京浜兄弟社

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

京浜兄弟社(けいひんきょうだいしゃ)は、1980年代から1990年代にかけて活動していた、テクノ歌謡バンド「東京タワーズ」のファンクラブと、ファンクラブを母体に集まり発展した音楽家映像作家デザイナーなどクリエイターの集団。

概要[編集]

京浜兄弟社とは1980年代初頭、渋谷にあったナイロン100%CSV渋谷などの店に足繁く出入りしていた、テクノポップニューウェイブプログレなどの音楽や、ミニシアター系の映画を愛好する人々が集まったグループである。その多くはミュージシャン、自主映画制作、漫画家など、クリエイターの卵たちであり、ライブ活動、自主制作レコード、映画制作、イベント企画、ミニコミ発行などの活動をしていた。

中心となるバンド「東京タワーズ」の周辺には、音楽、映画、文学のみならず多岐に渡ったクリエーターがいた。そもそもは常盤響が作った「東京タワーズファンクラブ」が京浜兄弟社であった。その後、東京タワーズを中心にファンも関係者も渾然一体となり、京浜兄弟社と称されるようになる。

1991年に法人化し、初代代表取締役岸野雄一が就任した。1993年には高円寺に中古レコードショップ「マニュアル・オブ・エラーズ」を開店。モンドショップとして多くのマスコミに取り上げられた。店名の由来はスネークフィンガーの3枚目のアルバム「マニュアル・オブ・エラーズ」に由来する。

その後、山口優(EXPO)主宰の職業作曲家集団「アルトキスタジオ」にいた岡村みどり蓮実重臣に、当時ムーンライダーズの事務所「RANCH」にいた松前公高が加わり、音楽制作会社「マニュアル・オブ・エラーズ・アーティスツ」へと発展した[1]

レコード店はその後、マニュアル・オブ・エラーズ・アーティスツが経営する「マニュアル・オブ・エラーズ・ソノタ」が当初のモンド、ストレンジ、ラウンジ路線を継承し、高円寺に店舗を構える「ホームエラーレコード」はブラジルをはじめとする中南米音楽中心の品揃えとなっている。

京浜兄弟社自体は、録音物としてはアルバム1枚を残すのみであったが、2015年に京浜兄弟社周辺の1982年から1994年にかけての音源をまとめたCD10枚組ボックスセット『21世紀の京浜兄弟者』がリリースされた。京浜兄弟社についての詳細が、付録のファミリーツリーと主要メンバーによるインタビュー集にまとめられている。

京浜兄弟社の主要メンバー[編集]

作品[編集]

レコード/CD[編集]

  • 誓い空しく
  • Drive To Heaven, Drive To Chaos(1989 WAVE/V.A.)
  • ハレはれナイト(V.A.)
  • 21世紀の京浜兄弟者

自主映画[編集]

映画出演・協力[編集]

ファッションショーライブ出演[編集]

  • ANKO(パフォーマー加藤真治と共演)

関連する人物・グループ・レーベル等[編集]

※DrillSpinより[2]

出典[編集]

参考文献[編集]