ゲノムハザード

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ゲノムハザード
著者 司城志朗
発行日 1998年4月(単行本)
2011年1月6日(文庫本)
発行元 文藝春秋
小学館文庫
ジャンル ミステリー
日本の旗 日本
言語 日本語
ページ数 304(単行本)
416(文庫本)
コード ISBN 978-4-16-317660-4
ISBN 978-4-09-408585-3(文庫本)
[ Wikidata-logo-en.svg ウィキデータ項目を編集 ]
テンプレートを表示

ゲノムハザード』は、司城志朗による日本の小説

1998年、『ゲノム・ハザード』のタイトルで第15回サントリーミステリー大賞読者賞を受賞(大賞は結城五郎心室細動』)。同年文藝春秋より単行本として刊行。2011年小学館文庫より文庫として再リリースの際に現タイトルに改題、大幅に加筆改稿された[1]

あらすじ[編集]

登場人物[編集]

書誌情報[編集]

ラジオドラマ[編集]

1998年10月12日 - 10月23日に『ゲノム・ハザード』のタイトルでNHK-FM青春アドベンチャー」でラジオドラマが放送された。全10話。

映画[編集]

ゲノムハザード ある天才科学者の5日間
監督 キム・ソンス
脚本 キム・ソンス
原作 司城志朗『ゲノムハザード』
出演者 西島秀俊
キム・ヒョジン
真木よう子
音楽 川井憲次
主題歌 NICO Touches the Wallsパンドーラ」(イメージソング)
撮影 チェ・サンムク
編集 パク・ギョンスク
配給 アスミック・エース
公開 日本の旗 2014年1月24日
上映時間 120分
製作国 日本の旗 日本
大韓民国の旗 韓国
言語 日本語
朝鮮語
興行収入 1.63億円[2]
テンプレートを表示

ゲノムハザード ある天才科学者の5日間』(ゲノムハザード あるてんさいかがくしゃのいつかかん、韓国題「無名人」[3])のタイトルで映画化。2014年1月24日、日本公開。2013年、第18回釜山国際映画祭のコリアン・シネマ・トゥデイ部門パノラマに正式出品。 また、2014年9月12日から14日にかけてアメリカ合衆国・ロサンゼルスで開催されたLA EigaFest 2013では招待作品として上映された。

本作は日本・韓国合作映画で、日韓共同投資や両国俳優の共演だけではなく、日韓両国が共同で企画、製作、配給を行うという形をとっている。撮影は9割以上が日本で行われ、2012年7月6日神戸でクランクイン[3]、同年10月7日にクランクアップ[4]

全国103スクリーンで公開され[5]、映画観客動員ランキング(興行通信社調べ)で初登場第11位となった[6]

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

Blu-ray / DVD[編集]

2014年7月2日発売。発売・販売元はハピネット。

  • ゲノムハザード ある天才科学者の5日間(2枚組)
    • ディスク1:本編ディスク
    • ディスク2:特典DVD
      • メイキング
      • 西島秀俊インタビュー
      • 釜山国際映画祭風景
      • 公開まで5日間! カウントダウン記者会見
      • 公開記念舞台挨拶
      • 未公開シーン集&NGシーン集
      • 40秒予告編
      • 劇場予告編
    • 封入特典
      • リーフレット
    • 初回限定特典
      • 特製スリーブケース

脚注[編集]

  1. ^ ゲノムハザード 書誌情報”. 小学館. 2013年11月28日閲覧。
  2. ^ キネマ旬報』2015年3月下旬 映画業界決算特別号、101頁。
  3. ^ a b 西島秀俊&キム・ヒョジン、日韓合作映画「ゲノムハザード」クランクイン”. Kstyle (2012年7月17日). 2013年11月28日閲覧。
  4. ^ 「ゲノムハザード ある天才科学者の5日間」(西島秀俊、キム・ヒョジン)日本語字幕作業!!”. 韓国映画スタッフブログ. 2013年11月28日閲覧。
  5. ^ 西島秀俊、ドMな本性?「つらい、痛いの好き」と告白”. 映画.com (2014年1月25日). 2017年10月21日閲覧。
  6. ^ 『永遠の0』が勢い止まらずV6!『アイマス』劇場版は5位初登場!”. シネマトゥデイ (2014年1月28日). 2017年10月21日閲覧。

外部リンク[編集]