ECD (ミュージシャン)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
ECD
出生名 石田 義則[1]
生誕 (1960-03-29) 1960年3月29日[2]
出身地 日本の旗 日本 東京都[3]
死没 (2018-01-24) 2018年1月24日(57歳没)
ジャンル ヒップホップ
職業 ラッパー
音楽プロデューサー
DJ
活動期間 1987年 - 2018年
レーベル Major Force
Pヴァイン
cutting edge
Final Junky
共同作業者 イルリメ

ECD(イーシーディー、本名:石田義則、1960年3月29日 - 2018年1月24日[4])は、日本ヒップホップミュージシャンである。妻は写真家の植本一子[5]

経歴[編集]

1960年3月29日[2]東京都に生まれる[3]。10代の頃、劇団キラキラ社に所属していた[6]

1982年、ジョン・ライドンのインタビューでグランドマスター・フラッシュを知り、ヒップホップに興味を持った[6]。1986年、RUN D.M.C.の初来日公演を見て、ラッパーになることを決意した[6]。1987年に音楽活動を開始[7]。1989年、ヒップホップ・イベント、CHECK YOUR MIKEを主催した[3]

1990年、シングル「Pico Curie」でデビュー[6]。1992年、初アルバム『ECD』をリリースした[6]。1996年、日比谷野外音楽堂にてさんピンCAMPを主催した[8]

2007年、松本哉が主催した高円寺駅前の政治運動にラッパーとして参加した[9]。2008年、写真家の植本一子と結婚し[10]、その後2人の女児をもうけた。2011年、反原発活動に参加[11]。同年、楽曲『反原発REMIX』を発表した[12]。2012年、アルバム『Don't Worry Be Daddy』が発売された[13]

2013年、イルリメとの共作楽曲「The Bridge 反レイシズムRemix」を発表[14]。そのほか、レイシストをしばき隊に同調するなど、反レイシズムの活動に関わっている[14]。2016年、自身のTwitterで進行性のがんであることを公表した[15]。2017年、2000年以降に発表された楽曲から選曲したベスト・アルバム『21世紀のECD』をリリースした[16]

2018年1月24日死去[4]。57歳没。

ディスコグラフィー[編集]

スタジオ・アルバム[編集]

  • ECD(1992年)
  • Walk This Way(1993年)
  • ホームシック(1995年)
  • Big Youth(1997年)
  • Melting Pot(1999年)
  • Thrill of It All(2000年)
  • Season Off(2002年)
  • 失点 in the Park(2003年)
  • Final Junky(2004年)
  • 2Pac(2005年) (ECDILLREME名義でイルリメとの共作)
  • Crystal Voyager(2006年)
  • Fun Club(2008年)
  • 天国よりマシなパンの耳(2009年)
  • Ten Years After(2010年)
  • Don't Worry Be Daddy(2012年)
  • The Bridge 明日に架ける橋(2013年)
  • FJCD-015(2014年)
  • Three Wise Monkeys(2015年)

コンピレーション・アルバム[編集]

  • ECD/Master(2003年)
  • ECDのPrivate Lesson in Control キング編(2005年)
  • ECDのPrivate Lesson in Control コロムビア編(2005年)
  • 21世紀のECD(2017年)

ライヴ・アルバム[編集]

  • Summer Madness / Live at Slits(1995年)
  • Session Impossible(2004年) (2004年5月1日、渋谷O-nestに円盤ジャンボリーで行われたイリシット・ツボイと久下恵生とのライヴを収録)

リミックス・アルバム[編集]

  • ECDのRemixes Vol. 1 Cutting Edge(1997年)

シングル[編集]

  • Pico Curie(1990年)
  • 漫画で爆笑だあ!完全版(1992年)
  • Do the Boogie Back(1995年)
  • Cutting Edge(1997年)
  • Direct Drive(1998年)
  • S.S.S.(2003年)
  • 言うこと聞くよな奴らじゃないぞ(2003年)
  • ECDのロンリーガール(2013年)
  • The Bridge 反レイシズムRemix(2013年) (ECDILLREME名義でイルリメとの共作)

DVD[編集]

  • ECDVD(2004年)

ゲスト参加[編集]

  • スチャダラパー『タワーリング・ナンセンス』(1991年)
    • 12. ROCK! ロック雑誌 (高木完と共にゲスト参加)
  • DJ DOC. HOLIDAY『THE RHYTHM.THE REBEL』(1992年)
  • ACROBAT BUNCH『玄人はだし』(1993年)
    • 2. 少年ロック
    • 3. ME AND A・B
  • キミドリ『キミドリ』(1993年)
  • 濱田マリ『フツーの人』(1995年)
    • 6. わたし いのしし (ILLICIT TSUBOIと共同プロデュース)
  • 四街道ネイチャー『V.I.C.TOMORROW』(1998年)
    • 10. TAKE CARE OF YOUR ONAKA (おなか大切に'98) feat.ECD, CQ
  • TSUTCHIE『THANKS FOR LISTENING』(2002年)
    • 10. ダイアルQ-エスト (featuring ECD)
  • CHARM×U.G MAN『SOME SECRET』(2006年)
    • 13. セシオン(WITH ECD)
  • 突然段ボール『D』(2008年)
    • 8. 開発の跡地
  • マイクアキラ『THE RAP IDOL』(2009年)
    • 5. Keep On and Go
  • Filastine『Dirty Bomb』(2009年)
    • 11. hungry ghosts
  • ELEKTRO HUMANGEL『FOREVER AFTER』(2009年)
    • 9. LAND OF THE DEAD
  • O2『STAY TRUE』(2009年)
    • 7. 火星呆景
  • 田我流『B級映画のように2』(2012年)
    • 10. Straight outta 138
  • Filastine『LOOT』(2012年)
    • 4. Lost Records (with ECD)
  • DJ PMX『THE ORIGINAL II』(2012年)
  • SOAKUBEATS『NEVER PAY 4 MUSIC』(2012年)
    • 4. ラップごっこはこれでおしまい feat. ECD
  • 加山雄三『加山雄三の新世界』(2017年)
    • 8. 君といつまでも (Together Forever Mix) feat. ECD x DJ Mitsu the Beats

オムニバス参加[編集]

  • TOKYO DISKJOCKEY'S ONLY(1990年)
  • MAJOR FORCE COMPACT VOL.2(1990年)
    • 2. CHECK YOUR MIKE
  • RHYTHM CD I(1992年)
    • 2. FOR THE BOYS (REMIX)/DJ DOC. HOLIDAY featuring ECD, MC JOE, YOU THE ROCK
  • CHECK YOUR MIKE(1992年)
    • 1. インテンポ
    • 6. デッドストック
    • 13. 青い目のエイジアン (OKIYAMA BASS MIX)
  • THE BEST OF HIPHOP 1995(1995年)
    • DISC2: LIVE AT SLITS UNRELEASED TRACKS (『SUMMER MADNESS / LIVE AT SLITS』に未収録の「DO THE BOOGIE BACK」と「バイブレーション」のライヴを収録)
  • さんピンCAMP(1996年)
    • 1. 銭の花/ECD・四街道ネイチャー
    • 11. TOKYO TOKYO(通称ダンプカー)
  • MAJOR FORCE CLASSICS(1997年)
    • DISC1-2. HAND MADE
  • FAR EAST COASTING〜NON STOP MIXED BY DJ MASTERKEY〜(1998年)
    • 6. ECDのロンリー・ガール/ECD feat. K DUB SHINE
    • 15. MASTER KEY'S PARTY/cutting edge ALL STARS
    • 12. MASS 対 CORE/ECD feat. TWIGY, YOU THE ROCK
  • PUNCH THE MONKEY! 2(1999年)
  • 山下毅雄の全貌 MISSION 4 ヤマタケマニア(1999年)
    • 7. ジャイアントロボ
  • CREATION REBEL - THE BEST OF CUTTING EDGE HIP HOP 1995〜2000(2000年)
    • DISC1-3. MASS対CORE
    • DISC1-7. Cutting Edge
    • DISC1-10. Master Key's Party/cutting edge ALL STARS
    • DISC1-12. Winter Sadness
    • DISC2-3. 俺達に明日は無い
    • DISC2-5. ECDのAfter The Rain
    • DISC2-8. ECDのロンリー・ガール
    • DISC2-14. Tokyo Tokyo '97
  • 友達以上・恋人未満・テレビ以下(2003年)
    • 2. 下北LOVE
  • RAW LIFE WHERE'S YOUR CHILD?(2006年)
  • U.F.O. Club Tokyo Japan Vol.4(2008年)
  • 160OR80(2013年)
    • 5. Far from Chicago Beat by D.J.G.O.

著書[編集]

関連書籍[編集]

脚注[編集]

  1. ^ ECD『テン・イヤーズ・アフター』(P-Vine)”. クッキーシーン (2010年6月11日). 2013年10月1日閲覧。
  2. ^ a b ECD - 3月26日〜4月9日 - 「ECDの休日」Vol.5”. PUBLIC-IMAGE.ORG (2010年4月13日). 2013年10月1日閲覧。
  3. ^ a b c ECD インタビュー”. Musicity (2012年4月17日). 2013年10月1日閲覧。
  4. ^ a b ECDさん死去 57歳 日本語ラップの先駆者”. ORICON NEWS (2018年1月25日). 2018年1月25日閲覧。
  5. ^ ECDの妻、植本一子の家計簿ブログ「働けECD」書籍化”. 音楽ナタリー (2011年8月9日). 2013年10月1日閲覧。
  6. ^ a b c d e 地引雄一×ECD『NO NEW YORK 1984-91』公開記念トークイベント「あのシーンはもう一度作ろうとしても絶対に無理なんだ」”. webDICE (2009年5月20日). 2017年9月22日閲覧。
  7. ^ ECDの進行性癌との闘病ドキュメンタリー「がんばれECD」が公開”. Spincoaster (2017年2月1日). 2017年9月23日閲覧。
  8. ^ 日本語ラップ先駆者ECDに年内にも第一子誕生”. ORICON NEWS (2008年4月18日). 2013年10月1日閲覧。
  9. ^ ECD 選挙演説に乱入しゲリラライブ決行”. 音楽ナタリー (2007年4月18日). 2013年10月1日閲覧。
  10. ^ ECDが写真家の植本一子と本日入籍”. 音楽ナタリー (2008年6月4日). 2017年9月22日閲覧。
  11. ^ ECD、アジカン ゴッチ、山本太郎ら、首相官邸前で「原発再稼働反対!」抗議の叫び”. BMR (2012年4月23日). 2013年10月1日閲覧。
  12. ^ ノーモア原子力発電所! ECDが反原発ソングYouTubeで公開”. 音楽ナタリー (2011年4月18日). 2013年10月1日閲覧。
  13. ^ ECDニューアルバム『Don't worry be daddy』は、極太ビート&赤裸々な日常描写”. CINRA.NET (2012年2月3日). 2013年10月1日閲覧。
  14. ^ a b ECD|INTERVIEW”. Amebreak (2013年4月18日). 2013年10月1日閲覧。
  15. ^ “ECDが進行性がんを告白”. 音楽ナタリー. (2016年9月9日). http://natalie.mu/music/news/201277 2016年9月9日閲覧。 
  16. ^ これがECDの地層、「21世紀のECD」集めたベスト盤”. 音楽ナタリー (2017年1月24日). 2017年9月22日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]