松任谷正隆

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
松任谷 正隆
出生名 松任谷 正隆
別名 マンタ
遊眠亭主
ユーミンパパ
U.Kon(作曲時のペンネーム)
生誕 1951年11月19日(64歳)
出身地 日本の旗 日本 東京都
学歴 慶應義塾大学文学部
ジャンル J-POP
職業 キーボーディスト
作曲家
編曲家
音楽プロデューサー
自動車評論家
担当楽器 ピアノ
オルガン
ハモンドオルガン
キーボード
アコーディオン
ギター
ベース
バンジョー
マンドリン
活動期間 1971年 - 現在
事務所 雲母社
共同作業者 ティン・パン・アレー
松任谷由実

松任谷 正隆(まつとうや まさたか、1951年11月19日 - )は日本の音楽プロデューサーアレンジャーキーボーディスト作曲家であり、またモータージャーナリスト俳優としても活動。

雲母社社長、雲母音楽出版社長、マイカ・ミュージック・ラボラトリー校長[1]、安達建設[2]最高顧問。および東京工科大学メディア学部客員教授も務める。

東京都出身。東京衛生病院で出生、日の丸幼稚園、慶應義塾幼稚舎から慶應義塾普通部慶應義塾高等学校を経て1974年慶應義塾大学文学部卒業 [3]。ニックネームは「マンタ」、「遊眠亭主」[注釈 1]、「ユーミンパパ」。「U.Kon」名義での楽曲提供もある。血液型A型。

妻はシンガーソングライター作曲家作詞家松任谷由実(旧姓荒井由実)。父親の功三郎は横浜正金銀行(現・三菱東京UFJ銀行)の元取締役、母親の和子は雲母社監査役。家系は「電力の鬼」と呼ばれた財界人美術コレクター、茶人としても知られ、耳庵(じあん)の号を持つ近代小田原三茶人の一人である松永安左エ門につながる。

略歴[編集]

エピソード[編集]

出演番組[編集]

テレビ[編集]

ほか多数

ラジオ[編集]

  • ユーミン・マサタカのファッショナブル・パーティー (1976年~終了、ニッポン放送
  • サウンドストリート (1978年11月23日~1981年3月30日、NHK-FM)
  • ANA Sound Take Off (1985年4月~1990年3月、TOKYO FM
  • SUQQU presents 松任谷正隆 Focus on (2007年1月7日~9月30日、TOKYO FM)
  • Grand Seiko presents 松任谷正隆の time S pace (2007年10月7日~2009年12月27日、TOKYO FM)
  • 三菱UFJニコス presents 松任谷正隆 DEAR PARTNER(2010年1月3日~、TOKYO FM)

ドラマ[編集]

柳田正夫役。大竹しのぶ二谷英明らと共演。
  • エノケン-私が愛した喜劇王(1983年4月25日、TBS)
  • ドラマ人間模様/新・事件 ドクター・ストップ(1982年10月10日、NHK総合)浅川守役
若山富三郎主演のテレビドラマ『事件』のシリーズ第5作目。若山のほか、松尾嘉代松田優作らと共演。
  • 昭和元年のラインダンス(1984年3月12日、TBS)
  • 愛を売る娘たち(1984年11月22日、読売テレビ
  • 義父のいる風景(2000年11月27日、TBS)

映画[編集]

音楽監督[編集]

映画[編集]

ドラマ[編集]

テレビ[編集]

  • コンボイ
  • ムツゴロウとゆかいな仲間たち(フジテレビ)
  • FNN DATE LINE(フジテレビ)
  • ポンキッキーズ YAPPOOO(2005年、フジテレビ)

CM[編集]

  • NTT西日本 コミュニケーション大賞(2006年)
  • 花王 ソフィーナレイシャス(2004年)

映画音楽など、歌をともなわないオリジナル作曲の仕事では、しばしばストリングスを前面に出したクラシック風のサウンドを聞かせる。たとえば、1993年の「時をかける少女」では、一種のピアノ協奏曲(ただし、ピアノが主に装飾パートに回る)となっている。

ソロアルバム[編集]

  • 夜の旅人1977年)*収録の「HONGKONG NIGHT SIGHT」はユーミンも自身のミニアルバム「水の中のASIAへ」でカバーしている。

編曲[編集]

あ行[編集]

か行[編集]

  • 梶芽衣子/album「去れよ、去れよ、悲しみの調べ」
  • かぐや姫/「かぐや姫・今日
  • /album「風ファーストアルバム
  • 門あさ美/single「Lonely Lonely」、single「月下美人」、album「Fascination」 album「SACHET」 album「Semi Nude
  • 金井夕子/album「invitation」
  • 雅夢/album「夢つづり」、album「風花」
  • GARO/album「吟遊詩人」
  • 川村ゆうこ/single「風になりたい」
  • 来生たかお/single「Goodbye Day」、album「SPARKLE」
  • 桑名将大/album「MILLER DR.」
  • CLEO/album「CLEO」
  • 木之内みどり/single「学生通り」、single「グッドフィーリング」、album「グッド・フィーリング」
  • 木の実ナナ/single「ダンシング・ママ」、single「夜のパントマイム」、album「ダンシング・ママ」
  • 木村佳乃/single「恋する日曜日」、single「雨の日はふたりで」、single「Lullaby For Grandmother」、album「GIRL」
  • 桐ヶ谷仁/single「遠い日のときめき」、single「暮れ色の媚薬」、album「WINDY」、album「JIN」
  • 熊谷幸子/single「恋の色」、single「未来はきみのもの」、single「君と約束した場所」、single「光の鐘を鳴らせ」、single「風と雲と私」、single「嵐のカーニバル」、single「love…」、single「おはよう、ファニーガール」、single「Rhapsody in Love」、single「Bahia~バイーア~」、single「YOU AND I」、single「月がきっと見ているから」、single「Hi Hi High」、album「ART OF DREAMS」、album「虹の彼方に」、album「Poison Kiss」、album「Good Morning Funny Girl」、album「S.K.」
  • 小泉今日子/album「今日子の清く楽しく美しく」
  • 小坂忠
  • 小林麻美/ single「シフォンの囁き」

さ行[編集]

  • サーカス/single「ビューティフル・シーズン」
  • 西城秀樹/single「2Rから始めよう」
  • 斉藤由貴/single「卒業」c/w
  • 坂上香織/album「夏休み」、album「ARE YOU READY?」
  • 沢田研二/single「酒場でDABADA」c/w
  • 沢田富美子/ ペンギンズメモリー「幸福物語」挿入歌「青空on my mind」
  • ザ・リリーズ/single「シェルの涙」c/w
  • THE ROMANCING PLANTS/album「NO MORE FLOWERS」
  • 柴田恭兵/single「なんとなく、クリスタル」c/w
  • 下條アトム/single「俺と親父」
  • 白石まるみ/single「オリオン座のむこう」、album「風のスクリーン」
  • 春風亭小朝/single「11月の風」
  • 障子久美/album「Rhythm of Silence」、album「Motion & Moment」
  • 杉真理/single「Hold on」、album「SONG WRITER」
  • 須藤薫/single「LOVE AGAIN」、single「THE BLACK HOLE」、single「恋のビーチ・ドライバー」、single「あなただけI LOVE YOU」、single「セカンド・ラブ」、single「噂のふたり」、single「裸足のままで」、album「Chef's Special」、album「Paradise Tour」、album「Amazing Toys」
  • 瀬戸龍介/single「ビューティフル・モーニング」

た行[編集]

な行[編集]

は行[編集]

  • パイシス/single「恋人と来ないで」
  • ハイ・ファイ・セット/single「スカイ・レストラン」、single「冷たい雨」、album「ファッショナブル・ラバー」
  • ペーターズ・スペース/album「Romantic Plastic」
  • 萩尾みどり/single「大連慕情」
  • BUZZ/single「風の盆」
  • はたあすみ
  • 林紀恵/album「トロピカル・ジャンプ」
  • 原田知世/single「時をかける少女」、single「ダンデライオン~遅咲きのたんぽぽ」
  • 光GENJI/album「Hi! 光GENJI」、single「剣の舞」c/w
  • 平原綾香/single「晩夏(ひとりの季節)」
  • 廣重綾/single「光る道」、single「You are you」
  • 広谷順子/single「古都めぐり」、single「恋模様」c/w、single「天使のひとりごと」、album「その愛に…」
  • 藤真利子/album「ガラスの植物園」
  • ブレッド&バター/single「あの頃のまま」、single「センチメンタル・フレンド」、album「或る夜の出来事」
  • ポケットビスケッツ/album「THANKS」
  • 堀川まゆみ/single「ダディー」、single「レモン感覚」、album「楡通りの少女」

ま行[編集]

や行以降[編集]

他多数

編曲の特徴としては、従来歌謡曲で用いられなかったような楽器を積極的に使うという点がある。例えば、ストリングと管楽器を用いた最初期の編曲家である。特に、フルートハープの使用に特徴がある。また、コーラスも積極的に盛り込んでいる。その結果、松任谷由実(荒井由実)の作品にコーラスで参加することで注目されたアーティストも多い。全体としての作品のまとまりに優れるというよりも、部分的なフレーズに記憶に残るような著しい特色があることが多い。

また、流行に敏感で、外国の曲の特徴のある編曲を応用することもしばしばあり、一部の作品については、オリジナリティを疑問視する声もないではない。

なお、松任谷由実の作品の選別(レコード・CDに収録するかどうか)については、当初から、きわめて厳しいようであり、かなりの作品が「お蔵入り」となっていると言う。特に、シャンソン風とラテン風の作品については、辛いとする説もある。

松任谷正隆の編曲の影響を大きく受けている編曲家としては、新川博武部聡志を挙げることができる。

著書[編集]

  • SOUND TAKE OFF(1987年、CBSソニー出版
  • マンタの天ぷら(1997年、二玄社
  • 僕の散財日記(2005年、世界文化社)
  • 職権乱用(2008年、二玄社)

雑誌連載[編集]

講演[編集]

出典[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 大瀧詠一のロングバケイションにもこの名前で参加
  2. ^ コーナー実施回には、エンドロールに『Beat Loose Producer』としてクレジットされた。

外部リンク[編集]