オーランド・ブルーム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
オーランド・ブルーム
Orlando Bloom
Orlando Bloom
ブリティッシュ・ファッション・アワーズでプレゼンターを努めるブルーム(2015年)。
本名 Orlando Jonathan Blanchard Bloom
オーランド・ジョナサン・ブランチャード・ブルーム
別名義 オーリー
生年月日 (1977-01-13) 1977年1月13日(40歳)
出生地 イングランドの旗イングランド地方
ケント州カンタベリー
国籍 イギリスの旗イギリス
身長 180cm
ジャンル 映画舞台
活動期間 1994年 -
配偶者 ミランダ・カー(2010年 - 2013年)
主な作品
ロード・オブ・ザ・リング』シリーズ
パイレーツ・オブ・カリビアン』シリーズ
トロイ
キングダム・オブ・ヘブン
ホビット』シリーズ

オーランド・ジョナサン・ブランチャード・ブルーム: Orlando Jonathan Blanchard Bloom, 1977年1月13日 - )は、イギリス俳優

経歴[編集]

生い立ち[編集]

イギリスイングランド地方ケント州カンタベリーに、南アフリカでネルソン・マンデラの運動を支援していたことで有名なハリー・ブルームと、外国語学校を経営するソニア・コンスタンス・ジョゼフィーン(旧姓コープランド)の子として生まれる。オーランド(Orlando)という名前は16世紀のイギリスの作曲家であるオーランド・ギボンズから取られた。他にギルドホール音楽演劇学校出身の女優である姉サマンサがいる。4歳の時に父が亡くなった為、母と後見人となった両親の友人であるコリン・ストーンに育てられた。オーランドは人権運動に携わっていた父ハリーを深く尊敬していたが、後に後見人として養育してくれたストーンが実父であり、ハリーは義父であった事を知った[1]

少年時代、『スーパーマン』を俳優クリストファー・リーヴが演じていることを知り、役者に憧れるようになった。16歳の時にロンドンナショナル・ユース・シアター英語版に参加し、姉と同じく名門ギルドホール音楽演劇学校に入学して演劇を学んだ。ギルドホール時代は鴻上尚史と一学年違いであったが、ほとんど接点はなかったという。

キャリア[編集]

1997年、ギルドホール在学中に『オスカー・ワイルド』の端役で映画デビューを果たすなど早くから才能を認められ、1999年のギルドホール卒業公演では主演を務め、卒業から僅か2日後に映画『ロード・オブ・ザ・リング』でエルフ族の王子レゴラス役のオーディションに合格した。2001年、『ロード・オブ・ザ・リング』の商業的成功によって大ブレイクし、以降の『ロード・オブ・ザ・リング』三部作にも全て出演している。2002年、ティーン・ピープル誌英語版にて「25歳以下のホットな25人」に選出された。2003年の『パイレーツ・オブ・カリビアン/呪われた海賊たち』ではジョニー・デップキーラ・ナイトレイと共演し、こちらも人気シリーズとして続編が作られ、自身も出演している。2005年、『キングダム・オブ・ヘブン』『エリザベスタウン』で初の主役を務めた。

2007年、『パイレーツ・オブ・カリビアン/ワールド・エンド』出演後、再び舞台演劇に専念したいとの意向を示し[2]ウエスト・エンドthe Duke of York's Theatreにてブッカー賞作家デイヴィッド・ストーリーの 1969年の舞台『In Celebration』の再演にSteven役で出演する[3]。2008年にはイギリス映画『17歳の肖像』に出演予定だったが、スケジュールの都合により降板している[4]。 また2009年、多くのスターと共に複数の監督が短編映画を製作した(オムニバスとは形態が異なる)映画『ニューヨーク、アイラブユー』の一遍、岩井俊二監督作品にクリスティーナ・リッチと共に主演[5]。2010年はインディペンデント作品2本に出演し、『ストレンジャー』ではコリン・ファースと共演した。 2011年、『ヘイヴン 堕ちた楽園』以来の製作を兼ねる『グッド・ドクター 禁断のカルテ』、ポール・W・S・アンダーソン監督の『三銃士/王妃の首飾りとダ・ヴィンチの飛行船』を撮っている。

2013年、『ロード・オブ・ザ・リング』の60年前を描く、『ホビット』シリーズの第2作『ホビット 竜に奪われた王国』で再びレゴラスを演じる。原作小説には登場しないが、10年ぶりにレゴラスを演じたことはこの上ない喜びだと語っている。同2013年、ブロードウェイデビューとなる『Romeo and Juliet』にロミオ役で Condola Rashāと共演。上演劇場は Richard Rodgers Theatre。2014年シアトリカルムービーとして劇場公開された[6]。2017年、パイレーツカリビアンシリーズの最新作『パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊』に出演が予定されている。

私生活[編集]

2005年のブルーム

2002年、同じハリウッドで活動するケイト・ボスワースと親しい関係になり、『ロード・オブ・ザ・リング』のプレミア当日にもプライベートで行動を共にしている。二人の恋愛関係は断続的に続いたが[7]、2006年9月までには別れた状態になった[8][9]

2007年、オーストラリア出身のモデルであるミランダ・カーとの交際が報じられ[10]、2010年6月21日に結婚式を行った[11][12]。同年7月22日、ミランダは身内だけ結婚式を行った事を正式に明らかにし[13]、また8月19日には妊娠4ヶ月である事も公表された[14]。2011年1月6日、ロサンゼルスの病院で長男が生まれ、フリン・クリストファー・ブランチャード・コープランド・ブルーム(Flynn Christopher Blanchard Copeland Bloom)と名付けている[15][16][17][18]。2013年10月25日、オーランドの代理人が「過去数か月間、円満な別居状態」であったことを明かし、ミランダ・カーとの離婚を発表した[19]

彼は自分自身の生活を大切にするように心がけていると語っており[20]、現在でもアメリカではなくイングランドロンドンに生活の場を置いている[21]。自宅では『キングダム・オブ・ヘブン』の撮影で訪れたモロッコで雑種犬を拾い、SIDIと名付けて飼っている[22]

イングランド国教会で育ち、幼少期にディスレクシアに悩まされ、聖書の朗読などで改善を試みたという。 2010年、ロックフェラー大学(米)で行われた『The Annual Adam Jeffery Katz Memorial Lecture Series 』という学習障害、ADHD(注意欠陥多動障害)の認知を広めるためのレクチャーにおいて,自身の経験を語っている[23]

2004年、興味を持っていた仏教改宗し、創価学会の国際組織の一つであるSGI-UKに入信した[24]。直後、The Sun等タブロイド紙において興味本位に取り上げられたが、改宗について公にする事はなく、2007年に雑誌「Details」のインタビューではじめて公表した[25]。 環境保護、ECO、子供の人権等に強い感心を持ち、アメリカの環境主義団体「グローバル・グリーン・アメリカ」のボードメンバーとして2000年代から活動している[26]。また、熱心なエコロジストとしてロンドンの邸宅を改修する際にはリサイクル品などを建材に使用させ、ソーラーパネルで電力を供給する仕組みを整えている[26][20]ユニセフの親善大使としては、ネパールを皮切りに様々な国の子供たちを訪問している[27]

2009年2月12日、オーストラリアで起きた大火災に対するチャリティー「オーストラリアの団結」に参加して多くの義捐金を集めた[28]

右手首に「nine」のタトゥーを入れているが、これは『ロード・オブ・ザ・リング』出演時の記念で入れたもので、他の主要人物の出演者も敢えて別のタトゥーを注文したジョン・リス=デイヴィス以外は「nine」というタトゥーを入れているという[29]。これとは別に下腹部に太陽のタトゥーが描かれているが、これは15歳の時に入れたと語っている。 これまで多くの怪我や事故を経験していて、左手骨折・頭蓋骨骨折(3回)・鼻骨折・右足骨折・右手首骨折などで病院に運ばれている[24]。友人宅のテラスに招待された時にはそこから転落して背骨に大怪我を負っていた[30]

その他[編集]

主な出演作品[編集]

映画[編集]

公開年 邦題
原題
役名 備考
1997 オスカー・ワイルド
Wilde
コールボーイ
2001 ロード・オブ・ザ・リング
The Lord of the Rings: The Fellowship of the Ring
レゴラス
ブラックホーク・ダウン
Black Hawk Down
ブラックバーン
2002 ロード・オブ・ザ・リング/二つの塔
The Lord of the Rings: The Two Towers
レゴラス
2003 ケリー・ザ・ギャング
Ned Kelly
ジョセフ・バーン
パイレーツ・オブ・カリビアン/呪われた海賊たち
Pirates of the Caribbean: The Curse of the Black Pearl
ウィル・ターナー
ロード・オブ・ザ・リング/王の帰還
The Lord of the Rings: The Return of the King
レゴラス
2004 チャンピオン 明日へのタイトルマッチ
The Calcium Kid
ジミー・コネリー
トロイ
Troy
パリス
ヘイヴン 堕ちた楽園
Haven
シャイ
2005 キングダム・オブ・ヘブン
Kingdom of Heaven
バリアン・オブ・イベリン
エリザベスタウン
Elizabethtown
ドリュー
2006 パイレーツ・オブ・カリビアン/デッドマンズ・チェスト
Pirates of the Caribbean: Dead Man's Chest
ウィル・ターナー
私の婚活恋愛術
Love and Other Disasters
ハリウッド俳優 カメオ出演
アルメニア大虐殺
The Armenian Genocide
Auguste Berneau ドキュメンタリー
2007 パイレーツ・オブ・カリビアン/ワールド・エンド
Pirates of the Caribbean: At Worlds End
ウィル・ターナー
Everest: A Climb for Peace ナレーター
2009 ニューヨーク、アイラブユー
New York, I Love You
デイヴィッド
2010 シンパシー・フォー・デリシャス
Sympathy for Delicious
ステイン
ストレンジャー
Main Street
ハリス・パーカー
2011 グッド・ドクター 禁断のカルテ
The Good Doctor
マーティン・E・ブレイク医師 兼製作
三銃士/王妃の首飾りとダ・ヴィンチの飛行船
The Three Musketeers
バッキンガム公爵
2013 ケープタウン
Zulu
ブライアン・エプキン
ブリングリング
The Bling Ring
本人役 アーカイブ出演
ホビット 竜に奪われた王国
The Hobbit: The Desolation of Smaug
レゴラス
2014 ホビット 決戦のゆくえ
The Hobbit: The Battle of the Five Armies
レゴラス
Romeo and Juliet
Theatrical release of the Broadway play
Romeo
2015 新しい夫婦の見つけ方
Digging for Fire
ベン
2017 パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊
Pirates of the Caribbean: Dead Men Tell No Tales
ウィル・ターナー [33]
Unlocked Jack Alcott
Romans Malky
S.M.A.R.T. Chase Danny Stratton

テレビ[編集]

公開年 邦題
原題
役名 備考
1994 - 1996 Casualty エキストラ 計3話出演
2000 バーナビー警部:審判の日
Midsomer Murders
ピーター・ドリンクウォーター 1話: "審判の日"
ゲスト出演
2006 エキストラ:スターに近づけ!
Extras
本人 テレビシリーズ1話
ゲスト出演
2011 LA Phil Live Romeo 1 episode (Dudamel Conducts Tchaikovsky)
2016 Easy Tom 1 episode (Utopia)
2017 Tour de Pharmacy Juju Peppi 1 episode

受賞歴[編集]

公開年 賞名 カテゴリー 邦題
2001年 エンパイア賞 best debut ロード・オブ・ザ・リング/旅の仲間
2001年 MTVムービー・アワード Best Breakthrough Performance ロード・オブ・ザ・リング/旅の仲間
2005年 ヨーロッパ映画賞 Jameson People's Choice Award for Best Actor キングダム・オブ・ヘブン
2007年 ティーン・チョイス・アワード Choice Movie: Rumble パイレーツ・オブ・カリビアン/ワールド・エンド
2014年 MTVムービー・アワード Best Fight ホビット 竜に奪われた王国
2015年 Britannia Awards Britannia Humanitarian Award

日本語吹き替え[編集]

吹き替えは平川大輔がほぼ専属で担当している。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Va-Va Bloom_The Daily Telegraph - ウェイバックマシン(2008年3月13日アーカイブ分)
  2. ^ Cohen, Sandy (2007年5月24日). “Orlando Bloom sails onto new seas”. Sun Herald. オリジナル2007年10月13日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20071013154822/http://sunherald.com/362/story/61282.html 2007年5月24日閲覧。 
  3. ^ BWW (2007年7月11日). “Photo Flash: Orlando Bloom in 'In Celebration'”. 2007年7月11日閲覧。
  4. ^ シネマトゥデイ (2008年3月28日). “オーランド・ブルーム、ニック・ホーンビィ脚本映画を降板”. 2008年3月30日閲覧。
  5. ^ 岩井俊二が撮ったニューヨーク「いい作品は“外圧”から生まれる」” (2010年2月26日). 2010年2月26日閲覧。
  6. ^ Romeo And Juliet (Broadway Hd) (2014)”. Rotten Tomatoes (2014年2月13日). 2014年2月13日閲覧。
  7. ^ Orlando Bloom Biography”. People. 2010年9月26日閲覧。
  8. ^ “LOVE AT FIRST SIGHT FOR BLOOM”. Contact Music. (2006年7月6日). http://www.contactmusic.com/news.nsf/article/love%20at%20first%20sight%20for%20bloom_1001772 2007年5月24日閲覧。 
  9. ^ All Headline News (2006年9月6日). “Orlando Bloom And Kate Bosworth Split”. Exposay. http://www.exposay.com/orlando-bloom-and-kate-bosworth-split/v/4145/ 2007年5月24日閲覧。 
  10. ^ Orlando Bloom Meets Miranda Kerr's Parents”. People (2010年4月28日). 2008年6月22日閲覧。
  11. ^ “オーランド・ブルームとミランダ・カーが極秘結婚!すでにハネムーン中!”. シネマトゥデイ. (2010年7月23日). http://www.cinematoday.jp/page/N0025773 2013年1月3日閲覧。 
  12. ^ Oh, Eunice (2010年6月21日). “Orlando Bloom and Miranda Kerr Are Engaged!”. People. 2010年6月22日閲覧。
  13. ^ Orlando Bloom and Miranda Kerr Secretly Marry!”. People (2010年7月22日). 2010年8月22日閲覧。
  14. ^ Oh, Eunice (2010年8月19日). “Miranda Kerr: Yes, I'm Pregnant!”. People. 2010年8月22日閲覧。
  15. ^ “オーランド・ブルームとミランダ・カー夫妻に第一子の男児が誕生!”. シネマトゥデイ. (2011年1月9日). http://www.cinematoday.jp/page/N0029494 2013年1月3日閲覧。 
  16. ^ Duff, Eamonn (2011年1月8日). “It's a baby boy for KerrBloom”. The Sydney Morning Herald. 2011年1月8日閲覧。
  17. ^ Michaud, Sarah (2011年1月18日). “Miranda Kerr: I Had a Baby Boy with Orlando Bloom!”. People. 2011年1月18日閲覧。
  18. ^ Miranda Kerr Names Flynn After Late Boyfriend – Moms & Babies – Moms & Babies - People.com
  19. ^ Takeda, Allison (2013年10月25日). “Miranda Kerr, Orlando Bloom Split After Three Years of Marriage”. Us Weekly. 2013年10月25日閲覧。
  20. ^ a b Pilger, Sam (2007年5月27日). “Va-Va Bloom”. The Sunday Telegraph. http://www.news.com.au/sundaytelegraph/story/0,,21792764-5006011,00.html 2007年5月26日閲覧。 
  21. ^ The Orlando Bloom Files: Biography
  22. ^ Slotek, Jim (2007年5月24日). “Bloom ready to walk the plank”. 24 Hours. http://vancouver.24hrs.ca/Entertainment/2007/05/23/4200811-sun.html 2007年5月24日閲覧。 
  23. ^ “「ディスレクシア(読字障害)はギフト。僕に頑張ることを教えてくれた」オーランドブルーム”. Spotlight. (2015年8月20日). http://spotlight-media.jp/article/183217897738036799 2015年8月20日閲覧。 
  24. ^ a b Pearce, Garth (2007年5月27日). “On the move: Orlando Bloom”. The Sunday Times (London, UK). http://driving.timesonline.co.uk/tol/life_and_style/driving/article1839396.ece 2007年5月27日閲覧。 
  25. ^ Ten Hollywood Celebrities Who Have Spoken Out About Their Religion”. Hollywood Reporter (8/30/2015). 8/30/2015閲覧。
  26. ^ a b Jones, Alison (2007年5月23日). [asp?r=149902 “Celebrity Interview: Where There's a Will...”]. TeenHollywood.com. asp?r=149902 2007年5月24日閲覧。 
  27. ^ “UNICEF People”. UNICEF.org.. (2016年10月13日). https://www.unicef.org/people/people_51539.html 2016年10月13日閲覧。 
  28. ^ “Miranda Kerr and Orlando Bloom chip in for bush fire relief”. Herald Sun. (2009年2月12日). http://www.news.com.au/heraldsun/story/0,21985,25043499-5012974,00.html 2009年2月12日閲覧。 
  29. ^ The stars of The Lord of the Rings trilogy reach their journey's end”. SciFi.com. 2007年3月6日時点のオリジナルよりアーカイブ。2007年5月31日閲覧。
  30. ^ The Epic Life of Orlando Bloom”. Gentleman's Quarterly. 2007年5月30日閲覧。
  31. ^ “セリフが覚えられない オーランド・ブルーム、失読症との闘いを告白した”. シネマトゥデイ. (2010年6月7日). http://www.cinematoday.jp/page/N0024840 2013年1月3日閲覧。 
  32. ^ Los Angeles ‘’Times’’, “Alleged ‘bling ring’ member ordered to stand trial over burglary at star’s home”, 2 Dec. 2009
  33. ^ “「パイレーツ・オブ・カリビアン」新作が2017年7月公開、敵役にハビエル・バルデム”. 映画ナタリー. (2016年9月21日). http://natalie.mu/eiga/news/202559 2016年9月21日閲覧。 

外部リンク[編集]