寺島進

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
てらじま すすむ
寺島 進
本名 寺島 進
生年月日 (1963-11-12) 1963年11月12日(58歳)
出生地 日本の旗 東京都江東区
身長 165 cm
血液型 A型
職業 俳優
ジャンル 映画テレビドラマ
活動期間 1984年 -
配偶者 既婚(2009年 - )
事務所 オフィス北野(2018年11月30日まで)
ジャパン・ミュージックエンターテインメント(2018年12月1日より)
公式サイト 公式プロフィール
主な作品
映画
ア・ホーマンス
BROTHER
交渉人 真下正義
アンフェア』シリーズ
ザ・マジックアワー
テレビドラマ
逃亡者 木島丈一郎
アンフェア』シリーズ
八州廻り桑山十兵衛〜捕物控ぶらり旅
流星の絆
コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命-
京都地検の女
再捜査刑事・片岡悠介
南極大陸
真田丸
動物戦隊ジュウオウジャー
バイプレイヤーズ
駐在刑事』シリーズ
刑事ゼロ
 
受賞
日本アカデミー賞
優秀助演男優賞
2005年交渉人 真下正義
その他の賞
東京スポーツ映画大賞
助演男優賞
2001年BROTHER
2005年『交渉人 真下正義』
新人俳優賞
1995年おかえり
毎日映画コンクール
助演男優賞
2001年『みすゞ』『BROTHER』『空の穴』
高崎映画祭
最優秀助演男優賞
1999年ワンダフルライフ
テンプレートを表示

寺島 進(てらじま すすむ、1963年11月12日[1] - )は、日本俳優。本名同じ。東京都出身[1]ジャパン・ミュージックエンターテインメントイー・コンセプト)所属。

来歴[編集]

男三兄弟の次男で、実家は江東区深川屋を営んでいた[注釈 1]。父親は日本酒を好み、ユーモアがあって丁寧な仕事をする人であるという[3]。江東区立八名川小学校卒業、江東区立深川第二中学校卒業、東京都立葛飾野高等学校卒業[2]。成城にあった三船プロの俳優養成所・三船芸術学院で殺陣スタントなどを学び、宇仁貫三に師事[1]。同学院卒業後、宇仁率いる剣友会に入門した[4]

1984年頃からテレビドラマの端役で出演し始め、1985年のドラマ『私鉄沿線97分署』の暴走族の杉山役で初めて名前のある役をもらった[5]。映画のデビュー作は、1986年松田優作監督の『ア・ホーマンス[1]。また、映画デビューの同年には『痛快なりゆき番組 風雲!たけし城』に攻撃軍の一員として出場している[6]

1989年の映画『その男、凶暴につき』に出演したのを皮切りに、以降北野作品などの映画に出演して知名度を上げる[1]。また1993年頃から、ビートたけし所属の『オフィス北野』に寺島も所属する[7]

元々は映画中心の芸能活動だったが、2005年年の『富豪刑事』に出演してテレビドラマなどへも活躍の場を広げ、人気を博す[1]。また同年には、野狐禅のプロモーションビデオへの出演や、それらの総集編となる短編映画『遡河魚』(監督は熊切和嘉)にも主演。

加えて、同年5月にはドラマ『踊る大捜査線』シリーズのスピンオフ映画『交渉人 真下正義』で木島丈一郎役を演じた。同年12月には、木島を主役にした更なるスピンオフ作品『逃亡者 木島丈一郎』が誕生。さらに同役で、2010年に本編映画である『踊る大捜査線 THE MOVIE3 ヤツらを解放せよ!』への出演を果たした。

2006年からの『アンフェア』シリーズ(連続ドラマ、スペシャルドラマ及び映画を含む)などに次々に出演。また、同年の映画『THE 有頂天ホテル』に出演以降、三谷幸喜作品にも複数回起用されている。

2009年11月30日、一般女性(当時28歳)と結婚。2010年6月7日には第一子となる女児が、2015年3月10日には第二子となる男児が誕生[8][9]

2018年11月30日をもって25年間在籍した[7]オフィス北野を退社、同年12月1日よりジャパン・ミュージックエンターテインメントへ移籍[10]

人物[編集]

子供時代[編集]

地元の知人たちからは、子供の頃から“ムーちゃん”のあだ名で呼ばれている[2]。子供の頃からやんちゃな性格[注釈 2]で目立ちたがり屋だった。当時は映画『トラック野郎』が好きで、主人公の菅原文太演じる桃さんに憧れていた [2]

中学からは髪型をサイドバックのリーゼントにし、地元の喧嘩に強い兄弟に喧嘩を教わった。野球部に所属し、ポジションはセンター5番で、江東区の中学1年生が出場する大会では、決勝戦で初ヒットを打つなどして優勝[注釈 3]。当時は勉強嫌いだったが、図工と体育だけは成績が良かった。中学の頃に江東区の美化啓発ポスターで江東区長賞をもらったことがある[4]

高校ではハンドボール部に所属しながら、空いた時間はバンドを組んでボーカルとアコースティックギターを担当した。また16歳の頃から地元の神輿保存会の「深川祭明会」に所属し、やんちゃな先輩たちに目をかけてもらった。進路を考える時期になり、父親や「深川祭明会」の先輩たちの助言を受けて[注釈 4]役者を目指し始める[2]

下積み生活[編集]

三船芸術学院の授業は週に3日で、「自分で決めた道だから自分で学費を払おう」との考えにより、授業がない日の昼間に建設現場で、夜に歌舞伎町の水商売などでバイトして学費を稼いだ[注釈 5]。舞台でいろんな殺陣や立ち回りを披露する卒業公演では、全体のトリで大立ち回りがある主役を任された。

その後所属した剣友会では、殺陣やスタントの他、芸能界での挨拶の仕方や先輩との付き合い方、酒の飲み方など様々なことを教わった[5]。大部屋俳優になると、当時宇仁がドラマ『太陽にほえろ!』の殺陣も担当していたことから、同ドラマのチンピラなどの端役をもらうようになる。また男性にしては身長が低いことから、女優のスタントの吹き替えとして時々声がかかるようになった[注釈 6]

アクションに重きを置いて俳優活動をしていたため、当時は“演技がしたい”とは考えていなかった。そんな中、殺陣師の先輩・二家本辰己から誘われて四月館の舞台に出演し、演技や表現を意識し始めた[5]。この頃劇団の主宰の知人だった松田優作が舞台稽古中に遊びに来て、彼に気に入られたことで映画『ア・ホーマンス』への出演が決まった。寺島は、この頃(当時23歳)から本格的な役者を目指し始める[5]

北野武作品への出演[編集]

下積み時代に初対面した北野武から「今売れなくても死ぬ間際に天下取ったら、“あんちゃん”の勝ちだからよ」との言葉をもらった[2]。その後とある2時間ドラマで共演した助監督から、北野の初監督作品である1989年の映画『その男、凶暴につき』のオーディションへの参加を勧められた[5]

『その男、凶暴につき』のオーデションでは、助監督から質問されて経歴などを話すだけで芝居の審査などはなかった。北野は部屋の隅っこで下を向き一言も話さず、寺島の方を時々見るだけだった。寺島は面接の手応えを一切感じなかったが、後日電話で白竜演じるヤクザの手下役に決まった[6]

その後の完成披露試写会で作品を見ると、それまでの作品で“斬られたらお終い”という役だったのが、本作ではアップもあってエンドロールに寺島の名前が流れた。本人は「決して大きい役ではないけど、俺にとっては役者として本当にデカい一歩だった」と回想している[6]。このことから寺島にとって、北野は「育ての親」とも言える存在となった[2]

1991年の映画『あの夏、いちばん静かな海。』の頃に剣友会を辞めてフリーとなり、その後もアクションの仕事を依頼されたが、本格的な俳優を目指すため敢えてそれらの出演を全て断った。周りから「生意気だ」と言われることもあったが、「ここで踏ん張らないと上には行けない」と自分に言い聞かせた [11]

1993年に出演した映画『ソナチネ』が、カンヌ国際映画祭で上映されて日本国内での寺島の知名度も上がり、いろんな映像作家に出会うきっかけとなった[12]。1996年(32歳の頃)に篠崎誠監督の映画『おかえり』で初主演し、第5回東京スポーツ映画大賞新人賞を受賞。本人はこの受賞をとても喜び、「ようやく役者としてスタートできた」としている[12]

その後少しずつ映画やドラマの仕事をもらうがまだ役者だけでは食べて行けず、1996年の『キッズ・リターン』の頃まで日光市ウェスタン村でアルバイトをしていた[13] 。30代半ばでバイト生活を終え、2001年の北野作品『BROTHER』辺りから忙しくなり、ようやく俳優業だけで食べていけるようになった[13]

その他エピソード[編集]

矢沢永吉のファンで、高校時代のバンド活動では彼をマネて白いバギーに裸に革ジャン姿に、頭にはねじり鉢巻き[注釈 7]をしていた。ちなみに当時は自分の声が嫌いだったが、他のバンドの女性ボーカルから「寺島さん、声いいね」と褒められ、声が好きになったという[2]

小さき勇者たち〜ガメラ〜』で寺島を起用した監督の田﨑竜太は、パイロット監督を務めた『仮面ライダー電王』で主人公、モモタロスのキャラクターを決める際、寺島のキャラクターを参考にしたと同作のムック本でのインタビューに答えている[要文献特定詳細情報]

若いころにヒーローショーの女性キャラクター役のスーツアクター経験がある[14]2014年には同年秋公開の映画『イン・ザ・ヒーロー』では女性キャラクターを演じるスーツアクター役を務めた[14]。2016年には『スーパー戦隊シリーズ』第40作『動物戦隊ジュウオウジャー』にて森真理夫役でレギュラー出演を果たし、同作でジュウオウヒューマンを演じた際は、自ら変身ポーズを考えてくるなど積極的で、テレビでヒーローを演じられたことが感慨深ったと述べている[1]

脚本家の太田愛は寺島のファンであり、『ウルトラマンガイア』でゲストキャラクターを寺島で当て書きしたところ、監督の原田昌樹が助監督時代から寺島と交流があったことから出演が実現した[15]。太田と原田は後に『ウルトラQ dark fantasy』でも、寺島を起用している[15]

三船芸術学院に通い出してからは役者にストイックに取り組んできたため、恋愛に興味が沸かなかった。しかし、ある時出会った女性に一目惚れし、交際2年目の時に子供を授かったのを機に結婚を決めた[16]

下積み時代の四月館の舞台稽古中、忍者役の寺島の芝居を見た松田優作から「いいなぁ」と褒められた。また、松田の監督作品である『ア・ホーマンス』にヤクザ役で出演した際も彼から同様に褒められた。このため松田のことを「芸能界に入って初めて自分を褒めてくれた人」と位置づけている[5]

座右の銘は、「継続は力なり」[17]。長男が生まれた直後から「愛、恩義、結束力」という言葉を寺島家の家訓にしている[18]

「芸能界の基礎を教わった剣友会は、俺の原点」、及び「ヤクザ、チンピラ役は俺の原点」と位置づけている[19][2]

長年チンピラ役・ヤクザ役を依頼されることが多かったが、いつ頃からか刑事役・警察官役をやることが増えてきた。この影響からか(2022年の)数年前には、加須警察署(埼玉県)で一日署長を務めたことがある[20]。また以前は一般人から声をかけられることはめったになかったが、刑事役をやるようになってから気軽に声をかけてもらえるようになったという[17]

ドラマ『とんぼ』では、ピース(ゆーとぴあ)演じるヤクザの舎弟・直役を演じている。寺島によると当初この役は、“チンピラその5”くらいのセリフのない役だった。しかし、撮影現場で立っていた所、ある人(寺島も人づてにこの話を聞いたため誰が言い出したかは知らないという)から「あのチンピラ役の人、気になるね」と気に入られ、急遽セリフのある「直」という役名に変更になった[21]

出演[編集]

テレビドラマ[編集]

映画[編集]

1980年代[編集]

1990年代[編集]

2000年代[編集]

2010年代[編集]

2020年代[編集]

Vシネマ[編集]

  • クライムハンタ- 怒りの銃弾(1989年3月10日) - 赤鼻
  • タフ Part1(誕生篇)(1990年11月22日)
  • トワイライトミステリー 殺しの遊び(1991年12月21日)
  • ザ・ワイルドビート裏切りの鎮魂歌(1994年8月26日)
  • ピアスの女(1995年12月25日)
  • 痴漢白書3(1996年3月29日)
  • 監禁逃亡 淫らな獲物(1996年4月26日)
  • 快楽殺人女捜査官 囮(1996年6月7日)
  • BE-BOP-HIGHSCHOOL 6 ハッタリ野郎暴走篇(1996年11月8日)
  • キタの帝王 闇の咆哮(1997年4月21日)
  • 必殺始末人Ⅲ「地獄に散った花びら二枚」(1998年2月25日) - 松永正明
  • 新極道伝説 三匹の竜(1999年7月9日)
  • 熱血!二代目商店街(1999年) - 会社員
  • 侠道3(2000年)
  • 熱血!二代目商店街 爆裂編(2000年)
  • 広島やくざ戦争 シリーズ(2000年) - 沖永勲
    • 実録・広島やくざ戦争(2000年) - 打館組組員(山崎英博の舎弟)
    • 広島やくざ戦争・完結編(2000年) - 共雄会山崎組組員(→共雄会十二会幹部→四代目共雄会会長)
    • 続・広島やくざ戦争 ─流血、第三次抗争勃発─(2001年) - 三代目共雄会幹事長(→四代目共雄会会長)
  • 超極道(2001年) - 村田(刑事)
  • 実録・沖縄やくざ戦争 いくさ世30年・抗争勃発編(2002年)
  • 実録・沖縄やくざ戦争2 いくさ世30年・抗争激化編(2002年)
  • 実録・関東やくざ戦争 修羅の盃(2003年) - 石井組組長 石井昇
  • 昭和博徒外伝(2003年)
  • 実録・関東やくざ戦争2 修羅の代紋(2004年)- 石井組組長 石井昇
  • 北海水滸伝 484ブルース 伝説・枯木のバラ(2004年)
  • 修羅の血(2004年) - 極新会会長 千堂卓也
  • 実録・東組抗争史 閻魔の微笑(2004年)※友情出演
  • 炎と氷(2004年) - 大帝銀行赤坂支店融資課長 赤星光彦
  • 実録・竹中正久の生涯 荒らぶる獅子 外伝(2004年) - 竹中組系組員(ヒットマン)
  • 岸和田少年愚連隊 カオルちゃん最強伝説 妖怪地獄(2004年)
  • 実録・絶縁状(2005年)
  • 玄海血風録 外道の群れ(2004年)- 永原(ボディーガード)
  • 海賊仁義(2005年)※友情出演
  • 難波金融伝 ミナミの帝王32「金になる経歴」(2005年10月28日)
  • 首領がゆく(2006年) - 刑事 サイトウ(取調室) ※友情出演
  • 実録・新選組(2006年) - 土方歳三
  • 平成清水一家(2007年) - 長田組組員 綱島五郎
  • カジノ(2008年)
  • 実録・大阪 ミナミの顔(2010年) - 八神組ウメモト一家若頭補佐 ヒノテルマサ ※特別出演
  • 外道軍団(2011年) - 啓仁会黒崎組組員 金子
  • 許されざる者(2012年) - 殺し屋
  • 流し屋 鉄平(2015年) - 主演:御法川鉄平[34]
  • KYOTO BLACK 黒のサムライ(2015年) - 探偵 寺尾進(警察OB)
  • KYOTO BLACK2 黒の純情(2015年) - 探偵 寺尾進(警察OB)
  • 帰ってきた動物戦隊ジュウオウジャー お命頂戴!地球王者決定戦(2017年) - 森真理夫

Webドラマ[編集]

劇場アニメ[編集]

ゲーム[編集]

ラジオ[編集]

PV[編集]

CM[編集]

受賞歴[編集]

書籍[編集]

  • 寺島進のアニキに聞けよ! 困ったときはいつでも来い!(二見書房

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 寺島も20代の頃に実家で畳張りのバイトをしたことがある[2]
  2. ^ 小学生の頃に友達と雪の日に清澄庭園に忍び込び、管理人に見つかって怒られたこともある。
  3. ^ ちなみにこの時の相手チームのピッチャーは、後に阪神タイガースの投手となる源五郎丸洋だった[2]
  4. ^ 父からは、「畳屋は継がなくていいから、好きな道でやったらどうだ」と言われた。先輩からは「進の余興は面白いし、目立ちたがり屋だからそういう業界がいいんじゃない?」と言われた。
  5. ^ 水商売はクラブの黒服、王城ビルの地下の店(本人曰く「今で言うガールズバーのような店)のホール係などをしていた[4]
  6. ^ 一例として、映画『帝都物語』で原田美枝子が白馬に二人乗りして槍を持って走るシーンのスタントの吹き替えを担当[5]
  7. ^ 本人によると「深川じゃ皆ノーヘルでバイクに乗る時にねじり鉢巻をしていた」とのこと。

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f g 「Zyuohger Main Cast Interview 08 寺島進」 『動物戦隊ジュウオウジャー公式完全読本 野性解放』ホビージャパン、2017年6月24日、30-31頁。ISBN 978-4-7986-1472-4 
  2. ^ a b c d e f g h i j 【寺島進インタビュー】下町の畳屋さんの次男坊「深川を忘れたら、寺島進じゃなくなるから」”. 雑誌「散歩の達人」のウェブサイト『さんたつ』のインタビュー (2021年7月9日). 2022年3月1日閲覧。
  3. ^ INLIFE 男の履歴書 寺島進
  4. ^ a b c 俺の足跡・第二回”. ウェブマガジン「FILT BOOK」. 2022年3月1日閲覧。
  5. ^ a b c d e f g 俺の足跡・第三回”. ウェブマガジン「FILT BOOK」. 2022年3月1日閲覧。
  6. ^ a b c 俺の足跡・第四回”. ウェブマガジン「FILT BOOK」. 2022年3月1日閲覧。
  7. ^ a b オフィス北野(「情報ライブミヤネ屋」放送記事)”. 価格ドットコムの「テレビ紹介情報」より (2018年12月3日). 2022年3月24日閲覧。
  8. ^ ““51歳”寺島進に第2子男児誕生 家訓発表で「益々最強に」”. ORICON STYLE (オリコン). (2015年3月12日). https://www.oricon.co.jp/news/2049851/full/ 2015年3月13日閲覧。 
  9. ^ “51歳の寺島進に第2子となる長男が誕生”. 東スポWEB (東京スポーツ新聞社). (2015年3月12日). http://www.tokyo-sports.co.jp/entame/entertainment/376727/ 2015年3月13日閲覧。 
  10. ^ “寺島進 事務所退社報告で恩師・たけしから「十分義理は果たした」” (日本語). 東スポWEB (東京スポーツ新聞社). (2018年8月5日). https://www.tokyo-sports.co.jp/entame/entertainment/1085086/ 2018年10月26日閲覧。 
  11. ^ 俺の足跡・第五回”. ウェブマガジン「FILT BOOK」. 2022年3月1日閲覧。
  12. ^ a b 俺の足跡・第六回”. ウェブマガジン「FILT BOOK」. 2022年3月1日閲覧。
  13. ^ a b 俺の足跡・第七回”. ウェブマガジン「FILT BOOK」. 2022年3月1日閲覧。
  14. ^ a b 福士蒼汰「イン・ザヒーロー」でヒーロー役出演 「仮面ライダー」以来、「戦いたい」と気合十分 | アニメ!アニメ!
  15. ^ a b 切通理作原田昌樹「Interview 寺島進」 『少年宇宙人 平成ウルトラマン監督原田昌樹と映像の職人たち』二見書房、2015年3月25日、164-170頁。ISBN 978-4-576-14117-6 
  16. ^ 俺の足跡・第八回”. ウェブマガジン「FILT BOOK」. 2022年3月1日閲覧。
  17. ^ a b 俺の足跡・第十一回”. ウェブマガジン「FILT BOOK」. 2022年3月1日閲覧。
  18. ^ 俺の足跡・第九回”. ウェブマガジン「FILT BOOK」. 2022年3月1日閲覧。
  19. ^ 俺の足跡・第十九回”. ウェブマガジン「FILT BOOK」. 2022年3月1日閲覧。
  20. ^ 俺の足跡・第十五回”. ウェブマガジン「FILT BOOK」. 2022年3月1日閲覧。
  21. ^ 俺の足跡・第十七回”. ウェブマガジン「FILT BOOK」. 2022年3月1日閲覧。
  22. ^ Inc, Natasha. “寺島進の主演ドラマ「駐在刑事」シーズン3が1月スタート、新レギュラーに藤井美菜(コメントあり)” (日本語). 映画ナタリー. 2021年11月25日閲覧。
  23. ^ 観月ありさ、殺人犯役初挑戦 山本耕史と新婚同士共演”. ORICON STYLE (2015年8月30日). 2015年8月30日閲覧。
  24. ^ 寺島進、役者31年で初の医師役「人相の悪い人こそイイ人だったりするでしょ?」”. テレビドガッチ (2015年9月22日). 2015年9月24日閲覧。
  25. ^ 「赤めだか」二宮和也らが故・立川談志師匠に撮了報告”. ニュースウォーカー (2015年11月21日). 2015年12月7日閲覧。
  26. ^ 動物戦隊ジュウオウジャー”. テレビ朝日. 2016年1月1日閲覧。
  27. ^ 三遊亭好楽が幽霊に? 土屋太鳳に「もっと触ってみようか?」”. ORICON STYLE (2016年5月21日). 2016年5月22日閲覧。
  28. ^ “東山紀之主演『必殺仕事人』最新作9・25放送 悪役は安田顕&寺島進”. ORICON STYLE. (2016年8月19日). https://www.oricon.co.jp/news/2077018/full/ 2016年8月19日閲覧。 
  29. ^ “名脇役6人がシェアハウスで暮らしたら~テレ東の深夜ドラマで夢の共演”. ORICON STYLE. (2016年11月30日). https://www.oricon.co.jp/news/2082254/full/ 2016年11月30日閲覧。 
  30. ^ 佐藤浩市の洗礼を受けた新人俳優出演 『Aではない君と』キャスト追加発表”. ORICON NEWS (2018年8月24日). 2018年8月24日閲覧。
  31. ^ “道枝駿佑主演「金田一少年の事件簿」白蛇蔵殺人事件に小野武彦やりょうが出演”. 映画ナタリー (ナターシャ). (2022年5月15日). https://natalie.mu/eiga/news/477658 2022年5月16日閲覧。 
  32. ^ “三谷幸喜の新作に田中圭、寺島進、濱田龍臣、有働由美子ら出演、予告編が解禁に”. 映画ナタリー (ナターシャ). (2019年5月13日). https://natalie.mu/eiga/news/331047 2019年5月13日閲覧。 
  33. ^ “藤原竜也が絶望する『ノイズ』新予告&ポスター公開 伊藤歩、寺島進ら追加キャストも”. Real Sound映画部 (blueprint). (2021年10月26日). https://realsound.jp/movie/2021/10/post-889172.html 2022年1月28日閲覧。 
  34. ^ “寺島進が最新主演作で流しのギター弾きに!初めての歌にも挑戦!”. シネマトゥデイ. (2014年10月21日). http://www.cinematoday.jp/page/N0067396 
  35. ^ STEAM BOY”. メディア芸術データベース. 2016年8月17日閲覧。

外部リンク[編集]