い村川透野獣死すべしジャン=ピエール・メルヴィル仁義鈴木清順殺しの烙印勝新太郎顔役 (1971年の映画)ロバート・アルトマンロング・グッドバイ長谷川和彦太陽を盗んだ男アレックス・コックスレポマン』と共にペキンパー『ガルシアの首』を入れている
  11. ^ 淀川長治『淀川長治映画ベスト10+a』 河出文庫 2013年11月 190p-193p。
  12. ^ 柳下毅一郎との共著『ベスト・オブ・映画欠席裁判』 文春文庫、2012年3月。23p-52pに再録されている『映画秘宝ベストテンなんかぶっとばせ!!』の39pで『戦争のはらわた』を生涯ベスト1と発言。
  13. ^ 町山と柳下毅一郎との共著『ベスト・オブ・映画欠席裁判』 文春文庫、2012年3月。この著書の23p-52pに再録されている『映画秘宝ベストテンなんかぶっとばせ!!』の26pの映画秘宝オールタイムベスト10で『戦争のはらわた』は8位である。また『ベストテンなんかぶっとばせ!!』の文中33p-35p,39p-40で、公開当時から賛否が分かれていたペキンパー作品を『キネマ旬報』や『映画芸術』で評価していた川本三郎蓮實重彦山田宏一石上三登志らにも町山と柳下は賛辞を送っている
  14. ^ 小林信彦「映画×東京とっておき雑学ノート」(文藝春秋)P.193
  15. ^ ちなみに番組は「独占!男の時間」である。伊藤彰彦「映画の奈落 北陸代理戦争事件」p.227
  16. ^ 映画秘宝』2017年4月号の48p-56pの韓国映画特集の52p-53pのソンスのインタビューでのソンスの発言

参考文献[編集]

  • ガーナー・シモンズ著、遠藤壽美子・鈴木玲子訳『サム・ペキンパー』、河出書房新社、1998年6月、ISBN 4-309-26340-2
    • 原著:Garner Simmons (1982). Peckinpah: A Portrait in Montage. University of Texas Press. ISBN 087910273X.
  • 遠山純生編『e/m ブックス vol.10 サム・ペキンパー』、エスクァイア・マガジン・ジャパン、2001年9月、ISBN 4-87295-078-X

外部リンク[編集]