刃物

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

刃物(はもの、英語:bladed object)とは、がついていて物を切断したり削ったりする道具総称[1]。刃という構造を持ち、対象を切断したり切削するための道具。「切れ物」とも言う[1]

概説[編集]

刃物とは、刃がついていて、物を切断したり削ったりする道具を広く指すための名称であり、概念である。

たとえば包丁小刀はさみなど[1]。またなど、武器に分類されうるものも含まれる。

基本的には、刃に、取っ手(ハンドルグリップなど)をつけた形状をしていることが多い。刃物は、何かを切ったり削ったりするための道具で、様々な用途で用いられている。たとえば様々なものを加工するために用いられたり、調理の場面では(一般的に植物性や動物性の)食材調理するのに用いられたり、理容の場では髪の毛を切りととのえたりや無駄毛をそったり、あるいは医療や動物医療の場では人や動物など生き物の組織を切断することで手術を行って治療を行ったり、また(ハンティング戦闘 等々の場面では)傷つけたり殺したりするため等々、様々な用途で用いられているのである。

材質(素材)としては、現代的な刃物は、ステンレス)などの金属で作られている(一部セラミック製のものもある)が、過去には青銅青銅器時代)あるいは、石製の刃物が主に用いられていたこともある(石器時代)。

生産地としては、日本では岐阜県関市福井県越前市大阪府堺市兵庫県三木市高知県香美市、海外ではドイツゾーリンゲンやイギリスのシェフィールドが有名である。刃物鋼の原産地は島根県安来市スウェーデンが世界的に有名である。

具体例[編集]

調理道具[2]
農具
手術道具
武器

法規制[編集]

犯罪や事故を防止するため、刃物をみだりに所持・携帯することは法令により規制されている。日本での主な規制は以下の通り。

  • 何人も、次の各号のいずれかに該当する場合を除いては、銃砲又は刀剣類を所持してはならない(銃砲刀剣類所持等取締法第三条)
  • 業務その他正当な理由による場合を除いては、内閣府令で定めるところにより計つた刃体の長さが六センチメートルをこえる刃物を携帯してはならない(同法第二十二条)
  • 第1条 左の各号の一に該当する者は、これを拘留又は科料に処する(軽犯罪法第一条)
    • 正当な理由がなくて刃物、鉄棒その他人の生命を害し、又は人の身体に重大な害を加えるのに使用されるような器具を隠して携帯していた者(同法同条2号)

また、都道府県によっては迷惑防止条例でも規制されている場合がある。

  • 何人も、公共の場所又は公共の乗物において、正当な理由なく、刃物、鉄棒、木刀その他人の身体に危害を加えるのに使用されるような物を、公衆に不安を覚えさせるような仕方で携帯してはならない(京都府迷惑行為防止条例)

等。

一方、製造・販売関連では銃刀法や武器等製造法が適用される刀剣類や銃剣を除けば都道府県により青少年保護育成条例での販売の自主規制が存在する程度である。

  • 刃物(銃砲刀剣類所持等取締法(昭和三十三年法律第六号)第二条第二項に規定する刀剣類を除く。以下同じ。)の製造又は販売を業とする者は、刃物の構造又は機能が、青少年又はその他の者の生命又は身体に対し、危険又は被害を誘発するおそれがあると認めるときは、相互に協力し、緊密な連絡の下に、当該刃物を青少年に販売し、又は頒布しないように努めなければならない(東京都青少年の健全な育成に関する条例第七条の三)

伝統的工芸品[編集]

経済産業大臣指定伝統的工芸品伝統的工芸品 業種別一覧

出典・脚注[編集]

  1. ^ a b c 大辞泉「刃物」
  2. ^ [Category:調理器具]も参照可。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]