鈴木陸三

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

鈴木 陸三(すずき りくぞう、1943年3月10日 - )は日本実業家サザビーリーグ創業者で、同社代表取締役社長や、スズキヤ取締役会長などを歴任し、スターバックス コーヒー ジャパンの設立などにも携わった。

人物・経歴[編集]

神奈川県逗子市出身[1]スズキヤ初代代表取締役社長の鈴木雄二の三男として生まれる。スズキヤ創業者の鈴木安治は祖父で、スズキヤ第3代代表取締役社長や逗子市議会議長などを務めた鈴木安之は長兄。スターバックス コーヒー ジャパン創業者の角田雄二は次兄。スズキヤ第4代代表取締役社長や新日本スーパーマーケット協会副会長を務めた中村洋子は妹[2][3]。サザビーリーグ第3代代表取締役社長の角田良太は甥[4]

1966年に明治学院大学文学部卒業後、西ヨーロッパを放浪した。1972年にサザビー(現サザビーリーグ)を設立し、同社代表取締役社長に就任。1981年からAfternoon Teaを展開。1983年からはアニエスベーとの合弁を行い大ブームを引き起こした[1]。1989年スズキヤ取締役会長[3]。「プロの否定」を理念とし、1995年には経営企画室の出した否定的な報告を覆してスターバックス日本導入を行った[1]。1999年サザビー代表取締役最高経営責任者。2005年同社代表取締役社長。2008年同社取締役会長[5]。2011年には「向いてなかった」としてマネジメント・バイ・アウトによりサザビーリーグを上場廃止した[1]

脚注[編集]

[ヘルプ]
ビジネス
先代:
(新設)
サザビーリーグ社長
初代:1972年 - 2008年
次代:
森正督