ギャスパー・ノエ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ギャスパー・ノエ
Gaspar Noé
ギャスパー・ノエGaspar Noé
生年月日 1963年12月27日(51歳)
出生地 ブエノスアイレス
国籍 アルゼンチンの旗 アルゼンチン
配偶者 ルシール・アザリロヴィック

ギャスパー・ノエGaspar Noé1963年12月27日 - )は、アルゼンチンブエノスアイレス出身の映画監督脚本家である。父ルイス・フェリペ・ノエは画家。子供時代の数年間をニューヨークで過ごし、1976年にフランスに移住。パリのエコール・ルイ・リュミエールで映画を学んだ。

監督デビュー作は、短編映画『Tintarella di luna』(1985)。そして中編映画『カルネ』(1991)で、カンヌ国際映画祭の批評家週間賞を受賞し、その続編となる彼の初長編映画『カノン』(1998)で世界的なセンセーションを巻き起こした。その後、イタリアの至宝 モニカ・ベルッチ と、ヴァンサン・カッセルが共演した問題作『アレックス』(2002)がカンヌ国際映画祭で正式上映され、世界に衝撃を与えるなど、観客を挑発し続けるフランス映画界の鬼才だ。

彼の最新作は、露骨な性を描写した3D作品『LOVE』(2015)で、第68回カンヌ国際映画祭で上映され、物議を醸した問題作だが、日本公開(公開日は未定)も決定した。

監督作品[編集]

その他[編集]

  • Tintarella di luna (1985) 短編映画
  • Pulpe amère (1987) 短編映画
  • カルネ Carne (1991) 中編映画
  • Une expérience d'hypnose télévisuelle (1995) 短編映画
  • Sodomites (1998) 短編映画
  • Intoxication (2002) 短編映画
  • Eva (2005) 短編映画
  • Destricted (2006) 短編映画
  • SIDA (2006) 短編映画
  • 8 -Eight- 8 (2008) オムニバス映画
  • セブン・デイズ・イン・ハバナ 7 Days in Havana (2012) オムニバス映画

外部リンク[編集]