ジュリエット・ビノシュ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ジュリエット・ビノシュ
Juliette Binoche
Juliette Binoche
生年月日 1964年3月9日(50歳)
出生地 パリ
国籍 フランスの旗 フランス
活動期間 1983年 -
主な作品
トリコロール/青の愛
イングリッシュ・ペイシェント
ショコラ

ジュリエット・ビノシュJuliette Binoche, 1964年3月9日 - )は、フランス出身の女優

来歴[編集]

生い立ち[編集]

首都パリにてフランス人舞台監督の父(ジャン=マリ・ビノシュ)とポーランド人女優の母(モニーク・スタレンス)の間に生まれる[1]。両親はビノシュが4歳のときに離婚したため、それぞれの親とカトリックの寄宿学校の間を行き来して育つ[2]。パリの芸術高校に進んだのち、フランス国立高等演劇学校コンセルヴァトワール)にて学ぶ。

キャリア[編集]

1983年公開の『Liberty Bell』にて映画初出演。『ゴダールのマリア』や『ランデヴー』などの作品でフランス国内で人気となり、後者の作品でロミー・シュナイダー賞を受賞、セザール賞主演女優賞にノミネートされた。1986年公開の『汚れた血』でシュザンヌ・ビアンケッティ賞を受賞。この作品で国際的に注目を集め、1988年公開の『存在の耐えられない軽さ』でアメリカ映画に初出演した。

1991年公開の『ポンヌフの恋人』でヨーロッパ映画賞女優賞を受賞。1993年公開の『トリコロール/青の愛』でヴェネツィア国際映画祭 女優賞セザール賞主演女優賞を受賞。1996年公開の『イングリッシュ・ペイシェント』でベルリン国際映画祭銀熊賞アカデミー助演女優賞を受賞。翌年にはルイジ・ピランデッロの『裸』でウエスト・エンドの舞台に立った。

2000年公開の『ショコラ』でアカデミー主演女優賞に、同年の舞台ハロルド・ピンターの『背信』でトニー賞にノミネートされた。

世界三大映画祭すべての女優賞を受賞している。

私生活[編集]

1980年代に『汚れた血』『ポンヌフの恋人』の映画監督レオス・カラックスと交際していたが破局。他にもダニエル・デイ=ルイスオリヴィエ・マルティネスとも恋仲になった。1993年にスキューバダイバーの男性(アンドレ・ハル)との間に長男ラファエルを[3]、1999年に『年下のひと』で共演したブノワ・マジメルとの間に女児ハナを生むが、どちらも後に破局。2005年から2008年までアルゼンチン人脚本家のサンティアゴ・アミゴレナと交際。

ポーランドチェンストホヴァ市名誉市民。母親がこの町の出身。

主な出演作品[編集]

公開年 邦題
原題
役名 備考
1985 ゴダールのマリア
fr:Je vous salue, Marie
ジュリエット
Les nanas
Les nanas
アントワネット
家族生活
fr:La Vie de famille
ナターシャ
暗殺の報酬
fr:Adieu Blaireau
ブリジット
ランデヴー
Rendez-vous
ニナ/アンヌ・ラリュー
Le meilleur de la vie
fr:Le meilleur de la vie
ヴェロニクの友人 端役
1986 Mon beau-frère a tué ma soeur
Mon beau-frère a tué ma soeur
エステル
汚れた血
Mauvais sang
アンナ
1988 存在の耐えられない軽さ
The Unbearable Lightness of Being
テレーザ
1989 Un tour de manège
Un tour de manège
エルザ
1991 ポンヌフの恋人
Les Amants du Pont-Neuf
ミシェル ヨーロッパ映画賞 主演女優賞 受賞
1992 嵐が丘
Emily Brontë's Wuthering Heights
キャシー/キャサリン
ダメージ
Damage
アンナ・バートン
1993 トリコロール/青の愛
Trois couleurs: Bleu
ジュリー ヴェネチア国際映画祭 女優賞 受賞
セザール賞 主演女優賞 受賞
1995 プロヴァンスの恋
Le Hussard sur le toit
ポーリーヌ・ド・テウス
1996 カウチ・イン・ニューヨーク
Un divan à New York
ベアトリス
イングリッシュ・ペイシェント
The English Patient
ハナ アカデミー助演女優賞 受賞
英国アカデミー賞 助演女優賞 受賞
ヨーロッパ映画賞 女優賞 受賞
1998 ゴダールの映画史
Histoire(s) du cinéma
溺れゆく女
Alice et Martin
アリス
1999 年下のひと
Les Enfants du siècle
ジョルジュ・サンド
2000 サン・ピエールの生命
La Veuve de Saint-Pierre
ポリーヌ
コード・アンノウン
Code inconnu: Récit incomplet de divers voyages
Anne Laurent
ショコラ
Chocolat
ヴィアンヌ
2002 シェフと素顔と、おいしい時間
Décalage horaire
ローズ
2004 イン・マイ・カントリー
In My Country
アンナ
2005 隠された記憶
Caché
アン・ローレント
綴り字のシーズン
Bee Season
ミリアム・ナウマン
マリー 〜もうひとりのマリア〜
Mary
マリー
2006 パリ、ジュテーム
Paris, je t'aime
スザンヌ
カウントダウン 9.11
Quelques jours en septembre
イレーヌ
こわれゆく世界の中で
Breaking and Entering
アミラ
2007 ホウ・シャオシェンのレッド・バルーン
Le Voyage du Ballon Rouge
スザンヌ
撤退
Disengagement
アナ
40オトコの恋愛事情
Dan in Real Life
マリー
2008 PARIS
Paris
エリーズ
夏時間の庭
L'Heure d'été
アドリエンヌ
2010 トスカーナの贋作
Copie conforme
彼女 カンヌ国際映画祭 女優賞 受賞
2011 陰謀の代償 N.Y.コンフィデンシャル
The Son of No One
ローレン・ブリッジス
Elles
Elles
Anne
2012 マリー、もうひとつの人生
La vie d'une autre
マリー
コズモポリス
Cosmopolis
ディディ
À Cœur ouvert
À Cœur ouvert
ミラ
2013 Camille Claudel 1915
Camille Claudel 1915
カミーユ・クローデル
A Thousand Times Good Night
A Thousand Times Good Night
レベッカ
Words and Picture
Words and Picture
ダイナ
2014 GODZILLA ゴジラ
Godzilla
サンドラ・ブロディ
Sils Maria
Sils Maria
マリア
Nadie quiere la noche
Nadie quiere la noche
ジョセフィーヌ

主な受賞[編集]

参照[編集]

  1. ^ Juliette Binoche Biography (1964-)”. Film Reference. 2009年12月21日閲覧。
  2. ^ Stated in interview at Inside the Actors Studio
  3. ^ Blum, Katerina, Juliette Binoche. die unnahbare Schöne, Wilhelm Heyne Verlag, 1995, ISBN 3-453-08129-3 p.119 to p.145

外部リンク[編集]