三日月 (絢香の曲)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
三日月
絢香シングル
初出アルバム『First Message
B面 君のキスで…
夢のカケラ -Live Version-
リリース
ジャンル J-POP
時間
レーベル ワーナーミュージック・ジャパン
作詞・作曲 絢香西尾芳彦(作曲のみ)
ゴールドディスク
チャート最高順位
絢香 シングル 年表
Real voice
(2006年)
三日月
(2006年)
Jewelry day
2007年
ミュージックビデオ
「三日月」 - YouTube
テンプレートを表示

三日月」(みかづき)は、日本歌手絢香の4枚目のシングル2006年9月27日ワーナーミュージック・ジャパンから発売された。

解説[編集]

「三日月」
CDとして発表される以前からアジア各国でインターネット配信が行われていた(2005年12月 - )。また、その他にデビュー前のライブ音源が「I believe」のプロモーション用CDに収録されていた。シングル曲としては初のラブ・バラードであり、遠距離恋愛をテーマにしている。その歌詞[1]は、2004年の半ばごろに「上京して地元を離れる」ということが現実的になり始めた時期に綴られたものであり、それまで同じ時間を過ごしてきた地元の大切な人たちへの想いが、反映されているという[2]。「三日月」は携帯電話の形状そのものの比喩ともなっている。
2006年1月14日からNHK『未来観測 つながるテレビ@ヒューマン』でテーマ曲として使用(番組終了の2008年3月まで使われた)のほか、auLISMO」CMソング(2006年9月~11月)としても起用された。
2006年12月30日の『第48回日本レコード大賞』で最優秀新人賞を受賞。2007年3月25日に行われた『2007年世界フィギュアスケート選手権』のエキシビジョンでは親交の深いフィギュアスケート選手、安藤美姫がアンコールの際この曲を使用した[3]。また、この楽曲で第57回NHK紅白歌合戦に出場した。
ミュージック・ビデオが2種類存在する。
自身初となるオリコン週間チャート初登場1位を獲得した。2006年デビューの日本のアーティストでオリコン週間チャート1位を獲得するのは、KAT-TUNKaoru Amaneに続く3組目。また2007年度のオリコンカラオケチャートでも1位を獲得した[4]
「夢のカケラ -Live Version-」
自身初の全国ツアー「Ayaka -AcousticRound Vol.1-"SOUNDS REAL"」の最終日Shibuya O-East (2006.05.26) で録音された。

収録曲[編集]

全作詞:絢香

  1. 三日月
    (作曲:西尾芳彦、絢香/編曲:L.O.E
  2. 君のキスで…
    (作曲:西尾芳彦、絢香/編曲:L.O.E)
  3. 夢のカケラ -Live Version-
    (作曲:西尾芳彦)
  4. 三日月 -Instrumental-

関連項目[編集]

収録アルバム[編集]

カバー[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]