ハルメンズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
ハルメンズ
出身地 日本の旗 日本
ジャンル ニュー・ウェイヴ
活動期間 1979年 - 1982年
レーベル ビクター音楽産業
1980年 - 1981年
公式サイト ハルメンズ★生誕30周年記念 オフィシャル ホームページ
メンバー 佐伯健三(Vokal)
比賀江隆男(Guitar)
石原智広(Bass)
旧メンバー 泉水敏郎(Drums)
上野耕路(Keyboard)
ハルメンズX
出身地 日本の旗 日本
ジャンル ニュー・ウェイヴ
活動期間 2016年 -
レーベル ビクターエンタテインメント
共同作業者 サエキけんぞう&Boogie the マッハモータース
吉田仁郎
ジョリッツ
公式サイト ハルメンズX オフィシャルHP
メンバー サエキけんぞう(Vokal)
泉水敏郎(Drums)
吉田仁郎(Produce)

ハルメンズは、かつて存在したニュー・ウェイヴバンド。パール兄弟ヤプーズの前身でもある。

この項目では、2016年から活動しているハルメンズXについても記述する。

ハルメンズ[編集]

概要[編集]

  • 1979年、少年ホームランズと8 1/2が合体して結成。
  • 1980年、「ハルメンズの近代体操」発売。
  • 1981年、「ハルメンズの20世紀」発売。この年に泉水と上野が実質上脱退。
  • 1982年、「ハルメンズの伝説」をもって解散。
  • 2010年10月20日、サエキけんぞうのプロデュースにより、ビクターエンタテインメントより「初音ミク sings ハルメンズ」がリリースされた[1]

メンバー[編集]

  • 佐伯健三(ボーカル)
    • ハルメンズ解散後、パール兄弟を結成し、ボーカルと作詞を担当した。現在は、ジョリッツとして活動している。
  • 比賀江隆男(ギター)
    • ハルメンズ解散後、ヤプーズを経て1980年代末期に引退。ヤプーズ在籍時には、ヤプーズのフロントマンだった戸川純を支援していた。
  • 石原智広(ベース)
    • ハルメンズ解散後、玉姫様の参加ミュージシャンを経て1980年代中頃に引退。現在の職業は、教師とのこと。

元メンバー[編集]

  • 泉水敏郎(ドラム)
    • ハルメンズ脱退後、ヒカシュー・東京ブラボー(サポート)・ヤプーズ・タイツ・Muscle Beat・HERE IS EDEN等を経て1990年代中頃に引退。しかし、2010年頃にドラマーとして復帰し、現在は、サエキと共に「ジョリッツ」のドラマーとして活動している。
  • 上野耕路(キーボード)
    • ハルメンズ脱退後、ゲルニカを経て捏造と贋作や上野耕路アンサンブル・オーケストラのメンバーとして活動。岡崎京子の描いた漫画の原作を基に制作された映画「ヘルター・スケルター」の映画音楽の制作を担当した。

ディスコグラフィ[編集]

アルバム[編集]

下記の2つはビクター音楽産業より発売されたレコードで、ディレクションは鈴木慶一

  • 『ハルメンズの近代体操』(1980年12月、SS115)
  • 『ハルメンズの20世紀』(1981年7月、SS116)

下記は結成30周年を記念して2010年にビクターエンタテインメントより発売されたCD。

  • 『21世紀さん sings ハルメンズ』(2010年10月20日、VICL-63567)
    • サエキけんぞう&Boogie the マッハモータースによるカバー
  • 『初音ミク sings ハルメンズ』(2010年10月20日、VICL-63566)
  • 『ハルメンズの近代体操+8』(2010年10月20日、VICL-70093)
    • 『ハルメンズの近代体操』に加えてデビュー前に作られたデモ音源を収録したアルバム
  • 『ハルメンズの20世紀+8』(2010年10月20日、VICL-70094)
    • 『ハルメンズの20世紀』に加えてスタジオライブ音源を収録したアルバム
  • 『ピンクの心+2』(2010年10月20日、VICL-70095)
    • 野宮真貴(ピチカート・ファイヴ)によるカバー

後述のハルメンズXのアルバム『35世紀』と同時に発売されたベストアルバム。

  • 『ハルメンズ・デラックス+11ヒストリー』(2016年9月21日、VICL-64638)
    • 11ボーナストラック(デモ音源・ライブ音源)

ライブ[編集]

ハルメンズX[編集]

概要[編集]

2016年8月、サエキけんぞう、泉水敏郎、Boogie the マッハモータース、ジョリッツ他から構成されるプロジェクトとしてハルメンズXが始動。 2016年9月21日、アルバム「35世紀」をリリース[2]

ディスコグラフィ[編集]

アルバム[編集]

  • 『35世紀』(2016年9月21日、VICL-64637)

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ ハルメンズ活動時に「ハルメンズ」の追っかけをしていた。後に、解散直前のライヴ「ハルメンズの伝説」にゲスト出演し、ハルメンズのラスト・アルバム「ハルメンズの20世紀」にコーラスとしてレコーディングに参加し、ハルメンズのキーボディストだった上野耕路と音楽ユニット「ゲルニカ」を結成し、ハルメンズを前身に結成されたヤプーズにボーカリストとして加入する事となる。

出典[編集]

  1. ^ ハルメンズを初音ミクが歌うカバー集、ジャケは公募で決定”. 音楽ナタリー (2010年7月26日). 2016年10月27日閲覧。
  2. ^ ハルメンズXのアルバムに鈴木慶一、野宮真貴、夢眠ねむ、古川未鈴ら参加”. 音楽ナタリー (2016年8月21日). 2016年10月27日閲覧。

外部リンク[編集]