コンテンツにスキップ

フェアリーズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
フェアリーズ
基本情報
別名 Fairies
出身地 日本の旗 日本
ジャンル J-POP
活動期間 2011年7月 - 2020年6月
レーベル SONIC GROOVE
事務所 ライジングプロダクション
公式サイト fairies-web.jp
旧メンバー 伊藤萌々香
下村実生
野元空
林田真尋
井上理香子
清村川音
藤田みりあ

フェアリーズFairies)は、日本の7人組女性ダンス&ボーカルグループライジングプロダクション所属。レーベルSONIC GROOVE2020年6月に活動を停止した。

概要

[編集]

「海外で勝負していける世界に通用する実力派グループ」をコンセプトに、安室奈美恵MAXSPEED等を輩出したライジングプロダクションが手掛けたグループである。メンバーは提携する全国13地域のダンススクールに通う100人以上の候補者から選ばれた[1]

デビューの3か月前から都内の寮で共同生活を送り、全員が同じ学校に通っていた[2][3]

グループ名は『スッキリ!!』(日本テレビ)の特別企画で一般公募され「踊っている姿がまるで妖精達が舞っているようだった」という理由からFairiesに決まった[4]。当初はアルファベット表記のFairiesがメインだったが、清村が活動を停止した2013年2月頃から片仮名表記のフェアリーズに変更された。なお、グループ名表記の変更について公式な発表はなかった。

ダンスは牧野アンナが講師を務めた。伊藤と下村はフェアリーズ結成以前からの教え子である[5]DA PUMPKENZOもダンスの指導や振付などを行っている[6][7]

メンバーカラーを意識した衣装もあるが、色分けがないものが多い。

Mスリー

[編集]

Mスリーは、Miki(下村)、Miria(藤田)、Mahiro(林田)による派生ユニット。3人とも1998年生まれで同学年である。

略歴

[編集]

2011年7月27日にグループの結成が発表され、『スッキリ!!』内のコーナーでデビューまでの2か月に密着した「アイドルの作り方教えます!」が放送された[8]。9月にデビューシングル『More Kiss/Song for You』を発売。10月にはニッポン放送で『FairiesのFly to the World』の放送が始まった[9]。また、この年の第53回日本レコード大賞では最優秀新人賞を受賞した。

2012年にはテレビ東京で『原宿キラキラ学院』が放送された[10]

2013年1月に清村が活動を停止[11]、6人体制となる。3月にはMスリーがシングル『夢見るダンシングドール』を発売[12]

2014年3月にワンマンライブ『フェアリーズLIVE -Fairies First-』を赤坂BLITZで開催したのち[13]、1枚目のアルバム『Fairies』を発売。 7月には伊藤がシングル『Poker Face』を発売した。また、8月にはライブツアー『フェアリーズ LIVE TOUR 2014 -Summer Party-』を東名阪で開催した。

2015年11月に発売された12枚目のシングル『Mr.Platonic』ではカップリングに各メンバーのソロ曲が収録された[14]

2017年1月に藤田が脱退[15]、5人体制となる。

2018年2月に発売した16枚目のシングル『HEY HEY 〜Light Me Up〜』がオリコン週間ランキングで2位を獲得[16]。6月には2ndアルバム『JUKEBOX』を発売したのち、ライブツアー『フェアリーズ LIVE TOUR 2018 〜JUKEBOX〜』のファイナル公演をTOKYO DOME CITY HALLで開催した[17]

2020年6月に野元、林田、井上がライジングプロダクションとの契約を終了し、伊藤と下村が個人で活動していくことが発表され、フェアリーズとしての活動を停止した[18]。井上は2022年7月に「小湊よつ葉」名義でSODクリエイトからAVデビューを果たし、芸能界に復帰している。

2021年6月、下村が事務所を退社し芸能界を引退した[19]

2022年7月1日、伊藤が所属していた芸能事務所ライジングプロダクションを退社することを発表した[20]。これにより元メンバー全員が同事務所を退社した。

メンバー

[編集]

活動停止時のメンバー

名前 生年月日(活動時年齢) 出身地 カラー 備考
伊藤萌々香
いとう ももか
1997年12月15日(13 - 22歳) 埼玉県 メインボーカル
2014年7月ソロデビュー
下村実生
しもむら みき
1998年10月22日(12 - 21歳) 東京都 ピンク CUTiEレギュラーモデル
Seventeen専属モデル
野元空
のもと そら
1997年11月9日(13 - 22歳) 鹿児島県 元「LAXYS」キッズダンサー
UK B-Boy Championships本選出場)
林田真尋
はやしだ まひろ
1998年5月7日(13 - 22歳) 兵庫県 黄色 ピクトリンク公式ユーザー[21]Youplus(ユープラス)の元メンバー
井上理香子
いのうえ りかこ
1996年5月29日(15 - 24歳) 長崎県 「小湊よつ葉」名義で2022年AVデビュー

旧メンバー

[編集]
名前 生年月日(活動時年齢) 出身地 カラー 卒業・脱退 備考
清村川音
きよむら かわね
1998年6月2日(13 - 14歳) 熊本県 2013年1月
藤田みりあ
ふじた みりあ
1998年6月15日(13 - 18歳) 大阪府 オレンジ 2017年1月 ニコ☆プチ専属モデル
NEXT GENERATION
後にミス明治学院(2018年)[22]

作品

[編集]

順位はオリコン週間ランキング最高位[23][24][25]

シングル

[編集]
# 発売日 タイトル 順位 備考
Fairies
1 2011年9月21日 More Kiss/
Song for You
11位 7名
2 2011年12月21日 HERO/
Sweet Jewel
09位
3 2012年4月4日 Beat Generation/
No More Distance
05位
4 2012年7月25日 Tweet Dream/
Sparkle
09位
5 2012年11月14日 White Angel 05位
フェアリーズ
6 2013年7月24日 光の果てに 06位 6名
7 2014年2月19日 Run With U 08位
8 2014年5月28日 Super Hero/
Love Me, Love You More.
10位
9 2014年9月3日 BLING BLING MY LOVE 11位
10 2015年3月25日 Kiss Me Babe/
ひらり
05位
11 2015年7月15日 相思相愛☆destination 05位
12 2015年11月18日 Mr.Platonic 06位
13 2016年8月10日 クロスロード 03位
14 2017年3月1日 Synchronized 〜シンクロ〜 04位 5名
15 2017年7月5日 恋のロードショー 06位
16 2018年2月28日 HEY HEY 〜Light Me Up〜 02位
17 2019年7月17日 Metropolis〜メトロポリス〜 06位

Mスリー

[編集]
# 発売日 タイトル 順位
1 2013年3月27日 夢見るダンシングドール 08位
2 2014年7月30日 Your Love 16位

伊藤萌々香

[編集]
# 発売日 タイトル 順位
1 2014年7月23日 Poker Face 16位

アルバム

[編集]
# 発売日 タイトル 順位
1 2014年3月26日 Fairies 14位
2 2018年6月20日 JUKEBOX 04位

映像作品

[編集]
# 発売日 タイトル
1 2014年12月10日 フェアリーズ LIVE TOUR 2014 - Summer Party -
2 2016年3月9日 フェアリーズ LIVE TOUR 2015 -Kiss Me Babe-/-PUZZLE-
3 2017年10月11日 フェアリーズ LIVE TOUR 2017 -Fairytale-
4 2018年9月19日 フェアリーズLIVE TOUR 2018 〜JUKEBOX〜
5 2019年11月6日 フェアリーズLIVE TOUR 2019 -ALL FOR YOU-

タイアップ

[編集]
楽曲 タイアップ 備考
More Kiss テレビ朝日「プロマーシャル」タイアップソング[26][27]
HERO Fairies表参道イルミネーション2011公式ソング[28]
Sweet Jewel ニッポン放送「第37回ラジオ・チャリティー・ミュージックソン」チャリティー募金イメージソング
Beat Generation アシックス商事「TIGON LazerBeam」イメージソング
Tweet Dream 早稲田アカデミー「サッカー2012」篇CMソング
White Angel TBSテレビ系『イカさま☆タコさま』エンディングテーマ
夢見るダンシングドール TBSテレビ系『アッコにおまかせ!』エンディングテーマ Mスリー
光の果てに テレビ東京系アニメジュエルペット ハッピネス』オープニング、エンディングテーマ
エール アシックス商事『TIGON LazerBeam』CMソング
Run with U 早稲田アカデミー「アメフト」篇CMソング
テレビ東京系アニメ『ジュエルペット ハッピネス』オープニングテーマ
テレビ東京系アニメ『レディ ジュエルペット』エンディングテーマ
Super Hero フジテレビ系『ウチくる!?』エンディングテーマ
Love Me, Love You More. 映画『劇場版 ゆうとくんがいく』主題歌
Your Love テレビ東京系アニメ『レディ ジュエルペット』オープニングテーマ Mスリー
BLING BLING MY LOVE TBSテレビ系『COUNT DOWN TV』8月度オープニングテーマ
Mr.Platonic TBSテレビ系『アッコにおまかせ!』2015年10月 - 12月エンディングテーマ
第31回東日本女子駅伝大会応援ソング
クロスロード フジテレビ系『ウチくる!?』エンディングテーマ
Synchronized 〜シンクロ〜 日本テレビ系『バズリズム』3月度エンディングテーマ
恋のロードショー フジテレビ系『ウチくる!?』2017年6月・7月エンディングテーマ
HEY HEY 〜Light Me Up〜 TBSテレビ系『COUNT DOWN TV』2018年2月・3月オープニングテーマ
Bangin' フジテレビ系『なりゆき街道旅』エンディングテーマ JUKEBOX

出演

[編集]

テレビ

[編集]

ラジオ

[編集]

CM

[編集]

イメージキャラクター

[編集]

ネット配信

[編集]
  • 3分フェアリーズ(2012年6月12日 - 2015年2月28日、OPEN CAST)- 公式有料動画配信サイト[36]
  • 放課後フェアリーズ(2014年4月18日 - 2015年3月7日、ニコニコ生放送) - 月に1回のレギュラー放送[37]
  • フェアリーズなんです!!!!!(2017年1月11日 - 2018年3月28日、生テレ) - 毎週水曜日、メンバーが週代わりで2人ずつ登場[38]

ライブ

[編集]
  • フェアリーズ LIVE(2014年2月15日、新宿村LIVE)
  • フェアリーズ LIVE -Fairies First-(2014年3月16日、赤坂BLITZ[13]
  • フェアリーズ LIVE TOUR 2014 -Summer Party-(2014年8月9日・17日・30日、東京・大阪・名古屋)
  • フェアリーズ LIVE TOUR 2015 -Kiss Me Babe-(2015年3月14日・15日・21日、名古屋・大阪・東京/5月10日、東京追加公演)
  • フェアリーズ LIVE TOUR 2015 -PUZZLE-(2015年11月7日・22日、12月26日、名古屋・大阪・千葉)
  • フェアリーズ LIVE TOUR 2016 -Answer-(2016年5月5日・21日・22日、千葉・名古屋・大阪/7月9日、千葉追加公演)[39]
  • フェアリーズ LIVE 2017 -Synchronized-(2017年2月19日、Zepp Tokyo
  • フェアリーズ LIVE TOUR 2017 -Fairytale-(2017年5月3日・6日・14日、千葉・名古屋・大阪)
  • フェアリーズ LIVE TOUR 2017 -STAR-(2017年11月18日・23日、12月3日、名古屋・大阪・東京)
  • フェアリーズ LIVE TOUR 2018 〜JUKEBOX〜(2018年5月26日・27日、6月2日・24日、名古屋・大阪・福岡・東京)[17]
  • フェアリーズ LIVE TOUR 2019 -ALL FOR YOU-(2019年6月8日・15日・16日、7月14日・15日、東京・名古屋・大阪・広島・福岡)

書籍

[編集]

雑誌

[編集]

漫画

[編集]

受賞歴

[編集]

2011年

2012年

来歴

[編集]

2011年

2012年

2013年

  • 1月17日、清村が学業に専念するためにフェアリーズとしての活動を停止し、ブログ・Twitterなどを一旦終了することが発表された[50]
  • 3月27日、Mスリーが1stシングル「夢見るダンシングドール」を発売[12]

2014年

  • 3月16日、ワンマンライブ『フェアリーズLIVE -Fairies First-』を赤坂BLITZで開催した[13]
  • 3月26日、1stアルバム『Fairies』を発売。
  • 7月23日、伊藤がシングル「Poker Face」でソロデビュー。
  • 7月30日、Mスリーが2ndシングル「Your Love」を発売。
  • 8月9日 - 30日、初めてのライブツアー『フェアリーズ LIVE TOUR 2014 -Summer Party-』を東名阪で開催。全4公演で3000人を動員した。
  • 12月10日、ライブツアーの模様を収録した初の映像作品『フェアリーズ LIVE TOUR 2014 -Summer Party-』を発売。

2015年

  • 3月14日 - 21日・5月10日(追加)、ライブツアー『Kiss Me Babe』を東名阪で開催。3月21日の東京公演ではファンとともに井上の高校卒業をサプライズで祝った[51]
  • 11月7日 - 12月26日、ライブツアー『PUZZLE』を3都市で開催。ツアーファイナルとなった舞浜アンフィシアター公演では過去最高となる2100人を動員。

2016年

  • 5月5日 - 22日・7月9日(追加)、ライブツアー『Answer』を3都市で開催。ツアー初日・追加公演を舞浜アンフィシアターで行い規模を拡大した[39]
  • 8月10日、13thシングル「クロスロード」を発売。オリコン週間シングルランキングで3位を獲得し、売り上げ枚数と共に自己最高を更新した[52]。本作では伊藤と下村の2ボーカルに挑戦した。

2017年

  • 1月10日、藤田が学業を専念するためにフェアリーズの脱退と芸能界を引退することが発表された[15]
  • 2月19日、5人体制になって初のライブ『フェアリーズ LIVE 2017 -Synchronized-』を開催。
  • 3月1日、5人体制初のシングル「Synchronized 〜シンクロ〜」を発売。
  • 5月3日 - 14日、ライブツアー『Fairytale』を3都市で開催。
  • 7月5日、シングル「恋のロードショー」を発売。フェアリーズ初となるVR盤も発売された。
  • 11月8日 - 12月3日、ライブツアー『STAR』を東名阪で開催。ツアー最終日の東京公演で新曲「HEY HEY 〜Light Me Up〜」が初披露された。

2018年

2019年

  • 6月8月 - 7月15日、ライブツアー『ALL FOR YOU』を5都市で開催。
  • 7月17日、シングル「Metropolis〜メトロポリス〜」を発売。本作に収録される全3曲のミュージックビデオが制作された。

2020年

  • 6月17日、野元、林田、井上がライジングプロダクションとの契約を終了し、フェアリーズとしての活動を終了することが発表された[54][55]。なお、今後の活動は未定としながら「グループは解散はしない」としている[18]

脚注

[編集]
  1. ^ 中学生軍団「Fairies」がK-POPに挑戦状:芸能:スポーツ報知 - ウェイバックマシン(2011年8月22日アーカイブ分)
  2. ^ 「グループアイドル いま旬図鑑Special」『宝島』2012年5月号、宝島社、2012年3月、56-57頁。 
  3. ^ 大野智己 (2016年8月25日). “人気急上昇!フェアリーズの6人が私生活、聞けなかった恋愛願望まで赤裸々告白”. 週刊プレイボーイ. 2021年2月3日閲覧。
  4. ^ 安室、SPEEDらの後輩グループ名は「Fairies」に決定”. オリコン (2011年8月3日). 2021年2月3日閲覧。
  5. ^ 牧野アンナ (2011年8月5日). “FAIRIES”. アメーバブログ. 2011年8月17日閲覧。
  6. ^ DA PUMP (2011年7月15日). “DDD掲載中☆KENZO”. アメーバブログ. 2011年7月24日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年7月15日閲覧。
  7. ^ DA PUMP (2011年8月16日). “初ライブ☆KENZO”. アメーバブログ. 2011年8月16日閲覧。
  8. ^ 名前がなかった清涼感満載7人組アイドルのグループ名が「Fairies」に決定”. BARKS (2011年8月3日). 2011年8月17日閲覧。
  9. ^ Friday Night English FairiesのFly to the World”. オールナイトニッポン (2016年3月25日). 2021年2月1日閲覧。
  10. ^ a b 中日スポーツ:空手に新体操…Fairies輝け中学生活 テレ東系「原宿キラキラ学院」:芸能・社会 - ウェイバックマシン(2012年3月26日アーカイブ分)
  11. ^ Fairiesメンバー清村川音の活動に関しまして”. ライジングプロダクション (2013年1月17日). 2013年1月17日閲覧。
  12. ^ a b フェアリーズから生まれたMスリー、アイドルイベントの聖地でデビューイベント”. BARKS (2013年3月26日). 2021年2月1日閲覧。
  13. ^ a b c 【ライブレポート】フェアリーズ、初ワンマンで実生、みりあ、真尋の中学卒業をお祝い”. BARKS (2014年3月17日). 2021年2月1日閲覧。
  14. ^ フェアリーズ、メンバー別ソロ曲から伊藤萌々香「純愛」解禁”. BARKS (2015年10月12日). 2021年2月14日閲覧。
  15. ^ a b フェアリーズ藤田みりあが芸能活動終了、新体制でシングルリリースも”. 音楽ナタリー (2017年1月11日). 2021年2月1日閲覧。
  16. ^ オリコン週間 シングルランキング 2018年02月26日〜2018年03月04日”. オリコン. 2021年2月1日閲覧。
  17. ^ a b c フェアリーズ、自身最大キャパで全国ツアーファイナル”. BARKS (2018年6月25日). 2021年2月2日閲覧。
  18. ^ a b フェアリーズ、井上理香子ら3人脱退、事務所契約終了 解散はせず”. スポニチ (2020年6月17日). 2021年2月1日閲覧。
  19. ^ 元フェアリーズ下村実生が今月末で芸能界引退「知らない世界沢山知りたい」”. 日刊スポーツ (2021年6月12日). 2021年9月9日閲覧。
  20. ^ “伊藤萌々香が所属事務所の退社発表「別の環境で一から頑張ってみたい」今後も芸能活動”. 日刊スポーツ (日刊スポーツ新聞社). (2022年7月1日). https://www.nikkansports.com/entertainment/news/202207010000916.html 2022年7月1日閲覧。 
  21. ^ フリュー (2015年5月19日). “会員数1000万人!プリントシール画像取得・閲覧サービス『ピクトリンク』公式ユーザー『プリモ』に、フェアリーズの林田真尋(はやしだまひろ)さんが新加入!”. PR TIMES. 2021年2月3日閲覧。
  22. ^ 明治学院大学広告研究会 (2018年11月3日). “【速報】ミス明治学院コンテスト2018 ▼ミス明治学院 Entry No.4 藤田みりあ”. Twitter. 2021年2月2日閲覧。
  23. ^ フェアリーズの作品”. オリコン. 2021年1月30日閲覧。
  24. ^ Mスリーの作品”. オリコン. 2021年2月1日閲覧。
  25. ^ 伊藤萌々香の作品”. オリコン. 2021年2月1日閲覧。
  26. ^ Fairies、4社参加のプロマーシャルに決定”. オリコン (2011年8月26日). 2011年8月26日閲覧。
  27. ^ ライジングプロダクション (2011年8月26日). “Fairies meets ハーゲンダッツ編”. YouTube. 2021年2月2日閲覧。
  28. ^ a b 表参道イルミネーション点灯-LED65万球、初のイメージキャラに「フェアリーズ」”. シブヤ経済新聞 (2011年12月1日). 2014年3月21日閲覧。
  29. ^ 中学生7人組アイドル・グループ、Fairies(フェアリーズ)ラジオ・レギュラー決定!”. CD Journal (2011年10月7日). 2015年4月4日閲覧。
  30. ^ Fairiesのオールナイトニッポンモバイル配信決定!”. フェアリーズ公式 (2012年3月19日). 2014年12月21日閲覧。
  31. ^ Fairies、4社参加のプロマーシャルに決定”. オリコン (2011年8月26日). 2011年8月26日閲覧。
  32. ^ ライジングプロダクション (2011年8月26日). “Fairies meets ハーゲンダッツ編”. YouTube. 2021年2月2日閲覧。
  33. ^ フェアリーズ (2012年4月1日). “アシックス商事 TIGON 「LazerBeam」テレビCM Fairies”. YouTube. 2021年2月2日閲覧。
  34. ^ Fairies、表参道イルミネーションのイメージキャラクターに”. BARKS (2011年11月3日). 2011年11月7日閲覧。
  35. ^ 番組インフォメーション 第37回ラジオ・チャリティー・ミュージックソン”. ニッポン放送. 2012年3月7日閲覧。
  36. ^ フェアリーズ「3分フェアリーズ」”. OPEN CAST. ライジングプロダクション. 2015年4月4日閲覧。
  37. ^ 放課後フェアリーズ(第1回)”. ニコニコ生放送 (2014年4月18日). 2014年6月4日閲覧。
  38. ^ 「生テレ」始動!Mスリーのキス顔、9nineのツンデレワード、倉持由香のセクシーポーズに8000人が熱狂!”. ザテレビジョン (2016年10月5日). 2021年2月3日閲覧。
  39. ^ a b デビュー5年、大人になったフェアリーズの進化とは?”. オリコン (2016年7月19日). 2021年2月2日閲覧。
  40. ^ 「FairiesのDear☆You!」『CD&DLでーた』 2011年10月号、エンターブレイン、2011年9月14日。ASIN B005J14BOQ 
  41. ^ Fairiesが漫画になる。集英社『マーガレット』で連載決定”. BARKS (2012年4月4日). 2012年7月30日閲覧。
  42. ^ 上田倫子の歴史ロマン「さくら十勇士」マーガレットで始動”. コミックナタリー (2012年8月4日). 2015年4月4日閲覧。
  43. ^ 平均年齢13歳の現役女子中学生アイドルグループが今夏に誕生 グループ名は一般公募で決定”. オリコン (2011年7月27日). 2021年2月1日閲覧。
  44. ^ Fairies、デビュー前にして「More Kiss」着うた(R)が4位にランクイン!”. CD (2011年8月23日). 2011-08-23 Journal閲覧。
  45. ^ Fairies(フェアリーズ):ニッポン放送「FairiesのFly to the World」レギュラーパーソナリティーに決定!”. ライジングプロダクション (2011年10月7日). 2012年3月7日閲覧。
  46. ^ 「Fairies」の藤田が練習中に骨折:芸能特集:スポーツ報知 - ウェイバックマシン(2011年10月16日アーカイブ分)
  47. ^ フェアリーズ (2011年11月25日). “藤田みりあ「無事!復活」”. アメーバブログ. 2021年2月1日閲覧。
  48. ^ ふくい舞が有線大賞! 新人賞は芦田愛菜&鈴木福ら”. スポーツニッポン (2011年12月11日). 2011年12月30日閲覧。
  49. ^ Fairiesが新人賞「本当に光栄」…レコード大賞:芸能:スポーツ報知 - ウェイバックマシン(2011年12月31日アーカイブ分)
  50. ^ フェアリーズメンバー清村川音の活動に関しまして”. ライジングプロダクション (2013年1月17日). 2013年1月17日閲覧。
  51. ^ フェアリーズ 井上理香子の高校卒業をサプライズ祝福”. スポーツニッポン (2015年3月22日). 2015年3月22日閲覧。
  52. ^ フェアリーズ新曲がオリコン週間で自己最高3位「早くファンの方々に感謝の気持ちを伝えたくて」”. music.jp (2016年8月16日). 2017年1月12日閲覧。
  53. ^ フェアリーズ新作に「HEY HEY」日本語カバー、振付は登美丘高校ダンス部コーチ”. 音楽ナタリー (2018年2月28日). 2021年2月2日閲覧。
  54. ^ フェアリーズ、約9年の活動に幕 3人が事務所契約終了”. オリコン (2020年6月17日). 2020年6月17日閲覧。
  55. ^ フェアリーズに関するお知らせ”. フェアリーズ公式 (2020年6月17日). 2020年6月17日閲覧。

外部リンク

[編集]