戸川純

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
戸川 純
生誕 (1961-03-31) 1961年3月31日(60歳)
出身地 日本の旗 日本 東京都新宿区
学歴 関東学院大学文学部英米文学科[1]中退。
ジャンル 歌謡曲
アート・ポップ
アバンギャルド
ニュー・ウェイヴ
テクノポップ
職業 女優
歌手
活動期間 1979年 -
レーベル アルファレコード
1982年 - 1987年
テイチクエンタテインメント
(1987年 - 1990年
東芝EMI
1991年 - 1992年
コロムビア
1995年 - 1996年
God Mountain
2000年 - 2004年
ソニー・ミュージックダイレクト[注 1]
共同作業者 ゲルニカ
ヤプーズ
東口トルエンズ

戸川 純(とがわ じゅん、1961年3月31日 - )は、女優・歌手、作詞家。東京都新宿区出身[2][3][4]戸川京子は実妹。

戸川純の人生相談 令和弐年
YouTube
チャンネル
活動期間 2020年4月14日 -
ジャンル 人生相談音楽
テンプレートを表示

ゲルニカヤプーズでの音楽活動の他、ソロヴォーカリストとしても活動している。女性蔑視が根強かった80年代当時、タブー視された事柄を歌詞に盛り込み、女性像表現禁忌がないことを世の中に提示した[5]平沢進サエキけんぞうとの交流が深く、長年の親友である。

経歴[編集]

高校卒業まで[編集]

巨泉×前武ゲバゲバ90分!』を観て芸能界を志望、劇団ひまわりに入団。小学五年生のとき、新国劇王将』の舞台で辰巳柳太郎の娘役を演じる。この経験から、本格的に芝居をやりたいとの気持ちを抱くが、学校が休みがちになることを家族が懸念し、劇団を辞める。高校はシェークスピアの作品等を扱う演劇部に所属。

1980年代 - 1990年代[編集]

1982年、テレビドラマ『刑事ヨロシク』で警察署のお茶汲み役「西ツヤ」を演じる。カフェ「NYLON100%」で歌っていた李香蘭の「蘇州夜曲」を上野耕路が気に入り、6月に、音楽ユニット「ゲルニカ」のボーカリストとしてアルバムデビュー。同年、YAMAHAエレクトーン、9月にTOTO「ウォシュレット」CM出演、後者はお茶の間にインパクトを与えた[4]。1983年5月、「ヤプーズ」でライブ・デビュー。

1984年、アルバム『玉姫様』でソロ・デビュー[3]。同年「裏玉姫」をリリース[3]。1985年「極東慰安唱歌」発表[3]。作詞も行う。

この時期、『森田一義アワー 笑っていいとも!』『ライオンのごきげんよう』『徹子の部屋』『11PM』『さんまのまんま』『加トちゃんケンちゃんごきげんテレビ』『パラダイスGoGo!!』『女と男 聞けば聞くほど…』など人気テレビ番組への出演が相次ぎ、雑誌『宝島』で特集が組まれる。

1985年、NHKみんなのうた』で東京放送児童合唱団と共演した「ラジャ・マハラジャー」が放送される。また、この年の『パラダイス・ビュー』を皮切りに『ウンタマギルー』『男はつらいよ』『釣りバカ日誌』など、映画への出演が90年代中盤まで続く。

1989年、「戸川純芸能生活十周年記念」として「昭和享年」をリリース。「昭和の懐メロをカバーする」というコンセプトの元、上野耕路が編曲した「星の流れに/菊池章子」、「東京の花売娘/岡晴夫」、「アカシアの雨がやむとき/西田佐知子」、「バージンブルース/野坂昭如」。平沢進が編曲、アレンジした「バージンブルース/野坂昭如」、「リボンの騎士/能加平、 冨田勲」、「夜が明けて/坂本スミ子」を戸川のカバーで収録された[6]

1989年、ヤプーズのサポートとしてP-MODEL凍結中の平沢進が参加。TV番組『夢で逢えたら』のコーナー「バッハスタジオⅡ」に出演し、ダウンタウンウッチャンナンチャン平沢進らと共にセッションを行った[7]

1990年、平沢進のソロ2作目のアルバム「サイエンスの幽霊」発売記念のライブツアー「世界タービン・ツアー」にことぶき光秋山勝彦、秋元一秀(秋元きつね)、梅津和時らと共に参加。戸川はその他の平沢のツアーにも同行している。

1991年、テレビ東京の番組「戸川純 × 平沢進 (MC:サエキけんぞう) 『戸川純リバイバル祭!SOUND GIG』」に出演。同年に平沢の「ヴァーチュアル・ラビット・ツアー」に参加。デュエット曲であるロケット世界タービンカーボーイとインディアンを平沢と共に熱唱した。

1992年、平沢進からヤプーズ楽曲として「ビールス(1992)」が提供される。

1994年、漫画『幽☆遊☆白書』の作者、冨樫義博が戸川のファンだったことから、コミックス16巻のある場面で、1984年2月6日の『夜のヒットスタジオ』出演に言及する会話が描かれる。このシーンは作中の名シーンの一つとなっている[8]

同年、平沢進がこの年から開始した『インタラクティブ・ライブ』の初ゲストミュージシャンとして、『AURORA TOUR 1994 INTERACTIVE LIVE オーロラ伝説』に"マザー・オブ・ナバホ"役として参加した。

1995年11月、当時の所属事務所への方向性や金銭を巡る不信、バンドメンバーの脱退、ライブビデオの編集(無断発売)などの度重なる人間関係のトラブルを苦に、自宅マンションにて首を剃刀で切り自殺を図る。幸い頸動脈に達していなかったことから一命を取り留めた。狂言自殺疑惑、自傷時に流れ出た血液で部屋の壁に「皆憎」という文字を書いた事などが話題に。

その後、3年間の充電期間を経て、1998年からフリーランス・個人事務所名義の「ヤプーズ」として活動を再開。テレビ・ラジオ等の出演は控えるようになる。

2000年以降[編集]

2006年2月22日、アルファ時代の9作品がデジタルリマスタリングされ、紙ジャケット仕様のCD、映像作品2作がDVDで復刻発売。同年、足と腰を負傷して入院。

2007年12月23日よりウェブラジオ『オールニートニッポン』、月乃光司とウェブラジオ『ハート温泉』のパーソナリティを務めていた(2008年12月末、放送終了)。

2008年7月9日、『TOGAWA LEGEND SELF SELECT BEST & RARE 1980-2007』発売。

2009年7月22日、9枚組BOX『TEICHIKU WORKS JUN TOGAWA〜30TH ANNIVERSARY〜』発売。

2010年、公開映画『名前のない女たち』で「バージンブルース」が 主題歌として使用された。

2010年12月1日、『ロマンチスト〜THE STALIN・遠藤ミチロウTribute Album〜』に参加。

2011年5月11日、2006年に発売したアルバム7作が、Blu-spec CD化し、2006年盤と同じ紙ジャケット仕様で、再発売。

2012年7月14日、公開映画『ヘルタースケルター』では「蛹化の女」が挿入歌として使用される。7月25日にはアルバム『蛹化の女〜蜷川実花セレクション』発売。

2012年10月24日、『ヤプーズ計画』(SHM-CD)『昭和享年』(SHM-CD)『ヤプーズ計画LIVE&CLIP+2』(DVD)、東口トルエンズ『東口DVD』(DVD)の4作品が、2009年のBOX『TEICHIKU WORKS JUN TOGAWA〜30TH ANNIVERSARY〜』から、単体で、SHM-CD/紙ジャケット仕様そのままに、椎名宗之による4作品の解説で、再発売された。

2014年4月9日、Vampilliaの『the divine move』に参加。

2016年、3つのプロジェクト「戸川階段」「戸川純 avec おおくぼけい」「戸川純 with Vampillia」をスタートさせる[9]1月20日『戸川階段』発売[注 2][10]11月25日単行本『戸川純全歌詞解説集』発売。12月14日『わたしが鳴こうホトトギス』発売[注 3][11]。ホトトギスのアーティストビジュアルには、自身のファンでもある冨樫義博が作成。戸川純とVampilliaメンバー全員を漫画『HUNTER×HUNTER』の『幻影旅団』風に仕上げた[12]

2017年2月14日、DOMMUNEで、戸川純の芸能生活35周年特別番組「疾風怒濤きょうは晴れ」が生配信され、メディアから姿を消して以来22年ぶりに番組に出演した[9]

2018年9月、上海で開催された音楽フェスに出演[13]。11月21日、アーバンギャルドのおおくぼけいとのユニット「戸川純 avec おおくぼけい」を発売[14]

2020年5月、Youtubeチャンネルにおいて「戸川純の人生相談」を開始する。出演は戸川純と、ヤプーズのメンバーである山口慎一。視聴者からの相談に答えるトーク及び、童謡、唱歌を中心にした歌のコーナーがある。

2021年11月12日、イギリスの「WIRE」誌にインタビューが掲載[15]

エピソード[編集]

  • 平沢進とは互いの過去や、性別に人間といった物事への捉え方の話が合い、親友となっていった。互いのツアーに参加し、90年代は雑誌上やTV上で音楽やジェンダーに関する対談を行う等と共に活動を行った。平沢は「1番好きな戸川純の曲を定めるのは至難の業」としており、名曲の一つ「諦念プシガンガ」を「あれは神を作った神であります。」と語っている[16]。互いに現在も「盟友」としており、戸川も自身のライブで平沢のソロ曲「金星」をカバーする等もしている。
  • 笑っていいとも!』の1コーナー「オレンジスキャンダル」で話題を呼ぶ。このコーナーは視聴者から寄せられた男女関係の相談に対し答えるというもの。タモリ兵藤ゆきの丁々発止の論議の合間に戸川が独特のリズムで意見を入れるやり取りのコーナーであった。
  • 芸能界入りの動機として「小さい頃いじめられっ子だったので、(出世して)見返してやろうと思った」と語った。小学生の頃は原節子のような女優になると思っており、役者を志望する動機となったのは、テレビで大辻伺郎の演技を見てフッと決心したことだったという[17]
  • 厳格な家庭で高校生までは門限は平日17時、日曜日は外出禁止であり、思うように外出できず、また憧れの芝居にも十分に取り組めない中、62キロまで太った。大学に入学した1979年から門限平日20時、日曜日も外出可能となり[18]、映画を見るため出かけていた日比谷公園で、たまたま、後にゲルニカでコンビを組む上野耕路が所属していたパンク・バンド「8 1/2」と出逢い、彼らが出入りしていた渋谷の伝説的ロック・カフェ「NYLON100%」に入り浸るようになる[19]
  • 芸能界で活動するようになったとき、「芸能人はこうでなければ」等々、勝手に様々な制約を背負い込み、それが大きなプレッシャーになった[20]
  • 1980年代初頭は、山崎春美率いるバンド「TACO」のボーカリストであったロリータ順子(1987年死去)と個人的に親交が深かった。2015年11月17日、新宿LOFTで行われたTACOおよびガセネタ本格再始動ライブ「SHINDACO~死んだ子の齢だけは数えておかねばならない」では戸川がロリータ順子役として参加。
  • 1982年に『刑事ヨロシク』で初めてレギュラーの役を演じる。警察署少年特捜班のお茶汲み員の「西ツヤ」を本人はこの役は「性格のよい子」であるとし、とても気に入っていた[17]
  • 話のリズムや作品世界から、「変わっている」「個性的だ」との評価を受けることが多い。しかし、なかには「わざと個性的であるかのように見せている」「ネクラや病気を売りにしている」との誤解もあり、戸川本人はそうした誤解に苦しんだ[20]
  • 自分とは違う人物になりきることが出来る点に芝居の魅力を見いだしている。また、ライブでの一見奇抜な衣装も、作品世界の様々な状況における人物になりきりたいという変身願望に基づいている[20]
  • 自分の中に複数の人格が存在しているのではと感じており、どれもが自分の姿ではあるが、状況によってどの人格が出てくるかが異なると考えている。そのためか、撮影現場での自分の様子等を後日他人から話されると驚くことがある。様々な衣装で扮装するのが好きなのも、特定の何者かになりきることが出来るからである[20]
  • 話し方に独特の間があるため、トークではその場が水を打ったような静けさになることがある。その間に聴き手が予想する答えと実際の答えが異なることが多く、これが聴き手を驚かせたり笑わせたりする要因であるといわれる。しかし、1人でしゃべるときはこの間があまり出ない[20]
  • 1990年に椎間板ヘルニアのため2か月ほど入院する。その間、髪を三つ編みにするなど、薄幸の少女になりきろうとしたが、治療のため病室用浴衣を後ろ前に着ざるを得ず、薄幸の少女にはなりきれなかった[21]
  • 不思議少女」キャラだと誤解されるため、周囲にその種の女性が寄って来ることが多いことを嫌悪している[20]
  • 香山リカの1980年代回顧本『ポケットは80年代がいっぱい』に、デビュー前の戸川は「クリスタル族の女子大生」として登場している。しかし、イケイケギャル風に描かれているので戸川本人はちょっと違うのではないかと思いつつ作品に登場させてくれたのは光栄に思っている。

参加した音楽グループ[編集]

ゲルニカ
歌唱担当の戸川純、作曲・編曲・キーボード担当の上野耕路、作詞・ステージデザイン・コンセプト担当の太田螢一の3人によるユニットで、プロデュースは細野晴臣。
ヤプーズ(戸川純とヤプーズ)
戸川純が中心となって結成したバンド。
戸川純ユニット
歌唱担当の戸川純、サウンドプロデュース担当の吉川洋一郎(ヤプーズのキーボーディスト)、レコーディングエンジニアの飯尾芳史(アルファレコードのエンジニア)の3人によるユニット。「極東慰安唱歌」をリリース。
東口トルエンズ
戸川純(ボーカル)と山本久土(ボーカル・アコースティックギター)によるデュオ
非常階段×戸川純
ノイズバンド・非常階段とのコラボ・ユニット[22]
戸川純 with Vampillia
戸川純とロックバンド・Vampillia(ヴァンピリア)によるバンド。Vampilliaはアレンジと演奏を担当[23]
戸川純 avec おおくぼけい
戸川純とおおくぼけい(アーバンギャルド)によるユニット[24]

主な出演作品[編集]

映画[編集]

舞台[編集]

テレビドラマ[編集]

テレビバラエティ[編集]

ラジオ[編集]

テレビCM[編集]

音楽作品[編集]

著書[編集]

写真集[編集]

  • JUN TOGAWA AS A PIECE OF FRESH(1988年、勁文社 ISBN 9784766908213/2005年ブッキングより「Jun Togawa as only a lump of meat」と改題し再刊 ISBN 4835441982
  • 戸川純写真集──ジャンヌ・ダルクのような人 (2020年、ele-king books ISBN 978-4909483461)

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 所属はしていないが、アルファレコードから原版使用権が委託されたため。
  2. ^ ベストやオムニバス作品参加以外の戸川の新録作品としては12年振りとなる。
  3. ^ この作品は過去の楽曲の新録音と12年振りの新曲となる「わたしが鳴こうホトトギス」を収録したアルバムとなっている。

出典[編集]

  1. ^ 週刊現代 1984年6月16日号 206-207頁。
  2. ^ 東京人 1994年4月号 戸川純インタビュー。
  3. ^ a b c d 戸川 純プロフィール”. テイチクエンタテインメント オフィシャルサイト. 2018年11月8日閲覧。
  4. ^ a b 戸川 純 プロフィール”. ソニーミュージック オフィシャルサイト. 2018年11月8日閲覧。
  5. ^ 音楽活動40周年、戸川純が80年代のあの名盤を語る「禁忌なテーマに挑むという気負いはあまりなかった」(田中久勝) - 個人” (日本語). Yahoo!ニュース. 2021年10月8日閲覧。
  6. ^ Studio, Pixel Theme. “昭和享年 | 純愛” (日本語). 2021年11月20日閲覧。
  7. ^ バッハスタジオⅡ 第107回 / 第108回
  8. ^ 幽★遊★白書 16 (ジャンプコミックスDIGITAL)
  9. ^ a b 必見! 2月14日、戸川純ついにDOMMUNEに登場!”. Ele-king. Pヴァイン (2017年2月13日). 2018年11月7日閲覧。
  10. ^ 非常階段×戸川純コラボアルバム「戸川階段」であの曲をノイズ化”. 音楽ナタリー. 株式会社ナターシャ (2016年1月19日). 2018年11月7日閲覧。
  11. ^ 戸川純35周年盤、Vampillia迎えて新録&新曲「わたしが鳴こうホトトギス」”. 音楽ナタリー. 株式会社ナターシャ (2016年10月14日). 2018年11月7日閲覧。
  12. ^ 「幻影旅団」のようなクールさ。冨樫義博が描く戸川純 with Vampillia画がすごい” (日本語). ミーティア(MEETIA) (2017年1月3日). 2021年11月21日閲覧。
  13. ^ 戸川純のライブ映像11年ぶり公開、熱狂と興奮に包まれる上海のオーディエンス”. 音楽ナタリー (2018年10月19日). 2018年11月8日閲覧。
  14. ^ 非常戸川純とおおくぼけいによるユニット、1stアルバム発売”. 音楽ナタリー. 株式会社ナターシャ (2018年10月12日). 2018年11月7日閲覧。
  15. ^ Hobbs, Emily Pothast,Bill Meyer,Abi Bliss,James Hadfield,Stewart Smith,Daniel Spicer,Antonio Poscic,Nick. “The Wire 454” (英語). The Wire Magazine - Adventures In Modern Music. 2021年11月26日閲覧。
  16. ^ https://twitter.com/hirasawa/status/971003741557043201” (日本語). Twitter. 2021年11月19日閲覧。
  17. ^ a b Seventeen 1983年6月2日号 54-55頁。
  18. ^ 婦人公論 1999年2月7日号 32-33ページ「父と過ごした時間」。
  19. ^ ばるぼら著『NYLON100% 80年代渋谷発ポップ・カルチャーの源流』(アスペクト)収録の戸川へのインタビューより。
  20. ^ a b c d e f 朝日ジャーナル 臨時増刊1987年4月20日号 86-89頁 戸川純インタビュー。
  21. ^ Teichiku「Jun Togawa 30th Anniversary 純愛」
  22. ^ 非常階段×戸川純コラボアルバム「戸川階段」であの曲をノイズ化”. 音楽ナタリー (2016年1月19日). 2018年11月8日閲覧。
  23. ^ 戸川純35周年盤、Vampillia迎えて新録&新曲「わたしが鳴こうホトトギス」”. 音楽ナタリー (2016年10月14日). 2018年11月8日閲覧。
  24. ^ 戸川純とおおくぼけいによるユニット、1stアルバム発売”. 音楽ナタリー (2018年10月12日). 2018年11月8日閲覧。

参考文献[編集]

  • 樹液すする、私は虫の女 (1984年、勁文社
  • 戸川純の気持ち(宝島編集部編、1984年、JICC出版局
  • JUN TOGAWA GOES ON 〜ROOFTOP SPECIAL ISSUE〜 (2013年、Loft Project
  • テレビブロス『wikipedia本人確認 ウィキ道』 (2018年12月号、東京ニュース通信社

関連人物[編集]

  • 遠藤ミチロウ - アルバム「I.MY.ME:AMAMI」で「蛹化の女〜パンク蛹化の女」をカヴァー。LIVE DVD「Just Like a Boy」には、戸川純と共演した「21世紀のニューじじい」が収録された。
  • 後藤まりこ - 「平成の戸川純」と評され、新宿ロフトで「激突!戸川純VS後藤まりこ After the Drive to 2010」なるタイマン勝負イベントが行われた。後藤は公演後に『戸川さん、凄かった。直視できんかった。ほんま、凄かった。僕、彼女に、影響、受けてしまいそうやから、見たり、聴いたり、せんようにします。ほんま、凄かった。戸川純、とゆう人を、今まで、見ていなくて、よかった、と思いました。もし、見てたら、僕、影響、受けまくってた、と思います。かっこよかった。』などの感想を涙を流し語っていた。
  • 月乃光司 - 月乃の対談集に登場。また、ネットラジオ「オールニートニッポン」にて、戸川と2人でお悩み相談番組「ハート温泉」を放送。
  • 寺田創一 - 廃盤アルバム「KIMIGAYO」収録曲を昭和享年ライブオープニングで使用。「いかしたベイビー」でも使用。
  • 8 1/2 (バンド)(ハッカニブンノイチ) - 「少年たち」、「踊れない」、「戒厳令」は8 1/2由来。所属の泉水敏郎「LIFE STYLE」のアルバムに参加。
  • パール兄弟 - ハルメンズ時代から交流が深い。
  • ハルメンズ - 2ndアルバム「20世紀」にボーカルとして参加。また「レーダーマン」、「電車でGO」、「母子受精」、「昆虫群」(カバー曲名は「昆虫軍」)等の楽曲を多数カバーする。
  • BiS階段 - 非常階段BiSの合体ユニット。avex traxから「好き好き大好き」のカヴァーをリリースしている。
  • 平沢進 - 戸川は平沢の数々の楽曲に参加、逆に平沢もヤプーズに楽曲提供を行なう。平沢は「戸川純が居れば、下手な活動家は必要ないのではないか」と雑誌の対談で語った。戸川の楽曲と活動姿勢をリスペクトしており、雑誌上やTVで音楽やジェンダーに関する対談を行う等もしていた。平沢は「1番好きな戸川純の曲を定めるのは至難の業」としており、名曲の一つ「諦念プシガンガ」を「あれは神を作った神であります。」と語っている[1]。現在も互いを「盟友」としている。
  • 泯比沙子 - 「戸川純の再来」「博多の戸川純」など話題となる。デビューアルバム「LOVE&WAR」のレコーディングにはその当時ヤプーズに在籍していた吉川洋一郎と比賀江隆男、後に戸川純バンドやトリコミに在籍するホアチョなども参加。
  • ロリータ18号 - アルバム「NUTS THE ANIMAL」で「パンク蛹化の女」をカヴァー。

外部リンク[編集]

  1. ^ https://twitter.com/hirasawa/status/971003741557043201” (日本語). Twitter. 2021年10月12日閲覧。