パール兄弟

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
パール兄弟
出身地 日本の旗 日本
ジャンル
活動期間
レーベル
事務所 パール兄弟社
公式サイト 公式ウェブサイト
メンバー
旧メンバー

パール兄弟(パールきょうだい)は、日本のロックユニット。1983年結成。1986年デビュー。

1988年10月マネージメント・オフィス「パール兄弟社」設立。

ユニット名のとおり、メンバーが「兄弟」である設定にしている。

メンバー[編集]

  • 2006年9月から、サエキ(Vo)、窪田(G)、バカボン(B)のトリオ編成(2006年2月 - )で活動後、2013年7月10日「お元気ですか?30th…集合は高円寺!」(@高円寺ShowBoat)にて、一時バンドを離れていた松永(ds)、矢代(key)が加わった5人編成でのライブを開催。今後このメンバーで定期的に活動することを宣言して現在に至る。
名前 読み 生年月日 出身地 担当 備考
佐伯健三
→サエキけんぞう
さえき けんぞう (1958-07-28) 1958年7月28日(64歳) 千葉県市川市 長男
ボーカル
窪田晴男 くぼた はるお (1959-09-18) 1959年9月18日(63歳) 東京都杉並区 次男
ギター
1990年に「勘当」[注釈 1]
2003年の再始動時から正式にメンバーとして復帰しているが、実際にはサエキのソロプロジェクトとなった1994年のアルバム「貝殻のドライヴ」にゲスト参加して以降、サエキ名義の作品には参加し続けており、実質的に一番長く行動を共にしている。
バカボン鈴木 バカボンすずき (1956-09-28) 1956年9月28日(66歳) 東京都 三男
ベース
メトロファルスで、1985年にパール兄弟に加入した。
オムニバスアルバム『White Album '90』に参加したあと音楽性の違いから1991年に「勘当」[注釈 1]
1994年のFlip Flop Lover(サエキ、窪田、バカボンのユニット)、2003年の「宇宙旅行」等の参加を経て、2006年の再始動時にメンバー復帰。
松永俊弥 まつなが としや (1959-09-18) 1959年9月18日(63歳) 静岡県 四男
ドラムス
1986年加入。
1993年発表の『公園へ行こう』まで在籍後、2013年のライブからメンバー復帰。
矢代恒彦 やしろ つねひこ (1960-09-24) 1960年9月24日 - (2022-09-27) 2022年9月27日(62歳没) 大阪府枚方市 五男
キーボード
サポートメンバーとして参加後、1990年加入。
1993年発表の『公園へ行こう』まで在籍後、2013年のライブからメンバー復帰。
2022年9月27日、数年前より患っていた前立腺癌から多臓器への転移による病状悪化により死去したことを音楽関係者らがSNSで明らかにした[1]。62歳没。

元メンバー[編集]

名前 読み 生年月日 出身地 担当 備考
中原信雄 なかはら のぶお (1957-02-01) 1957年2月1日(65歳) 東京都 ベース FILMSヤプーズ
1985年1月脱退。
濱田康史 はまだ やすふみ ドラムス 元VOICE、ヴァリエテ
1985年脱退。
林部直樹 はやしべ なおき (1965-07-29) 1965年7月29日(57歳) ギター 現・米米CLUB
1990年、窪田晴男勘当後の「やろうぜブラザー」ツアー、オムニバスアルバム『White Album '90』のレコーディングに参加。

リーマンズ[編集]

サラリーマン・スーツ姿で、パール兄弟のバックで踊っていたダンシングチーム。

ラッキィ池田を中心に、京浜兄弟社加藤賢崇、中嶋勇二)、手塚眞ECDらが参加していた。1988年にはパール兄弟プロデュースによるシングルCD『リーマン革命』を発売。

ディスコグラフィー[編集]

シングル[編集]

発売日 タイトル B面 規格 規格品番
ポリドール・レコード
1st 1986年11月25日 鉄カブトの女 バカヤロウは愛の言葉 (ディスコ・タイプ)
◯◯◯娘 (サエキ用カラオケ)
12inch 12MX-1254
2nd 1987年3月25日 ケンタッキーの白い女 風にさようなら[注釈 2] EP 7DX-1482
3rd 1987年9月25日 ヨーコ分解 LIFE=事務
TON・TON・TON
12inch 13MX-1280
4th 1989年9月6日 色以下 サーフィンTokyo
バカボンのBACK YOU
TOYVOX (エナジーMIX)
Maxi H00P-20345
5th 1990年5月25日 PANPAKAクルージング ELECTRIC WAVE (ライブ) 8cmCD PODH-1010
ワーナーミュージック・ジャパン / WARNER RECORDS
6th 1992年2月25日 君にマニョマニョ 秒速ラヴ 8cmCD WPDL-4276
7th 1993年5月25日 サンデーナイトはin the パーク ♡はトランシーバー 8cmCD WPDL-4344

ビデオシングル[編集]

発売日 タイトル 規格 規格品番
ポリドール・レコード
1st 1989年3月16日 タンポポの微笑み VHS+8cmCD W00V-5002

アルバム[編集]

オリジナルアルバム[編集]

発売日 タイトル 規格 規格品番
ポリドール・レコード
1st 1986年6月25日 未来はパール LP 22MX-1242
CD H33P-20086
2nd 1987年3月25日 PEARLTRON LP 28MX-1263
CD H33P-20144
3rd 1988年2月25日 BLUE KINGDOM LP 28MX-1290
CD H33P-20236
4th 1989年4月7日 TOYVOX LP 00MX-1302
CD H00P-20317
5th 1990年6月25日 六本木島 CD POCH-1013
ワーナーミュージック・ジャパン / WARNER RECORDS
6th 1992年2月25日 大ピース CD WPCL-633
7th 1993年4月25日 公園へ行こう CD WPCL-753
アルファミュージック
8th 1994年12月7日 貝殻のドライヴ[注釈 3] CD ALCA-5022
KAHAKAI RECORDS
9th 2003年3月26日 宇宙旅行 CD XACA-2002
Pearlnet Records
10th 2020年10月14日 パール玉 CD PEAR-5006

ミニアルバム[編集]

発売日 タイトル 規格 規格品番
ポリドール・レコード
1st 1987年11月25日 PEARL & SNOW CD H30P-20221
Pearlnet Records
2nd 2018年4月25日 馬のように CD PEAR-5003
3rd 2019年6月19日 歩きラブ CD PEAR-5004

リミックスアルバム[編集]

発売日 タイトル 規格 規格品番
ワーナーミュージック・ジャパン / WARNER RECORDS
1st 1992年7月25日 LOUD, BOOOST & SWIM! CD WPCL-665

ライブアルバム[編集]

発売日 タイトル 規格 規格品番
ポリドール・レコード
1st 1991年6月25日 ブートレグだよ CD POCH-1088
Pearlnet Records
2nd 2016年9月 Live miracle パール兄弟-30th Anniversary-[注釈 4] CD PEAR-5001/2
Pearlnet Records
二人パール兄弟 名義
2nd 2019年12月11日 DELAY CD PEAR-5005

ベストアルバム[編集]

発売日 タイトル 規格 規格品番
ポリドール・レコード
1st 1989年12月1日 ベスト・レシピ CD H29P-20362
2nd 1992年1月25日 完璧なベスト CD POCH-1125
ユニバーサルミュージック
3rd 2004年9月8日 GOLDEN☆BEST パール兄弟 CD UPCY-6021

サウンドトラック[編集]

発売日 タイトル 規格 規格品番
Victor Entertainment
1st 2006年8月23日 「N・H・Kにようこそ!」O.S.T. ダークサイドにようこそ! CD VICL-62040

参加作品[編集]

発売日 商品名 楽曲 備考
1990年11月10日 White Album'90 パール兄弟 「FIGHT THE CHRISTMAS」 ポリドールが企画したクリスマスをテーマにしたオムニバス・アルバム
2006年11月22日 「N・H・Kにようこそ!」サウンドコレクション サニーサイドにようこそ! 「穴の↓は真っ黒け」 テレビアニメ『N・H・Kにようこそ!』関連曲
「秘密の線を引く奴等」
「お前と俺の炎上道路」
「君のコロナに包まれたい」
「午睡にたらす釣り糸」
「水晶体波乱」
「僕らがいつも帰る場所」
「魔剣よ世界を切り開けろ」
「DIGバトルDIG」
「曇り後、道のり」
「はぴねすにようこそ!」
「「休憩」は甘すぎる言葉」
「天使は涙と翼を落とす」
「独りのためのララバイ」
「陽炎列車」
「恋は放課後のように」
「終を見つめる瞬間」
「ラトリアムにようこそ!」
「もどかしい世界の上で -piano ver.-」

映像作品[編集]

  1. パール兄弟 AT HOME(1988年4月25日)
  2. LIVE-VOX(1989年10月1日)
  3. 超ラッキー(1992年2月25日)
  4. 真珠とモノクロ(2003年12月)

タイアップ一覧[編集]

起用年 楽曲 タイアップ 収録作品
1989年 色以下 マツダファミリア」CMソング シングル「色以下」
1992年 君にマニョマニョ テレビ東京系『浅草橋ヤング洋品店』オープニングテーマ シングル「君にマニョマニョ」
1993年 サンデーナイトはin the パーク フジテレビ系『大石恵三』オープニングテーマ[3] シングル「サンデーナイトはin the パーク」

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ a b 兄弟なので「脱退」はできないため「勘当」扱いとなった。
  2. ^ 前年に自殺した岡田有希子に捧げるレクイエムとなっている。
  3. ^ 事実上、サエキけんぞうのソロユニットという扱いで発表したアルバムで、特別ゲストとして窪田晴男Dub Master Xが参加している[2]
  4. ^ ケツジツ powered by カドカワストアの協力の元、多くのクラウドファンディングによってリリースされた。

出典[編集]

  1. ^ s-ken(エスケン) twitter - S-KEN Twitter 2022年9月30日付
  2. ^ パール兄弟 / 貝殻のドライヴ[廃盤]”. CDジャーナル. 音楽出版社. 2022年2月24日閲覧。
  3. ^ サンデーナイトはin theパーク|パール兄弟”. ORICON STYLE. 株式会社oricon ME. 2022年2月24日閲覧。

外部リンク[編集]