アルバイト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索


アルバイト独語からの外来語: Arbeit)は、非正規雇用の雇用形態の一種とされており、期間の定めのある契約に基づき雇用される従業員を指す俗称となっているが、本来は、副業を持つものを指す言葉であり、非正規雇用などを指すことではない。本業以外に副業を持つもの。また本業以外に、学術の業績、実績などをもつものを指すものである。ゆえに正規雇用をアルバイトと正しく表現している会社もある。

また「アルバイト」と「正社員」の区別は慣習的なものであり、企業がそのように勝手に呼び分けているだけ(「パート」と「アルバイト」の区分についても同様)であり同一同格の労働者である。労働的にはどちらも労働者であり、単に労働時間や契約期間が異なるに過ぎない。アルバイトでも、年次有給休暇を始めとする労働者としての権利の行使、会社が正社員に提供する福利厚生などの対象になる[1]

アルバイトを含めた非正規雇用を取り巻く諸問題についてはフリーターも参照されたい。 日常会話などではバイトとも略されている。

語源[編集]

アルバイトという言葉は、ドイツ語で「労働」を意味する名詞のArbeitに由来する。明治時代に学生の間で使われていた隠語が、一般に間違って広まったものである。英語ではパート・タイム・ジョブ (part-time job) やサイド・ジョブ (side job) 等という。ドイツ語で Arbeit といえば労働全般を指し、あえて日本語でいうアルバイトに近い言葉をさがせば英語からの外来語でジョブ(Job)となる。日本国外にもフルタイムの雇用とパートタイムの雇用、期限の定めのある雇用と期限の定めのない雇用といった区別はあるが、それらを「アルバイト」と呼ぶことはほぼ無い。ただし韓国では、日本と同様の意味で아르바이트(「アルバイトゥ」、略称は알바「アルバ」)を用いる。

概要[編集]

  • アルバイト全体に占める比率は、24歳以下が51%(うち学生は29%)、50歳以上は17.2%[2]
  • 勤務時間は、年間の就業日数が増えるほど、勤務時間も増える傾向にあるが、正社員よりは少ない。

本来のアルバイトという言葉の使用例は

  例:アルバイト医師 アルバイト学者 などが正しい。

 

年間就業日数が200日未満では、勤務時間週30時間未満が76%(正社員は11%)、年間就業日数が250日以上では、勤務時間週43時間以上が48%(正社員は76%)[2]

脚注[編集]

  1. ^ 厚生労働省:パートタイム労働法の改正について [1]
  2. ^ a b 出典:「平成14年就業構造基本調査

関連項目[編集]

外部リンク[編集]