ラッキィ池田

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ラッキィ池田
本名 池田新一
生年月日 (1959-10-25) 1959年10月25日(57歳)
出身地 日本の旗 日本 東京都墨田区
血液型 B型[1]
身長 170 cm(2005年時点)[1]
方言 共通語
最終学歴 獨協大学法学部中退
相方 サッシィ池田(実弟)
活動時期 1984年 -
公式サイト ラッキィ池田 オフィシャルサイト

ラッキィ池田ラッキィいけだ1959年10月25日 - )は、日本振付師タレント東京都墨田区出身。東京都立江戸川高等学校卒業、獨協大学法学部中退。本名は池田 新一(いけだ しんいち)。

経歴[編集]

映画サタデー・ナイト・フィーバー』に影響を受けてディスコ通いを始め、そこで自己流のダンスを確立し、鈴木晋介らと小劇団で俳優としても活動。1984年スネークマンショー』のオーディションに合格しダンサーとしての出演。更に彼らの「楽しいテレビ」の振り付けを行い、振付師としてのキャリアを始める。また翌1985年手塚眞監督の映画『星くず兄弟の伝説』で、俳優としてもデビュー1986年には森雪之丞のプログレッシブ・ダンス・バンドユニット「マイティ・オペラ」に参加。ボーカル兼ダンサーとして注目を集める。

その後芝居コント、音楽ユニット「リーマンズ」(パール兄弟のバックダンス・チーム)など多岐に活動し、この頃共演する機会があった関根勤と交友を得て、関根と小堺一機コサキン)のラジオ番組に登場し、その独特なキャラクターとラジオでダンスをするという破天荒なパフォーマンスがうけ、更に1989年アーノルド・シュワルツェネッガーがヤカンを持って踊る日清食品カップヌードル』のTVコマーシャルや、自身がテレビに登場する際の奇抜なファッションが注目されブレイク、独特のキャラクターのタレントとしてバラエティ番組に多数出演した。

現在でもラジオレポーターや関根主宰の『カンコンキンシアター』などでタレント活動を行っているが、本業であるTV番組・コマーシャルや舞台などの振り付けにも力を入れ、また吉本総合芸能学院(NSC)講師も務めている。

人物[編集]

  • 芸名は「ラッキー」ではなく「ラッキィ」が正しい。姓名判断で「ラッキー池田」では身を滅ぼす、と言われたため画数を変えたという。
  • 関根やルー大柴の親友で『カンコンキンシアター』のメンバーであるため、よく関根やルーらと同じ浅井企画所属のタレントだと誤解されがちだが、浅井企画に所属したことはない(1995年から2005年4月まではオスカープロモーションに所属し[2][1][3]、その後はフリーで活動)。
  • かつては「振り付け仮面」というキャラクターを演じたこともある。
  • 独特の服装である「ラッキィ池田ルック」は子供用のゾウさんのじょうろを頭上に乗せてで縛りつけ、ヘビのおもちゃを体に付けて、白いハイソックスを穿き「ギャッフーン!気になるよぉー!」と言いながら踊りまくる。
  • 親友のルー大柴に似た独特のくねくねとした動き(振り付けも、また自身で披露するダンスなども)が特徴。
  • 実弟であるサッシィ池田(ラッキィの実家はガラス屋[4]であることに由来)と、「ブリーフブラジャーズ」なるパフォーマンスユニットを結成し活動していたこともあった。
  • AV女優として活躍した青山ちはると周囲の理解もあり結婚したが、短期間で離婚した。その時も例のごとく「ラッキィ池田ルック」で、悲しみを込めて「ギャッフーン!気になるよぉー!」と踊りながら離婚会見を行ったが、このパフォーマンスは周囲の失笑を買い、また不用意な発言もあって人気は急落、しばらくは仕事に恵まれず混迷し相当悩んだと言う。心配したルー大柴は『浅草橋ヤング洋品店』に「男の涙は屋台で泣け」と言うコーナーを設けてラッキィを出演させ、未練を断ち切らせた。
  • 赤ちゃん向け番組『いないいないばあっ!』の振り付けを長く担当しているが、そこで同じく振り付けをしていたダンサーの彩木エリと再婚、今でも夫婦で番組の振り付けを担当、またともに空手を嗜んでいる。
  • 今までの仕事仲間たちと草野球チームを作り、休日には試合をすることもある。ラッキィは投手で右投げ左打ち、背番号は29。背番号は好きなプロ野球選手である、北海道日本ハムファイターズ芝草宇宙現スカウトが日本ハムの選手時代に着けていた背番号にあやかったものであり、芝草も元来から右投げ左打ちである。
  • CMにおいて、世界で初めてロボットに振付けをした(腕だけの工作ロボット)。

活動[編集]

振付[編集]

歌手[編集]

CM[編集]

TV[編集]

映画[編集]

VHSビデオ[編集]

  • ジェットマン体操(1992年)(『鳥人戦隊ジェットマン』ビデオ第10・11巻、DVD第1巻に映像特典として収録)
  • ダイレンジャー体操(1993年)(単体で販売専用ビデオとして発売。DVDには未収録)

番組の主題歌にあわせて体操をする趣旨のビデオであるが、両方ともあまり本編とは関係のない振り付けで「体操」というより「ダンス」に近い。

その他[編集]

1999・2000年にはチア・ドラゴンズの振り付けも担当していた。

  • 「宮おどり」「新富士宮音頭」 ※富士宮市制施行50周年を記念して振り付けをする。
  • 「ラッテちゃんダンス」(ラッテフレンズ) ※BSS山陰放送のマスコットキャラクターのPRソングの振り付け。
  • 「タンス・タンス・ダンス!」(メガマックス)[7]

自身の出演[編集]

テレビ[編集]

ラジオ[編集]

CM[編集]

CD[編集]

  • インチキじゃない - オリジナルビデオ「ギャッフーン!ラッキィ池田の振り付け仮面」テーマ曲。東京スカパラダイスオーケストラによる演奏。
  • ラテンの如く/PSYCHEDELIC SOUND PARADISE - 関根勤、ルー大柴とのユニット「オラ・セラル」名義。ただし、当時の所属事務所(あるいはレコード会社の契約期間)の関係により、覆面を付けた「謎のイタチ野郎」と名乗っての参加。
  • 上等だコラッ! - 「元祖一発屋」として。

PV[編集]

商品[編集]

  • ヘビー級ニョロレスリング

舞台[編集]

著書[編集]

  • 『バカ哲学者』風塵社 1999
  • 『「思わず見ちゃう」のつくりかた 心をつかむ17の「子ども力」』新潮社、2017年

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c プロフィール”. オスカープロモーション. 2005年2月6日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年2月17日閲覧。
  2. ^ プロフィール一覧”. オスカープロモーション. 2005年3月5日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年2月17日閲覧。
  3. ^ 出演歴”. オスカープロモーション. 2005年2月6日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年2月17日閲覧。
  4. ^ SPA!』1994年12月21日号44ページ
  5. ^ ボイメン、新曲「帆を上げろ!」MVで“デッキダンス” ラッキィ池田が振付 | ORICON NEWS
  6. ^ カネカCMスペシャルサイト 2017年5月7日閲覧
  7. ^ MEGAMAXオリジナルダンス「タンス・タンス・ダンス!」”. メガマックス(インテリア計画). 2014年5月11日閲覧。

外部リンク[編集]