さとう宗幸

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
さとう宗幸
基本情報
出生名 佐藤宗幸
出生 1949年1月25日(65歳)
出身地 日本の旗 日本岐阜県可児市
ジャンル シンガーソングライター
職業 歌手ローカルタレント
事務所 さとう音楽事務所
公式サイト 公式ホームページ

ジョルジュ・ムスタキ

さとう宗幸(さとう むねゆき、本名:佐藤宗幸、1949年1月25日 - )は、日本歌手俳優司会者。所属事務所さとう音楽事務所岐阜県可児市出身、宮城県古川市(現・大崎市)育ち。現在は宮城県仙台市在住。愛称は「宗さん」。

トレードマークのは、敬愛する歌手ジョルジュ・ムスタキを意識してのものである。

来歴[編集]

歌手[編集]

青葉城恋唄[編集]

学生時代から歌声喫茶ギター片手に歌い、セミプロフォークソング歌手であったさとうは、1977年昭和52年)4月からNHK-FM仙台「FMリクエストアワー」でDJを務めており、この番組にはリスナーから寄せられた詩に曲をつけて歌をつくるコーナーがあった。

同年6月、このコーナーから生まれたのが『青葉城恋唄』である。星間船一が仙台の街の美しい情景と切ない恋情を綴った詞にさとうが曲をつけたこの歌は、翌1978年(昭和53年)5月5日キングレコードから発売され、さとうのメジャーデビュー曲となった。また、それまでいわゆる「ご当地ソング」がなかった仙台市の後押しもあり全国的に大ヒット。同年、さとうは数々の音楽新人賞を獲得し、仙台を代表する曲のひとつとなった。

また、『青葉城恋唄』は、原作者承認の上、東北地方を拠点に活動する「CUZSICK」率いる「Mess→Age Crew」のアルバム『前略、未知の國から』収録の『青葉城恋唄21』で、ラップに改変された。変わりゆけどもなお美しき杜の都・仙台の情景と、現代の若者達の切ない恋を歌い上げ、今なお名作に新たな命を吹き込まれ歌い継がれている。

岩尾別旅情[編集]

1970年代北海道、特に知床半島を旅する若者にとって『岩尾別ユースホステル』は旅人に対する熱烈なもてなしの気持ちとサービスで格別の存在であった。さとう宗幸はその頃の『岩尾別』を象徴する人物。その当時作った歌が「岩尾別旅情」で、今でもローカルではカラオケの定番である。

その他[編集]

そのほかのヒット曲として、「萌ゆる想い(「2年B組仙八先生」主題歌)」「向日葵の頃」「地球岬」「おひさしぶりだねナゴヤ」(愛知・名古屋マイソング最優秀曲、石川ひとみとのデュエット。後年、芹洋子とのデュエットによるカヴァー版がCD化されている)「欅伝説」(「OH!バンデス」のエンディングテーマ)「妻ありて」「CALENDAR(カレンダー)」(庄子眞理子とのデュエット。仙台地区のCD売り上げ、および有線リクエストで上位にランクインした。オリジナル歌手は土居まさる)、「夢のつばさ」(東北楽天ゴールデンイーグルスの公式応援歌として制作された)などがある。

澄んだテノールの声質と、並外れた歌唱力は、安らぎと暖かさを多くの人に提供して余りあり、シャンソンや叙情歌をもレパートリーにできる実力も兼ね備えているが、オリジナル曲は比較的少なく、現在は、司会を務める「OH!バンデス」で、ギターを手にして歌うレギュラーコーナー、地元でのイベントや全国各地でのコンサートなどを活動の中心に据えている。

2012年5月23日にリリースされたNHK東日本大震災復興応援ソング『花は咲く』(花は咲くプロジェクト)に、ボーカルとして参加している。

俳優[編集]

「青葉城恋唄」のヒットをきっかけに全国区の人気者となり、ドラマにも出演するようになった。

2年B組仙八先生」では伊達仙八郎として主演し、生徒役を務めた薬丸裕英本木雅弘布川敏和(この3人は後にシブがき隊としてデビューし、人気アイドルとなる)・三田寛子らと共演した。また、NHK大河ドラマで歴代1位の視聴率を得た「独眼竜政宗」では、支倉常長を演じた。

司会者・ローカルタレント[編集]

1990年代までは東京に拠点を置き、歌手活動のほか、俳優としても活動していた。

1990年平成2年)1月6日から9月29日まで、毎週土曜昼に仙台放送スーパーSAT」で司会を担当し、宮城県でのレギュラー番組を持った。

1995年(平成7年)、地元仙台に戻り、夕方ワイド番組の「OH!バンデス」(ミヤギテレビ)の司会となる。番組は高視聴率を獲得し続けており、いまや宮城県では司会者「宗さん」として定着し、東北地方全体でも、伊奈かっぺい(1年先輩)と並ぶ著名なローカルタレントとなっている。

東北楽天ゴールデンイーグルスの名誉ファンクラブ会員(会員No.4)として、創立1年目は応援歌「夢のつばさ」(作詞:さとう宗幸、作曲:元WANDS木村真也、編曲:葉山たけし)も制作・発売するなど活動したが、田尾安志監督の1年での解任に激怒。「1年で何が分かるのか?」と独善的な発言が目立った三木谷浩史オーナーの態度に失望してファンクラブも脱退。楽天と決別を宣言した。なお、2006年(平成18年)3月28日の楽天-オリックス戦(ホーム開幕戦)で国歌独唱をしたり、2007年(平成19年)には「OH!バンデス」の企画で楽天の寮と2軍練習場を訪れ、選手を激励をするなど、楽天イーグルスの一ファンとしては変わらず応援している。2013年9月の楽天初優勝に際しては、喜びの言葉がマスコミで報じられた[1]同年の日本シリーズ第1戦では、試合開始前の国歌斉唱を担当し、「ファン冥利に尽きる」とコメントした[2]

1999年(平成11年)にサッカーJ2のベガルタ仙台・市民後援会が発足した際に後援会会長に就任し、年1回シーズンオフに発行されるメモリアルデータブック「カントリーロード」に毎年コメントを発表している。

伊奈かっぺいに出した年賀はがきのくじが、1等に当選し、佐藤家(伊奈かっぺいの本名は佐藤元伸)のノートパソコンに引き換えられた。

2011年(平成23年)3月11日、仙台市で「OH!バンデス」の生放送でミヤギテレビへ到着する直前に東日本大震災に遭遇。さとうやミヤギテレビ、その周辺では大きな被害は無かったものの、ミヤギテレビのある宮城野区の沿岸部を始め東日本の広い範囲が地震・津波で甚大な被害を受けた。さとうも被災地を拠点とするタレントとして積極的に復興活動へ取り組んでおり、5月2日には松島からの中継放送となった「情報ライブ ミヤネ屋」に生出演し「青葉城恋唄」を披露。

出演番組[編集]

現在

過去

テレビドラマ

その他

脚注[編集]

  1. ^ さとう宗幸、楽天選手は復興の「道しるべに」 サンスポドットコム2013年9月27日
  2. ^ さとう宗幸、日本シリーズで国歌斉唱「緊張と感動」 - サンスポドットコム2013年10月27日

関連項目[編集]

外部リンク[編集]