カーネーション (バンド)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
カーネーション
CARNATION
出身地 日本の旗 日本
ジャンル ロック
活動期間 1983年 -
レーベル ナゴムレコード
(1984年)
徳間ジャパン
(1988年1992年)
日本コロムビア
(1994年2002年)
cutting edge
(2003年2004年)
ハリケーン・レコーズ
(2005年2008年)
Cosmic Sea Records
(2009年~)
日本クラウン
(2016年~)
公式サイト www.carnation-web
メンバー 直枝政広(ボーカルギター)
大田譲(ベース)
旧メンバー 矢部浩志(ドラムス)
棚谷祐一(キーボード)
鳥羽修(ギター)
馬田裕次(ベース)
坂東次郎(ギター)
徳永雅之(ドラムス)
小汲哲郎(サックス)
谷野晃一(キーボード)

カーネーションCARNATION)は、日本ロックバンド

日本国外に同名のバンドが存在するが、ここでは日本のバンドについて記述する。

来歴[編集]

音楽性[編集]

初期の頃はポップに成りきらない音楽性から「和製XTC」、あるいは「ムーンライダーズの弟バンド」などと呼ばれることもあったが[4]、5人組の黄金時代とも言えるコロンビア移籍後に[5]キャッチーな曲を収録した『EDO RIVER』を発表すると、ラジオでオンエアされることも増え[6]、シングル「It's a Beautiful Day」がスマッシュヒットする[7]。その後もアルバムを発表するごとに音楽性を変化させ続けている。

2002年以降、メンバーが3人(現在は2人)になってからは、より骨太でロック色の強いバンドサウンド[8]、人生を鋭く綴った歌詞[9]、「大人のロックバンド」とは言わせない[10]といわんばかりのタフなステージアクトで[11]、幅広い層のファンから熱い支持を受けている[12]

現在のメンバー[編集]

直枝政広(なおえ まさひろ、1959年8月26日 - )
東京都出身:リーダー、ヴォーカルギター、作詞作曲。東京造形大学卒。
1999年に直枝 政太郎(なおえ まさたろう)から本名に改名。
大田譲(おおた ゆずる、1960年1月20日 - )
鳥取県生まれ:ベースボーカル京都産業大学卒。
青山陽一や西村哲也らとGRANDFATHERSで活動。解散後の1992年に加入。愛称はユルズ。
大学時代の同期に三原重夫(ローザ・ルクセンブルグザ・スターリンメトロファルス)、先輩に玉城宏志(ローザ・ルクセンブルグ、マチルダロドリゲス)がいる。
坂本サトル坂本真綾の楽曲に参加している。

脱退したメンバー[編集]

矢部浩志(やべ ひろし、1963年12月21日 - )
石川県生まれ:ドラムパーカッション、作曲。
「ベスト・クラシックス」を経て、1985年加入。広末涼子石井竜也など数多くのアーティストのレコーディングやコンサートに参加。一方でメロディーメーカーとしてもセンスを発揮、ソロプロジェクトMUSEMENTを2007年より始動。
2008年9月から椎間板ヘルニアの治療に専念するため活動休養していたが、2009年1月末をもって脱退。本人曰く、脱退は肩書き上の変化に過ぎず、作曲活動に専念して支え合っていくという。趣味は映画鑑賞で、サイモン&ガーファンクルのファン。
2013年7月、鈴木慶一が率いるロックバンド「Controversial Spark」に参加。
棚谷祐一(たなや ゆういち、1962年1月6日 - )
茨城県生まれ:キーボード、ボーカル、作曲。武蔵野音楽大学出身。
1983年、関島岳郎栗コーダーカルテット)や北田かおる(cornets、現妻)と共に結成した「ドレミ合唱団」で活動後、1987年加入、2002年脱退。
スピッツ空気公団セロファンゲントウキ伊藤サチコ坂本サトルなどのプロデューサー・アレンジャーとしても有名。
脱退後はユニット「Dresser Animals」「Three Blind Moses」「i-Co-i」「Life Goes On」等で活動。現在は専門学校東京ミュージック&メディアアーツ尚美制作表現コース講師。映画「トテチータ・チキチータ」の音楽監督を務める。ビアテイスターの資格を持つ。
鳥羽修(とば おさむ、1965年7月1日 - )
東京都生まれ:ギター、作曲。
ユニット「モスキート」で活動していたが、鈴木博文の紹介で1991年加入、2002年脱退。
現在はタマコウォルズ、ガッタントンリズムのギタリストとして活動する傍ら、綿内克幸、青山陽一、GRANDFATHERSなどの作品でエンジニアを務める。カーネーションのアルバム「WILD FANTASY」も手掛けた。2012年には、カーネーション「天国と地獄」発売20周年記念ライブにゲスト参加している。
馬田裕次(まだ ゆうじ、1961年 - )
福岡県出身:ベース、ボーカル、作詞作曲。多摩美術大学卒。1983年加入、1991年脱退。
耳鼻咽喉科時代からのメンバー。初期のいくつかの楽曲で作詞や作曲を担当している。
坂東次郎(ばんどう じろう、1960年 - )
北海道出身):ギター、ボーカル。多摩美術大学卒。1984年加入、1990年脱退。
現在はバンドウジロウ名義でタイポグラフィ作家、グラフィックデザイナー、音楽家。ユニット「bandit」や「Pit Bit」などで活動。
THE BOOMのツアーなどに参加。
徳永雅之(とくなが まさゆき、1960年 - )
長崎県出身):ドラム東京藝術大学卒、同大学大学院修了。1985年脱退。
耳鼻咽喉科時代からのメンバー。現在は画家。バンド「連続協奏組合/RENKYO」のドラマー。「ムサシノep」のジャケットを手がけている。大学時代に所属していた軽音部にテルミン奏者溝口竜也がいる。
小汲哲郎(おぐみ てつろう)
サックス。1980年代に脱退。
耳鼻咽喉科時代からのメンバー。サックスを持っているという理由で加入。初期の楽曲や岡田徹の『海辺の名人』に参加し、脱退後も音楽業界で活動。
谷野晃一(たにの こういち)
キーボード。耳鼻咽喉科がカーネーションに改名した後に加入、『DUCK BOAT』製作前の1980年代に脱退。

作品[編集]

シングル[編集]

  1. 夜の煙突/カメラマンのヘリコプター/COW(1984年9月、インディーズ盤)
  1. It's a Beautiful Day /PARTY(1995年8月15日)
  2. 世界の果てまでつれてってよ /摩天楼に雪が降る(新宿西口下水道MIX)(1996年1月20日)
  3. グレイト・ノスタルジア /DRIVE(1996年4月20日)
  4. Garden City Life /1/2のミッドサマー(1996年7月20日)
  5. Superman /ニュー・サイクリング・ブギ/やめておくれ(car over the lake dub)(1996年10月10日)
  6. No Goodbye /I WANT YOU(1997年2月21日)
  7. New Morning /アポロ(Salvage Mix)(1997年9月20日)
  8. 愛する言葉 -Summer Children- /恋の不思議惑星(1998年7月1日)
  9. たのんだぜベイビー /Strange Days(1999年1月30日)
  10. REAL MAN /YOUNG WISE MEN (Tokyo Twilight Shuffle Version)/ぬけがらとかげろう(1999年9月1日)
  11. 恋するためにぼくは生まれてきたんだ /春よ来い(2000年1月21日)
  12. ANGEL /El Soldado(フリーダム! フリーダム! フリーダム!)/夜の煙突 (20th ANNIVERSARY PARTY VERSION)/シケイロスのように (RECORDING LIVE at DOORS)(2004年5月13日)
  13. スペードのエース /十字路/ROSE GARDEN/MY LITTLE WORLD (Live)/BLACK COFFEE CRAZY (Live)/LOW PRESSURE(2004年8月11日)
  14. 獣たち2005年7月6日、3枚同時リリース)
  15. ルネッサンス(2005年7月6日)
  16. LADY LEMONADE(2005年7月6日)
  17. WILD FANTASY /REAL MAN (Live)(2007年4月、アナログ盤)
  18. ジェイソン /Flange/恋するふたり(2009年4月15日)
  19. アダムスキー/メテオ定食(2015年12月16日、アナログ盤、2曲+下北沢GARDEN公演(2014年12月26日)のライヴ音源を追加したダウンロードコード付)

ミニアルバム[編集]

  1. ムサシノep (1998年3月21日、2枚組シングル)
    • 「One day/ムサシノ・ブルース/サンセット・サンセット」、「Hello, Hello/My Little World/アイ・アム・サル」(Live盤)
  2. VENTURE BUSINESS Vol.012002年10月16日)
    • 「愚か者、走る (Rainy Day Demo)/ハイウェイ・バス (Home Demo)/LEMON CREME (Live)/VENTURE BUSINESS SYMPHONY #1」
  3. VENTURE BUSINESS Vol.02 (2002年12月10日)
    • 「あらくれ/ぼうふら漂流族 (Rainy Day Demo)/ダイナマイト・ボイン (Live)/VENTURE BUSINESS SYMPHONY # "VENTURE CHRISTMAS TIME"」
  4. VENTURE BUSINESS Vol.032003年3月11日)
    • 「OOH ! BABY/放課後の屋上で (Rainy Day Demo)/VENTURE BUSINESS SYMPHONY #3 "VENTURE MASSAGE 4 U"/OOH! BABY (INSTRUMENTAL)」
  5. UTOPIA2011年11月16日)
    • 「UTOPIA/Electric Company/もうあきてしまった/Turn/女川 (INSTRUMENTAL)/未来の恋人たち (2011 Enoshima Session)/Edo River (2011 Enoshima Session)」

アルバム[編集]

  1. DUCK BOAT1986年2月21日1989年10月2日1995年3月1日再発、「カーネーション+政風会」名義)
  1. Young Wise Men1988年3月25日1995年10月10日1997年7月10日再発)
  2. GONG SHOW (1988年8月25日1994年12月15日1998年11月21日再発)
  3. エレキング1991年5月25日、1998年11月21日再発 デモ音源収録)
  4. 天国と地獄1992年8月25日、1998年11月21日再発 デモ音源Disc付、2012年5月9日 LIVE DVD付)
  5. EDO RIVER1994年8月21日2009年11月25日再発 Bonus Disc付)
  6. a Beautiful Day1995年8月19日、2009年11月25日再発 Bonus Disc付)
  7. GIRL FRIEND ARMY1996年8月21日、2009年11月25日再発 Bonus Disc付)
  8. booby1997年9月20日、2009年12月9日再発 Bonus Disc付)
  9. Parakeet & Ghost1999年2月10日、2009年12月9日再発 Bonus Disc付)
  10. LOVE SCULPTURE2000年2月19日、2009年12月9日再発 Bonus Disc付)
    • LOVE SCULPTURE II (2000年4月21日、アナログ盤)
  11. LIVING/LOVING2003年8月27日
    • LOVERS' FAVOURITES (2004年9月、アナログ盤)
  12. SUPER ZOO ! (2004年11月25日、初回盤のみDVD付)
  13. WILD FANTASY2006年7月26日
  14. Velvet Velvet2009年11月25日、初回盤のみDVD付)
  15. SWEET ROMANCE2012年9月19日、初回盤のみインストCD付)
  16. Multimodal Sentiment2016年7月13日、インストCD付)
  17. Suburban Baroque2017年9月13日、インストCD付)

ベスト[編集]

ライブ[編集]

BOXセット[編集]

  • EARLY YEARS BOX (2013年4月17日、最新リマスタリングを施した「DUCK BOAT」「YOUNG WISE MEN」「GONG SHOW」に未発表音源集「EARLY YEARS」を加えた4枚組)

映像作品[編集]

  • 17才(森高千里のバックバンドとして出演、1989年、VHS)
  • ナゴムレコードの黄金時代(「オレンジ・ボーイ」、「花園にすわる気持ち」収録、1992年、VHS)
  • the booby show(1998年2月28日、VHS)
  • For Beautiful Columbia Years 1994-2000 the booby show and clips(2004年8月25日、上記VHSと同内容のDVDとPV集の2枚組)
  • Hurricane Festival "LIVE & DOCUMENT"(2005年12月23日、DVD)
  • ROCK LOVE(2005年3月5日、映画、DVD)

関連作品[編集]

  • 鈴木博文 「Wan-Gan King」(演奏、1987年10月5日)
  • THE SUZUKI 「meets GREAT SKIFFLE AUTREY」(演奏、1994年4月1日)
  • 加藤いづみ「Sad Beauty」(演奏、作詞作曲、1997年10月17日)
  • トッドは真実のスーパースター(トッド・ラングレン・トリビュートアルバム、「a dream goes on forever」のカバーで参加、1997年)
  • ブレッド&バター 「BB★C」(演奏、作詞、アレンジなどで参加、1998年)
  • man-hole オリジナルサウンドトラック(メンバーが演奏、2001年4月9日)
  • Smells Like Teenage Symphony(コンピレーションアルバム、5人メンバーでの最後の曲「長い休日」収録、2002年3月27日)
  • キリンジ 「YOU AND ME」(メンバーが参加、2004年)
  • 安藤裕子 「水色の調べ」(メンバーが参加、2004年)
  • 浅田信一 「モアベター・スマイル」(M2・6 演奏、アレンジ、ツインボーカルで参加、2005年)
  • 鈴木祥子 「鈴木祥子」(M6-8 演奏、2006年1月25日)
  • GO-GO KING RECORDERS ORIGINAL RECORDINGS vol.1(「ハリケーン」のロングバージョン収録、2006年3月22日)* ナゴム ポップスコレクション(「夜の煙突」、「カメラマンのヘリコプター」、「COW」のシングルヴァージョン収録、2006年3月23日)
  • ロック画報 第24号(未発表音源収録CD付録、2006年6月26日)
  • 耳鼻咽喉科 「偉大(はずかしく)なる2年 Anthology 1981-1983」 (CD2枚組+DVD1枚、WEBとライブ会場のみ特典CD付き、2009年11月25日)
  • カーネーション・トリビュート・アルバム「なんできみはぼくよりぼくのことくわしいの?」(メンバー、元メンバーも演奏・プロデュース等で参加、2013年)

その他[編集]

  • がんばれナイジェル
  • MADNESS YEARS vol.1
  • DES 120 JOURNESS SODOME/ERCURE
  • SKYSCRAPER
  • 12/12
  • 3PIECE OF CARNATION
  • LIVING/LOVING DEMO #001
  • SUPER ZOO DEMO
  • ハリケーン設立記念おまけCD

タイアップ[編集]

その他[編集]

出典[編集]

  1. ^ このバンド名を自分で命名していたと思っていた直枝政広が、後に他の人が付けたと知り安堵している (耳鼻咽喉科のベストのブックレット)
  2. ^ 公式サイトの耳鼻咽喉科「偉大(はずかしく)なる2年 Anthology 1981-1983」の紹介文(2009年8月31日)
  3. ^ 直枝と大田のインタビュー(ナタリー
  4. ^ リイシュー盤「天国と地獄」のライナー
  5. ^ 公式サイト、ニュース(2009年9月10日)
  6. ^ 「Edo River」や「ローマ・函館」など(Neowing「EDO RIVER (Deluxe Edition)」内容紹介)
  7. ^ Kiss-FM KOBEの番組「キスナーズ・チャート・アタック」で3位
  8. ^ 「LIVING/LOVING」レビュー(CDジャーナル、2003年9月)
  9. ^ 公式サイトのプロフィール
  10. ^ ライブ「ROCK LOVE」の直枝政広の宣言文(2006年12月9日)
  11. ^ 直枝政広インタビュー直枝政広セレクトのプレイリスト&特集インタビュー
  12. ^ 「ミュージックシェルフ」による記事(2009年9月11日)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]