就職氷河期

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

就職氷河期(しゅうしょくひょうがき)は、社会的に就職難となった時期の通称。

日本(1993-2005年)[編集]

日本ではバブル崩壊の就職が困難であった時期(1993年から2005年と定義されている[1] )を指す語。リクルート社の就職雑誌『就職ジャーナル』が1992年11月号で提唱した造語。1994年の第11回新語・流行語大賞で審査員特選造語賞を受賞した。

経過[編集]

詳しい採用状況については#採用状況を参照

バブル崩壊前の就職状況[編集]

1970年代から1985年昭和60年)までは、日本の労働市場における新規求人倍率は 0.9倍から1倍、有効求人倍率は 0.6倍から0.7倍の間で推移していた。しかし1985年のプラザ合意円高をきっかけに、日本経済はバブル景気に入り、企業が過剰な設備投資と雇用をおこなったため、有効求人倍率は 1.4倍まで跳ね上がり、1988年から1992年まで1倍を上回る状況が起きた。

就職氷河期突入[編集]

詳しい経済状況については失われた10年などを参照

1990年1月より株価や地価などの暴落が起こり、「バブル崩壊」と呼ばれる様相を呈し、翌1991年2月を境に安定成長期が終焉した。景気が後退するなかで、バブル期の過剰な雇用による人件費を圧縮するために、企業は軒並み新規採用の抑制を始めた。さらに、同時期の政界では短期間で枠組が著しく変動する大混乱のさなかにあったため、政府が景気対策に本腰を入れて取り組むことが困難な状況であった。

それでも、1993年を底として景気がゆるやかに回復し、1997年新卒の就職状況はいったんは持ち直したが、消費税引き上げなどの緊縮財政に加え、1997年夏のアジア通貨危機、不良債権処理の失敗から1997年下半期から1998年にかけて大手金融機関が相次いで破綻したことなどで景気が急速に冷え込んだため、再び就職状況が悪化した。この時期は、求人数の大幅削減のほかに、企業の業績悪化や新興国との競争激化によって新卒を企業人として育成する余裕がなくなり、現場に即投入できる「即戦力」を新卒に求める風潮が現れた。これにより、雇用のミスマッチが発生し、単純に求人数が増えても失業率が下がりにくくなり、収入と生活の安定を求めて本人の能力や専門知識とはかけ離れた職場に否応無く入らなければならなくなり、その様な環境下で短期間で解雇に追い込まれる状況が発生した。また、大卒者の就職についても、1996年就職協定が廃止されて以後は企業が優秀な大学生を囲い込むべく青田買いが発生し、こうした環境の変化により多くの大学生に混乱と過重な心理的負担を与えることとなった。

このような背景があり、有効求人倍率は1993年から2005年まで 1 を下回り、新規求人倍率は1998年に 0.9 まで下がった。また、バブル期に比べて、新卒者が困難な就職活動を強いられたため、フリーター派遣労働といった社会保険の無い非正規雇用プレカリアート)になる者が増加した[2][3]

就職氷河期の一時終結と既卒者の就職状況[編集]

2000年代半ばの輸出産業の好転で、雇用環境は回復し、2005年には就職氷河期は一旦終結した。新卒者の求人倍率は上昇し、2006年から2008年の3年間は一転、売り手市場と呼ばれるようになり、有効求人倍率は2006年から2007年にかけて 1 を上回った。13年近くにわたる採用抑制の影響により、多くの企業で人手不足となっており、労働環境が苛酷になる企業が増加した。また、従業員の年齢構成がひずんでいるため技術・技能の伝承が困難になっていた。このため、企業はそれまでの態度を覆し、こぞって新卒の大量採用に走り、求人倍率そのものは「バブル期並み、もしくはそれ以上」とも言われていた。特に金融関係の採用意欲は強く、大手金融機関のなかには一度に数千人採用した例もあった。ただし、氷河期に比べれば採用基準は緩和されたものの、依然として厳選採用の傾向にあった。優秀な学生がいくつも内定を獲得した一方で、内定を一つ得るのに苦労した学生もおり、「内定格差」なる言葉も生まれた。

また新卒者の雇用環境が改善される一方で、既卒者の雇用環境は厳しいままであり、世代間による雇用機会の不均衡を指摘する声が強まった。日本の労働市場における採用慣行は新卒一括採用年功序列に偏重しているため、既卒者(第二新卒など)の就職が著しく不利になっているから、卒業後すでに相当の年数が経った氷河期世代の求職者、とくにそれまで正規雇用されたことがない者は極めて不利な条件下に追い込まれている。団塊世代の退職による労働力減少への対応についても、大多数の企業は新卒者ないしは賃金の安い外国人労働者、定年退職者の再雇用によって補うことがあり、必ずしも氷河期世代の救済にはなっておらず、非正規雇用の割合は2008年まで上がり続けているという状況がある[4]

採用状況[編集]

新卒採用[編集]

高卒

2005年3月高校・中学新卒者の就職内定状況等によれば、規模が500人以上の企業においての求人数は1992年の約34万人をピークに、2004年には約3万人にまで激減しており、また製造業での求人数も1992年の70万人であったのが2004年は8万人に激減した[5]。要因としてはいくつかいわれており、例えば、大手企業が大卒者等の高学歴化へのシフトなどが指摘されている[6]。 新卒時は好景気であった団塊ジュニアの高卒者もまた、1997年のアジア通貨危機や1999年の産業再生法施行後には人員削減により不安定雇用に追い込まれた者も少なくない[7]

ただし、就職難を背景に次第に大学などへの進学率が増加し、高卒での就職率が減少した[8]こと、また、大学生などとは異なり、就職希望の高校生で就職できなかった者は、専門学校などへの進学に進路を変更した者も多かったため、大卒などの就職難に比べると、高校新卒者の就職難はあまり深刻視されなかったという面もある。

大卒

大卒者の雇用環境もこの時期に厳しく悪化した。リクルートワークスの調査によれば、1991年をピークに求人倍率は低下傾向で推移し、2000年にはついに1倍を下回った。多少の変動はあるものの、2002年を谷とする景気の回復に伴い求人数が増加するまで、長期間にわたって雇用環境は厳しい状況となった。

その結果就職率も惨憺たる状況となった。学校基本調査によれば、1991年の81.3%をピークに低下を続け、2003年には55.1%(専門学校の就職率は76%)と最低記録を更新し、就職氷河期の中でも最も就職率の低い時期となった。また、この1990年代以降には、幸運にも新卒や新卒相当で正社員の地位にありつけたとしても、たまたま求人があった全く畑違いの業種に飛び込まざるを得ない状況もあり、本人の志望や専門とはかけ離れ、大学の専門教育で身に付けた知識や能力が役に立つ機会があるとは到底思えない[9]、本意とは到底考え難い仕事しか選ぶ事ができなかった者や、総合職専門職の新卒の正社員として就職できぬまま単純労働者や非正規雇用となった高学歴者が、様々な業種の末端で見られるようになった。就職難のため、大学卒業後に専門学校などの教育機関にさらに通う(ダブルスクール)者も増え[10]、意図的に大学卒業の手続きを取らずに留年して就職活動を継続する「就職留年」をする者もいる[11]

中途採用[編集]

中途採用は新卒以上に厳しい状況となった。企業が「即戦力」を要求するために、新卒時に正社員へと就職できなかった者の多くが、その後も、正社員でない仕事に就職したり、非希望型ニートと呼ばれる就職活動自体を断念したりする者も現れた。離職者についても、十分なスキルを蓄積できなかった者は再就職が困難な状態となった。また、雇用政策は新卒に重点をおくために、中途採用の方の雇用対策まで手が回らないこともあり、さらに年齢や性別を理由に門前払いされるケースもある。

人手不足が深刻な企業や団体(農業や福祉業界など)では、特に、即戦力としてのスキルを持たない就職氷河期世代のフリーターやニートの雇用を行っている企業や団体も存在している。

有効求人倍率については、1993年以降徐々に減少していき、1999年には0.48を記録した。しかし、その後徐々に上昇し、2006年には1.06を記録するまでに回復した。しかし、その後急激な減少に転じ、2009年には、1999年に前回の就職氷河期で最低を記録した0.48をさらに下回る0.47となった。そして、2009年7月の完全失業率は国全体で5.7%に、有効求人倍率は0.42倍に下がった。そのなかでも、25歳-34歳(1975年-1984年生まれ)の完全失業率は6.1%に、15歳-24歳(1985年-1994年生まれ)の完全失業率は9.6%にのぼった(2009年4月)[12]。その後の求人倍率は上昇傾向であり、2011年は0.65であった。

就職氷河期後の新社会人の就職観の変化[編集]

バブル景気前後に生まれ、バブル崩壊後の不景気と日本(を含む先進諸国)の経済衰退という時代に少年期を送ったポスト氷河期世代は、就職難に直面する氷河期世代の後姿をみて育ったため、安定志向や大企業志向が強まっている[13]。そのため、中小企業は幾ら求人を出そうとも新卒が集まらない状況に直面している。2005年放送のNHK日本の、これから』のスタジオ生討論においても、中小企業経営者らが、「町工場は人手がまったく足りない」、「求人を出している」と語っていた。また、同じ大企業でも不人気業種は新卒の確保に苦戦している。

社会の構造と政治[編集]

プラザ合意からの円高で、バブル崩壊以前からすでに日本における労働力のコストは高騰していたが、日本企業はバブル景気による収益で高コスト体質による不利をカバーできていたため、旧来的な雇用形態を変えておらず、それゆえ高価な労働力を過剰に抱えていた。それがバブル崩壊を境にいよいよ維持できなくなったことで、リストラによる余剰人員の削減と雇用柔軟性の導入が必要となった。

この動きの一環として、1999年には、小渕恵三内閣によって派遣労働が製造業を除いて原則自由化され、企業が人員を削減する程法人税を減免する「産業再生法」が制定された。この「産業再生法」の背景が、1995年日経連(当時)が発表した「新時代の『日本的経営』」だとの意見がある。この「新時代の『日本的経営』」では、労働者を「長期蓄積能力活用型グループ」「高度専門能力活用型グループ」「雇用柔軟型グループ」に分けており、派遣労働者やフリーターは「雇用柔軟型グループ」に当たる。

「新時代の『日本的経営』」を支えたとみられる政治思想として、小沢一郎の「普通の国」、小泉純一郎の「聖域なき構造改革」が挙げられる。これらの路線は、「アメリカ型社会の模倣」、「『わずかな強者が主導権を握り、大多数の弱者が貧困と死におびえる階層社会』となる[14]」などと批判されることがある。2004年3月1日には、小泉純一郎内閣によって製造業への派遣労働が解禁され、派遣労働者は爆発的に増大した。ただし、労働者派遣法の改正審議の当時、偽装請負が社会問題化のきざしをみせていた。派遣労働者激増の背景には、偽装請負業者が一般派遣へ流れ、それまで派遣労働者としてカウントされていなかった分の増加が相当の割合で寄与しているという面もある。

日本(2010-2013年卒)[編集]

リーマンショック後の特に大学の新卒者の就職が困難になった時期である2010年卒(就職活動は2008年)から2013年卒ごろも就職氷河期と呼ばれている[15]

経緯と就職状況[編集]

詳しい経済状況については世界金融危機 (2007年-)#日本経済の状況などを参照

就職氷河期の終結後、数年間続いた「売り手市場」であったが、世界的金融危機リーマンショック等の影響により景気は後退し、就職状況は一転した。

就活時期には売り手市場のはずであった2009年春卒業予定の学生の内定が取り消されるという事態が続出し[16]、さらに、2010年大学卒業者の就職率は前年卒を7.6%下回る60.8%まで減少し[17]、1948年の調査開始以来最大の下げ幅を記録した[18]。また、2010年大学卒業予定者だった人のうち、7人に1人以上(約14.3%)が就職留年を選択しており[11]、大学院への進学率も1993年卒と並ぶ1.2%上昇した。

ただし、このようにひどい就職氷河期であるといわれているものの、前回の就職氷河期と比べれば、就職率や求人数、求人倍率も高いということもあり[19]、必ずしも就職氷河期だとは言い切れないという意見もある[20]

人事担当者による調査によると、2011年から2013年卒までの就職状況では「超氷河期または氷河期」と答えている人が多かった。2012年末に第2次安倍内閣が成立し、アベノミクスを背景とした円安・株高が進むと、2014年卒の就職状況では「どちらでもない」と答える人が多くなり、就職状況の好転し[21]、2016年卒の就職活動は売り手市場といわれるほど回復した[22]

実際、大学卒業者の進路調査において、2014年の就職率は69.8%であり、就職氷河期が終了し、リーマンショックが起きる直前の2008年の就職率(69.9%)とほぼ同じ就職率まで回復した[23]

なお、2012年卒から、正規雇用での就職や非正規雇用での就職に関する統計も集計を始めた。2012年卒(558692人)の統計結果では、就職者が357011人(63.9%)、正規雇用での就職者が335048人(60.0%)、非正規雇用での就職者が21963人(3.9%)であり、就職した人のうち約6%は非正規雇用であることが明らかとなった。就職氷河期が終わって、就職率は上昇しても非正規雇用での就職者数にほとんど変化はなく、2014年卒での非正規雇用の就職率も3.9%のままである[23]

採用状況の変化[編集]

将来の成長性に限界のある日本(先進国)よりも海外の新興国に活路を求める企業は、グローバル戦略での海外への展開にあたって外国人労働者の採用を年々増加させており[24]、単なる求人数の減少のみならず、外国人との競争という前回の氷河期にはなかった逆風現象も起きている。その他にも大学進学率が5割を超え、大学新設などにより大学の数が増加して大学生の数が増加したこと、学生の大手志向により大企業に就職希望者が殺到していて逆に中小企業には就職希望者が集まらないこと、企業が優秀な学生を採用する厳選採用を方針としていることなどが上げられる[25]

また、就職氷河期の影響で就職できなかった者の対策として、厚生労働省は卒業後3年以内を新卒扱いにする指針を打ち出した[26]。なお、2015年卒で既卒者の受付をした企業は全体の66.0%であり、実際に既卒者に内定を出した企業は14.2%であった[27]

また、前回の氷河期から続いている採用活動の早期化が行き過ぎ、学業が疎かになりがちなことや海外留学などの活動に手を出しづらくなっていることへの反省から、日本貿易会が採用活動の開始時期を遅らせること検討したのを皮切りに[28]経団連などでも同様の検討がなされ、経団連では2013年卒の学生から採用に関わる広報活動を従来の10月解禁から12月解禁に遅らせ、さらに2016年卒からは、広報を3月解禁、採用を8月解禁となった[29]。しかし、企業研究など、かつてより多くの準備を必要とする現在の就職活動においては、就職活動の短期化、後ろ倒しはかえって学生に不利に働くとする見方も存在する[30][29]

就職留年[編集]

就職留年とは、次年度も新卒として就職活動を行うための留年のことで、就職活動をしたが決まらなかった者の選択肢の一つのことである。2010年卒においては、7人に1人、もしくはそれ以上が就職留年した[11]。就職留年が多い背景には、既卒者の正社員への就職口が狭く、留年してでも新卒として就職活動した方が有利であるという実態があり、2010年卒の急激な雇用情勢の悪化を鑑みて、多くの大学において(就職先が決まらないなどで)単位を取り終えた状態で意図的に卒業手続きを取らず留年する学生を対象に、学費の減免措置制度が作られたことも後押しとなっている。

大学側がその様な制度を設ける背景には、就職率の低下のみならず、就職指導そのものが非常に困難になっていることなどがある。その為、この様な厳しい状況を逆手に取って、新卒・正規雇用の就職率の高さや就職指導の充実を売り文句に学生にアピールする大学も数多く現れている。また、こうした措置は単に就職活動のための救済措置としてだけではなく、現在の多くの学生が3年次から就職活動を始めるため学業に専念できないことや、就職活動の早期化の影響で海外留学などの活動が学生に避けられている現状に大学側が苦慮していることが背景にある。

日本の就職に関する留意点[編集]

氷河期の中の売り手市場[編集]

就職氷河期であるからといって、全ての年、業種、全ての学部・学科で就職状況が厳しいわけではない。例えば、1倍を下回っていた2000年卒でも流通業は3.19倍もの求人があり[31]、流通業は売り手であった。また同年は文科系求人倍率が 0.83 だったのに対し、理科系求人倍率が1.26倍となっていた[32]

また、1998年卒は10月1日時点で73.6%、12月1日時点で84.8%と団塊の世代の穴埋めで売り手市場と言われた年(2007年卒~2009年卒)よりも高い内定率を出している[33]

高卒においては工業科の就職率が普通科や商業科と比べて高く、就職では優位にあった。[34]

氷河期出身者の中でも、セクター別に見通した場合、就職難を経験していない者も存在している。

大都市と地方[編集]

大都市よりも地方では有効求人倍率が低い傾向にあり、バブル景気の時期や就職氷河期が一時終結した時期でも、北海道や九州では有効求人倍率が 1 を上回らなかったという現状がある。

地域別有効求人倍率[35]
地域 1985年 1990年 1995年 2000年 2005年 2009年
(全国) 0.68 1.40 0.63 0.59 0.95 0.47
北海道 0.39 0.65 0.54 0.46 0.57 0.37
東北 0.46 1.22 0.73 0.59 0.68 0.35
南関東 0.80 1.57 0.48 0.55 1.11 0.53
北関東・甲信 1.26 2.33 0.91 0.86 1.09 0.45
北陸 0.84 1.92 1.04 0.70 1.06 0.50
東海 1.27 2.27 0.78 0.77 1.41 0.50
近畿 0.59 1.20 0.49 0.48 0.92 0.49
中国 0.75 1.74 0.88 0.72 1.10 0.58
四国 0.58 1.28 0.82 0.66 0.84 0.57
九州 0.35 0.93 0.54 0.46 0.67 0.40

求人倍率の数値と実状とのギャップ[編集]

就職氷河期である2000年卒を除けば、新卒の求人倍率は1倍以上を保っていたにもかかわらず、数十社回っても内定が一つも取れない学生が続出するという現象が起きていた(逆に一人で複数の内定を得る学生もいる)。この原因は、前述の“氷河期の中の売り手市場”と“大都市と地方”で触れられている事以外にも、“求人は出すが、応募者に厳しい要件をつける”いわゆる“厳選採用”の存在が上げられる[36]

就職氷河期が再来した2010年卒の求人倍率は1.64倍であり、就職状況がよくなったといわれる2006年卒の1.60倍を上回っているにもかかわらず、2010年卒が就職難であると指摘されるのは、求人は出しても即戦力になり得る人材がいなければ採用者を出さない企業が増えているためだと考えられている[37]。また、企業の採用計画が軒並み出そろった後に急激な景気の変動が生じ、求人数と実際の採用数に乖離が出たためだと指摘する者もいる[38]。このような現状があるため、好況時と不況時とで単純に求人倍率の比較はできない。

内定率や就職率の数値[編集]

就職率に関するニュースなどで使われている新卒の就職内定率は、毎年90%を超えているが[33]、これは、就職を希望する人のうち内定が確定した人の割合だからである。そのため、大学院、就活塾、予備校等へ進学を希望した人や就職活動を諦めた人は母数から除外され、内定率は90%以上になる[39]。なお、就職率は卒業者数のうち、就職したものの割合であるため、留年(就職留年も含む)したものは母数に含まないが、卒業した人は、進学した人でも就職を諦めた人でも母数に含まれる。

正社員・非正規社員の区分[編集]

学校基本調査(文部科学省)の統計では、2011年卒までは職に就いた者について、「就職者」と「一時的な仕事に就いた者」で区分されていた。しかし、2012年卒以降「就職者」を「正規の職員等」と「正規の職員等でない者」に区分されるようになった。なお、それぞれの区分は以下の通りになる[40]

  • 正規の職員等:雇用期間がない者
  • 正規の職員等にない者:1年以上の雇用期間があり、一週間の所定の労働時間が30~40時間の者
  • 一時的な仕事に就いた者:1年未満の雇用期間の者、または1年以上の雇用期間があるが一週間の所定の労働時間が30時間未満の者
  • 就職者:正規の職員等と正規の職員等にない者の合計

資料[編集]

就職氷河期を挟んだ時期の雇用関連指標を以下に掲載する。

  •  : 就職氷河期(1993年から2005年)
  •  : 新就職氷河期(2010年から2013年)

求人倍率[編集]

有効求人倍率の推移[35]
有効求人倍率 有効求人数 有効求職者数 就職件数
1991 1.40 1,805,631 1,290,153 106,709
1992 1.08 1,553,333 1,433,026 108,284
1993 0.76 1,275,820 1,669,074 111,747
1994 0.64 1,186,463 1,848,098 120,628
1995 0.63 1,233,449 1,954,365 126,684
1996 0.70 1,393,689 1,980,970 128,680
1997 0.72 1,493,094 2,070,944 132,306
1998 0.53 1,265,216 2,394,818 137,300
1999 0.48 1,206,889 2,529,993 144,177
2000 0.59 1,472,596 2,506,804 155,421
2001 0.59 1,534,182 2,597,580 157,206
2002 0.54 1,486,484 2,768,427 168,366
2003 0.64 1,670,065 2,596,839 176,143
2004 0.83 1,956,329 2,368,771 178,754
2005 0.95 2,163,164 2,271,675 176,954
2006 1.06 2,294,833 2,164,014 178,075
2007 1.04 2,179,802 2,094,404 170,598
2008 0.88 1,831,664 2,091,492 155,902
2009 0.47 1,308,885 2,762,480 166,554
2010 0.52 1,403,634 2,705,935 179,304
2011 0.65 1,674,223 2,593,291 180,328
2012 0.80
2013 0.93
大卒の求人倍率の推移[41]
年卒 求人数 求職者数 求人倍率
1991 840,400 293,800 2.86
1992 738,100 306,200 2.41
1993 617,000 323,200 1.91
1994 507,200 326,500 1.55
1995 400,400 332,800 1.20
1996 390,700 362,200 1.08
1997 541,500 373,800 1.45
1998 675,200 403,000 1.68
1999 502,400 403,500 1.25
2000 407,800 412,300 0.99
2001 461,600 422,000 1.09
2002 573,400 430,200 1.33
2003 560,100 430,800 1.30
2004 583,600 433,700 1.35
2005 596,900 435,100 1.37
2006 698,800 436,300 1.60
2007 825,000 436,900 1.89
2008 932,600 436,500 2.14
2009 948,000 443,100 2.14
2010 725,300 447,000 1.62
2011 581,900 455,700 1.28
2012 559,700 454,900 1.23
2013 553,800 434,500 1.27
2014 543,500 425,700 1.28
2015 682,500 423,200 1.61

卒後の進路[編集]

大卒後の進路の推移[23][42][43]
年卒 卒業者数 大学院等
進学者数
就職者数 一時的な職に
就いた者の数
大学院等
進学率
就職率 一時的な職に
就いた者の割合
1990 400,103 27,101 324,164 3,645 6.8 81.0 0.9
1991 428,079 30,028 347,862 3,482 7.0 81.3 0.8
1992 437,878 33,381 350,070 3,941 7.6 79.9 0.9
1993 445,774 37,318 339,901 5,494 8.4 76.2 1.2
1994 461,898 43,890 325,447 7,709 9.5 70.5 1.7
1995 493,277 46,329 331,011 9,280 9.4 67.1 1.9
1996 512,814 48,218 337,820 10,514 9.4 65.9 2.1
1997 524,512 47,906 349,271 10,738 9.1 66.6 2.0
1998 529,606 49,706 347,562 11,957 9.4 65.6 2.3
1999 532,436 54,023 320,119 16,023 10.1 60.1 3.0
2000 538,683 57,663 300,718 22,633 10.7 55.8 4.2
2001 545,512 58,662 312,471 21,514 10.8 57.3 3.9
2002 547,711 59,676 311,495 23,205 10.9 56.9 4.2
2003 544,894 62,251 299,987 25,255 11.4 55.1 4.6
2004 548,897 64,610 306,414 24,754 11.8 55.8 4.5
2005 551,016 66,108 329,125 19,507 12.0 59.7 3.5
2006 558,184 67,298 355,820 16,659 12.1 63.7 3.0
2007 559,090 67,175 377,776 13,287 12.0 67.6 2.4
2008 555,690 67,372 388,480 11,485 12.1 69.9 2.1
2009 559,539 68,422 382,434 12,991 12.2 68.4 2.3
2010 541,428 72,539 329,132 19,332 13.4 60.8 3.6
2011 552,358 70,465 340,143 19,107 12.8 61.6 3.5
2012 558,692 65,683 357,011 19,569 11.8 63.9 3.5
2013 558,853 63,334 375,859 16,736 11.3 67.3 3.0
2014 565,573 63,027 394,937 14,519 11.1 69.8 2.6
大卒の就職(正規・非正規)の推移[23][42][44][45]
年卒 卒業者数 就職者数 正規職員等
就職者数
非正規職員等
就職者数
就職率 正規職員等
就職率
非正規職員等
就職率
2012 558,692 357,011 335,048 21,963 63.9 60.0 3.9
2013 558,853 375,859 353,125 22,734 67.3 63.2 4.1
2014 565,573 394,768 372,509 22,259 69.8 65.9 3.9
高卒(全日制課程・定時制課程)後の進路の推移[23][42]
年卒 卒業者数 大学等
進学数
専修学校
進学数
就職数 大学等
進学率
専修学校
進学率
就職率
1990 35.3
1991 34.4
1992 1,807,175 591,520 296,249 599,072 32.7 16.4 33.1
1993 1,755,338 606,304 290,517 534,857 34.5 16.6 30.5
1994 1,658,949 598,959 275,562 459,280 36.1 16.6 27.7
1995 1,590,720 597,986 265,892 407914 37.6 16.7 25.6
1996 1,554,549 605,619 262,404 377,619 39.0 16.9 24.3
1997 1,503,748 611,431 252,998 352,963 40.7 16.8 23.5
1998 1,441,061 611,841 236,841 327,672 42.5 16.4 22.7
1999 1,362,682 602,078 228,390 275,859 44.2 16.8 20.2
2000 1,328,902 599,747 228,672 247,074 45.1 17.2 18.6
2001 1,326,844 598,849 232,625 244,505 45.1 17.5 18.4
2002 1,314,809 589,674 236,791 224,692 44.8 18.0 17.1
2003 1,281,334 571,959 241,931 212,863 44.6 18.9 16.6
2004 1,235,012 559,732 237,264 208,903 45.3 19.2 16.9
2005 1,202,738 568,336 228,858 208,746 47.3 19.0 17.4
2006 1,171,501 578,094 213,096 210,439 49.3 18.2 18.0
2007 1,147,159 587,393 193,074 212,600 51.2 16.8 18.5
2008 1,088,170 574,990 167,010 206,588 52.8 15.3 19.0
2009 1,063,581 573,037 156,221 193,563 53.9 14.7 18.2
2010 1,069,129 580,578 170,182 168,673 54.3 15.9 15.8
2011 1,008,492 548,886 161,753 160,272 54.4 16.0 16.3

内定率[編集]

内定率とは、就職希望者数のうち、就職が決まった人の割合のことである。そのため、就職を希望しない者、諦めた者は母数に入っていない。

大卒の内定率(%)の推移[33]
年卒 10月1日
現在
12月1日
現在
2月1日
現在
4月1日
現在
1996 69.8 82.0 93.5
1997 69.9 83.5 94.5
1998 73.6 84.8 93.3
1999 67.5 80.3 92.0
2000 63.6 74.5 81.6 91.1
2001 63.7 75.2 82.3 91.9
2002 65.0 76.7 82.9 92.1
2003 64.1 76.7 83.5 92.8
2004 60.2 73.5 82.1 93.1
2005 61.3 74.3 82.6 93.5
2006 65.8 77.4 85.8 95.3
2007 68.1 79.6 87.7 96.3
2008 69.2 81.6 88.7 96.9
2009 69.9 80.5 86.3 95.7
2010 62.5 73.1 80.0 91.8
2011 57.6 68.8 77.4 91.0
2012 59.9 71.9 80.5 93.6
2013 63.1 75.0 81.7 93.9
2014 64.3 76.6 82.9 94.4
2015 68.4 80.3

就職戦線状況[編集]

下の表は、人事担当者が答えたその年の就職戦線の状況である。赤い部分がその年で多く答えた分類(氷河期、どちらでもない、売り手市場)である。

就職戦線状況(%)の推移[46][47][48][49][50][51]
年卒 氷河期 どちらでもない 売り手市場
超氷河期 氷河期 まだ売り手市場 かなり売り手市場
2010 16.9 48.7 30.5 3.6 0.3
2011 12.5 51.8 29.6 5.2 0.8
2012 11.7 51.8 30.9 4.7 0.8
2013 11.0 39.3 41.3 6.8 1.8
2014 7.1 37.8 46.6 6.6 1.9
2015 1.9 11.8 61.9 19.4 5.0
  • 注意点
    • 有効求人倍率の各用語の詳細については、求人倍率を参照されたい。
    • 1990年以前有効求人倍率の推移については求人倍率の推移を参照されたい。
    • 就職内定率については、特に2010年では近年増えている就職留年も通常の留年に含めて扱っているので、実際の「就職活動した人のうち就職が決まった割合」とは差があること、過去の就職内定率とは完全には数値比較ができないことに注意する必要がある。
    • 就職者には、就職しながら進学した者も含む。

日本以外の就職氷河期[編集]

韓国[編集]

大韓民国ではアジア通貨危機1997年以後に景気が急激に悪化し、金大中政権による労働法制の改悪が追い討ちをかけ、不安定労働者(プレカリアート)が激増している。2007年時点の20代(1978年-1987年生まれ)は日本の同年代生まれと同じく就職難に遭遇し、アルバイトなどの不安定雇用に泣き寝入りしている者が非常に多い。韓国で若者就職難を平均賃金88万ウォン(非正規職の平均賃金119万ウォンに20代の給料の平均比率74%をかけた20代の平均給料)、「88万ウォン世代」と呼ばれている。この世代の月収は日本円に換算して約68700円(2009年10月現在)に相当する[52]

中華人民共和国[編集]

中華人民共和国では、2003年頃より大卒者の就職難が深刻化。就職率は7割前後に留まっているという[53]。また、地域によっても格差が激しい[54]

中華人民共和国の要因[編集]

要因としては

  1. 高学歴者の増加
  2. 雇用のミスマッチ(企業が求めている人材と、大学を卒業する就職希望者とのニーズが一致していない)

が指摘されている[53]

経済成長が続く中華人民共和国(2007年時点)では、全体的には人手不足感、それに伴う賃金上昇圧力が強まりつつある[55][56]が、大多数の企業では、低賃金で単純作業をこなす労働者を欲している一方で高学歴者の需要はそれほどではないため、高学歴者の増加に需要が追いついていない状況にある[53]

中華人民共和国の就職氷河期の影響[編集]

高学歴者の供給超過は

  • 就職難
  • 賃金の低下圧力

という状況を作り出している[53]

とくに、賃金低下はさらなる就職難を招く悪循環を引き起こしている。中華人民共和国の大学は年間2万元以上の学費等教育費を必要とする(2007年時点)が、これは農村の年収を超える額であり、農村出身の学生は借金をしながら通うことになる。そのため、卒業後に借金を返済しながら生活をするためには初任給に2500元以上が必要という[53]

ところが、高学歴者の供給超過は初任給の低下を引き起こすようになる。

『2000年当時、北京の就職市場では一般に、「3・6・9」といわれた。学士の初任給が3,000元、修士6,000元、博士9,000元という意味である。だが、北京大学教育学院の2005年度の調査では、学士の平均初任給は1,549元、修士が2,674元、博士が2,917元に激減していたのだ。』[53]より引用

この結果、一定額以上の収入が必要な新卒者は就職を見送り、翌年、好条件の就職口を探そうとし、一方で、翌年は新たな新卒者が労働市場に供給されるため、さらなる供給超過、賃金低下におちいるという悪循環が形成されているという[53]

その他の国[編集]

日本、韓国、中国以外の国でも1990年代から2000年代のグローバリゼーションに遭遇した就職氷河期が存在する。

折しも1991年の総量規制によるバブル崩壊と期を同じくして、世界情勢は1991年12月のソ連崩壊による冷戦の終結という歴史の転換点を迎え、経済面でも、旧共産圏が市場経済化するなどきわめて大きな変化がいくつも生じた。グローバリゼーションが進み、労働力の供給源が日本その他の先進工業国から、中国を初めとする新興諸国 (BRICs) へと大量に移動していったこともそのひとつである。

解雇規制の厳しいヨーロッパにおいては、すでに職に就いている中高年層の解雇や賃金カットが難しいこともあって、若者が就職難に直面している。特にスペインでは若年層の失業率が極端に高く、25歳以下の失業率は43.8%(2009年11月)となっている。

フランスでは雇用を流動化させるために、新規雇用して2年間は理由がなくとも解雇ができる法律を2006年に制定したが、当の若者自身の反発(従来の手厚い雇用保障が受けられないなどの理由)より撤回に追い込まれている。ただし、フランスでは実習生制度(スタージュ、インターンシップと訳されることもある)を正式採用前に優秀な人材を選別するシステムとして運用している会社が多いが、実質的には解雇自由の状態で若者を働かせることができるシステムとして機能しており、若年層の解雇規制には抜け道がある。実習生は正社員と同じ仕事を長期にわたり続けているにも関わらず月給200ユーロ(約2万2000円)程度の極端な低賃金で雇われることもあり、社会問題となっている。

日本の雇用史[編集]

第二次世界大戦前[編集]

第二次世界大戦前の日本では、学生は既卒後に就職することが主流であり、その求職方法もまちまちであった。

転職率も極めて高く、労働者は少しでも賃金のよいところに転職を重ねるのが普通であり、1年間における労働者の転職率が100%という時代もあった[57]

戦後からバブル崩壊前[編集]

新卒主義[編集]

第二次世界大戦後、戦地からの大量の復員(退役軍人)によって、戦中は空洞化していた日本の労働市場は人材過剰に陥り、混乱した。1947年、政府はこれを沈静化する為、職業安定法を制定し、民間の職業紹介所を廃し、雇用は全て国が管理・統制するようになった。この際、就学中である学生に対しては、一人一社主義の原則に基づいて、国と学校が協力して在学中に就職先を斡旋するという方式が取られた[58]。この職業安定法の制定により、新卒者は既卒後に苦労して職を探さずとも、在学中に職を得る事ができるようになった。また、企業側もこれに合わせ、若者を採用する際は在学中の若者(新卒者)を対象に一括採用(新卒一括採用制度)し、4月1日を以って入社させるという流れが主流となった。

このようにして、日本独自の雇用システムである“新卒一括採用制度”と、新卒者の方が職を得やすいといういわゆる“新卒至上主義”が始まった。

年功序列制度の誕生[編集]

1950年代半ば以降、日本は高度経済成長期を迎えると、国民の経済力の高まりと共に高校への進学率が急増した[59]。高校以上の新卒者に対しては、国ではなく学校が仕事を斡旋したが[60]、当時は高度経済成長期の真っ只中であった為に、多くの企業が若い労働力を必要としていた。さらに、既に新卒主義が確立しており、新卒者は就職に困る事はなかった。また、当時は就農人口も自営業率も高かった為[61]、新卒者は企業への就職以外にも「親の家業を継ぐ」「職人に弟子入りする」等の選択肢が身近にあった。

一方、高卒が主流となるにつれ、集団就職などをはじめとする中学校の新卒者に職を斡旋していた職業安定所はその役割を薄め、転職者への職業斡旋が中心となり始めた。その結果、学生は学校の斡旋により新卒の段階で就職し、再就職や転職の際に、自身の職歴に見合った仕事を職業安定所に紹介してもらうという流れが一般化した。

年功序列制度の確立[編集]

企業側では、職業安定法制定以降、4月1日に新卒者を一括入社させ続けた為、一般の社員の間でも、一期生、二期生、三期生と、入社時期に応じた階級化が進んだ。また、経済の発展と共に急速に物価が高騰し続けた為に、毎年労働者の賃金も引き上げられるようになった。その為、階級(勤続年数)に応じて労働者を昇給・昇進するという制度が採られるようになった。

当時は、年配労働者は少なく(昭和40年の55歳以上の労働者の割合は14.6%だった。しかも、高齢男子就業者の67%は“自営業者または家族従業員”であった為、企業に勤める年配労働者は極めて少なかった事が分かる[62])、逆に若年労働者(今の団塊世代)の人口が圧倒的に多かった為、勤続年数や年齢に応じて給与を決定するというシステムは、多数派の労働者(若年労働者)の給与を低く抑える事ができ、人件費の面でも都合が良かった。

最盛期[編集]

1980年代半ばから1991年に掛けて日本がバブル景気に湧くなか、企業が新卒を優遇する傾向はいっそう高まり、当時の新卒者の多くは学校の斡旋を受けずとも、企業からの売り込みに応じるという形で、簡単に大手・中堅企業に就職する事ができた[63]

バブル崩壊後[編集]

年功序列制度の破綻[編集]

戦後に誕生した新卒主義は若者の雇用を助け、高度経済成長期に誕生した年功序列制度は人件費の増大を防ぎ、日本の経済の骨子として機能していたが、1991年のバブル崩壊を境に、このシステムは機能を失い始めた。

1991年の日本のバブル経済の崩壊により企業の業績は悪化した。それだけでなく、若い社員なら大量に雇っても人件費が安く済むという利点があった、勤続年数や年齢に応じて給与を決める年功序列制度は、逆にその大量に雇用した社員が年を重ねるにつれ、人件費が高騰してしまうという問題に直面した。

それまでは曲がりなりにも好景気だったため、高騰した人件費もなんとかやりくりがついていたが、不況への突入とともに状況は一変し、高騰した人件費の問題を解決する為に、企業の多くは人件費がかさむ中高年労働者をリストラし、高卒者の採用削減も行い始めた。

大卒の求人数についてはバブル崩壊後もあまり変わらなかった。しかし、高卒の求人の減少と若者の進学志向があわさり、大学などへの進学率が急上昇した。その結果、大学の卒業者数が急激に増えた一方で大卒の求人数は変わらなかったので就職率は減少した。

非正規雇用の増加[編集]

その後、年功序列と成果主義を足し合わせたようなシステム(職歴が考慮されるが賃金が上がりにくい)に移行するところが増え、人件費が少し高い上に体力が劣る高齢者はリストラ後の特に正規雇用への再就職が困難となった。また、企業は人件費の削減のためや派遣事業の規制緩和から、派遣社員などの非正規雇用を活用することが多くなった。これらのことから、若者や高齢者や女性を中心に非正規雇用が増えた。

氷河期世代[編集]

就職氷河期世代の誕生年度

日本では、就職氷河期時に就職活動を行った世代のことを「氷河期世代」と呼ぶことがある[64]。ほかにも、「貧乏くじ世代」(香山リカ)や「ロストジェネレーション」(『朝日新聞』が2006年8月及び2007年1月5日付28-29頁の特集で使用)などと呼ばれている。この氷河期世代には安定した職に就けず派遣労働やフリーターといった社会保険のない不安定労働者(プレカリアート)である者が非常に多い。『反貧困』の著者である湯浅誠によると、負傷で解雇された氷河期世代の派遣労働者は、「夢は自爆テロ」といい放ったという[65]。なお、ここでは、大卒時に就職氷河期であった1971年度から1982年に生まれた人々を(狭義の)氷河期世代として取り上げている。

2010年以降に再び就職氷河期が襲い、その時期に大卒で就職活動を行った世代である1987年度以降に生まれた世代も氷河期世代(新氷河期世代)と呼ばれていた。・・・後述(#新氷河期世代

氷河期世代の時代背景と区分[編集]

高度経済成長期の終盤から安定成長期にかけて生まれた世代で団塊ジュニアポスト団塊ジュニアの世代と重なる。

この世代は育った時代背景によって3つの層(氷河期世代初期、氷河期世代中期、氷河期世代末期)があるといわれる。初期は1970年代前半生まれ、中期は1970年代後半生まれ、末期は1980年代前半生まれである。例えば、1970年代前半生まれである初期は、冷戦の世界や好景気の時代を知っているのに対して、1980年代前半生まれである末期は、思春期には冷戦好景気も終わっていた世代である。

それぞれの時代背景と就労の特徴
  • 氷河期世代初期:大学卒業者は急転直下の就職難に遭遇した一方で、高卒者はバブル景気の恩恵を受けたまま就職し、後の世代とは異なり大手企業に新卒で入社できた者も多い(この世代の女子は大手金融機関に高卒で入社できた最後の世代でもある)。
  • 氷河期世代中期:小中学校時代はバブル景気の最中であったが、10歳~14歳で冷戦終結や東欧革命に遭遇し、15歳~24歳の時期にグローバリズムが世界を席巻した為、いずれの学校を出ても就職難に遭遇した。
  • 氷河期世代末期:グローバリズムの時代に10代を過ごし、好景気の時代を知らないまま「就職難は織り込み済み」の時代に育った。高卒者を中心に大多数は就職難に遭遇したが、大学・大学院を卒業した者の中には就職状況の束の間の好転を受けた者もいる。

成長過程[編集]

特徴[編集]

日本における出産時の母親の年齢階級別割合の推移

無事に就職できた者でも将来を不安視している人が多く、このためバブル世代が20代だった頃とは逆に可処分所得の多くを預貯金に回している。また、1980年代生まれは、若者の車離れアルコール離れなど消費に消極的(嫌消費)であることが問題となっており、嫌消費世代とも呼ばれている[66]。これは給与所得の減少傾向や年金・保険料の値上げに伴い可処分所得が減少していることも関係し、それに見合った生活をしようとしているからである。

就職活動が長期化するうちに引きこもり状態になってしまい、生活を親の年金に依存するパラサイト・シングルもいる。また、氷河期世代の職が不安定であったことによって、結婚や出産をしていない人が多い。そのため、氷河期世代の子どもは、世代人口が少ない世代であり、さらに20代の出産の減少[67]と30代の出産の増加[68]により分散されている。

就職氷河期世代と雇用形態[編集]

日本のメディアは、中国や欧州等の就職難も同じように就職氷河期と表現するが、日本では就職氷河期が終わっても、他国と比べて就職氷河期終了後の新卒に恩恵がいきやすく、就職氷河期世代は就職で不利な状況におかれ続けるという点で違いがある。これは、日本の就職氷河期の発生原因がバブル崩壊等の不景気だけに留まらず、戦後に築かれた雇用システムである新卒主義(新卒一括採用制度と新卒至上主義)がある。

多くの企業は新卒主義を廃止しなかったため、新卒の就職率は高く、若者の失業率は低い[69]一方で、新卒の段階で就職できなかった若者(職歴が無く即戦力になりえない人材)やリストラされた中高年労働者(人件費がかさむ人材)の多くは、たとえ就職氷河期が終わっても安定した仕事にありつくことが困難な状況に追いやられることとなった。そのため就職氷河期を被った世代は、バブル崩壊を境に社会の現状に適さなくなっていったシステムにより苦しめられている状況が起き、失われた世代(ロストジェネレーション)と呼ばれるようになった。

一時期は、様々な理由で非正規雇用に陥り、貧困に苦しむ中年層が注目されたが、再び就職氷河期が訪れたことにより中高年よりも新卒の方に注目が集まるようになり、新卒を中心とした雇用対策が主となり、前就職氷河期で不安定雇用に陥った人たち、人員削減でリストラされた中高年労働者にはさらに厳しい状況となっている。

氷河期世代の前後の世代[編集]

氷河期世代の前の世代であるバブル世代も、団塊ジュニアの高卒者と同様に、1997年のアジア通貨危機や1999年の産業再生法施行後による人員削減により不安定雇用に追い込まれた者も少なくない[7]

氷河期世代の後の世代は、2006年から2008年にかけての好景気による一時的な就職氷河期から脱却した時期に就職が出来、氷河期世代と比べると楽に就職できた。しかし、更に後の世代(1987年度生まれ以降の大卒)は再び就職氷河期が訪れ、氷河期世代と同様に就職難に遭遇している。

新氷河期世代[編集]

2010年卒以降に襲った就職氷河期時期に就職活動を行う世代を新(就職)氷河期世代と呼ぶところがある[70][70][71]

2010年卒以降の就職氷河期は、求人倍率や就職率は前回の氷河期よりもまだ高めであるが、内定率は前回の氷河期以下となることが多く、前回の氷河期を超える氷河期ということで超氷河期と呼ばれていた[72]。しかし、就職率は2010年卒以降上昇しており、すぐに就職氷河期が終わったため、世代名としてほとんど定着しなかった。

脚注[編集]

  1. ^ 中央三井アセットマネジメント エコノミストの視点[リンク切れ]
  2. ^ フリーター数・ニート数の推移
  3. ^ 非正規雇用者比率の推移
  4. ^ 正規雇用者と非正規雇用者の推移
  5. ^ 国立国会図書館 若年者の雇用支援 ―現状と課題―(pdf)
  6. ^ 文部科学省 「高卒者の職業生活の移行に関する研究」中間報告
  7. ^ a b 2006年8月8日に厚生労働省が発表した「労働経済白書 2006年版」によると、35歳~44歳(1962年~1971年生まれ)のフリーターが増えている、という結果が出ている。出典:朝日新聞 2006年8月9日付8頁。
  8. ^ 学校基本調査”. 文部科学省. 2010年10月9日閲覧。
  9. ^ 例えるならば、政治経済学部を卒業した者が、新卒で介護福祉の業種に就職し、その現場で介護福祉士国家資格の取得を資格試験の受験に必要な「実務経験」が全く無い状態から目指す、などといった状況である。
  10. ^ 『朝日新聞』1997年3月24日。
  11. ^ a b c 2010年7月6日 読売新聞 就職留年7万9000人…読売調査推計
  12. ^ 『日刊ゲンダイ』2009年6月5日、7頁。
  13. ^ MYCOMジャーナル「2006年度、大学生の就職意識調査 - 社風や待遇面気にする声増加」
  14. ^ 「この国の形と憲法の姿」『週刊金曜日』2002年4月26日号(第409号)、18-22頁。
  15. ^ 「就職氷河期」再来! 質の高い学生を狙え”. 20130629閲覧。
  16. ^ “高卒内定取り消し269人 愛知15人、長野10人”. 中日新聞. (2009年2月21日). http://www.chunichi.co.jp/article/feature/koyou_houkai/list/200902/CK2009022102000203.html 2009年12月18日閲覧。 
  17. ^ 図録 学歴別就職者および大学卒就職率の推移” (2010年8月26日). 2013年6月29日閲覧。
  18. ^ 2010年8月6日 東京新聞 大卒就職率 下げ幅最大 7.6ポイント減60.8%
  19. ^ 新卒採用が厳しいのは雇用のミスマッチが生じているためのだという意見がある
  20. ^ “就職氷河期は再来するのか”. みずほ日本経済インサイト. (2010年4月14日). http://www.mizuho-ri.co.jp/research/economics/pdf/japan-insight/NKI100414.pdf 
  21. ^ 人事担当者に聞く、2014年新卒採用に関する調査
  22. ^ 売り手市場で“協定破り”の企業続出 すでに内定が出ている2016年卒
  23. ^ a b c d e e-Stat 学校基本調査
  24. ^ 図録外国人労働者数の推移”. 社会実情データ. 2010年11月16日閲覧。、学生の大手志向により大企業に就職希望者が殺到していて逆に中小企業には就職希望者が集まらないこと、
  25. ^ 大学Times、「特集」就職内定率ではわからない本当の大学生就職戦線の現実
  26. ^ 「青少年雇用機会確保指針」のご案内
  27. ^ 「2015年度・新卒採用に関する企業調査-内定動向調査」
  28. ^ “商社団体、採用時期遅らせ検討 経団連にも要請”. 47NEWS. (2010年10月6日). http://www.47news.jp/news/2010/10/post_20101006190822.html 
  29. ^ a b 採用選考に関する指針”. 2014年2月25日閲覧。
  30. ^ “就活開始2か月遅らせ12月1日 「効果ない」「負担増える」との不満も”. J-CASTニュース. (2011年1月13日). http://www.j-cast.com/2011/01/13085465.html?p=all 
  31. ^ 第26回ワークス大卒求人倍率調査(2010年卒)
  32. ^ ワークス研究所 大卒求人倍率調査(2000年卒)
  33. ^ a b c 社会実情データ図録 就職内定率の推移(大卒)
  34. ^ 調査研究成果データベース
  35. ^ a b e-Stat 一般職業紹介状況
  36. ^ 厳選採用の傾向続く。設計・開発エンジニアを募集する企業が求める応募要件とは”. 2013年6月29日閲覧。
  37. ^ 16万人の「大学は出たけれど」:日経ビジネスオンライン
  38. ^ 図録就職内定率の推移(大卒)”. 社会実情データ. 2011年1月18日閲覧。
  39. ^ リクルート『大学生の就職内定状況調査(2014年卒)』2013年 5月度 [速報版]”. 2013年6月29日閲覧。
  40. ^ 質疑応答集(高等教育機関編)
  41. ^ ワークス研究所 大卒求人倍率調査(2012年卒)
  42. ^ a b c 学校基本調査-結果の概要
  43. ^ 学校基本調査 年次統計
  44. ^ 学校基本調査 年次統計
  45. ^ 2012年卒以降正規非正規の統計が公表されるようになった
  46. ^ “人事担当者に聞く”2010年新卒採用に関する調査
  47. ^ “人事担当者に聞く”2011年新卒採用に関する調査
  48. ^ “人事担当者に聞く”12年新卒採用に関する調査
  49. ^ 人事担当者に聞く、13年新卒採用に関する調査
  50. ^ 人事担当者に聞く、2014年新卒採用に関する調査
  51. ^ 人事担当者に聞く、2015年新卒採用に関する調査
  52. ^ “韓国“就職氷河期世代”の民意”. 読売新聞. (2007年12月26日). http://job.yomiuri.co.jp/news/jo_ne_07122606.cfm 
  53. ^ a b c d e f g “【明解要解】「大学は出たけれど…」中国で就職氷河期”. 産経新聞. (2007年12月20日) 
  54. ^ 『日系企業の面接…熱気 「氷河期」の中国大卒者』
  55. ^ 『2009年に労働力不足?驚愕の専門家予測』2006年9月1日付配信
  56. ^ 『都市部で労働力不足も 中国、農村振興で回帰』2007年6月6日付配信 フジサンケイビジネスアイ
  57. ^ 明治30年、農商務省編纂「職工事情」(現在、岩波文庫にて復興)
  58. ^ 職業安定法:第25条の3方式
  59. ^ 文部省『わが国の教育水準』帝国地方行政学会1964 年 P 10
  60. ^ 職業安定法:第33条の2方式
  61. ^ 農林水産基本データ集1955年の就農人口は1454万人であり、ピークであった。
  62. ^ 厚生労働省白書 昭和44年度版
  63. ^ バブル景気参照の事
  64. ^ NIRA研究報告書 就職氷河期世代のきわどさ 高まる雇用リスクにどう対応すべきか p1142008年4月
  65. ^ 『日刊ゲンダイ』2008年7月2日、5頁。
  66. ^ 週刊ダイヤモンド 「嫌消費」世代 経済を揺るがす「欲しがらない」若者たち” (2009年12月). 2011年1月1日閲覧。
  67. ^ 厚生労働省 出生動向の多面的分析”. 2011年1月1日閲覧。
  68. ^ 図録合計特殊出生率の推移(日本と諸外国)”. 社会実情データ. 2011年1月1日閲覧。2006年から2008年にかけて合計特殊出生率を増加させた一因として氷河期世代である団塊ジュニアの出産がある。
  69. ^ 第10回 HRmicsレビュー その2
  70. ^ a b 新就職氷河期世代も辛酸をなめ続けるのか
  71. ^ '11新入社員“新氷河期世代”の傾向 2011年度入社予定内々定者意識調査について
  72. ^ 【超氷河期の就職活動】100社に不採用を告げられることも珍しくない/焦燥感に加えてあきらめも漂う

関連項目[編集]

外部リンク[編集]