岡田有希子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
岡田 有希子
Okada Yukiko.jpg
1984年撮影
基本情報
出生名 佐藤 佳代(さとう かよ)
出生 1967年8月22日
日本の旗 日本 愛知県一宮市
出身地 日本の旗 日本 愛知県名古屋市熱田区
死没 1986年4月8日(満18歳没)
日本の旗 日本 東京都新宿区四谷
学歴 名古屋市立向陽高等学校 - 堀越高等学校卒業
職業 歌手
女優
活動期間 1983年 - 1986年
レーベル キャニオンレコード
事務所 サンミュージック

岡田 有希子(おかだ ゆきこ、1967年8月22日 - 1986年4月8日)は、日本アイドル歌手女優である。本名、佐藤 佳代(さとう かよ)。愛称は「ユッコ」。身長155cm、体重44kg、B86cm(公称84cm)・W58cm・H84cm、血液型O型、視力両目0.1[1]

愛知県名古屋市熱田区出身。名古屋市立向陽高等学校から堀越高等学校へ編入、卒業。サンミュージックに所属していた。1980年代中期に活動したアイドル歌手のひとりであり、1985年に歌手業を一時休止した「ポスト松田聖子」としても期待されていたが[2]1986年昭和61年)に投身自殺した。

経歴[編集]

小学校時代から芸能界を意識し[3]、中学生の頃から『ホリプロタレントスカウトキャラバン』やテレビドラマなど様々なオーディションに応募していた。中学2年生の1981年8月、ニコン『フレッシュギャルコンテスト』で準グランプリに選ばれグアム旅行を獲得するが、芸能界入りのきっかけは与えられなかった。中学3年生の1982年10月、両親に内緒でオーディション番組『スター誕生!』の名古屋地区予選に出場。北原佐和子の『マイ・ボーイフレンド』を歌い、決戦大会への切符を掴む。しかし両親と担任教諭に大反対されハンストを起こした結果[4]、母親が芸能界入りの条件として「学内テストで学年1位になること・中部統一模擬試験で学内5位以内に入ること・第一志望の向陽高校に合格すること」という、クリア不可能と思われる3つを提示する。しかし彼女はそれらの条件を全てクリアし、決選大会への出場を許可される[5]

芸能活動[編集]

1983年昭和58年)3月30日、『スター誕生!』の第46回決戦大会で中森明菜の『スローモーション』を歌い、チャンピオンとなった。その後、サンミュージックスカウトされ、同プロダクションに所属が決まる。契約レコード会社はキャニオンレコード芸名岡田有希子』の名付け親は沖紘子8月25日に上京し、プロダクション社長・相澤秀禎宅(東京都世田谷区成城)に、桑田靖子滝里美と同居する(滝とは相部屋)[2][6]。芸能界での目標は「聖子さん、百恵さんのような日本を代表するトップスター」になることだった[7]9月1日に名古屋の向陽高校から東京の堀越高校へ編入。堀越の同級生には桑田のほか、石野陽子本田美奈子倉沢淳美田中久美長山洋子南野陽子永瀬正敏などがいた[8][9]10月16日よりラジオ番組『とびだせ!ポップシティ』(ニッポン放送)、『サトミ・ヒトミ・ユキコの何かいいことないか仔猫ちゃん』(毎日放送)のパーソナリティとなり、芸能活動をスタートする。11月18日東京大学学園祭に出演[10]12月18日バラエティ番組ヤンヤン歌うスタジオ』(テレビ東京)で、テレビ番組に初登場する。

1984年昭和59年)3月20日から全国7か所[11]で、ファンに対する初めての交流会が催される。そして4月21日、『ファースト・デイト』で歌手デビューを果たす[12]キャッチフレーズは「いつまでも、一緒にいてね。」「ステキの国からやって来たリトル・プリンセス」。デビュー曲のレコーディングには、作詞作曲を手掛けた竹内まりやも同席した。竹内は、キャニオンレコードのディレクター渡辺有三から「岡田をデビュー曲から3曲くらい手掛けてほしい」と依頼され、いずれも“ティーンエイジ・ラブ”というテーマで楽曲を提供することになる[13]9月24日大阪9月30日東京で、岡田自身初のコンサート『恋はじめまして』が行われる。この年は吉川晃司菊池桃子荻野目洋子神野美伽、田中久美、一世風靡セピアらと新人賞を争い、『日本レコード大賞』最優秀新人賞をはじめ音楽祭の賞を総なめにした。『日本歌謡大賞』ほか、5つの音楽祭の最優秀新人賞は、吉川と同時受賞。

1985年昭和60年)3月25日から5月26日まで、コンサート『ハートにキッス』が全13都市[14]で行われる。6月5日から一週間の北海道修学旅行の途中、6月8日ヨーロッパへ出発。スイスプロモーションビデオの撮影を行う。6月23日に帰国後、7月25日から10月26日まで、コンサート『ファンタジアン』が全23都市(追加の7都市を含む)[15]で行われる。11月5日から放送の連続ドラマ、TBS系禁じられたマリコ』で、岡田は初の主演を果たす。

1986年昭和61年)1月、『くちびるNetwork』がオリコンチャートで初登場1位となった。これは、当時歌手活動休止中だった松田聖子初の提供作品(作詞)であり、作曲は坂本龍一という異色のコンビによる楽曲である。岡田と同じ1984年デビューの沢口靖子をイメージキャラクターとした、カネボウ化粧品キャンペーンソングとして使用された。3月3日、堀越高校を卒業。4月4日、世田谷区成城の相澤宅を出て、港区南青山のマンションで一人暮らしを始める。4月5日、コンサート「Heart Jack」全5都市(東京名古屋豊橋鶴岡大阪)がスタートする。

急死[編集]

コンサートがスタートして3日後の4月8日、自宅マンションでリストカットを行いガス自殺未遂。2階上のマンション住民がガス臭に気づき、管理人が110番通報した。現場から程近い北青山病院にて治療直後の12時15分、所属事務所・サンミュージックが入居しているビル(東京都新宿区四谷)の屋上から飛び降り自殺。全身強打で即死した。18歳没[16]。同日夜、真成院(四谷霊廟、同新宿区)で親族のみによる仮通夜4月9日太宗寺(同新宿区)で通夜。4月10日宝仙寺(同中野区)でサンミュージック主催による葬儀告別式が営まれ、代々幡斎場(同渋谷区)で火葬された。地元の名古屋でも、4月11日東本願寺名古屋別院(名古屋市中区)、4月15日に観聴寺(同熱田区)で告別式が行われた。

墓所成満寺(じょうまんじ、愛知県愛西市)。法名侑樂院釋尼佳朋(ゆうぎょういんしゃくにかほう)。命日の4月8日を佳桜忌(かおうき)という。

影響とその後[編集]

4月8日、現場に駆けつけた報知新聞記者・細貝武と芸能リポーター梨元勝の取材に対し、サンミュージック専務・福田時雄は「岡田が何に悩んでいたかは分からない。でも、躁鬱の激しい子だった。」と答えている[17]。その模様は同日、『酒井広のうわさのスタジオ』で放送された。その一方で朝日新聞は、担当者がみな岡田のことを知らなかったため、自殺未遂発覚の時点では記事にしない予定であった[18]。同日夜に放送された『ニュースステーション』(テレビ朝日系列)では、岡田の死については一切触れず、番組終了時にメインキャスター久米宏が「連鎖反応を起こす心配があるので、今日は自殺の報道を控えました」とコメントしている。和泉雅子は「あなたの“北極点”を持って!」と呼びかけた[19]

芸能界では、4月10日放送の『ザ・ベストテン』(TBS)で黒柳徹子が、エンディングに視聴者に対して涙ながらのコメントを述べている。岡田がレギュラー出演していた『ヤンヤン歌うスタジオ』(テレビ東京)では、4月13日放送分の追悼特集が4月8日14時に収録され、司会のあのねのねが岡田の人柄について語っている。また4月20日放送分(4月15日収録)では、共演していた近藤真彦中森明菜も同席し、近藤は視聴者に対して自殺を思いとどまるよう訴えている。中森は涙をこらえ、無言だった。同じく4月20日放送の『歌謡ドッキリ大放送』(テレビ朝日)では、収録の4月4日に岡田が出演している(これが最期のテレビ出演だった)ため、収録日と哀悼の意を表すテロップが表示された。

岡田の死は、国会でも取り上げられた。4月9日、衆議院文教委員会では江田五月が話題として取り上げ、当時の文部大臣海部俊樹が感想を述べている[20][21]。その後、ウェルテル効果と推測される自殺が相次いだため、4月25日に国会の衆議院と参議院で「青少年問題」として取り上げられた[22][23]

岡田のコンサートは東京と名古屋の2都市で行われたのみで、豊橋公演では事務所の先輩・早見優が代役[2]を務めたものの、以降は中止となる。5月に発売予定だったシングル・レコード花のイマージュ』と、コンサートの模様を収めたビデオは、商品化が中止となった。サンミュージック側が予定通りの発売を要請したのに対し、キャニオンレコード側が難色を示したためである[6]。『花のイマージュ』は13年後の1999年CDアルバム『メモリアルBOX』に収録、販売された。その一方、コンサート映像は2015年8月現在も商品化されていない。

岡田のプロマイド売り上げは、ランキングの上位5位から落ちたことがなく、プロマイド販売で知られるマルベル堂常務・三ツ沢博は「第二の赤木圭一郎になるだろう」と語っている[8][24]

1987年昭和62年)7月、相澤秀禎によりの隣に記念碑が建てられた。そこには岡田有希子の直筆で書かれた(題名:プライベートタイム[16])、芸歴、受賞歴が刻まれている。ファンからの献花が絶えることはなく、2006年平成18年)からは祥月命日に、成満寺住職によるファンに対しての法話が行われている[25]。岡田が倒れていた現場は花壇が以前から存在し、祥月命日にはやはり故人を偲んで黙祷が行われている[26][27][28]

相澤の死去10日前から没するまでを追ったドキュメント『独占! 昭和芸能界の真実 アイドル発掘王・相澤秀禎』では、“伝説の美少女アイドル”として岡田の話題が採り上げられた[29]

人物[編集]

エピソード[編集]

  • 幼少期はさ行の発音が全くできず、先生を「てんてい」、三輪車を「たんりんちゃ」と発音していた[30]。芸能界入りした後も発音を苦手としており、ドラマのセリフ等には気を遣っていたという[31]
  • 耳が顔の大きさと比べて大きく正面を向いていたことから、小学生時代に「ダンボ耳」と呼ばれ、からかわれていたという[32]。歌手デビュー当時も耳を隠す髪形をしていたが、シングル『二人だけのセレモニー』では髪を束ねたり、『哀しい予感』では短髪にするなど、次第に耳を出す髪形となっていった。『三枝の爆笑美女対談』に出演したとき、岡田は「イヤリングが映える耳」と語っている[33]
  • 小学3年生の作文で書いた憧れの職業は画家漫画家小説家。特に画家は、芸能界と同様に強い憧れを持っており、小学生から水彩画、中学生からは油絵を習っていた[34]。それは、前出の記念碑の詩からもうかがう事ができる。
  • 好きな女性芸能人は河合奈保子1980年、中学1年生の夏休みの課題として、デビューして間もない河合の肖像画を油絵で描き、中学校内の展覧会で金賞を取っている。作品を河合に送ろうと真剣に考えたことがあり[35]、後に歌番組で共演したとき、初めて本人の前で作品を披露した[36]
  • 好きな男性芸能人は、同じ名古屋市出身の舘ひろし。『西部警察』を見て「ステキ」と思い、1984年10月15日放送の『ザ・トップテン』で初めて会ってから、すっかり大ファンになったという。後に雑誌『明星』の対談で、岡田は「舘のレコードやカセットテープを買い集めた」こと、「テレビ朝日の広報に行って、舘主演のドラマ『ただいま絶好調!』のポスターを貰ってきた」ことを語っている。一方で舘は「お金を貯める」ことをすすめ、「仕事は頑張ると良い所がなくなる。仕事を遊び、わがままを通し、好きなようにやったほうがいい」とアドバイスしている[37]
  • 芸能界入りの条件クリアため猛勉強をしている時、母親が毎日夜食を持ってきたという。そのことについて岡田は「夜食で私をブタ並みに太らせ、スター誕生の決勝を落とそうとする母の魂胆だった」と語っている[38]
  • 芸能界入りの条件達成に繋がった勉強方法として、各教科とも問題集を一冊に絞って丸暗記したことを紹介している。岡田は「カメラマンがシャッターを押すように、精神統一して1ページ1ページ真剣に頭に入れていく。そうすれば思い出すとき、不思議と一枚の写真のように頭によみがえる」と語っている[39][40]
  • 向陽高校在学時、地元・名古屋を舞台にした映画『アイコ十六歳』のオーディションを受けており、最終選考まで残ったが落選する[16]。このとき主役に選ばれたのは、当時中学3年生の富田靖子福岡県出身)。また、名古屋市出身の松下幸枝(松下由樹)と宮崎萬純(当時は椙山女学園高校在学。後に堀越高校へ編入、クラスメイトとなる)は同級生役として選ばれている。
  • 同じく向陽高校在学時、サッカー部のマネージャーをしていたが、最後までスコアの付け方がわからなかった[35]
  • 芸名は『岡田晴子(晴は目へんに青)』[41]、『岡田佳代子』が候補に挙がっていたが、「“晴子”は事務所の先輩、桑田“靖子”と名前が似ている」「“佳代子”は性格的に弱い名前で、厳しい芸能界では負ける」との理由で不採用となり、最終的に「望をする」ということで『岡田有希子』に決まった[42][43]
  • 竹内まりやは一度、岡田のデビュー曲の依頼を断っている。アルバム制作に入っていたことと、ここ数年、他の歌手の楽曲制作をしていなかったためである。そこで岡田が竹内に直談判したところ、竹内は岡田を気に入り制作を快諾。デビュー曲候補の6曲[44]を作詞・作曲し、その中から『ファースト・デイト』が決まった。当時のお互いの印象を、竹内は「お人形さんのようにかわいい子」、岡田は「主婦らしさのない、女学生のような人」と語っている[45]。デビュー以降も竹内の楽曲提供は続き、その数は作詞のみも含めて11曲に及ぶ。それは、岡田が提供を受けた数、および竹内が提供した数、ともに自己最多である。
  • 雑誌のインタビューで「目標とする歌手は誰か」と問われ、「特にいません」と答えている[46]
  • 松田聖子同じ芸能事務所の先輩であることから、「岡田有希子は第二の松田聖子」と言われていた。そのことについて岡田は「やっぱり自分は自分だから、ホントはあんまり言われたくない」「真似にはなりたくない」と語っている[47]
  • 視力は左右ともに0.1のため、普段はかなり度の強い眼鏡を使用していた[48][49]。その様子について、小泉今日子は「仕事じゃないときはいつも牛乳瓶の底みたいな分厚い眼鏡をかけていた。レンズを通して小さくなった目がなんとも可愛かった」[50]、親友の田中久美は「眼鏡はまるで牛乳瓶の底。かけた姿は可愛いというか、面白いというか」[51]と回想している。
  • マスメディアに出るときはコンタクトレンズ眼鏡は一切使用していない。そのことについて田中久美は「遠くで手を振っていても知らん顔で、かなり近付いたらやっと気付いてもらえた。コンタクトレンズをするのが怖かったのかもしれない」と回想しており[51]、岡田も「いつもいろんな人が出入りしている所だと、あいさつのこと考えて疲れちゃうの。“あの人には、もうあいさつしたかな?無視しちゃったかな?・・・”なんて考えちゃうから」と語っている[31]プロモーションビデオ撮影のとき、離れたカメラに向かってまっすぐ歩くことが出来ず、ふらつくことが多かったという[52]
  • 音楽プロデューサーとして活躍する小室哲哉が、初めて手掛けたメジャー歌手への提供曲(作曲)は、岡田の『Sweet Planet』、『水色プリンセス』である。
  • 1985年10月16日放送の『夜のヒットスタジオDELUXE』(フジテレビ系列)に出演した時、急遽番組内で阪神タイガースセントラル・リーグ優勝の瞬間まで生中継をすることとなった。中継が終わるまで他の出演者と共に野球観戦をすることになり、結局歌うことは出来なかった[53]
  • 『中一時代』(旺文社発行)1986年4月号から、ラジオで共演した青木小織里をモデルとした岡田執筆の小説を連載予定であった。しかし4月に岡田が急死したため、完成したのは3作品。そのうちの1作品は、3月発売の4月号に既に掲載されていたが、以降は打ち切りとなった[54]
  • プロダクション社長・相澤秀禎宅で同居していた先輩の桑田靖子・同期の滝里美・後輩の橋本美加子によると、「ユッコ(岡田有希子)は芸能活動のかたわら勉学にも手を抜かず、テスト時はほとんど寝ていなかった。普段から、仕事で遅く帰ってきた後もダイエット運動や雑用をしており、途中でいつの間にか床の上で寝ていた」という。また、岡田の恋愛について「男の人とおつき合いしたことはないと思う。前の学校(向陽高校)でも憧れの人はいても、おつき合いしたことはないと言っていた」と語っている。さらに、「舘ひろしが大好きで、テレビで見るたびはしゃいだり、雑誌で対談[37]したことをとても嬉しそうに話していた」とのこと。しかし3人とも、岡田が悩んでいることには全く気付かなかったという[6]
  • 相澤社長宅に新しく入った後輩、酒井法子を可愛がっていた。1986年4月5日、引越しのため処分しようとしていた写真パネルを酒井が欲しがったため、「To のりっぺ Kun」とサインを入れてプレゼントしている。同日、相澤夫妻に「私の代わりに、サインをあげた彼女がいる」と、プロダクションを支えるのは岡田自身ではなく、当時まだデビューすらしていなかった酒井であることを語ったという。その3日後に岡田は自殺。相澤はその死を止められなかったことを悔やみ、のちに写真パネルは酒井の部屋から事務所の社長室に移され、飾られることになった。また、相澤は毎年手帳を新調するごとに、ラミネート処理した岡田のプロマイドを表紙裏に貼り直し、絶えず持ち歩いていた[29]

交友関係[編集]

音楽[編集]

シングル[編集]

No. タイトル 発売日 最高位 備考
1 ファースト・デイト 1984年4月21日 20位 デビュー曲/グリコ・カフェゼリー」CM曲
2 リトル プリンセス 1984年7月18日 14位
3 -Dreaming Girl- 恋、はじめまして 1984年9月21日 7位 「グリコ・セシルチョコレート」CM曲
4 二人だけのセレモニー 1985年1月16日 4位 東芝・レッツチャット」CM曲
5 Summer Beach 1985年4月17日 5位 「グリコ・カフェゼリー」CM曲
6 哀しい予感 1985年7月17日 7位
7 Love Fair 1985年10月5日 5位 「グリコ・セシルチョコレート」CM曲
8 くちびるNetwork 1986年1月29日 1位 カネボウ化粧品 '86春のイメージソング
9 Believe In You(2003 Strings Version) 2002年12月4日 63位

発売中止[編集]

No. タイトル 発売予定日 備考
1 花のイマージュ 1986年5月14日 1999年3月17日発売のアルバム『メモリアルBOX』に初収録

オリジナル・アルバム[編集]

曲順 曲名 作詞 作曲 編曲
1 (A-1) さよなら・夏休み 竹内まりや 竹内まりや 清水信之
2 (A-2) リトル プリンセス 竹内まりや 竹内まりや 大村雅朗
3 (A-3) 彼はハリケーン EPO 清水信之 清水信之
4 (A-4) 丘の上のハイスクール 康珍化 萩田光雄 萩田光雄
5 (A-5) 潮風のラブ・レター 康珍化 白井良明 清水信之
6 (B-1) 風の中のカフェテラス 三浦徳子 岡田徹 清水信之
7 (B-2) 憧れ 竹内まりや 竹内まりや 萩田光雄
8 (B-3) Plastic Girl 山口美央子 山口美央子 萩田光雄
9 (B-4) ソネット 吉沢久美子 梅垣達志 萩田光雄
10 (B-5) ファースト・デイト 竹内まりや 竹内まりや 萩田光雄
曲順 曲名 作詞 作曲 編曲
1 (A-1) 風の魔法で… 夏目純 尾崎亜美 松任谷正隆
2 (A-2) Walking In The Moonlight 三浦徳子 堀川まゆみ 松任谷正隆
3 (A-3) 目をさまして、Darling 康珍化 馬飼野康二 松任谷正隆
4 (A-4) 二人だけのセレモニー 夏目純 尾崎亜美 松任谷正隆
5 (A-5) 森のフェアリー かしぶち哲郎 かしぶち哲郎 松任谷正隆
6 (B-1) おしゃれな雨音 吉沢久美子 松任谷正隆 松任谷正隆
7 (B-2) ストライプのジェラシー 三浦徳子 馬飼野康二 松任谷正隆
8 (B-3) Lady Joker 吉沢久美子 堀川まゆみ 松任谷正隆
9 (B-4) あなたを忘れる魔法があれば 康珍化 松任谷正隆 松任谷正隆
10 (B-5) ポップ・アップ・リセエンヌ かしぶち哲郎 かしぶち哲郎 松任谷正隆
曲順 曲名 作詞 作曲 編曲
1 (A-1) Sweet Planet 三浦徳子 小室哲哉 松任谷正隆
2 (A-2) みずうみ 三浦徳子 財津和夫 松任谷正隆
3 (A-3) 花鳥図 高橋修 財津和夫 松任谷正隆
4 (A-4) 哀しい予感 竹内まりや 竹内まりや 松任谷正隆
5 (A-5) ロンサム・シーズン 竹内まりや 竹内まりや 松任谷正隆
6 (B-1) 流星の高原 高橋修 松任谷正隆 松任谷正隆
7 (B-2) Bien かしぶち哲郎 かしぶち哲郎 松任谷正隆
8 (B-3) ペナルティ 竹内まりや 杉真理 松任谷正隆
9 (B-4) 十月の人魚 高橋修 松任谷正隆 松任谷正隆
10 (B-5) 水色プリンセス ―水の精― 三浦徳子 小室哲哉 松任谷正隆
曲順 曲名 作詞 作曲 編曲
1 (A-1) WONDER TRIP LOVER EPO 坂本龍一 かしぶち哲郎
2 (A-2) 愛…illusion Seiko 飛澤宏元 かしぶち哲郎
3 (A-3) ヴィーナス誕生 前川由佳 木下伸司 かしぶち哲郎
4 (A-4) Spring Accident EPO 大貫妙子 かしぶち哲郎
5 (A-5) 銀河のバカンス 高橋修 三井一正 かしぶち哲郎
6 (B-1) ジュピター かしぶち哲郎 かしぶち哲郎 かしぶち哲郎
7 (B-2) くちびるNetwork Seiko 坂本龍一 かしぶち哲郎
8 (B-3) 眠れぬ夜のAQUARIUS 麻生圭子 坂本龍一 かしぶち哲郎
9 (B-4) 水晶の家 高橋修 かしぶち哲郎 かしぶち哲郎
10 (B-5) 愛のコロニー かしぶち哲郎 かしぶち哲郎 かしぶち哲郎

ベスト・アルバム[編集]

  • 贈りもの1984年11月28日、ベストアルバム)
    • レコードカセット発売のみ。単独でのCD発売はされていない。カセットは曲順が若干異なる。+シングルA面3曲のオリジナルカラオケが収録されている。(カラオケ含む全10曲収録)
レコード
曲順 曲名 作詞 作曲 編曲
1 (A-1) ファースト・デイト 竹内まりや 竹内まりや 萩田光雄
2 (A-2) そよ風はペパーミント 田口俊 大村雅朗 大村雅朗
3 (A-3) リトル プリンセス 竹内まりや 竹内まりや 大村雅朗
4 (B-1) -Dreaming Girl- 恋、はじめまして 竹内まりや 竹内まりや 萩田光雄
5 (B-2) 気まぐれ Teenage Love 竹内まりや 竹内まりや 萩田光雄
6 (B-3) 恋のダブルス 康珍化 萩田光雄 萩田光雄
7 (B-4) Believe In You[58] 吉沢久美子 梅垣達志 萩田光雄
カセット
曲順 曲名 作詞 作曲 編曲
1 (A-1) ファースト・デイト 竹内まりや 竹内まりや 萩田光雄
2 (A-2) そよ風はペパーミント 田口俊 大村雅朗 大村雅朗
3 (A-3) リトル プリンセス 竹内まりや 竹内まりや 大村雅朗
4 (A-4) 恋のダブルス 康珍化 萩田光雄 萩田光雄
5 (A-5) 気まぐれTeenage Love 竹内まりや 竹内まりや 萩田光雄
6 (B-1) -Dreaming girl- 恋、はじめまして 竹内まりや 竹内まりや 萩田光雄
7 (B-2) Believe In You 吉沢久美子 梅垣達志 萩田光雄
8 (B-3) ファースト・デイト(オリジナル・カラオケ) 竹内まりや 竹内まりや 萩田光雄
9 (B-4) リトル プリンセス(オリジナル・カラオケ) 竹内まりや 竹内まりや 大村雅朗
10 (B-5) -Dreaming girl- 恋、はじめまして(オリジナル・カラオケ) 竹内まりや 竹内まりや 萩田光雄
曲順 曲名 作詞 作曲 編曲
1 (A-1) 二人だけのセレモニー[59] 夏目純 尾崎亜美 松任谷正隆
2 (A-2) Summer Beach 尾崎亜美 尾崎亜美 松任谷正隆
3 (A-3) 哀しい予感 竹内まりや 竹内まりや 松任谷正隆
4 (A-4) Love Fair かしぶち哲郎 かしぶち哲郎 松任谷正隆
5 (B-1) PRIVATE RED 売野雅勇 山川恵津子 大村雅朗
6 (B-2) 星と夜と恋人たち 吉沢久美子 MAYUMI 松任谷正隆
7 (B-3) 恋人たちのカレンダー 竹内まりや 竹内まりや 松任谷正隆
8 (B-4) 二人のブルー・トレイン 竹内まりや 杉真理 松任谷正隆
9 (B-5) 小羊NOTE 康珍化 山川恵津子 大村雅朗
Disc1 『贈りもの』
曲順 曲名 作詞 作曲 編曲
1 ファースト・デイト 竹内まりや 竹内まりや 萩田光雄
2 そよ風はペパーミント 田口俊 大村雅朗 大村雅朗
3 リトル プリンセス 竹内まりや 竹内まりや 大村雅朗
4 -Dreaming girl- 恋、はじめまして 竹内まりや 竹内まりや 萩田光雄
5 気まぐれTeenage Love 竹内まりや 竹内まりや 萩田光雄
6 恋のダブルス 康珍化 萩田光雄 萩田光雄
7 Believe In You 吉沢久美子 梅垣達志 萩田光雄
Disc2 『贈りものII』
曲順 曲名 作詞 作曲 編曲
1 二人だけのセレモニー[59] 夏目純 尾崎亜美 松任谷正隆
2 Summer Beach 尾崎亜美 尾崎亜美 松任谷正隆
3 哀しい予感 竹内まりや 竹内まりや 松任谷正隆
4 Love Fair かしぶち哲郎 かしぶち哲郎 松任谷正隆
5 PRIVATE RED 売野雅勇 山川恵津子 大村雅朗
6 星と夜と恋人たち 吉沢久美子 MAYUMI 松任谷正隆
7 恋人たちのカレンダー 竹内まりや 竹内まりや 松任谷正隆
8 二人のブルー・トレイン 竹内まりや 杉真理 松任谷正隆
9 小羊NOTE 康珍化 山川恵津子 大村雅朗
Disc3 『ヴィーナス誕生』
曲順 曲名 作詞 作曲 編曲
1 WONDER TRIP LOVER EPO 坂本龍一 かしぶち哲郎
2 愛…illusion Seiko 飛澤宏元 かしぶち哲郎
3 ヴィーナス誕生 前川由佳 木下伸司 かしぶち哲郎
4 Spring Accident EPO 大貫妙子 かしぶち哲郎
5 銀河のバカンス 高橋修 三井一正 かしぶち哲郎
6 ジュピター かしぶち哲郎 かしぶち哲郎 かしぶち哲郎
7 くちびるNetwork Seiko 坂本龍一 かしぶち哲郎
8 眠れぬ夜のAQUARIUS 麻生圭子 坂本龍一 かしぶち哲郎
9 水晶の家 高橋修 かしぶち哲郎 かしぶち哲郎
10 愛のコロニー かしぶち哲郎 かしぶち哲郎 かしぶち哲郎
Disc4 『花のイマージュ/秘密のシンフォニー』
曲順 曲名 作詞 作曲 編曲
1 花のイマージュ かしぶち哲郎 かしぶち哲郎 かしぶち哲郎
2 秘密のシンフォニー 麻生圭子 大貫妙子 かしぶち哲郎
  • ALL SONGS REQUEST2002年5月15日、ベストアルバム)
    • 2002年3月1日から2002年3月31日までの間、ポニーキャニオンのサイト内で人気投票が行われた。そこで選ばれた上位15曲と、CD化されていなかった『二人だけのセレモニー (シングルバージョン)』『恋のエチュード』が収録されている。
曲順 曲名 作詞 作曲 編曲
1 さよなら・夏休み 竹内まりや 竹内まりや 清水信之
2 リトル プリンセス 竹内まりや 竹内まりや 大村雅朗
3 憧れ 竹内まりや 竹内まりや 萩田光雄
4 ソネット 吉沢久美子 梅垣達志 萩田光雄
5 ファースト・デイト 竹内まりや 竹内まりや 萩田光雄
6 -Dreaming Girl- 恋、はじめまして 竹内まりや 竹内まりや 萩田光雄
7 二人だけのセレモニー 夏目純 尾崎亜美 松任谷正隆
8 あなたを忘れる魔法があれば 康珍化 松任谷正隆 松任谷正隆
9 Sweet Planet 三浦徳子 小室哲哉 松任谷正隆
10 ロンサム・シーズン 竹内まりや 竹内まりや 松任谷正隆
11 水色プリンセス ―水の精― 三浦徳子 小室哲哉 松任谷正隆
12 Summer Beach 尾崎亜美 尾崎亜美 松任谷正隆
13 Love Fair かしぶち哲郎 かしぶち哲郎 松任谷正隆
14 くちびるNetwork Seiko 坂本龍一 かしぶち哲郎
15 恋のエチュード かしぶち哲郎 飛澤宏元 かしぶち哲郎
16 花のイマージュ かしぶち哲郎 かしぶち哲郎 かしぶち哲郎
17 Believe In You 吉沢久美子 梅垣達志 萩田光雄
  • 贈りものIII〜岡田有希子CD/DVD-BOX2002年12月18日
    • 12月30日付週間アルバムランキング、初登場87位。
    • CD6枚とDVD1枚がセットになったスペシャルBOX。各スタジオアルバムごとにボーナストラックが収録されている。
    • ※「」印が付いている楽曲はボーナストラック。
Disc1 『シンデレラ Plus』
曲順 曲名 作詞 作曲 編曲
1 さよなら・夏休み 竹内まりや 竹内まりや 清水信之
2 リトル プリンセス 竹内まりや 竹内まりや 大村雅朗
3 彼はハリケーン EPO 清水信之 清水信之
4 丘の上のハイスクール 康珍化 萩田光雄 萩田光雄
5 潮風のラブ・レター 康珍化 白井良明 清水信之
6 風の中のカフェテラス 三浦徳子 岡田徹 清水信之
7 憧れ 竹内まりや 竹内まりや 萩田光雄
8 Plastic Girl 山口美央子 山口美央子 萩田光雄
9 ソネット 吉沢久美子 梅垣達志 萩田光雄
10 ファースト・デイト 竹内まりや 竹内まりや 萩田光雄
11 そよ風はペパーミント 田口俊 大村雅朗 大村雅朗
12 恋のダブルス 康珍化 萩田光雄 萩田光雄
13 -Dreaming Girl- 恋、はじめまして 竹内まりや 竹内まりや 萩田光雄
14 気まぐれTeenage Love 竹内まりや 竹内まりや 萩田光雄
15 Believe In You 吉沢久美子 梅垣達志 萩田光雄
Disc2 『FAIRY Plus』
曲順 曲名 作詞 作曲 編曲
1 風の魔法で… 夏目純 尾崎亜美 松任谷正隆
2 Walking In The Moonlight 三浦徳子 堀川まゆみ 松任谷正隆
3 目をさまして、Darling 康珍化 馬飼野康二 松任谷正隆
4 二人だけのセレモニー[59] 夏目純 尾崎亜美 松任谷正隆
5 森のフェアリー かしぶち哲郎 かしぶち哲郎 松任谷正隆
6 おしゃれな雨音 吉沢久美子 松任谷正隆 松任谷正隆
7 ストライプのジェラシー 三浦徳子 馬飼野康二 松任谷正隆
8 Lady Joker 吉沢久美子 堀川まゆみ 松任谷正隆
9 あなたを忘れる魔法があれば 康珍化 松任谷正隆 松任谷正隆
10 ポップ・アップ・リセエンヌ かしぶち哲郎 かしぶち哲郎 松任谷正隆
11 PRIVATE RED 売野雅勇 山川恵津子 大村雅朗
12 Summer Beach 尾崎亜美 尾崎亜美 松任谷正隆
13 星と夜と恋人たち 吉沢久美子 MAYUMI 松任谷正隆
Disc3 『十月の人魚 Plus』
曲順 曲名 作詞 作曲 編曲
1 Sweet Planet 三浦徳子 小室哲哉 松任谷正隆
2 みずうみ 三浦徳子 財津和夫 松任谷正隆
3 花鳥図 高橋修 財津和夫 松任谷正隆
4 哀しい予感 竹内まりや 竹内まりや 松任谷正隆
5 ロンサム・シーズン 竹内まりや 竹内まりや 松任谷正隆
6 流星の高原 高橋修 松任谷正隆 松任谷正隆
7 Bien かしぶち哲郎 かしぶち哲郎 松任谷正隆
8 ペナルティ 竹内まりや 杉真理 松任谷正隆
9 十月の人魚 高橋修 松任谷正隆 松任谷正隆
10 水色プリンセス ―水の精― 三浦徳子 小室哲哉 松任谷正隆
11 恋人たちのカレンダー 竹内まりや 竹内まりや 松任谷正隆
12 Love Fair かしぶち哲郎 かしぶち哲郎 松任谷正隆
13 二人のブルー・トレイン 竹内まりや 杉真理 松任谷正隆
14 小羊NOTE 康珍化 山川恵津子 大村雅朗
Disc4 『ヴィーナス誕生 Plus』
曲順 曲名 作詞 作曲 編曲
1 WONDER TRIP LOVER EPO 坂本龍一 かしぶち哲郎
2 愛…illusion Seiko 飛澤宏元 かしぶち哲郎
3 ヴィーナス誕生 前川由佳 木下伸司 かしぶち哲郎
4 Spring Accident EPO 大貫妙子 かしぶち哲郎
5 銀河のバカンス 高橋修 三井一正 かしぶち哲郎
6 ジュピター かしぶち哲郎 かしぶち哲郎 かしぶち哲郎
7 くちびるNetwork Seiko 坂本龍一 かしぶち哲郎
8 眠れぬ夜のAQUARIUS 麻生圭子 坂本龍一 かしぶち哲郎
9 水晶の家 高橋修 かしぶち哲郎 かしぶち哲郎
10 愛のコロニー かしぶち哲郎 かしぶち哲郎 かしぶち哲郎
11 恋のエチュード かしぶち哲郎 飛澤宏元 かしぶち哲郎
12 花のイマージュ かしぶち哲郎 かしぶち哲郎 かしぶち哲郎
13 秘密のシンフォニー 麻生圭子 大貫妙子 かしぶち哲郎
Disc5 『OTAKARA マキシシングル』
曲順 曲名 作詞 作曲 編曲
1 Believe In You (2003 Strings Version) 吉沢久美子 梅垣達志 服部隆之
2 Fly Up! Angel[60] 竜真知子 馬飼野康二 馬飼野康二
3 二人だけのセレモニー (Single Version) 夏目純 尾崎亜美 松任谷正隆
4 Believe In You (2003 Present-Mix Version) 吉沢久美子 梅垣達志 Thank-Mix
Disc6 『ALL SONGS REQUEST オリジナルカラオケ』
曲順 曲名 作詞 作曲 編曲
1 さよなら・夏休み (オリジナルカラオケ) 竹内まりや 竹内まりや 清水信之
2 リトル プリンセス (オリジナルカラオケ) 竹内まりや 竹内まりや 大村雅朗
3 憧れ (オリジナルカラオケ) 竹内まりや 竹内まりや 萩田光雄
4 ソネット (オリジナルカラオケ) 吉沢久美子 梅垣達志 萩田光雄
5 ファースト・デイト (オリジナルカラオケ) 竹内まりや 竹内まりや 萩田光雄
6 -Dreaming Girl- 恋、はじめまして (オリジナルカラオケ) 竹内まりや 竹内まりや 萩田光雄
7 二人だけのセレモニー (オリジナルカラオケ) 夏目純 尾崎亜美 松任谷正隆
8 あなたを忘れる魔法があれば (オリジナルカラオケ) 康珍化 松任谷正隆 松任谷正隆
9 Sweet Planet (オリジナルカラオケ) 三浦徳子 小室哲哉 松任谷正隆
10 ロンサム・シーズン (オリジナルカラオケ) 竹内まりや 竹内まりや 松任谷正隆
11 水色プリンセス ―水の精― (オリジナルカラオケ) 三浦徳子 小室哲哉 松任谷正隆
12 Summer Beach (オリジナルカラオケ) 尾崎亜美 尾崎亜美 松任谷正隆
13 Love Fair (オリジナルカラオケ) かしぶち哲郎 かしぶち哲郎 松任谷正隆
14 くちびるNetwork (オリジナルカラオケ) Seiko 坂本龍一 かしぶち哲郎
15 恋のエチュード (オリジナルカラオケ) かしぶち哲郎 飛澤宏元 かしぶち哲郎
16 花のイマージュ (オリジナルカラオケ) かしぶち哲郎 かしぶち哲郎 かしぶち哲郎
17 Believe In You (オリジナルカラオケ) 吉沢久美子 梅垣達志 萩田光雄
18 哀しい予感 (オリジナルカラオケ) 竹内まりや 竹内まりや 松任谷正隆
Disc7(DVD) 『YUKKO PV & CM COLLECTION』
曲順 曲名 作詞 作曲 編曲
1 ファースト・デイト (プロモーション・ビデオ) 竹内まりや 竹内まりや 萩田光雄
2 リトル プリンセス (プロモーション・ビデオ) 竹内まりや 竹内まりや 大村雅朗
3 -Dreaming Girl- 恋、はじめまして (プロモーション・ビデオ) 竹内まりや 竹内まりや 萩田光雄
4 二人だけのセレモニー (プロモーション・ビデオ) 夏目純 尾崎亜美 松任谷正隆
5 Believe In You (2003 Strings Version)(プロモーション・ビデオ) 吉沢久美子 梅垣達志 服部隆之
6 グリコ・カフェゼリー (恋する乙女編)
7 グリコ・カフェゼリー (追加でもう一口編)
8 グリコ・カフェゼリー (あきれたニュース編)
9 グリコ・カフェゼリー (そのままでお待ちください編)
10 グリコ・セシルチョコレート (恋、はじめまして編)
11 グリコ・セシルチョコレート (今年もヨロシク編)
12 グリコ・セシルチョコレート (花少女編)
13 東芝・パソピアIQ (IQでポエム編)
14 東芝・パソピアIQ (キミは夢見てスーパースター編)
15 東芝・パーソナルテレビ U-30
16 牛乳石鹸・ラブジュ シャンプー&リンス (キレイになったね編)
17 牛乳石鹸・ラブジュ シャンプー&リンス (光ってるネ編)
18 旺文社・中一時代
19 旺文社・ハイトップ (大きな星編/目星い編)
20 エスエス製薬・エスタック顆粒
21 エスエス製薬・ブロン液W (A type)
22 エスエス製薬・ブロン液W (B type)
23 尾崎商事・カンコー学生服 (マル アライ編/スキ キライ編)
24 尾崎商事・カンコー女子通学服
25 月星化成・ベンチャートランザム
26 月星化成・ベンチャーΣ (Fly Up! Angel編)
  • ザ・プレミアムベスト 岡田有希子2012年11月21日
    • 8枚のシングルAB面16曲と、『花のイマージュ』『Believe In You (2003 Strings Version)』が収録されている。
    • 同内容のオリジナルカラオケが同梱されている。
Disc1 『シングル集』
曲順 曲名 作詞 作曲 編曲
1 ファースト・デイト 竹内まりや 竹内まりや 萩田光雄
2 そよ風はペパーミント 田口俊 大村雅朗 大村雅朗
3 リトル プリンセス 竹内まりや 竹内まりや 大村雅朗
4 恋のダブルス 康珍化 萩田光雄 萩田光雄
5 -Dreaming girl- 恋、はじめまして 竹内まりや 竹内まりや 萩田光雄
6 気まぐれTeenage Love 竹内まりや 竹内まりや 萩田光雄
7 二人だけのセレモニー 夏目純 尾崎亜美 松任谷正隆
8 PRIVATE RED 売野雅勇 山川恵津子 大村雅朗
9 Summer Beach 尾崎亜美 尾崎亜美 松任谷正隆
10 星と夜と恋人たち 吉沢久美子 MAYUMI 松任谷正隆
11 哀しい予感 竹内まりや 竹内まりや 松任谷正隆
12 恋人たちのカレンダー 竹内まりや 竹内まりや 松任谷正隆
13 Love Fair かしぶち哲郎 かしぶち哲郎 松任谷正隆
14 二人のブルー・トレイン 竹内まりや 杉真理 松任谷正隆
15 くちびるNetwork Seiko 坂本龍一 かしぶち哲郎
16 恋のエチュード かしぶち哲郎 飛澤宏元 かしぶち哲郎
17 花のイマージュ かしぶち哲郎 かしぶち哲郎 かしぶち哲郎
18 Believe In You (2003 Strings Version) 吉沢久美子 梅垣達志 服部隆之
Disc2 『オリジナルカラオケ』
曲順 曲名 作詞 作曲 編曲
1 ファースト・デイト (オリジナルカラオケ) 竹内まりや 竹内まりや 萩田光雄
2 そよ風はペパーミント (オリジナルカラオケ) 田口俊 大村雅朗 大村雅朗
3 リトル プリンセス (オリジナルカラオケ) 竹内まりや 竹内まりや 大村雅朗
4 恋のダブルス (オリジナルカラオケ) 康珍化 萩田光雄 萩田光雄
5 -Dreaming girl- 恋、はじめまして (オリジナルカラオケ) 竹内まりや 竹内まりや 萩田光雄
6 気まぐれTeenage Love (オリジナルカラオケ) 竹内まりや 竹内まりや 萩田光雄
7 二人だけのセレモニー (オリジナルカラオケ) 夏目純 尾崎亜美 松任谷正隆
8 PRIVATE RED (オリジナルカラオケ) 売野雅勇 山川恵津子 大村雅朗
9 Summer Beach (オリジナルカラオケ) 尾崎亜美 尾崎亜美 松任谷正隆
10 星と夜と恋人たち (オリジナルカラオケ) 吉沢久美子 MAYUMI 松任谷正隆
11 哀しい予感 (オリジナルカラオケ) 竹内まりや 竹内まりや 松任谷正隆
12 恋人たちのカレンダー (オリジナルカラオケ) 竹内まりや 竹内まりや 松任谷正隆
13 Love Fair (オリジナルカラオケ) かしぶち哲郎 かしぶち哲郎 松任谷正隆
14 二人のブルー・トレイン (オリジナルカラオケ) 竹内まりや 杉真理 松任谷正隆
15 くちびるNetwork (オリジナルカラオケ) Seiko 坂本龍一 かしぶち哲郎
16 恋のエチュード (オリジナルカラオケ) かしぶち哲郎 飛澤宏元 かしぶち哲郎
17 花のイマージュ (オリジナルカラオケ) かしぶち哲郎 かしぶち哲郎 かしぶち哲郎
18 Believe In You (2003 Strings Version) (オリジナルカラオケ) 吉沢久美子 梅垣達志 服部隆之
  • ゴールデン☆アイドル 岡田有希子2014年7月30日
    • 8月11日付週間アルバムランキング、初登場79位。初登場TOP100入りは11年7ヶ月ぶり[61]
    • 『花のイマージュ』を含む、9枚のシングルレコード盤AB面を完全収録。CDパッケージは、シングルレコードサイズの見開きダブル紙ジャケット。すべてのシングルレコードジャケットの表紙と歌詞面をほぼ原寸で復元したブックレットが付属されている。
曲順 曲名 作詞 作曲 編曲
1 ファースト・デイト 竹内まりや 竹内まりや 萩田光雄
2 そよ風はペパーミント 田口俊 大村雅朗 大村雅朗
3 リトル プリンセス 竹内まりや 竹内まりや 大村雅朗
4 恋のダブルス 康珍化 萩田光雄 萩田光雄
5 -Dreaming girl- 恋、はじめまして 竹内まりや 竹内まりや 萩田光雄
6 気まぐれTeenage Love 竹内まりや 竹内まりや 萩田光雄
7 二人だけのセレモニー 夏目純 尾崎亜美 松任谷正隆
8 PRIVATE RED 売野雅勇 山川恵津子 大村雅朗
9 Summer Beach 尾崎亜美 尾崎亜美 松任谷正隆
10 星と夜と恋人たち 吉沢久美子 MAYUMI 松任谷正隆
11 哀しい予感 竹内まりや 竹内まりや 松任谷正隆
12 恋人たちのカレンダー 竹内まりや 竹内まりや 松任谷正隆
13 Love Fair かしぶち哲郎 かしぶち哲郎 松任谷正隆
14 二人のブルー・トレイン 竹内まりや 杉真理 松任谷正隆
15 くちびるNetwork Seiko 坂本龍一 かしぶち哲郎
16 恋のエチュード かしぶち哲郎 飛澤宏元 かしぶち哲郎
17 花のイマージュ かしぶち哲郎 かしぶち哲郎 かしぶち哲郎
18 秘密のシンフォニー 麻生圭子 大貫妙子 かしぶち哲郎

カバーしたアーティスト[編集]

出演[編集]

テレビドラマ[編集]

バラエティー番組[編集]

ラジオ[編集]

  • とびだせ!ポップシティ(1983年10月16日 - 1984年3月25日、ニッポン放送
  • サトミヒトミ・ユキコの何かいいことないか仔猫ちゃん(1983年10月16日 - 1984年3月9日、毎日放送
  • 百万人の英語(1984年2月9日、文化放送
  • 奈美子・有希子・小緒里のドキドキラジオ(1984年4月 - 1985年10月7日、東海ラジオ他)
  • ちょっとおあずけ(1984年10月8日 - 1985年10月7日、ニッポン放送)
    • 当時のアイドルには珍しく、岡田の希望により特別なコーナーは設けられておらず、楽曲も岡田自身が選曲している[62]
  • 夜遊びしナイト!(中途より最終回まで「有希子・章子麻里の―」1985年10月13日 - 1986年4月6日、ニッポン放送系)

CM[編集]

ビデオ[編集]

  • Yukiko in SWISS(1985年8月21日)
  • Memories of Switzerland(1985年12月5日)

DVD[編集]

  • Memories in Swiss(2002年12月18日―上記テープ2巻を1枚のDVDに収めた物)

ポスター[編集]

  • 神田警察署(年末年始防犯広報)
  • 防衛庁(自衛官募集 3等陸尉の女子制服姿で三隊の若手自衛官6人に抱え上げられている図案)
  • 消防庁(火災予防運動)

書籍[編集]

テーマにした書籍[編集]

評論[編集]

写真集[編集]

  • 岡田有希子special(1984年、近代映画社
  • 岡田有希子写真集・あなたとふたりきり…(1985年、近代映画社)
  • もっと逢いたい…有希子(1985年、講談社
  • SWEET LOVE DREAM(写真 武藤義 1985年、音楽専科社
  • Cookie6月号別冊「さよなら…有希子」(1986年、シーズ
  • SWEET LOVE DREAM(復刻版 2002年、音楽専科社)

受賞歴[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 近代映画 岡田有希子Special『近代映画社』1984年、34頁
  2. ^ a b c 上之郷利昭 『岡田有希子はなぜ死んだか』 新森書房、1986年ISBN 978-4931207011 [要ページ番号]
  3. ^ 三枝の爆笑美女対談』(フジテレビ系)1984年12月9日放送では「小学4年生」、『アイドルコミックス・実録まんが岡田有希子』(1984年、学研)では「小学5年生」、『BOMB!』1984年6月号では「小学6年生」と発言している。
  4. ^ 『愛をください』朝日出版社、81頁
  5. ^ 『瞳はヒミツ色』ワニブックス、64-65頁
  6. ^ a b c 「特別座談会 岡田有希子さん四十九日忌」『 週刊明星』No.24.25 合併特大号、1986年6月5日12日、27-31頁
  7. ^ 『愛をください』朝日出版社、156頁
  8. ^ a b Emma』1986年5月10日号 、19頁
  9. ^ 桑田靖子石野陽子岡村有希子河上幸恵菊地陽子本田美奈子倉沢淳美柴田くに子高部知子森奈みはる田中久美長沢ゆりか長山洋子松尾久美子松本友里南野陽子宮崎萬純片岡孝太郎永瀬正敏(再入学)
  10. ^ 雑誌『ポパイ』No.161(1983年10月25日号)の紙面で「期待の新人」として紹介され、それを見た東京大学の学生が出演依頼をしたことによる。
  11. ^ 名古屋大阪仙台札幌福岡広島東京
  12. ^ 1984年3月25日放送『ザ・ヒットステージ』最終回、同4月14日放送『ヤンヤン歌うスタジオ』で、“歌手・岡田有希子”として登場。デビューの告知をしている。
  13. ^ 鳴田麻未 (2013年). “[Power Push] 竹内まりや×クリス松村「Mariya's Songbook」対談 (2/5)”. ナタリーナタリー. ナターシャ. 2014年5月29日閲覧。
  14. ^ 札幌苫小牧仙台秋田名古屋大阪福岡大宮京都郡山沼津磐田
  15. ^ 新宮紀伊田辺名古屋鹿児島熊本都城福岡金沢大阪秋田遠野水戸新宿徳島松山広島。 (追加公演)伊勢崎甲府小倉防府千葉東村山
  16. ^ a b c 岡田有希子 『岡田有希子 愛をください』 朝日出版社、1988年7月。ISBN 978-4255880587
  17. ^ a b 梨元勝、須藤甚一郎「内幕座談会」『Emma』1986年5月10日号 、8-13頁
  18. ^ 『朝日新聞』1987年4月18日
  19. ^ 朝日新聞1986年4月30日付天声人語。毎月末に“今月の言葉から”として様々な人物の印象に残った発言を紹介している
  20. ^ 衆議院会議録『第104回国会 文教委員会 第5号』(江田五月が冒頭で、岡田有希子の自殺に関連した質問をしている。)”. 国立国会図書館 (1986年4月9日). 2014年9月5日閲覧。
  21. ^ 国会会議録『第104回国会 衆議院・文教委員会』”. 江田五月公式サイト (1986年4月9日). 2014年9月5日閲覧。
  22. ^ 参議院会議録『第104回国会 補助金等に関する特別委員会 第7号』”. 国立国会図書館 (1986年4月25日). 2015年3月20日閲覧。
  23. ^ 衆議院会議録『第104回国会 文教委員会 第10号』”. 国立国会図書館 (1986年4月25日). 2015年3月20日閲覧。
  24. ^ 週刊現代2013年6月29日号「悲劇のアイドル岡田有希子を語ろう」によれば、2013年5月現在もベスト10入りしている
  25. ^ 「ユッコ・・・生きるよ 没後28年 ファン50人誓い」『中日新聞』2014年4月9日
  26. ^ 岡田有希子さん23回目の命日”. 市ヶ谷経済新聞 (2008年4月8日). 2014年11月6日閲覧。
  27. ^ ブログ報知 甲斐武彦記者の多事報論”. 報知新聞 (2012年4月8日). 2014年11月6日閲覧。
  28. ^ 【夕刊アメーバニュース】 歌手・岡田有希子の命日 今年も四谷にファン集結する”. Ameba (2014年4月8日). 2014年11月6日閲覧。
  29. ^ a b カスペ!「独占!昭和芸能界の真実アイドル発掘王・相澤秀禎〜泣いて笑った最後の10日間〜」|2013/12/10 放送”. TVでた蔵. ワイヤーアクション. 2015年4月26日閲覧。
  30. ^ BOMB!』1984年6月号、14-15頁。
  31. ^ a b DUNK』1986年1月号、204頁。
  32. ^ 『瞳はヒミツ色』102-105頁
  33. ^ 三枝の爆笑美女対談』(フジテレビ系)1984年12月9日放送
  34. ^ 『BOMB!』1984年6月号、16-17頁。
  35. ^ a b アイドルコミックス・実録まんが岡田有希子(1984年、学研)
  36. ^ ザ・トップテン(1985年10月21日放送、日本テレビ系列)
  37. ^ a b 明星1985年7月号、207-211頁
  38. ^ 『BOMB!』1984年6月号、20-21頁。
  39. ^ 『瞳はヒミツ色」』ワニブックス、62頁。ISBN 978-4871522052
  40. ^ 「学年末特集!スター7人の学習傾向と対策」『DUNK集英社、1985年3月号、82頁
  41. ^ 『愛をください』(朝日出版社)「ドリーミングガール」の章の3ページ目
  42. ^ 『岡田有希子 公設ファンクラブ会報「YUKIKO」創刊号』サンミュージック内ファンクラブ、1984年8月、8頁
  43. ^ 「アイドル一番星 岡田有希子」『月刊ラジオマガジン 』1985年1月号、26-29頁
  44. ^ ファースト・デイトリトル プリンセス-Dreaming Girl- 恋、はじめまして、気まぐれTeenage Love、さよなら・夏休み、憧れ
  45. ^ 『BOMB!』1984年6月号、24頁。
  46. ^ 『DUNK』1984年6月号、182頁 (履歴書を模したプロフィールに直筆で記載)
  47. ^ 『ベスト・オブ 岡田有希子』よい子の歌謡曲1987年4月増刊号(1984年6月1日に行われたインタビュー)
  48. ^ 『DUNK』1985年1月号、107-108頁(部屋紹介で机の上に眼鏡が2本確認できる)
  49. ^ 『Myojo|明星』1985年3月号、82頁(私物紹介にて必需品であることを説明)
  50. ^ 小泉今日子 『原宿百景』 スイッチ・パブリッシング、2010年7月、66-67頁。ISBN 978-4884182946
  51. ^ a b スターコーンほっと!ネットラジオ(1985年10月9日放送、スターコーン・エフエム
  52. ^ 『DUNK』1985年10月号、193頁
  53. ^ サンケイスポーツ連載;きくち伸話・オリジナル原稿 #02『最高視聴率で忘れられぬ思い出』”. サンケイスポーツ (2002年10月11日). 2015年1月25日閲覧。
  54. ^ 「描く ‐小説‐『メロディーラインは夢の中』」『さよなら…有希子、Cookie1986年6月号別冊』、33-55頁
  55. ^ 爆報!THE フライデー|2014/05/30(金)放送”. TVでた蔵. ワイヤーアクション. 2015年1月15日閲覧。
  56. ^ 明石家さんまの転職DE天職|2015/05/03(日)放送”. TVでた蔵. ワイヤーアクション. 2015年5月7日閲覧。
  57. ^ 4月8日、ワキタスタジオにて”. A! Blog of SALLY (2007年2月9日). 2014年12月27日閲覧。
  58. ^ 東芝「パソピアIQ」CM曲、このアルバムのみ収録、のちシングル化。
  59. ^ a b c シングルヴァージョンとはミキシングが異なる。
  60. ^ このアルバムのみ収録
  61. ^ 【オリコン】岡田有希子さん、11年7ヶ月ぶり初登場TOP100”. ORICON STYLE (2014年8月5日). 2014年9月5日閲覧。
  62. ^ 『DUNK』1985年3月号、113頁
  63. ^ 吉川晃司の単独受賞だったが、優秀新人賞がなかったことが影響したことで、岡田有希子にも最優秀新人賞が贈られた。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]