リストカット

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

リストカットとは、カッターナイフなどの刃物を用いて主に前腕を傷つける自傷行為をいう[1]。略してリスカと言われることがあり、若年層の間でこの表現が用いられる。

用語[編集]

1960年代から、アメリカでリストカットが流行し、1972年にはRosenthalらが、 wrist-cuttting syndromeと初めて記載したとされる[2]

リストカットは、手首 (wrist) を切る (cut) ことから造られた和製英語であると説明している者もいる[3]英語でもこの用語が使われることもあるが、英語ではcut(切断する)の代わりにslash(切りつける)を使うことが多い[3]

日本ではリストカットを略して「リスカ」と、リストカットをする者の事は「リストカッター」または「リスカー」と呼ぶことがある。また、日本では腕を傷つけることをアームカット(arm cut、略して「アムカ」)、脚を傷つけることをレッグカット(leg cut、略して「レグカ」)という。

説明[編集]

リストカットは、言語化できない鬱積したストレスの表現方法の一つである[1]という説がある。ストレスを言語化して相手に伝えられない場合、「行動化」や「身体化」という形でストレスを発露する。「行動化」には歌ったりスポーツをすることなどが分類される。これらは健康な行動化とされる[1]が、その一方で犯罪や非行に走るという形での「行動化」もある[1]。一方で身体化は、円形脱毛症自律神経失調症など、身体でストレスを表現することで発露する方法である[1]

リストカットのような「身体化・行動化」されたストレス発散の表現に対して、「隠された心の叫び」を読み取るのは容易なことではない[1]。しかし、力で強引に抑え込もうとするなどすれば、さらに自傷行為をエスカレートさせる危険性がある[1]。自傷行為が例えば学校で行われると、動揺が生じ、クラスを統率する教師は「周囲への動揺を抑える為」、そして、「自分自身に危険が及ぶことを恐れる為」、これを止めようとするが、どうしても表に発露した表現である自傷行為にのみ注意が向いてしまい、心の叫びを聞き取ることが出来ない[1]。「真の気持ち」を受け止めず、「額面だけの励ましや説教」でその場を済ませると、行為が繰り返されると指摘されている[1]

内田伸子は、「自傷行為には命を懸けてもつたえたい言葉が必ずある」と説明している[1]

リストカットのような自傷行為は、子どもにとっては「命がけのSOS」であるが、それを受け取る大人達にとっては、「問題」として解釈される[1]。結果、「どうしてわかってくれない」という児童の気持ちと、「どうして問題行動をやめない」という大人の気持ちはすれ違い、齟齬が生じる[1]

リストカットに走る子供の心理は千差万別だが、実際にリストカットを行った子供達は「苛々してる時にやった」「思い通りにならない時にやった」「誰にも理解されない孤独な心理状態の時にやった」と、様々な説明している[1]

また、リストカットを行う子供達はしばしば「死にたい」と言うが、これは、「死にたいほど苦しい。助けて」という、「心の叫び」であると解釈される[1]

ファッションとしてのリストカット[編集]

現在において、ファッション感覚でリストカットやその真似事を行う人々が増えつつあり、これらの行為は真剣に悩んでいるリストカッターからは攻撃の対象となる場合がある。リストカッターに余分なストレスを与えないよう、これらの情報はなるべく遠ざけるべきである。中にはリストカットの行為自体を一種の性的魅力や、萌え属性とするような傾向もあり、マゾヒスト(被虐)、ネクロフィリア(死体愛好)、タナトフィリア(死性愛好)的な解釈によるものとの誤解から来ると思われる。ファッションを演じる自傷とはいえ、「誰かを傷つけている」ということを忘れてはならない。

特にゴシック・アンド・ロリータの愛好家の間での衝突はすさまじく、自傷行為者のゴスロリ愛好家の事をグロテスクなゴシック・アンド・ロリータの意味でグロロリと蔑称的に呼ぶ。しかし、自傷行為をするゴスロリ愛好家が必ずしも血糊などを多用したグロテスクなテイストのグロロリをしているとは限らない。特にネット上でのそういった行為の公開、自傷行為者でない愛好家に傷跡を見せるなどは自傷行為者・愛好家両者から嫌悪感をもたれる。ネット上で自傷行為を公開していたゴスロリ愛好家の恋人の男性が殺人事件を起こしたこともある。リストカットは大変プライベートな問題であるため、そういった話題に触れられるだけでトラウマを喚起されショックを受ける人もおり、ゴスロリ系のファッション雑誌ではそういった自傷行為に関する言動(肯定的なものばかりではなく、否定的なものも)を避ける傾向にある。

SMプレイとしてのリストカット[編集]

SMにおいても、自傷行為が行われることがある。そのためか、リストカッターはマゾヒストと混同されがちであるが、自傷行為はあくまでも精神的な苦痛からの解放のためであり、性的満足を得る為や、ファッションなど美的感性の傾向から自傷行為をしているわけではない。また、こういった行為は本人の明確な意識があるからこそ行われるものであるが、自傷行為は本人の意識が朦朧としている状態で起こりやすく、自傷行為をした事は覚えているがなぜそういう行為に至ったのか全くわからない場合もある。例えば東京から北海道に行き、その旅路の過程を覚えてはいる(記憶喪失や健忘症ではない)が、なぜ自分が北海道までいったのかは自分でも理解できない解離性遁走と呼ばれる現象に似ている。解離性遁走も周囲・自己ともにその行動の理由が理解できないため、衝動的なもの、感情的な行動と受け止められがちだが、そうではない。

関連書籍[編集]

リストカットを扱ったテレビドラマ[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n 内田伸子 2006, pp. 202-203.
  2. ^ 角丸 歩「大学生における自傷行為の臨床心理学的考察」 (pdf) 、『臨床教育心理学研究』第30巻第1号、2004年、 89-105頁、 NAID 110002558472
  3. ^ a b 自傷行為関連英語学 (赤城高原ホスピタル)

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]