コンテンツにスキップ

ヨルゴス・ランティモス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ヨルゴス・ランティモス
Γιώργος Λάνθιμος
Γιώργος Λάνθιμος
2015年
生年月日 (1973-05-27) 1973年5月27日(51歳)
出生地 ギリシャの旗 ギリシャ アテネ
職業 映画監督
ジャンル 映画
主な作品
籠の中の乙女
ロブスター
聖なる鹿殺し
女王陛下のお気に入り
哀れなるものたち
 
受賞
カンヌ国際映画祭
脚本賞
2017年聖なる鹿殺し キリング・オブ・ア・セイクリッド・ディア
審査員賞
2015年ロブスター
「ある視点」賞
2009年籠の中の乙女
ユース賞
2009年『籠の中の乙女』
ヴェネツィア国際映画祭
金獅子賞
2023年哀れなるものたち
銀獅子賞(審査員大賞)
2018年女王陛下のお気に入り
金オゼッラ賞(脚本賞)
2011年『アルプス』
ヨーロッパ映画賞
作品賞
2019年『女王陛下のお気に入り』
監督賞
2019年『女王陛下のお気に入り』
脚本賞
2015年『ロブスター』
コメディ映画賞
2019年『女王陛下のお気に入り』
ロサンゼルス映画批評家協会賞
脚本賞
2016年『ロブスター』
英国アカデミー賞
英国作品賞
2018年『女王陛下のお気に入り』
その他の賞
テンプレートを表示

ヨルゴス・ランティモスΓιώργος Λάνθιμος、Yorgos Lanthimos、1973年5月27日 - )は、ギリシャ出身の映画監督である。

2012年、『ザ・ガーディアン』紙にて「この世代のギリシャの映画監督のなかで最も才能のある人物」と評された[1]

経歴[編集]

1973年5月27日[2]アテネに生まれる[3]。下位中産階級の家庭で育った[4]。若い頃はコマーシャルの製作によって生計を立てていた[4]

2009年、監督作品『籠の中の乙女』が第62回カンヌ国際映画祭にて「ある視点」部門のグランプリを受賞し[5]アカデミー外国語映画賞にノミネートされる。ギリシャの経済危機をきっかけとして、2011年、ロンドンへ移り住む[1]。2015年、コリン・ファレル主演の『ロブスター』が[6]第68回カンヌ国際映画祭にて審査員賞を受賞し[7]アカデミー脚本賞にもノミネートされた。

2018年、オリヴィア・コールマンエマ・ストーンレイチェル・ワイズ主演の『女王陛下のお気に入り』が第75回ヴェネツィア国際映画祭にて審査員大賞を受賞。さらにオリヴィア・コールマンに同映画祭の女優賞アカデミー賞主演女優賞をもたらし、自身も初となる監督賞候補となった。

2023年の『哀れなるものたち』は第80回ヴェネツィア国際映画祭で最高賞にあたる金獅子賞を受賞。更に第96回アカデミー賞では製作と主演を務めたエマ・ストーンの主演女優賞を筆頭に4部門で受賞し、自身も2度目となる監督賞候補となった。

フィルモグラフィー[編集]

長編映画[編集]

題名 備考
2001 Ο καλύτερός μου φίλος
My Best Friend
監督 (共同)
2005 Κινέττα
Kinetta
監督・脚本
2009 籠の中の乙女
Κυνόδοντας
2011 アルプス
Alpies
監督・脚本・製作
2015 ロブスター
The Lobster
2017 聖なる鹿殺し キリング・オブ・ア・セイクリッド・ディア
The Killing of a Sacred Deer
2018 女王陛下のお気に入り
The Favorite
監督・製作
2023 哀れなるものたち
Poor Things
2024 憐れみの3章
Kinds of Kindness
監督・脚本・製作
TBA
Bugonia
監督・製作

短編映画[編集]

題名 備考
1995
O viasmos this Hlois
監督・脚本
2002
Uranisco Disco

ミュージックビデオ[編集]

アーティスト名 曲名 備考
1997 デスピナ・ヴァンディ Deka Entoles 監督

受賞歴[編集]

アカデミー賞[編集]

ノミネート
2010年 外国語映画賞: 『籠の中の乙女』
2016年 脚本賞: 『ロブスター』
2018年 作品賞: 『女王陛下のお気に入り』
2018年 監督賞: 『女王陛下のお気に入り』
2023年 作品賞: 『哀れなるものたち』
2023年 監督賞: 『哀れなるものたち』

英国アカデミー賞[編集]

受賞
2018年 英国作品賞:『女王陛下のお気に入り』
ノミネート
2016年 英国作品賞:『ロブスター』
2018年 作品賞:『女王陛下のお気に入り』
2018年 監督賞:『女王陛下のお気に入り』
2023年 作品賞:『哀れなるものたち』
2023年 英国作品賞:『哀れなるものたち』

カンヌ国際映画祭[編集]

受賞
2017年 脚本賞: 『聖なる鹿殺し キリング・オブ・ア・セイクリッド・ディア』
2015年 審査員賞: 『ロブスター』
2009年 ある視点賞: 『籠の中の乙女』

ヴェネツィア国際映画祭[編集]

受賞
2018年 審査員大賞: 『女王陛下のお気に入り』
2011年 脚本賞: 『アルプス』
2023年 金獅子賞:『哀れなるものたち』

ヨーロッパ映画賞[編集]

受賞
2015年 脚本賞: 『ロブスター』
2019年 作品賞: 『女王陛下のお気に入り』
2019年 監督賞: 『女王陛下のお気に入り』

脚注[編集]

  1. ^ a b Brooks, Xan (2012年11月11日). “Why is Greece's finest young director making London his home?”. The Guardian. 2016年5月13日閲覧。
  2. ^ Yorgos Lanthimos”. AlloCiné. 2016年5月13日閲覧。
  3. ^ Abrams, Simon (2012年7月11日). “Yorgos Lanthimos on Alps, Greece, and the Travails of the Individual”. The Village Voice. 2016年5月13日閲覧。
  4. ^ a b Asp, Jon (2015年11月16日). “Stockholm: Visionary Award Winner Lanthimos Rocks ‘Lobster’”. Variety. 2016年5月13日閲覧。
  5. ^ Hernandez, Eugene (2009年5月24日). “In Cannes, Haneke Wins Palme d'Or for "White Ribbon"”. Indiewire. 2016年5月13日閲覧。
  6. ^ Barnes, Henry (2015年5月15日). “Yorgos Lanthimos: reality TV flavoured The Lobster”. The Guardian. 2016年5月13日閲覧。
  7. ^ Ford, Rebecca; Richford, Rhonda (2015年5月24日). “Cannes: 'Dheepan' Wins the Palme d'Or”. The Hollywood Reporter. 2016年5月13日閲覧。

外部リンク[編集]