伊武雅刀

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Camera-photo Upload.svg 画像提供依頼:顔写真の画像提供をお願いします。2018年5月
いぶ まさとう
伊武 雅刀
本名 室田 悟
(むろた さとる)
別名義 伊武 専(1966年 - 1969年)
伊武 正巳(1970年 - 1972年)
伊武 雅之(1973年 - 1980年)[1]
生年月日 (1949-03-28) 1949年3月28日(71歳)
出生地 日本の旗 日本東京都中野区
身長 175 cm
血液型 A型
職業 俳優声優ナレーターラジオDJ歌手
ジャンル 映画テレビドラマアフレコナレーション
活動期間 1967年 -
活動内容 1967年:ドラマ『高校生時代』、劇団雲入団
1974年:アニメ『宇宙戦艦ヤマト
1976年:ラジオ「スネークマンショー
1992年:ドラマ『ひらり
2002年:ラジオ「JET STREAM
2003年:ドラマ『白い巨塔
2007年:ドラマ『風林火山
2008年:ドラマ『だんだん
配偶者 あり
事務所 パパドゥ
公式サイト 伊武雅刀オフィシャルサイト
主な作品
テレビドラマ
いのち
春日局
星の金貨
白い巨塔
交渉人〜THE NEGOTIATOR〜
ROOKIES
こちら葛飾区亀有公園前派出所
軍師官兵衛
相棒
ボイス 110緊急司令室
磯野家の人々〜20年後のサザエさん
ラジオ番組
スネークマンショー
JET STREAM
アテレコ
宇宙戦艦ヤマトシリーズ
ポンキッキーズ
空から日本を見てみよう
空から日本を見てみよう plus
CD
『子供達を責めないで』
テンプレートを表示

伊武 雅刀(いぶ まさとう、本名:室田 悟(むろた さとる)、1949年3月28日 - )は、日本俳優声優ナレーターである。

東京都中野区出身。旧芸名:伊武 雅之(いぶ まさゆき)、伊武 正巳(いぶ まさみ)、伊武 専(いぶ せん)。現名の当初の読み方は「まさと」であった。血液型A型身長175cm。

現在の芸名の由来は、声優の井上瑤から伊武雅之時代に「名前の最後の字を2画の字にするといい」とアドバイスを受けたことによるもの。

来歴・人物[編集]

私立東邦高等学校に進む。映画スターに憧れ、新聞で目にしたNHK名古屋放送局制作のテレビドラマ『高校生時代』(後の『中学生日記』)オーディションを受け、同ドラマの1967年度放送分に森本レオと共に出演した(森本もこのドラマで俳優デビューしており親交が深い)。これが転機となり、本格的に俳優を志すため同校を中退して東京へ戻り、現代演劇協会付属現代演劇研究所「劇団雲」に入団[2]

しかし1年で同劇団をドロップアウトし、仲間と新たに旗揚げした劇団に移る。この頃はトイレ風呂共同の3畳一間に住んだり、痔を患いながら日雇いの工事現場で廃材を運ぶ肉体労働で生計を立てるなど苦しい生活を経験した。そんな折、渡辺貞夫のラジオ番組のパーソナリティのオーディションを受けたところ、本人はジャズなどの見識はなかったが声の良さを買われて合格、ラジオ出演とともにCMの仕事なども入るようになった。意欲的に仕事に取り組み、『宇宙戦艦ヤマトシリーズ』のデスラー総統役や藤堂平九郎役など、声優としての仕事も比較的多かったのはこの頃である。しかし俳優への志は強く、声優業は本意ではなかったという。アニメムック本「宇宙戦艦ヤマト2」の主役4人が座談会を開いた時、デスラー役の伊武の他、古代進役の富山敬、森雪役の麻上洋子、島大介役の仲村秀生が出席したが、伊武が、当初島大介を やる予定だったと、カミングアウトした時、仲村が、「何だ?何が言いたいんだ?」と、笑っていた。

1976年末頃、ラジオで知り合った小林克也からラジオ番組への出演を持ちかけられる。これがラジオ大阪桑原茂一プロデュースの番組「スネークマンショー」で、この中での小林との掛け合いによる過激で当時のタブーギリギリの内容のコントがリスナーや放送業界内でも評判となった。この番組は後にTBSラジオほかJRN系列で全国ネットとなり、さらにYMOによってコントがレコードに収録されるに及んで音楽業界にまで一気に知名度が上がった。

俳優としては悪役や腹黒い役で名を馳せたが、コミカルな役柄もこなしている。

代役[編集]

現在声優業は行なっておらず、過去に演じたキャラクターの再演等のオファーも断り原則として代役が立てられている。ただし、『宇宙戦艦ヤマトシリーズ』のデスラーは自身の原点であるという理由で出演を受諾している[3]

代役 キャラクター名 概要作品 代役の初担当作品
大木民夫 藤堂平九郎 宇宙戦艦ヤマトシリーズ PS版『さらば宇宙戦艦ヤマト 愛の戦士たち
高瀬右光 ルーク 刑事コロンボ 白鳥の歌 VHS追加収録部分
楠大典 ジム・ストリート 特別狙撃隊S.W.A.T. DVD追加収録部分
岩川拓吾 ユリアス エアポート'75』※フジテレビ版 Blu-ray追加収録部分
金光宣明 ウルトラマンジョーニアス ザ☆ウルトラマン ウルトラマンフェスティバル2019 ライブステージ

出演(俳優)[編集]

テレビドラマ[編集]

映画[編集]

WEBドラマ[編集]

オリジナルビデオ[編集]

  • コンバってんねん
  • 楽しいテレビ ※スネークマンショーの映像作品

ミュージックビデオ[編集]

バラエティ[編集]

CM[編集]

出演(声優)[編集]

テレビアニメ[編集]

OVA[編集]

劇場アニメ[編集]

ゲーム[編集]

テレビアニメ版の音声を使用したライブラリ出演

吹き替え[編集]

海外映画[編集]

海外ドラマ[編集]

海外アニメ[編集]

ナレーション[編集]

ラジオ[編集]

CM[編集]

音楽[編集]

  • 飯場の恋の物語(1982年6月21日、作詞:秋山道男、作曲:細野晴臣
  • 子供達を責めないで(シングル、1983年8月25日、作曲:H. B. Barnum、原詞:Ivan Reeve、日本語歌詞:秋元康
    • 原曲はサミー・デイヴィスJr.の同名曲("Don't blame the children")で、原曲同様に歌ではなく演説になっている。原曲が「子供達が罪を犯してしまうのは、我々大人達にも原因があるのではないか?」というメッセージソングなのに対して、「自分も子どもの時代があったにもかかわらず、『子どもは嫌いだ』と叫ぶ姿が一番大人気ない」というパラドキシカルなコミックソングへと変えられている。
    • 秋元康は亀淵昭信から依頼を受けて訳詞を行ったが、原詞の直訳ではひねりがないと逆説的な詞にしたという[32]
    • 歌詞の内容があまりにも刺激的であるため、発売元であるCBS・ソニー(現・ソニーミュージックレコーズ)は、発売前に十代の若者を対象とした試聴会を開き、アンケート調査を行った[33]。その結果、中学生から大きな反応があった[33]。シングルはオリコン最高21位を記録。累計売上は30万枚以上[33]に達した。
    • テレビ番組では『夜のヒットスタジオ』及び『オレたちひょうきん族』のコーナー「ひょうきんベストテン」にて披露されている。なお、夜のヒットスタジオでの歌詞は一部が本来のものと異なっている。
    • 台詞の出だしは、『星雲仮面マシンマン』(日本テレビ系)第1話で、プロフェッサーK(天本英世)の台詞に引用されている。
    • 1983年12月1日には本作のアンサーソングとしてRVCから「大人達を責めないで」(作詞:つるまけん、作曲:小林信一、歌:阿陀夢ひろし)が発売された[34]
    • カップリング曲は「パパと踊ろう」。こちらもアンドレ・クラヴォーの「パパと踊ろうよ "Viens Valser avec Papa"」のカバーだが、父と娘の団欒を描いた歌詞に、アナウンサーが喋るニュースの音声を被せる等のアレンジが施され、父親の威厳が失墜している昨今を皮肉った内容になっている。
  • 咲坂と桃内のごきげんいかが 1・2・3(アルバム『スネークマン・ショー』よりシングルカット 1981年、作曲・細野晴臣)
    • 小林克也と共に、「スネークマンショー」内のキャラクターであるアナウンサー・畠山桃内として、ラップや早口言葉、物真似を披露している(デスラーの声も聴くことができる)。その後、2002年に細野と高橋幸宏が結成したスケッチ・ショウが、アルバム「Audio Sponge」でカバーした。
  • Mon-jah(アルバム 1983年)
  • イブのマンボで1-2-3/何んかちょうだい (シングル 1984年)
  • 野球小僧(シングル 1991年)
    • カバー曲。ミズノの野球用品のコマーシャルに使用された。
  • 『テオレマ・16のコンポジション』ミラノから東京に活動拠点を移した音楽家岩村学のCDにポエトリーリーディングで参加。
  • ラジオヘブン RADIO HEAVEN (CD 1992年 キューンミュージック) 同年放映の「大帝国劇場」との連動。

その他ゲストミュージシャンにドイツ映画音楽界の巨匠ペーター・トーマス(アルバム2002年)

注釈[編集]

  1. ^ 1983年10月31日放送「夜のヒットスタジオ」より
  2. ^ リクナビNEXT ページ内「プロ論。 『伊武雅刀』」 2013年2月27日閲覧。
  3. ^ 遥かなる星イスカンダル設定資料集 2000, p. 109.
  4. ^ 大河『西郷どん』新キャスト発表 錦戸亮、又吉直樹らが初出演”. ORICON NEWS. 株式会社oricon ME (2017年10月3日). 2017年10月3日閲覧。
  5. ^ “上川隆也&志田未来が初共演 痴漢冤罪事件の真相に挑む法廷サスペンス”. ORICON NEWS. (2015年11月10日). http://www.oricon.co.jp/news/2062064/full/ 2017年1月17日閲覧。 
  6. ^ “伊武雅刀・木南晴夏・佐藤隆太ら、新生土ドラ第1弾『火の粉』に出演決定”. マイナビニュース. (2016年3月2日). http://news.mynavi.jp/news/2016/03/02/074/ 2017年1月17日閲覧。 
  7. ^ “広末涼子、沢村一樹と15年ぶり共演「まさかの元妻役、光栄でした」”. ORICON STYLE. (2016年11月14日). http://www.oricon.co.jp/news/2081409/full/ 2016年11月14日閲覧。 
  8. ^ 「精霊の守り人」シーズン2 出演者決定!”. NHKドラマ. 日本放送協会 (2016年4月8日). 2016年4月9日閲覧。
  9. ^ “内野聖陽主演『琥珀の夢』西田敏行、山本耕史ら出演”. ORICON NEWS (oricon ME). (2018年9月4日). https://www.oricon.co.jp/news/2118875/full/ 2018年9月5日閲覧。 
  10. ^ “ディーン&井浦新主演「レ・ミゼラブル」SPドラマ化!山本美月、吉沢亮ら出演”. シネマトゥデイ (株式会社シネマトゥデイ). (2018年11月20日). https://www.cinematoday.jp/news/N0105054 2018年11月20日閲覧。 
  11. ^ 聯合艦隊司令長官 山本五十六 -太平洋戦争70年目の真実-”. 日曜洋画劇場. 2016年9月7日閲覧。
  12. ^ “キャスト”. 映画「セーラー服と機関銃 -卒業-」公式サイト. http://sk-movie.jp/cast/ 2016年4月27日閲覧。 
  13. ^ 尾野真千子、野村周平ら実力派俳優ずらり!小栗旬×大友啓史監督「ミュージアム」に結集”. 映画.com (2016年3月11日). 2016年3月11日閲覧。
  14. ^ “小日向文世が“極道の神様”が乗り移った刑務官に!?”. ウォーカープラス. (2015年1月15日). http://news.walkerplus.com/article/54302/ 2015年1月15日閲覧。 
  15. ^ ドカベン”. 日本アニメーション. 2016年8月2日閲覧。
  16. ^ 宇宙戦艦ヤマト2”. メディア芸術データベース. 2016年10月8日閲覧。
  17. ^ “100万年地球の旅 バンダーブック”. 手塚治虫公式サイト. http://tezukaosamu.net/jp/anime/55.html 2016年5月3日閲覧。 
  18. ^ 未来少年コナン”. 日本アニメーション. 2016年6月3日閲覧。
  19. ^ 宇宙戦艦ヤマト 新たなる旅立ち”. バンダイビジュアル. 2016年6月13日閲覧。
  20. ^ 宇宙空母ブルーノア”. メディア芸術データベース. 2016年11月27日閲覧。
  21. ^ a b 宇宙戦艦ヤマトIII”. メディア芸術データベース. 2016年12月4日閲覧。
  22. ^ “悪右衛門”. 手塚治虫公式サイト. http://tezukaosamu.net/jp/anime/89.html 2016年5月8日閲覧。 
  23. ^ a b 宇宙戦艦ヤマト 劇場版”. バンダイビジュアル. 2016年6月13日閲覧。
  24. ^ a b さらば宇宙戦艦ヤマト 愛の戦士たち”. バンダイビジュアル. 2016年6月13日閲覧。
  25. ^ 未来少年コナン (劇場版)”. 日本アニメーション. 2016年6月3日閲覧。
  26. ^ 火の鳥2772 愛のコスモゾーン”. 手塚治虫公式サイト. 2016年5月19日閲覧。
  27. ^ ヤマトよ永遠に”. バンダイビジュアル. 2016年6月13日閲覧。
  28. ^ a b 宇宙戦艦ヤマト 完結編”. バンダイビジュアル. 2016年6月13日閲覧。
  29. ^ ジャングル大帝 劇場版(1997)”. 手塚治虫公式サイト. 2016年6月8日閲覧。
  30. ^ キャスト&スタッフ”. 劇場用アニメーション映画「宇宙戦艦ヤマト 復活篇」公式サイト. 2016年6月2日閲覧。
  31. ^ “山崎賢人×百瀬義行監督「二ノ国」声優にムロツヨシ&伊武雅刀 8月23日に公開決定”. 映画.com. (2019年5月24日). https://eiga.com/news/20190524/7/ 2019年5月24日閲覧。 
  32. ^ 「秋元康さんに聞く30代」(佐賀新聞文化センター『モテモテさが』2011年9月号)
  33. ^ a b c 「根強い人気 『子供達を責めないで』伊武雅刀のトーク・レコード」『読売新聞』1983年12月1日付夕刊、11面。
  34. ^ 「ザ 宴会ソング」『読売新聞』1983年12月13日付夕刊、11面。

外部リンク[編集]