エンター・ザ・ボイド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
エンター・ザ・ボイド
Enter the Void
監督 ギャスパー・ノエ[1]
脚本 ギャスパー・ノエ
製作 ブラヒム・シウア
ヴァンサン・マルヴァル
オリヴィエ・デルボス
マルク・ミソニエ
ピエール・ブファン
ギャスパー・ノエ
製作総指揮 スザンヌ・ジラルド
音楽 トーマ・バンガルテル
撮影 ブノワ・デビエ
配給 日本の旗 コムストック・グループ
公開 フランスの旗 第62回カンヌ国際映画祭
カナダの旗 第34回トロント国際映画祭
アメリカ合衆国の旗 第25回サンダンス映画祭
フランスの旗 2010年5月5日
日本の旗 2010年5月15日
上映時間 163分 (カンヌ国際映画祭)[2]
155分 (トロント国際映画祭)[2]
143分 (日本劇場公開版)
製作国 フランスの旗 フランス
ドイツの旗 ドイツ
イタリアの旗 イタリア
言語 英語
日本語
テンプレートを表示

エンター・ザ・ボイド』(Enter the Void)は、2009年フランス映画(日本公開は2010年)。『アレックス』以来、7年ぶりとなるギャスパー・ノエの長編監督作品。

第62回カンヌ国際映画祭ではコンペティション部門に出品され、163分のバージョンが上映された[2]。第34回トロント国際映画祭では155分版が公開された[3]

ストーリー[編集]

TOKYOでドラッグディーラーをしているオスカーは、ストリッパーとして働く妹のリンダと共に暮らしている。ある日売人仲間とクラブ「ザ・ボイド」に行き、運悪く警官に射殺されてしまう。『チベット死者の書』に興味を持っていたオスカーの魂は、妹への強い愛の為に地上にとどまり、ときには友人や妹の頭や体に入り込み、TOKYOの街を彷徨う。

キャスト[編集]

受賞・ノミネート[編集]

第62回カンヌ国際映画祭
第42回シッチェス・カタロニア国際映画祭
  • ノミネート: 作品賞 - ギャスパー・ノエ
  • 受賞: 撮影賞 - ブノワ・デビエ
  • 受賞: 特別審査員賞 - ギャスパー・ノエ

脚注[編集]

外部リンク[編集]