釜山国際映画祭

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
釜山国際映画祭
Opening ceremony.JPG
開幕式
各種表記
ハングル 부산국제영화제
漢字 釜山國際映畵祭
発音 プサン=グクチェヨンファジェ
英語 Busan international film festival, BIFF
テンプレートを表示

釜山国際映画祭(プサンこくさいえいがさい)とは、1996年に創設され、大韓民国釜山広域市で毎年10月に開かれる国際映画祭

アジアの新人監督作品を中心に扱う国際映画製作者連盟 (FIAPF) 公認のスペシャライズド長編映画祭 (Competitive specialized feature film festival) である。

概要[編集]

例年、約60作品のワールドプレミアが行われる。2007年のワールドプレミア本数は65本、また同年に当映画祭(マーケットを含む)を訪れたプロモーターやバイヤー数は、アジアのFIAPF公認映画祭で最多となる3,600人であった。

長編・短編作品ともに扱う総合映画祭だが、短編作品を対象とするコンペティションはない。

マーケット[編集]

映画の殿堂

併設されている「アジアン・フィルムマーケット」 (Asian Film Market) は、「香港フィルマート」と並びアジアで最も重要な映画見本市となっている。2011年9月、海雲台区新世界センタムシティ内に映画祭の専用館として「映画の殿堂」が開館した。デザインを公募にオーストリアのコープ・ヒンメルブラウの案が当選され、完工した。

主な会場[編集]

主な受賞作品[編集]

主な審査員経験者[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ オダギリジョー、審査員に 釜山映画祭史上初のW参加が決定”. eiga.com (2011年9月29日). 2018年11月14日閲覧。
  2. ^ 釜山映画祭、國村隼さんに謝罪 会見で旭日旗巡る質問”. 朝日新聞 (2018年10月7日). 2018年11月14日閲覧。

関連事項[編集]

外部リンク[編集]