サラエヴォ映画祭

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
2014年のサラエヴォ映画祭

サラエヴォ映画祭英語:Sarajevo Film Festivalボスニア語セルビア語クロアチア語:Sarajevski filmski festival)は、バルカン半島で最大で最高の映画祭である。サラエヴォ映画祭は1995年ボスニア・ヘルツェゴビナ紛争サラエヴォ包囲のさなかに、ボスニア・ヘルツェゴビナサラエヴォで始まった。以来、サラエヴォ映画祭は次第にその地位を高め、国際的な有名人を大勢招くようになった。サラエヴォ映画祭は8月に開かれ、劇映画や短編映画を披露する。映画祭の監督を務めるのは、マッキャンエリクソンMcCann Erickson)のボスニア・ヘルツェゴビナ支部のCEOであったミルサド・プリヴァトラ(Mirsad Purivatra)である。

歴史[編集]

第1回のサラエヴォ映画祭は、1995年10月25日から11月5日にかけて開催された。 当時はサラエヴォ包囲のさ中であり映画祭の来場者数は大変低調なものとなることが予想されたが、これに反して15000人もの人々が訪れ、15の国々から集まった37点の応募作品を鑑賞した。 サラエヴォ映画祭はその後記録的な成長を遂げて現在では東南ヨーロッパにおいてもっとも有名な映画祭となり、毎年10万人以上を動員し、60ヵ国から数百点の作品が応募している。[1]

映画祭はサラエヴォ国立劇場で開催され、期間中国立劇場の手前の広場には赤いカーペットが敷かれている。応募作品の上映はメタラツ野外劇場やボスニア文化センターに加えてサラエヴォ周辺の劇場など五か所で行われる。 ロバート・デ・ニーロアンジェリーナ・ジョリーブラッド・ピットエミール・ハーシュオーランド・ブルームダニエル・クレイグダニー・グローヴァージョン・マルコヴィッチモーガン・フリーマンオリバー・ストーンジョン・クリーズスティーヴ・ブシェミマイケル・ファスベンダージェレミー・アイアンズU2ボノニック・ケイヴクーリオスティーヴン・フリアーズミッキー・ロークマイケル・ムーアジェラール・ドパルデューダーレン・アロノフスキーソフィー・オコネドージリアン・アンダーソンケヴィン・スペイシーエリック・カントナベニチオ・デル・トロなど、多くの著名人たちがこの映画祭に来場している。

ヨーロッパ映画協会はサラエヴォ映画祭を「ヨーロッパの最優秀短編映画賞」に作品をノミネートする11(2001年時点)の映画祭の一つに数えている。2001年のサラエヴォ映画祭の受賞者は、ダニス・タノヴィッチ(Danis Tanović)の『ノー・マンズ・ランド』であり、この作品は後にアカデミー外国語映画賞を受賞している。2004年、サラエヴォ映画祭最優秀作品賞は「ハート・オブ・サラエヴォ賞」という名称になった。

内容[編集]

  • Competition (feature, short and documentary)
  • CineLink Industry Days
  • Talents Sarajevo
  • In Focus
  • Kinoscope
  • Tribute to
  • Open Air
  • Summer Screen
  • European Shorts
  • Children's Program
  • TeenArena
  • Avant Premieres
  • Operation Kino
  • Dealing with the past
  • Humman Rights Day
  • Sarajevo Film Festiavl Partnert Presents (Doha Film Institute)
  • BH Film

受賞作品[編集]

ハート・オブ・サラエヴォ(最優秀賞)[編集]

公式の「ハート・オブ・サラエヴォ賞」はサラエヴォ映画祭が10周年記念を迎えた2004年から授与され始めた。この賞のデザインは映画祭のロゴとして2004年に選ばれたものだが、原形は映画祭の最初期である1990年代から非公式に広まっていたものであり、フランス人のファッションデザイナーであり映画祭の後援者であるアニエス・ベーがデザインしたハートが使われている[2]

作品賞[編集]

西暦 題名(翻訳) 題名(原語) 監督 監督の国籍
1996 奇跡の海 Breaking the Waves ラース・フォン・トリアー デンマークの旗 デンマーク
1997 ぼくのバラ色の人生 Ma Vie en Rose アラン・ベルリネール英語版 ベルギーの旗 ベルギー
1998 カノン Seul contre tous ギャスパー・ノエ フランスの旗 フランス
1999 12月1日から31日まで(直訳) Dezember, 1-31 Jan Peters ドイツの旗 ドイツ
2000 ブリーダー英語版(直訳:いやなやつ) Bleeder ニコラス・ウィンディング・レフン デンマークの旗 デンマーク
2001 ノー・マンズ・ランド Ničija zemlja ダニス・タノヴィッチ ボスニア・ヘルツェゴビナの旗 ボスニア・ヘルツェゴビナ
2002 土曜日 Sábado Juan Villegas アルゼンチンの旗 アルゼンチン
2003 ヒューズ英語版 Gori vatra Pjer Žalica ボスニア・ヘルツェゴビナの旗 ボスニア・ヘルツェゴビナ
2004 火星からきたミラ英語版(直訳) Mila ot Mars Zornitsa Sofia Popgancheva ブルガリアの旗 ブルガリア
2005 Lady Zee Leydi Zi ゲオルギ・ジュルゲロフ英語版 ブルガリアの旗 ブルガリア
2006 お嬢さん英語版(直訳) Das Fräulein Andrea Staka スイスの旗 スイス
2007 Takva英語版 Takva Özer Kızıltan トルコの旗 トルコ
2008 ビュイック・リヴィエラ英語版 Buick Riviera Goran Rušinović クロアチアの旗 クロアチア
2009 普通の人々英語版(直訳) Obični ljudi Vladimir Perišić セルビアの旗 セルビア
2010 Tilva Roš Tilva Roš en:Nikola Ležaić セルビアの旗 セルビア
2011 呼吸英語版(直訳) Atmen カール・マルコヴィックス オーストリアの旗 オーストリア
2012 家族の皆英語版(直訳) Toată lumea din familia noastră Radu Jude ルーマニアの旗 ルーマニア
2013 花咲くころ英語版 Grdzeli nateli dgheebi ナナ・エクチミシヴィリ英語版
ジーモン・グロス (Simon Groß)[3]
ジョージア (国)の旗 ジョージア
2014 母の歌(直訳) Annemin Şarkısı Erol Mintaş トルコの旗 トルコ
2015 裸足の季節[4] Mustang デニズ・ガムゼ・エルギュベン英語版 トルコの旗 トルコ
2016 アルバム英語版 Albüm Mehmet Can Mertoğlu トルコの旗 トルコ
2017 恐ろしい母英語版(直訳) Sashishi deda Ana Urushadze ジョージア (国)の旗 ジョージア

監督賞[編集]

西暦 監督 題名 監督の国籍
2017 Emanuel Părvu Meda or The Not So Bright Side of Things ルーマニアの旗 ルーマニア

女優賞[編集]

西暦 女優 題名 女優の国籍
2004 Marija Škaričić A Wonderful Night in Split クロアチアの旗 クロアチア
2005 Zrinka Cvitešić What Is a Man Without a Moustache? クロアチアの旗 クロアチア
2006 Marija Škaričić お嬢さん英語版(直訳) クロアチアの旗 クロアチア
2007 サーデット・アクソイ英語版 英語版(直訳) トルコの旗 トルコ
2008 Ayça Damgacı Gitmek: My Marlon and Brando トルコの旗 トルコ
2009 アンゲリキ・パプーリァ英語版
マリア・ツォニ英語版
籠の中の乙女 ギリシャの旗 ギリシャ
2010 ミレーラ・オプリショルルーマニア語版 不倫期限 ルーマニアの旗 ルーマニア
2011 Ada Condeescu Loverboy ルーマニアの旗 ルーマニア
2012 Marija Pikić サラエヴォの子供たち英語版(直訳) ボスニア・ヘルツェゴビナの旗 ボスニア・ヘルツェゴビナ
2013 Lika Babluani
Mariam Bokeria
花咲くころ英語版 ジョージア (国)の旗 ジョージア
2014 Mari Kitia 花嫁たち英語版(直訳) ジョージア (国)の旗 ジョージア
2015 裸足の季節 トルコの旗 トルコ
2016 Irena Ivanova Godless ブルガリアの旗 ブルガリア
2017 Ornela Kapetani 夜明け英語版(直訳) アルバニアの旗 アルバニア

男優賞[編集]

西暦 男優 題名 男優の国籍
2004 Milan Točinovski How I Killed a Saint
(直訳:私が聖者を殺した方法)
マケドニア共和国の旗 マケドニア共和国
2005 Peter Musevski Labour Equals Freedom スロベニアの旗 スロベニア
2006 Rakan Rushaidat All for Free クロアチアの旗 クロアチア
2007 Saša Petrović It's Hard to Be Nice ボスニア・ヘルツェゴビナの旗 ボスニア・ヘルツェゴビナ
2008 Leon Lučev
Slavko Štimac
ビュイック・リヴィエラ英語版 クロアチアの旗 クロアチア and セルビアの旗 セルビア
2009 Popović, ReljaRelja Popović Ordinary People セルビアの旗 セルビア
2010 Marko Todorović Tilva Roš セルビアの旗 セルビア
2011 トーマス・シューベルト
(Thomas Schubert)
呼吸英語版(直訳) オーストリアの旗 オーストリア
2012 Uliks Fehmiu Redemption Street セルビアの旗 セルビア
2013 Bogdan Diklić A Stranger セルビアの旗 セルビア
2014 Duman, FeyyazFeyyaz Duman 母の歌(直訳) トルコの旗 トルコ
2015 [5] ストロングマン英語版 ギリシャの旗 ギリシャ
2016 Gheorghe Visu Dogs ルーマニアの旗 ルーマニア
2017 サーバン・パブルー英語版 Meda or The Not So Bright Side of Things ルーマニアの旗 ルーマニア

短編映画賞[編集]

西暦 題名(翻訳) 題名(原語) 監督 監督の国籍
2001 Copy Shop Copy Shop Virgil Widrich オーストリアの旗 オーストリア
2002 10 Minutes 10 minuta アーメッド・イマモヴィック英語版 ボスニア・ヘルツェゴビナの旗 ボスニア・ヘルツェゴビナ
2003 The Wallet Le portefeuille Vincent Bierrewaerts ベルギーの旗 ベルギー
2004 Me, Myself and the Universe Ich und das Universum Hajo Schomerus ドイツの旗 ドイツ
2005 Before Dawn Hajnal Kenyeres, BalintBalint Kenyeres ハンガリーの旗 ハンガリー
2006 Good Luck Nedim Sretan put Nedime Marko Šantić スロベニアの旗 スロベニア
2007 Waves Valuri アドリアン・シタル英語版 ルーマニアの旗 ルーマニア
2008 寛容 Tolerantia イヴァン・ラマダン
(Ivan Ramadan)
ボスニア・ヘルツェゴビナの旗 ボスニア・ヘルツェゴビナ
2009 Party Tulum ダリボル・マタニッチ英語版 クロアチアの旗 クロアチア
2010 Yellow Moon Žuti mjesec Zvonimir Jurić クロアチアの旗 クロアチア
2011 Mezzanine Mezanin ダリボル・マタニッチ クロアチアの旗 クロアチア
2012 The Return Kthimi Blerta Zeqiri コソボの旗 コソボ
2013 Shadow of a Cloud O umbra de nor Radu Jude ルーマニアの旗 ルーマニア
2014 The Chicken Kokoška Una Gunjak クロアチアの旗 クロアチア
2015 A Matter of Will Biserna obala Dušan Kasalica モンテネグロの旗 モンテネグロ
2016 Transition Tranzicija Milica Tomović セルビアの旗 セルビア
2017 Into the Blue U plavetnilo Antoneta Alamat Kusijanović クロアチアの旗 クロアチア

学生映画賞[編集]

西暦  題名(翻訳) 題名(原語) 監督 監督の国籍
2017 Clean Čistoća Neven Samardžić ボスニア・ヘルツェゴビナの旗 ボスニア・ヘルツェゴビナ

ドキュメンタリー賞[編集]

西暦 題名(翻訳) 題名(原語) 監督 監督の国籍
2006 Facing the Day Što sa sobom preko dana Ivona Juka クロアチアの旗 クロアチア
2007 Interrogation Informativni razgovori Namik Kabil ボスニア・ヘルツェゴビナの旗 ボスニア・ヘルツェゴビナ
2008 Corridor No. 8 Коридор No. 8 Boris Despodov ブルガリアの旗 ブルガリア
2009 The Caviar Connection Kavijar konekšn ドラガン・ニコリッチ
(Dragan Nikolić)
セルビアの旗 セルビア
2010 The Seamstresses Shivackite Biljana Garvanlieva マケドニア共和国の旗 マケドニア共和国
2011 A Cell Phone Movie Mobitel Nedžad Begović ボスニア・ヘルツェゴビナの旗 ボスニア・ヘルツェゴビナ
2012 Turn Off the Lights Lumea in patratele Ivana Mladenović セルビアの旗 セルビア
2013 Sickfuckpeople Хворісукалюди Juri Rechinsky ウクライナの旗 ウクライナ
2014 Naked Island Goli Tiha K. Gudac クロアチアの旗 クロアチア
2015 トトとふたりの姉[6] Toto şi surorile lui アレクサンダー・ナナウ
(Alexander Nanau)
ルーマニアの旗 ルーマニア
2016 A Mere Breath Doar o răsuflare Monica Lãzurean-Gorgan ルーマニアの旗 ルーマニア
2017 City of the Sun Mzis qalaqi Rati Oneli ジョージア (国)の旗 ジョージア

名誉賞[編集]

2005年から「ハート・オブ・サラエヴォ名誉賞 (Honorary Heart of Sarajevo)」が授与されるようになり、一般的な意味での「地域映画」、つまり旧ユーゴスラビアバルカン半島東南ヨーロッパの幅広い範囲で制作された映画だけでなく、映画祭の発展に貢献した個人が表彰されるようになった[2]。2016年、ハート・オブ・サラエヴォ名誉賞の特別功労賞が導入された。初代受賞者はロバート・デ・ニーロだった[7][8][9]

西暦 受賞者 備考
2005 マルコ・ミュラーイタリア語版 ローマ国際映画祭ディレクター
2006 Gavrilo Grahovac ボスニア・ヘルツェゴビナの元文化スポーツ大臣
マイク・リー 映画監督
2007 スティーヴ・ブシェミ 俳優、映画監督
2008 キャット・ヴィラーズ
(Cat Villiers)
映画プロデューサー
2009 マンフレート・シュミット
(Manfred Schmidt)
Mitteldeutsche Medienförderung(ドイツの映画スポンサー機関)の事務局長
2010 ディーター・コスリック英語版 ベルリン国際映画祭ディレクター
2011 アンジェリーナ・ジョリー 女優、映画監督
ジャファール・パナヒ 映画監督
Emil Tedeschi アトランティック・グループ英語版社長
2012 ブランコ・ラスティグ 映画プロデューサー
2013 Roberto Olla Eurimagesのエグゼクティブ・ディレクター
タル・ベーラ 映画監督
2014 ガエル・ガルシア・ベルナル 俳優
ダニス・タノヴィッチ 映画監督
アニエス・ベー ファッションデザイナー
2015 アトム・エゴヤン 映画監督
ベニチオ・デル・トロ 俳優
2016 ロバート・デ・ニーロ 俳優、映画監督、プロデューサーActor, film director and producer
特別功労賞
スティーヴン・フリアーズ 映画監督
Wolfgang Amadeus Brülhart ボスニア・ヘルツェゴビナのスイス大使館の元首席公使、文化参事官
2017 ジョン・クリーズ 俳優、映画プロデューサー
オリバー・ストーン 映画監督、プロデューサー

審査員特別賞[編集]

各部門における最優秀賞であるハート・オブ・サラエヴォ賞に次ぐ賞。長編映画部門とドキュメンタリー映画部門の2部門を対象に授賞される。このうち長編映画部門での授与は、2013年以降は長年サラエヴォ映画祭の後見人を務め映画祭と関わりの深いアニエス・ベーが行っている[10]

長編映画部門[編集]

受賞年 作品名 原題 監督 国籍
2003 Spare parts (スロベニア語) Rezervni deli ダムヤン・コゾレ英語版 スロベニアの旗 スロベニア
2004 A Wonderful Night in Split (英語) Ta divna splitska noć アルセン・アントン・オストイッチ英語版 クロアチアの旗 クロアチア
2005 The Kukum (アルバニア語) Kukumi イサ・コスヤ英語版 コソボの旗 コソボ
2006 Mama i tata Mama i tata ファルク・ロンチャレヴィッチボスニア語版 ボスニア・ヘルツェゴビナの旗 ボスニア・ヘルツェゴビナ
2007 ティトフ・ヴェレスに生まれて英語版 Jas sum od Titov Veles テオナ・ ストゥルガー・ミテフスカ マケドニア共和国の旗 マケドニア共和国
2008 March (ドイツ語) März クラウス・ヘンデル英語版 オーストリアの旗 オーストリア
2009 籠の中の乙女 Kynodontas ヨルゴス・ランティモス ギリシャの旗 ギリシャ
2010 Tender Son: The Frankenstein Project (英語) Szelíd teremtés: A Frankenstein-terv ムンドゥルツォ・コルネール英語版 ハンガリーの旗 ハンガリー
2011 Avé (英語) Avé コンスタンティン・ボジャノフ ブルガリアの旗 ブルガリア
2012 Beyond the Hill (トルコ語) Tepenin Ardı エミン・アルペル英語版 トルコの旗 トルコ
2013 A Stranger (英語) Obrana i zaštita ボボ・イェルチッチ クロアチアの旗 クロアチア
2014 Brides (英語) Patardzlebi ティナティン・カジリシヴィリフランス語版 ジョージア (国)の旗 ジョージア
2015 サウルの息子 Saul fia ネメシュ・ラースロー ハンガリーの旗 ハンガリー
2016 Godless (英語) Bezbog ラリツァ・ペトロワブルガリア語版 ブルガリアの旗 ブルガリア

ドキュメンタリー映画[編集]

Year Film Original title Director(s) Nationality
2013 The Cleaners The Cleaners Konstantinos Georgousis ギリシャの旗 ギリシャ
2014 Judgement in Hungary Judgement in Hungary エステール・ハイドゥー ハンガリーの旗 ハンガリー
2015 Tititá Tititá アルマーシ・タマース英語版 ハンガリーの旗 ハンガリー
2016 Scream for me Sarajevo Scream for me Sarajevo タリク・ホドゥチッチ英語版 ボスニア・ヘルツェゴビナの旗 ボスニア・ヘルツェゴビナ



観客賞[編集]

作品 監督
1998
Le Ramoneur des lilas
フランスの旗 セドリック・クラピッシュ
1999
Models
オーストリアの旗 ウルリヒ・ザイドル
2000
The Junction
(Torowisko)
ポーランドの旗 ウルスラ・ウルバニアク
2001
ノー・マンズ・ランド
(Ničija zemlja)
ボスニア・ヘルツェゴビナの旗 ダニス・タノヴィッチ
2002
リロ・アンド・スティッチ
カナダの旗 ディーン・デュボア
アメリカ合衆国の旗 クリス・サンダース
2003
Fuse
(Gori vatra)
ボスニア・ヘルツェゴビナの旗 Pjer Žalica
2004
華氏911
アメリカ合衆国の旗 マイケル・ムーア
2005
ホテル・ルワンダ
イギリスの旗 テリー・ジョージ
2006
グアンタナモ、僕達が見た真実
イギリスの旗 マイケル・ウィンターボトム
2007
迷子の警察音楽隊
(Bikur Ha-Tizmoret)
イスラエルの旗 エラン・コリリン
2008
ユージュアル・サスペクツ
アメリカ合衆国の旗 ブライアン・シンガー

著名なゲストと参加者[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Pond, Steve (2014年8月17日). “Sarajevo Film Festival Celebrates 20th Year Under the Long Shadow of War”. TheWrap. 2015年7月29日閲覧。
  2. ^ a b Awards - Sarajevo Film Festival (.html)” (Bosnian, English). sff.ba. Sarajevo Film Festival. 2016年7月30日閲覧。
  3. ^ 『花咲くころ』, 東京フィルメックス, http://filmex.net/2013/fc02.html 2017年10月13日閲覧。 
  4. ^ a b 映画『裸足の季節』オフィシャルサイト, Bitters End, http://bitters.co.jp/hadashi/index.html 2017年10月13日閲覧。 
  5. ^ 映画『ストロングマン』公式サイト, Faliro House & Haos Film, http://www.finefilms.co.jp/strong/ 2017年10月13日閲覧。 
  6. ^ 映画『トトとふたりの姉』 公式サイト, http://www.totosisters.com/index.php 2017年10月13日閲覧。 
  7. ^ Robert De Niro received Honorary Heart of Sarajevo – Lifetime Achievement Award”. sff.ba (2016年8月11日). 2017年7月10日閲覧。
  8. ^ Barraclough, Leo (2016年8月8日). “Robert De Niro to Receive Lifetime Achievement Award at Sarajevo Film Festival”. Variety. 2016年8月8日閲覧。
  9. ^ Robert DeNiro to Receive Lifetime Achievement Award at Sarajevo Film Festival”. BroadwayWorld.com (2016年8月8日). 2016年8月8日閲覧。
  10. ^ agnès b.”. アニエスベー ジャパン (2014年7月). 2017年7月15日閲覧。

外部リンク[編集]