ヤスミラ・ジュバニッチ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ヤスミラ・ジュバニッチ
Jasmila Žbanić
Jasmila Žbanić
(第45回カルロヴィ・ヴァリ国際映画祭にて、2010年撮影)
生年月日 (1974-12-19) 1974年12月19日(42歳)
出生地 ユーゴスラビア社会主義連邦共和国の旗 ユーゴスラビアボスニア・ヘルツェゴビナ社会主義共和国サラエヴォ
職業 映画監督脚本家
主な作品
サラエボの花

ヤスミラ・ジュバニッチ(Jasmila Žbanić, 1974年12月19日 - )は、ボスニア映画監督脚本家。2006年、監督および脚本をつとめた『サラエボの花』は、ベルリン国際映画祭で最高賞の金熊賞のほか、エキュメニカル審査員賞、平和映画賞を受賞した[1][2]

フィルモグラフィ[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Programme - Grbavica, Internationale Filmfestspiele Berlin, オリジナルの2014年4月14日時点によるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20140414223740/http://www.berlinale.de/en/archiv/jahresarchive/2006/02_programm_2006/02_Filmdatenblatt_2006_20060133.php 2014年7月21日閲覧。 
  2. ^ (PDF) Award Winners Berlinale 2006, Internationale Filmfestspiele Berlin, オリジナルの2013年5月16日時点によるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20130516044229/http://www.berlinale.de/media/pdf_word/service_7/56_ifb/56_IFB_Awards.pdf 2014年7月21日閲覧。 

外部リンク[編集]