アニエス・ベー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
アニエス・ベー
Agnès b. by Gaspar Noé.jpeg
ギャスパー・ノエ撮影のポートレート
生誕 Agnes Troublé
1941年11月26日(74歳)
フランスの旗 フランス イル=ド=フランス地域圏イヴリーヌ県ヴェルサイユ
職業 ファッションデザイナー
署名
Agnès b. logo.png

アニエス・ベーagnès b., 本名:アニエス・トゥルブレ/Agnes Troublé, 1941年11月26日 - )は、フランスファッションデザイナー

彼女が手がけるファッションブランドについてもここで扱う。

経歴[編集]

アニエス・ベーは、フランスのヴェルサイユで弁護士の娘として生まれた。美術館学芸員を目指して、ヴェルサイユ美術学校に進学。卒業後の17歳のときに編集者のクリスチャン・ブルゴワと結婚し、長男を出産したがすぐに離婚。その後、1964年に雑誌出版社のELLEに入社して編集者となり、子ども向けのファッションを担当していた。同社退社後は「ドロテビス」でスタイリストを2年経験後、フリーの立場で「ピエール・ダルビー」でデザイナーの仕事に就いた。

1975年に自らのファッションブランドとしてアニエス・ベーを立ち上げ、パリのレ・アール地区にブティックをオープン。1980年には、ニューヨークに2号店を出店。その後、オランダイギリス日本香港スイスなどにも進出し、世界中に店舗を持つブランドに育てあげた。

チャリティーにも熱心で、日本赤十字社エイズ撲滅活動やサラエヴォコソボに対する支援を行っている。阪神・淡路大震災の際にも、Tシャツを販売して収益を支援活動にあてた。また、2004年からスクーナータラを運用して海洋環境の調査を行うタラ財団の主な支援者でもある。

映画界ともかかわりが深く、独自の映画製作会社「Love Streams Productions」をパリに設立。2013年、家庭に問題のある11歳の少女と60歳のスコットランド人男性が偶然出会い、男性が運転するトラックに乗って旅をするロードムービーわたしの名前は…』(原題:Je m'appelle Hmmm...)を本名のアニエス・トゥルブレ名義で自ら監督した。同作はこの年のヴェネツィア国際映画祭でプレミア上映され、第14回東京フィルメックスで特別招待作品となった[1]

ブランド[編集]

アニエスベージャパン
agnès b. Japan Inc.
種類 株式会社
本社所在地 日本の旗 日本
106-0032
東京都港区六本木1-8-7 アーク八木ヒルズ
設立 1983年昭和58年)12月1日
業種 小売業
事業内容 日本国内における衣料品の輸入ブランド「agnès b」の販売
代表者 代表取締役 Etienne Bourgois
資本金 9,800万円
従業員数 650名
主要株主 C.M.C. S.A. 100%
テンプレートを表示

婦人服紳士服子供服・雑貨・化粧品香水と幅広い展開をしている。流行にとらわれないシンプルで機能的なデザインが特徴。ロゴはトカゲ。ブランド名のb(ベー)は、アニエス・ベーが、自身の最初の夫の姓である「ブルゴワ」の頭文字Bから取ったものである。

世界各国で6つの子会社を持っており、日本での展開は、フランスのC.M.C S.A.と日本のサザビー(現・サザビーリーグ)が合弁で設立した株式会社アニエスベーサンライズが行っている。1984年に、東京青山に1号店をオープン。現在は、全国の百貨店内などに店舗がある。アニエスベーサンライズは2005年に合弁契約を解消し、C.M.C S.A.の完全子会社になっている。

主なブランド名[編集]

青山店
  • agnès b FEMME(ファム:レディス)
  • agnès b HOMME(オム:メンズ)
  • agnès b ENFANT(アンファン:子供服)
  • to b. by agnes b (トゥービー バイ アニエスベー、日本のみ展開)
  • agnès b VOYAGE(ボヤージュ:バッグ)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ わたしの名前は… 第14回東京フィルメックス招待作品

外部リンク[編集]