マーサ・スチュワート

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
マーサ・スチュワート

マーサ・スチュワートMartha Stewart、本名Martha Helen Kostyra1941年8月3日 - )は、アメリカ合衆国ニュージャージー州出身の実業家。料理、園芸、手芸、室内装飾など生活全般(ライフスタイル)を提案するライフコーディネーター・クリエータで、関連する本も多く出版している。

彼女が経営する会社は、生活提案のTVレギュラー番組『マーサ・スチュアート・リビング』を持ち、同名の雑誌を出版し、オリジナル・ブランドの商品を販売している。日本では「カリスマ主婦」として知られているが離婚歴があり、現在独身である。単にテレビに良く出る有名人でなく、実業家として評価されている。

経歴[編集]

成功の軌跡[編集]

彼女はポーランド移民の両親に生まれ、大学時代(Barnard College)からアルバイトモデルをしており、卒業後もモデルやCM出演をしていたが、1965年に出産のため引退した。その後、1973年までのブローカーをしていたが、証券不況により、コネチカット州の田舎に移り住んだ。

そこで、料理のケータリング・サービスを行いながら、料理、園芸、室内装飾に関するコラムを雑誌に寄稿していた。1982年に出版した『マーサ・スチュアート・エンターティニング(Martha Stewart Entertaining)』はベストセラーとなった。

1987年に大手スーパーのKマートと契約し、商品のプロデュース、宣伝に関わり、1991年から自分のライフスタイル提案誌『マーサ・スチュアート・リビング』を発刊し、ライフスタイル業界の大立者になっていく。彼女の会社のライフスタイル提案番組『マーサ・スチュアート・リビング』はデイタイム・エミー賞を受賞し、オリジナル・ブランド製品をKマートなどを通して広く販売した。ニューヨーク証券取引所の役員にも選ばれる。

夫とは、結婚23年後に離婚。その後も、彼女は夫の姓を名乗っている。 前夫との間に、娘(Alexis Stewart)一人。

事件[編集]

2002年インサイダー取引(製薬会社が開発した癌の新薬の申請が却下されたことを, 製薬会社の創設者から事前に伝えられており、公表される前に同社の株を売却した)の容疑で捜査を受け、2003年6月に起訴され、2004年3月5日陪審員評決で有罪となった。

TVレギュラー番組は中止になり、彼女は自分の会社の役員を辞任したが、同社の株は暴落した。7月16日の判決では、5ヶ月の禁錮と5ヶ月の自宅軟禁、3万ドルの罰金が課せられた。10月から2005年3月まで服役し、自宅に戻った後、仕事を再開した。

2005年9月からTVの仕事に復帰し、ドナルド・トランプの人気リアリティー番組アプレンティス』の姉妹番組の司会者にもなる。 しかし、視聴率は期待したより低く、1シーズン限りの放送となった。

外部リンク[編集]