ベニチオ・デル・トロ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
この名前は、スペイン語圏の人名慣習に従っています。第一姓(父方の)はデル・トロ第二姓(母方の)はサンチェスです。
ベニチオ・デル・トロ
Benicio del Toro
Benicio del Toro
2014年のデル・トロ
本名 Benicio Monserrate Rafael del Toro Sánchez
生年月日 (1967-02-19) 1967年2月19日(55歳)
出生地 プエルトリコの旗 プエルトリコ、サン・ヘルマン
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
スペインの旗 スペイン
職業 俳優
ジャンル 映画
活動期間 1987年 -
主な作品
ユージュアル・サスペクツ
トラフィック
21グラム
チェ
ウルフマン
ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー
ボーダーライン』シリーズ
スター・ウォーズ/最後のジェダイ
アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー
 
受賞
アカデミー賞
助演男優賞
2000年トラフィック
カンヌ国際映画祭
男優賞
2008年チェ
ベルリン国際映画祭
銀熊賞(男優賞)
2001年『トラフィック』
全米映画批評家協会賞
助演男優賞
2000年『トラフィック』
ニューヨーク映画批評家協会賞
助演男優賞
2000年『トラフィック』
英国アカデミー賞
助演男優賞
2000年『トラフィック』
ゴールデングローブ賞
助演男優賞
2000年『トラフィック』
ゴヤ賞
主演男優賞
2008年チェ 28歳の革命
全米映画俳優組合賞
主演男優賞
2000年『トラフィック』
アンサンブル演技賞
2000年『トラフィック』
その他の賞
テンプレートを表示

ベニチオ・デル・トロBenicio del Toro, 1967年2月19日 - )は、プエルトリコ出身の俳優。日本では「ベニチオ」という発音や表記が主流だが、他国での発音は、「ベニシオ」が近い[1]

生い立ち[編集]

プエルトリコサン・ヘルマン英語版出身。スペイン人イタリア人の血を引く。両親や祖父が弁護士だったため、自身も弁護士になるつもりだったが、カリフォルニア大学サンディエゴ校で経営学を専攻している間に演技に目覚める。そしてステラ・アドラーなどの演技指導者たちに学ぶため、大学は中退した。

キャリア[編集]

1988年に『ピーウィーの空飛ぶサーカス英語版』で映画デビュー。『007 消されたライセンス』や『ユージュアル・サスペクツ』で強烈な印象を残した。

2000年の『トラフィック』でアカデミー助演男優賞第51回ベルリン国際映画祭男優賞を受賞する。外国語を話す役柄でのアカデミー助演男優賞受賞者は史上4人目、プエルトリコ人の俳優としては史上3人目でもある。

2003年の『21グラム』では再びアカデミー助演男優賞の候補となる。2004年に同作品の宣伝で来日した際には、熱狂的な日本人女性のファンから腕を噛まれる災難にあったことがあり、日本の新聞の紙面で「トロ様」と呼ばれた。また、宣伝用のフリーペーパーでは同じく助演男優賞で候補になった渡辺謙との対談をしている。

2008年公開のスティーブン・ソダーバーグ監督の『チェ』では主人公のチェ・ゲバラを演じ、第61回カンヌ国際映画祭男優賞を受賞した。また、同作品のプロモーションでスティーブン・ソダーバーグらと来日した際には、六本木ヒルズの映画館にて彼らと舞台挨拶を行った。

2013年、サンディエゴ・コミコンでのデル・トロ

2014年、サン・セバスティアン国際映画祭ドノスティア賞(功労賞)を受賞した。2015年には麻薬戦争を描いた『ボーダーライン』に出演し、英国アカデミー賞 助演男優賞にノミネートされた。

2017年には『スター・ウォーズ』シリーズの第8作目に当たる『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』では、DJ役で出演した。

私生活[編集]

2011年、広報より、デル・トロとキンバリー・スチュワートの間に子供が生まれることが公表された。2人は交際していないという。同年8月、女児が生まれた[2][3]

2011年11月にはスペインの市民権を得ている[4]

主な出演作品[編集]

映画[編集]

公開年 邦題
原題
役名 備考 吹き替え
1988 ピーウィーの空飛ぶサーカス
Big Top Pee-wee
Duke, The Dog-Faced Boy
1989 007 消されたライセンス
Licence To Kill
ダリオ 鈴置洋孝(VHS版)
古田信幸TBS版)
成田剣テレビ朝日版)
星野貴紀(DVD/BD版)
1991 インディアン・ランナー
The Indian Runner
ミゲル
1992 コロンブス
Christopher Columbus: The Discovery
アルヴァロ・ハラナ 荒川太郎
1993 フィアレス
Fearless
マニー・ロドリゴ
ゴールデン・ボールズ
Huevos de oro
ボブ
ビッグ・マネー・ブルース
Money for Nothing
ディノ
1994 ザ・プロデューサー
The Buddy Factor
レックス 菅原正志
チャイナ・ムーン/魔性の女 白い肌に秘められた殺意
China Moon
ラマー・ディッキー VHS版とLD版のタイトルは『チャイナ・ムーン』だったが、テレビでは『魔性の女 白い肌に秘められた殺意』のタイトルで放送。DVD版のタイトルもこちらに準ずる。 平田広明
1995 ユージュアル・サスペクツ
The Usual Suspects
フレッド・フェンスター インデペンデント・スピリット賞 助演男優賞 受賞 宮本充(ソフト版)
天田益男テレビ東京版)
1996 フューネラル
The Funeral
ガスパー・スポグリア 荒川太郎
ザ・ファン
The Fan
フアン・プリモ 室園丈裕(ソフト版)[5]
中田譲治(テレビ朝日版)
ザ・カンヌ・プレイヤー
Cannes Man
本人 カメオ出演
バスキア
Basquiat
ベニー・ダルモー インデペンデント・スピリット賞 助演男優賞 受賞 平田広明
1997 エクセス・バゲッジ/シュガーな気持ち
Excess Baggage
ヴィンセント 森川智之
1998 ラスベガスをやっつけろ
Fear and Loathing in Las Vegas
ドクター・ゴンゾ(オスカー・ゼータ・アコスタ) 谷口節(VHS・旧DVD版)
山路和弘(BD・新DVD版)
2000 トラフィック
Traffic
ハビエル・ロドリゲス アカデミー助演男優賞
ゴールデングローブ賞 助演男優賞
英国アカデミー賞 助演男優賞
全米映画俳優組合賞主演男優賞
ニューヨーク映画批評家協会賞 助演男優賞
ベルリン国際映画祭 男優賞 受賞
山路和弘
誘拐犯
The Way of the Gun
ロングボー 谷口節
スナッチ
Snatch.
フランキー・“フォー・フィンガー” 矢尾一樹(ソフト版)
咲野俊介(BD新録版)
ブレッド&ローズ
Bread and Roses
本人 カメオ出演
2001 プレッジ
The Pledge
トビー・ジェイ・ワデナ
2003 21グラム
21 Grams
ジャック・ジョーダン 大塚明夫
ハンテッド
The Hunted
アーロン・ハラム 山路和弘(ソフト版)
小山力也(テレビ東京版)
2005 シン・シティ
Sin City
ジャッキー・ボーイ 山路和弘
2007 悲しみが乾くまで
Things We Lost in the Fire
ジェリー・サンボーン
2008 チェ 28歳の革命 / 39歳 別れの手紙
The Argentine / Guerrilla
エルネスト・チェ・ゲバラ 兼製作
ゴヤ賞 最優秀男優賞 受賞
カンヌ国際映画祭 男優賞 受賞
小山力也
2010 ウルフマン
The Wolfman
ローレンス・タルボット 山路和弘
SOMEWHERE
Somewhere
セレブリティ カメオ出演
2012 野蛮なやつら/SAVAGES
Savages
ラド 山路和弘
2013 マイティ・ソー/ダーク・ワールド
Thor: The Dark World
タリニーア・ティヴァン / コレクター カメオ出演(クレジットなし) 石住昭彦
ジミーとジョルジュ 心の欠片を探して
Jimmy P
ジェームズ・ピカード (吹き替え版なし)
2014 ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー
Guardians of the Galaxy
タリニーア・ティヴァン / コレクター 石住昭彦[6]
エスコバル 楽園の掟
Escobar: Paradise Lost
パブロ・エスコバル 兼製作総指揮 TBA
インヒアレント・ヴァイス
Inherent Vice
ソンチョ・スマイラックス 藤真秀
2015 ロープ/戦場の生命線
A Perfect Day
マンブルゥ (吹き替え版なし)
ボーダーライン
Sicario
アレハンドロ 菅原正志
リトルプリンス 星の王子さまと私
The Little Prince
ヘビ 声の出演 竹野内豊[7]
2017 スター・ウォーズ/最後のジェダイ
Star Wars: The Last Jedi
DJ 咲野俊介
2018 アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー
Avengers: Infinity War
タリニーア・ティヴァン / コレクター 石住昭彦[8]
ボーダーライン: ソルジャーズ・デイ
Sicario: Day of the Soldado
アレハンドロ 菅原正志
2019 劇場版 ドーラといっしょに大冒険
Dora and the Lost City of Gold
狐のスワイパー 声の出演 小森創介
2021 クライム・ゲーム
No Sudden Move
ロナルド・ルッソ 山路和弘
フレンチ・ディスパッチ ザ・リバティ、カンザス・イヴニング・サン別冊
The French Dispatch
モーゼス・ローゼンターラー 咲野俊介
TBA All-Star Weekend Dr. Phill
Reptile Nichols 兼製作総指揮
撮影中

テレビ[編集]

放映年 邦題
原題
役名 備考 吹き替え
1987 特捜刑事マイアミ・バイス
Miami Vice
ピト 第3シーズン第23話「この世はすべてショー・ビジネス」
プライベート・アイ英語版
Private Eye
カルロス 計2話出演
1990 ドラッグ・ウォーズ/麻薬戦争英語版
Drug Wars: The Camarena Story
カロ・クインテロ 計3話出演 下條アトム
1994 ハリウッド・ナイトメア
Tales from the Crypt
ビル 計1話出演
1995 Fallen Angels英語版 Paco 計1話出演 N/A
2018 エスケープ・アット・ダンネモラ〜脱獄〜
Escape at Dannemora
Richard Matt英語版 計7話出演 N/A
2021 ホワット・イフ...?
What If...?
タリニーア・ティヴァン / コレクター 声の出演
第1シーズン第2話「もしも...ティ・チャラがスター・ロードになったら?」
石住昭彦

出典[編集]

  1. ^ Benicio Del Toro RIGHT PRONUNCIATION 2018年5月4日閲覧。
  2. ^ Kimberly Stewart Gives Birth to Baby Girl!”. Us Weekly (2011年8月21日). 2011年8月21日閲覧。
  3. ^ Finlayson, Ariana (2011-12-04). “First Pic: Meet Kimberly Stewart's Daughter, Delilah, 3 Months”. Us Weekly. http://www.usmagazine.com/celebrity-moms/news/first-pic-meet-kimberly-stewarts-daughter-delilah-3-months-2011412 2011年12月21日閲覧。. 
  4. ^ Puente, Maria (2011年11月4日). “Oscar winner Benicio del Toro, singer Ricky Martin become Spanish citizens”. USA Today. 2011年11月8日閲覧。
  5. ^ ザ・ファン”. ソニー・ピクチャーズ公式. 2022年1月15日閲覧。
  6. ^ ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー”. ふきカエル大作戦!! (2014年9月13日). 2022年1月15日閲覧。
  7. ^ リトルプリンス 星の王子さまと私”. ふきカエル大作戦!! (2015年12月8日). 2022年1月15日閲覧。
  8. ^ アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー”. ふきカエル大作戦!! (2018年6月19日). 2022年1月15日閲覧。

外部リンク[編集]