セドリック・クラピッシュ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
セドリック・クラピッシュ
Cédric Klapisch
生年月日 1961年9月4日(53歳)
国籍 フランスの旗 フランス

セドリック・クラピッシュCédric Klapisch, 1961年9月4日 - )はフランス出身の映画監督脚本家である。

ヌイイ=シュル=セーヌ出身。高等映画学院の受験に失敗した後、ニューヨーク大学で映画制作を学ぶ。1985年にフランスに戻り、レオス・カラックス監督の『汚れた血』の照明部などで働いた。同時に短編映画も制作。

1992年の『百貨店大百科』が初めての長編映画となり、セザール賞にノミネートされて注目される。1996年の『猫が行方不明』ではベルリン国際映画祭の映画批評家協会賞を受賞。

毎回自作にワンカットほど顔を見せている。ロマン・デュリスなど、同じ俳優をたびたび起用することでも知られるが、特にジヌディーヌ・スアレムは全ての作品で顔を見せることで知られる。

監督作品[編集]

外部リンク[編集]