日本の人口統計

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
日本の旗日本の人口統計
Population of Japan since 1872.svg
日本の人口の推移(1872年 - 2009年)と
将来予測(2010年以降)
人口 128,057,352人[1]
国勢調査、2010年10月1日現在)
人口密度 343.4人/km²[2]
増減率 増加 0.2%[2]
出生率 8.5人/人口1,000人[3]
(2010年人口動態統計確定数)
死亡率 9.5人/人口1,000人[3]
(2010年人口動態統計確定数)
平均寿命
– 男性 79.55歳[4]
– 女性 86.30歳[4]
合計特殊出生率 1.39人[5]
(2010年人口動態統計確定数)
乳児死亡率 1000出生あたり2.3人[3]
(2010年人口動態統計確定数)
年齢構成
平均年齢 45.0歳[2]
14歳以下 13.2%[2]
15 - 64歳 63.8%[2]
65歳以上 23.0%[2]
男女比(女性1人当たりの男性の人数)
全年齢 1.05人[6]
0歳(出生時) 0.95人[6]
14歳以下 0.95人[6]
15 - 64歳 0.99人[6]
65歳以上 1.35人[6]
国民
国民 日本人
言語
公用語 日本語
特に断りのない限り、数値データは2010年度国勢調査確報値を基に掲載している。
このテンプレートを表示

日本の人口統計(Demographics of Japan)は、総務省統計局がまとめる国勢調査または各都道府県による人口統計値を表したもの。日本OECD諸国の中で最も少子高齢化が進んでおり、世界のどの国も経験したことのない速度で人口高齢化が進行している[7]

日本人の数は125,358,854人(2010年10月1日時点の確定値)で、前回調査(2005年)に比べ37万人(0.3%)減少した[8]

日本の総人口は2014年の人口推計によると、1億2729万8千人(2013年10月1日時点の推計)で,前年に比べ21万7千人(0.17%)の減少となった。[9]。 日本人の数は1億2570万4千人(2013年10月1日時点の推計)で、前年に比べ25万3千人(0.2%)の減少となった。[10]。日本は人口減少社会に突入している。

国外に居住する日本人は、2016年では131万7078人(男性63万3383人、女性68万3695人)であった[11]。おおよそ人口の1%が海外に居住していることとなる。

平均寿命[編集]

最新の生命表である「平成17(2005)年完全生命表」によると、平均寿命(0歳における平均余命)は、男78.56年、女85.52年で、前回(平成12年)の完全生命表と比較して、男は0.84年、女は0.92年上回った。

平均寿命の年次推移をみると、第二次世界大戦前は50年を下回っていたが、戦後初の1947年(昭和22年)の第8回生命表の平均寿命は男50.06年、女53.96年と50年を上回った。その後、約60年経過し、男は28.50年、女は31.56年延びている。65歳における平均余命は、男18.13年、女23.19年となっており、平均余命の年次推移をみると各年齢とも回を追うごとに延びている。

人口の推移[編集]

凡例 (Legend):     総数 (TOTAL)、     男 (MALE)、     女 (FEMALE)

日本の人口の推移のグラフ(平成20年度人口動態調査特殊報告から生成)
日本の出生数(棒グラフ,目盛左)と合計特殊出生率(折れ線グラフ,目盛右)。1947年以降。
近年、合計特殊出生率は増加しているにもかかわらず、出生数の減少は続いている。
1966年の出生数・出生率の急激な落ち込みは丙午によるものである。

日本の人口は、明治の初めまでは, 3,000 万人程度で推移していた。

日本の出生率低下は戦前から始まっていたが、戦時中の出産先送り現象のため終戦直後の1940年代後半にはベビーブームが起き、出生数は年間約270万人に達した(1947年の合計特殊出生率は4.54)。

しかし1950年代には希望子供数が減少し、人工妊娠中絶(1948年合法化)の急速な普及をバネに出生数は減少し、1961年には、出生数159万人(合計特殊出生率1.96)にまで減少した[12]

その後、出生数が若干回復傾向を示し、1960年代から1970年代前半にかけて高度成長を背景に出生率は2.13前後で安定する[* 1]。このとき、合計特殊出生率はほぼ横ばいであったが、出生数は増加し、200万人以上となったため第二次ベビーブームと呼ばれた。

しかし1973年をピーク(出生数約209万人、合計特殊出生率 2.14)として、第一次オイルショック後の1975年には出生率が2を下回り、出生数は200万人を割り込んだ。以降、人口置換水準を回復せず、少子化状態となった。

その後さらに出生率減少傾向が進み、1987年には一年間の出生数が丙午のため出産抑制が生じた1966年(約138万人)の出生数を初めて割り込み、出生数は約135万人であった。1989年の人口動態統計では合計特殊出生率が1.57となり、1966年の1.58をも下回ったため「1.57ショック」として社会的関心を集めた[13]。同年、民間調査機関の未来予測研究所は『出生数異常低下の影響と対策』と題する研究報告で2000年の出生数が110万人台に半減すると予想し日本経済が破局的事態に陥ると警告した[14]。一方、厚生省(現・厚生労働省)の将来人口推計は出生率が回復するという予測を出し続けた[15]1992年度の国民生活白書で少子化という言葉が使われ、一般に広まった。さらに、1995年に生産年齢人口(15-64歳)が最高値(8,717万人)、1998年に労働力人口が最高値(6,793万人)を迎え、1999年以降、減少過程に入った。

その後も出生率の減少傾向は続き、2005年には、出生数が約106万人、合計特殊出生率は1.26と1947年以降の統計史上過去最低となり[12]、総人口の減少も始まった。2005年には同年の労働力人口は6,650万人(ピークは1998年の6,793万人)であったが、少子化が続いた場合、2030年には06年と比較して1,070万人の労働力が減少すると予想される[16]

その後、若干の回復傾向を示し、2010年には出生数が約107万人、合計特殊出生率が1.39となった[17]。なお、2011年の概数値は、出生数が約105万人、合計特殊出生率が1.39であった[18][19]

しかし、15歳から49歳までの女性の数が減少しており、そのため、合計特殊出生率が上昇しても出生数はあまり増加せず、2005年に出生数が110万人を切って以降、出生数は110万人を切り続けている[12]

日本の出生に関するデータの推移[20]
1970 1980 1990 2000 2001 2002 2003 2004 2005 2006 2007 2008 2009 2010 2011
出生数(万人) 193.4 157.7 122.2 119.1 117.1 115.4 112.4 111.1 106.3 109.3 109.0 109.1 107.0 107.1 105.1
出生率(‰) 18.8 13.6 10.0 9.5 9.3 9.2 8.9 8.8 8.4 8.7 8.6 8.7 8.5 8.5 8.3
標準化出生率(‰) 15.26 12.76 10.74 9.51 9.29 9.21 8.99 8.95 8.72 9.06 9.16 9.34 9.31 9.40 9.14
合計特殊出生率 2.13 1.75 1.54 1.36 1.33 1.32 1.29 1.29 1.26 1.32 1.34 1.37 1.37 1.39 1.39
純再生産率 1.00 0.83 0.74 0.65 0.64 0.64 0.62 0.62 0.61 0.64 0.64 0.66 0.66 0.67 0.67

出生数と死亡数[編集]

出生数と合計特殊出生率の推移
は出生率などが前年よりも下回る数値)[21][22]
出生数 合計特殊出生率
1947 2,678,792 4.54
1948 2,681,624 4.40
1949 2,696,638 4.32
1950 2,337,507 3.65
1951 2,137,689 3.26
1952 2,005,162 2.98
1953 1,868,040 2.69
1954 1,769,580 2.48
1955 1,730,692 2.37
1956 1,665,278 2.22
1957 1,566,713 2.04
1958 1,653,469 2.11
1959 1,626,088 2.04
1960 1,606,041 2.00
1961 1,589,372 1.96
1962 1,618,616 1.98
1963 1,659,521 2.00
1964 1,716,761 2.05
1965 1,823,697 2.14
1966 1,360,974 1.58
1967 1,935,647 2.23
1968 1,871,839 2.13
1969 1,889,815 2.13
1970 1,934,239 2.13
1971 2,000,973 2.16
1972 2,038,682 2.14
1973 2,091,983 2.14
1974 2,029,989 2.05
1975 1,901,440 1.91
1976 1,832,617 1.85
1977 1,755,100 1.80
1978 1,708,643 1.79
1979 1,642,580 1.77
1980 1,576,889 1.75
1981 1,529,455 1.74
1982 1,515,392 1.77
1983 1,508,687 1.80
1984 1,489,780 1.81
1985 1,431,577 1.76
1986 1,382,946 1.72
1987 1,346,658 1.69
1988 1,314,006 1.66
1989 1,246,802 1.57
1990 1,221,585 1.54
1991 1,223,245 1.53
1992 1,208,989 1.50
1993 1,188,282 1.46
1994 1,238,328 1.50
1995 1,187,064 1.42
1996 1,206,555 1.43
1997 1,191,665 1.39
1998 1,203,147 1.38
1999 1,177,669 1.34
2000 1,190,547 1.36
2001 1,170,662 1.33
2002 1,153,855 1.32
2003 1,123,610 1.29
2004 1,110,721 1.29
2005 1,062,530 1.26
2006 1,092,674 1.32
2007 1,089,818 1.34
2008 1,091,156 1.37
2009 1,070,035 1.37
2010 1,071,304 1.39
2011 1,050,806 1.39
2012 1,037,101 1.41
2013 1,029,816 1.43
2014 1,003,532 1.42
2015 1,005,656 (未確定) 1.46

厚生労働省の人口動態統計によると、1980年以降20代の出生率は低下し、30代の出生率は上昇しているが、全体の出生率は下がり続けている。また、1980年ごろまでは、20代後半で産む割合が5割以上であったが、それ以降減少し、2003年には30代前半よりも低くなり、2009年には、約3割にまで減少している。さらに、30代後半で産む割合が増加傾向であり、2009年には約2割にまで上昇している。1980年以降、未婚率、平均初婚年齢、初産時平均年齢は上昇している。1972年から2002年までの調査では、完結出生児数は2.2人前後と安定した水準を維持しており、合計特殊出生率は低下しても、結婚した女性に限れば産む子供の平均の数は変わらなかったが、2005年の調査から出生児数の低下がみられ、2010年の完結出生児数は1.96人まで低下した。

第12回出生動向基本調査(2002年)によると、結婚持続期間が0-4年の夫婦の平均理想子供数と平均予定子供数は上の世代より減少しており、少子化の加速が懸念される。

近年の日本の自然増減数の推移[23]
出生数 死亡数 自然増減数 合計特殊出生率
2000 1,190,547 961,653 228,894 1.36
2001 1,170,662 970,331 200,331 1.33
2002 1,153,855 982,379 171,476 1.32
2003 1,123,610 1,014,951 108,659 1.29
2004 1,110,721 1,028,602 82,119 1.29
2005 1,062,530 1,083,796 -21,266 1.26
2006 1,092,674 1,084,450 8,224 1.32
2007 1,089,818 1,108,334 -18,516 1.34
2008 1,091,156 1,142,407 -51,251 1.37
2009 1,070,035 1,141,865 -71,830 1.37
2010 1,071,304 1,197,012 -125,708 1.39
2011 1,050,806 1,253,066 -202,260 1.39
2012 1,037,101 1,256,254 -219,153 1.41
2013 1,029,816 1,268,436 -238,620 1.43
2014 1,003,532 1,273,020 -269,488 1.42
日本の出生率(青線)と死亡率(赤線)
日本における出産時の母親の年齢階級別割合の推移

日本の合計特殊出生率[編集]

1971年-1974年のベビーブームを含め、ほぼ2.1台で推移していたが、1975年(昭和50年)に2.00を下回ってから低下傾向となり、2005年(平成17年)には1.26にまで落ち込んだ。その後、2006年(平成18年)には6年ぶりに上昇し、2002年(平成14年)と同率となり、2011年(平成23年)現在では1.39となっている[24]

ただし、厚生労働省は、2000年代後半に30代後半であった人口の多い団塊ジュニア世代の駆け込み出産や、景気回復などを上昇の要因に挙げており、景気の悪化による影響に注意したいと述べている[25]

地域特性と少子化[編集]

厚生労働省の1998年から2002年までの人口動態統計によると、市区町村別の合計特殊出生率は渋谷区が最低の 0.75 であり、最高は沖縄県多良間村の 3.14 であった。少子化傾向は都市部に顕著で、2004年7月の「平成15年人口動態統計(概数)」によれば、最も合計特殊出生率が低い東京都は全国で初めて 1.00 を下回った(発表された数字は 0.9987 で、切り上げると1.00となる)。一方、出生率の上位10町村はいずれも島(島嶼部)であった。

首都圏(1都3県)については、20-39歳の女性の約3割が集中しているにもかかわらず、出生率は低く次の世代の再生産に失敗している。そのため、「都市圏の出生率が低くても地方から人を集めればいいという安易な発想は、日本全体の少子化を加速させ、経済を縮小させる」との指摘がある[要出典]

年齢別人口[編集]

日本の人口推移(1935–2010年)[26]
人口 年齢層割合 (%)
0–14 15–64 65+
1935年 69,254千人 36.9 58.5 4.7
1940年 73,075千人 36.1 59.2 5.7
1945年 71,998千人 36.8 58.1 5.1
1950年 84,115千人 35.4 59.6 4.9
1955年 90,077千人 33.4 61.2 5.3
1960年 94,302千人 30.2 64.1 5.7
1965年 99,209千人 25.7 68.0 6.3
1970年 104,665千人 24.0 68.9 7.1
1975年 111,940千人 24.3 67.7 7.9
1980年 117,060千人 23.5 67.3 9.1
1985年 121,049千人 21.5 68.2 10.3
1990年 123,611千人 18.2 69.5 12.0
1995年 125,570千人 15.9 69.4 14.5
2000年 126,962千人 14.6 67.9 17.3
2005年 127,768千人 13.7 65.8 20.1
2010年 128,058千人 13.2 63.7 23.1

年齢3区分別の人口は、年少人口(0-14歳)は1743万5千人で前年に比べ15万人の減少、生産年齢人口(15-64歳)は8373万1千人で69万1千人の減少となっているのに対し、老年人口(65歳以上)は2660万4千人で84万3千人の増加となった。

総人口に占める割合は、年少人口が13.6%、生産年齢人口が65.5%、老年人口が20.8%となり、前年に比べ、年少人口が0.2ポイント、生産年齢人口が0.6ポイントそれぞれ低下し、老年人口が0.6ポイント上昇している。

総人口に占める割合の推移は、年少人口は、1975年(昭和50年)(24.3%)から一貫して低下を続け、2006年(平成18年)(13.6%)は過去最低となっている。生産年齢人口は、1982年(昭和57年)(67.5%)から上昇を続けていたが、1992年(平成4年)(69.8%)をピークに低下している。一方、老年人口は、1950年(昭和25年)(4.9%)以降上昇が続いており、2006年(平成18年)(20.8%)は過去最高となっている。


以下のグラフは各歳別総人口を示すいわゆる人口ピラミッドを表したものである[27][28]。複数の戦争前後による人口の減少・増加が現れる。

年齢各歳別総人口 2013年10月1日現在
男女計(千人単位)
C10.pngまたはY10.png平成生まれ、G10.pngまたはR10.png昭和生まれ、B10.pngまたはM10.png明治大正生まれを示す。
年齢 人口
0 歳 C100.pngC03.pngC01.png 1,042
1 C100.pngC03.pngC01.png 1,042
2 C100.pngC05.pngC01.pngC01.png 1,067
3 C100.pngC03.pngC01.png 1,044
4 C100.pngC03.pngC01.png 1,044
5 C100.pngC05.pngC01.pngC01.png 1,073
6 C100.pngC05.pngC01.pngC01.png 1,069
7 C100.pngC05.pngC01.png 1,061
8 C100.pngC05.pngC01.png 1,059 (合計特殊出生率1.26[29]
9 C100.pngC10.png 1,099
10 C100.pngC10.pngC01.pngC01.png 1,118
11 C100.pngC10.pngC05.png 1,149
12 C100.pngC10.pngC05.pngC01.pngC01.png 1,166
13 C100.pngC10.pngC05.pngC03.png 1,177
14 C100.pngC10.pngC05.pngC03.png 1,179
15 C100.pngC10.pngC10.png 1,198
16 C100.pngC10.pngC05.pngC03.pngC01.png 1,193
17 C100.pngC10.pngC05.pngC03.pngC01.png 1,186
18 C100.pngC10.pngC10.pngC03.png 1,229
19 C100.pngC10.pngC10.pngC03.pngC01.png 1,241
20 C100.pngC10.pngC10.pngC01.pngC01.png 1,221
21 C100.pngC10.pngC10.pngC03.pngC01.png 1,238
22 C100.pngC10.pngC10.pngC03.png 1,228
23 C100.pngC10.pngC10.pngC05.png 1,246
24 C100.pngC10.pngC10.pngC05.pngC01.pngC01.png 1,272
25 G100.pngG30.png 1,304
26 G100.pngG30.pngG03.png 1,334
27 G100.pngG30.pngG05.pngG01.png 1,360
28 G100.pngG30.pngG10.pngG01.png 1,414
29 G100.pngG30.pngG10.pngG05.pngG01.png 1,458
30 G100.pngG30.pngG10.pngG05.pngG03.png 1,475
31 G100.pngG30.pngG10.pngG05.pngG03.png 1,480
32 G100.pngG50.png 1,498
33 G100.pngG50.pngG05.pngG01.pngG01.png 1,565
34 G100.pngG50.pngG10.pngG01.png 1,605
35 G100.pngG50.pngG10.pngG05.pngG01.pngG01.png 1,674
36 G100.pngG50.pngG10.pngG10.pngG01.pngG01.png 1,715
37 G100.pngG50.pngG30.png 1,801
38 G100.pngG50.pngG30.pngG05.pngG03.png 1,884
39 G100.pngG50.pngG30.pngG10.pngG05.pngG03.pngG01.png 1,986 (第2次ベビーブーム)
40 G100.pngG100.pngG01.pngG01.png 2,022 (第2次ベビーブーム)
41 G100.pngG50.pngG30.pngG10.pngG05.pngG03.png 1,983 (第2次ベビーブーム)
42 G100.pngG50.pngG30.pngG10.pngG03.png 1,933 (第2次ベビーブーム)
43 G100.pngG50.pngG30.pngG05.pngG03.png 1,879
44 G100.pngG50.pngG30.pngG05.png 1,850
45 G100.pngG50.pngG30.pngG01.png 1,811
46 G100.pngG50.pngG30.pngG01.png 1,805
47 G100.pngG30.pngG10.pngG01.png 1,412 (丙午の出生減少)
48 G100.pngG50.pngG10.pngG10.pngG05.png 1,746
49 G100.pngG50.pngG10.pngG03.png 1,633
50 G100.pngG50.pngG05.pngG03.pngG01.png 1,594
51 G100.pngG50.pngG03.pngG01.png 1,541
52 G100.pngG50.pngG01.pngG01.png 1,516
53 G100.pngG50.pngG03.png 1,528
54 G100.pngG50.pngG05.pngG01.png 1,555
55 G100.pngG30.pngG10.pngG01.png 1,514
56 G100.pngG30.pngG10.pngG05.pngG01.pngG01.png 1,472
57 G100.pngG50.pngG05.png 1,546
58 G100.pngG50.pngG10.png 1,599
59 G100.pngG50.pngG10.png 1,600
60 G100.pngG50.pngG10.pngG10.png 1,700
61 G100.pngG50.pngG10.pngG10.pngG05.pngG03.pngG01.png 1,793
62 G100.pngG50.pngG30.pngG10.png 1,900
63 G100.pngG100.pngG03.pngG01.png 2,042
64 G100.pngG100.pngG10.pngG10.pngG03.png 2,231 (第1次ベビーブーム
65 G100.pngG100.pngG10.pngG10.pngG01.png 2,210 (第1次ベビーブーム
66 G100.pngG100.pngG10.png 2,096 (第1次ベビーブーム
67 G100.pngG30.pngG01.png 1,306 (WW-II終戦の出生減少)
68 G100.pngG30.pngG10.png 1,396 (WW-II終戦の出生減少)
69 G100.pngG50.pngG10.pngG05.pngG03.pngG01.png 1,692
70 G100.pngG50.pngG10.pngG03.png 1,631
71 G100.pngG50.pngG10.pngG05.pngG01.pngG01.png 1,665
72 G100.pngG50.pngG10.pngG01.png 1,608
73 G100.pngG30.pngG10.pngG05.png 1,447
74 G100.pngG10.pngG10.pngG05.png 1,247 (日中戦争動員の出生減少)
75 G100.pngG30.pngG01.pngG01.png 1,315
76 G100.pngG30.pngG03.png 1,329
77 G100.pngG30.pngG01.png 1,307
78 G100.pngG10.pngG10.pngG01.pngG01.png 1,224
79 G100.pngG10.pngG03.png 1,127
80 G100.pngG10.png 1,096
81 G100.pngG03.pngG01.png 1,035
82 G50.pngG30.pngG10.pngG05.pngG01.png 957
83 G50.pngG30.pngG05.pngG01.pngG01.png 870
84 G50.pngG30.png 804
85 G50.pngG10.pngG10.pngG03.pngG01.png 735
86 G50.pngG01.pngG05.pngG01.png 664
87 G50.pngG01.png 602
88 B50.pngB01.png 507
89 B30.pngB10.pngB01.pngB01.png 417
90 B30.pngB05.png 348
91 B10.pngB10.pngB05.pngB03.pngB01.png 291
92 B10.pngB10.pngB03.pngB01.png 238
93 B10.pngB10.png 204
94 B10.pngB03.png 134
95 B10.pngB01.png 111
96 B05.pngB03.pngB01.png 87
97 B05.pngB01.pngB01.png 67
98 B03.pngB01.png 44
99 B03.png 33
100歳以上 B05.pngB01.png 55
年齢各歳別総人口
2009年10月1日現在, 男女別(千人単位)
年齢
553 C10.pngC10.pngC05.pngC03.png 0 歳 Y10.pngY10.pngY05.pngY03.png 525
560 C10.pngC10.pngC05.pngC03.png 1 Y10.pngY10.pngY05.pngY01.pngY01.png 532
556 C10.pngC10.pngC05.pngC03.png 2 Y10.pngY10.pngY05.pngY01.png 528
550 C10.pngC10.pngC05.pngC03.png 3 Y10.pngY10.pngY05.pngY01.png 522
536 C10.pngC10.pngC05.pngC01.pngC01.png 4 Y10.pngY10.pngY05.pngY01.png 513
557 C10.pngC10.pngC05.pngC03.png 5 Y10.pngY10.pngY05.pngY01.pngY01.png 532
570 C10.pngC10.pngC05.pngC03.pngC01.png 6 Y10.pngY10.pngY05.pngY01.pngY01.png 542
587 C10.pngC10.pngC05.pngC03.pngC01.png 7 Y10.pngY10.pngY05.pngY03.png 558
595 C30.png 8 Y10.pngY10.pngY05.pngY03.png 565
606 C30.png 9 Y10.pngY10.pngY05.pngY03.pngY01.png 574
604 C30.png 10 Y10.pngY10.pngY05.pngY03.pngY01.png 574
611 C30.pngC01.png 11 Y10.pngY10.pngY05.pngY03.pngY01.png 582
608 C30.png 12 Y10.pngY10.pngY05.pngY03.pngY01.png 580
606 C30.png 13 Y10.pngY10.pngY05.pngY03.pngY01.png 577
618 C30.pngC01.png 14 Y10.pngY10.pngY05.pngY03.pngY01.png 589
619 C30.pngC01.png 15 Y10.pngY10.pngY05.pngY03.pngY01.png 589
610 C30.pngC01.png 16 Y10.pngY10.pngY05.pngY03.pngY01.png 580
622 C30.pngC01.png 17 Y30.png 590
622 C30.pngC01.png 18 Y30.png 594
640 C30.pngC01.pngC01.png 19 Y30.pngY01.png 614
665 C30.pngC03.png 20 Y30.pngY01.pngY01.png 637
690 G30.pngG05.png 21 R30.pngR03.png 657
712 G30.pngG05.pngG01.png 22 R30.pngR03.pngR01.png 676
729 G30.pngG05.pngG01.png 23 R30.pngR03.pngR01.png 684
754 G30.pngG05.pngG03.png 24 R30.pngR05.png 709
765 G30.pngG05.pngG03.png 25 R30.pngR05.pngR01.png 725
766 G30.pngG05.pngG03.png 26 R30.pngR05.pngR01.png 728
752 G30.pngG05.pngG03.png 27 R30.pngR05.pngR01.png 725
760 G30.pngG05.pngG03.png 28 R30.pngR05.pngR01.pngR01.png 731
789 G30.pngG05.pngG03.pngG01.png 29 R30.pngR05.pngR03.png 762
808 G30.pngG10.png 30 R30.pngR05.pngR03.pngR01.png 781
838 G30.pngG10.pngG01.pngG01.png 31 R30.pngR10.pngR01.png 815
862 G30.pngG10.pngG03.png 32 R30.pngR10.pngR01.pngR01.png 836
905 G30.pngG10.pngG05.png 33 R30.pngR10.pngR03.pngR01.png 878
948 G30.pngG10.pngG05.pngG01.pngG01.png 34 R30.pngR10.pngR05.pngR01.png 920
998 G50.png 35 R30.pngR10.pngR05.pngR03.png 969
1,013 G50.pngG01.png 36 R30.pngR10.pngR05.pngR03.pngR01.png 989
995 G50.png 37 R30.pngR10.pngR05.pngR03.png 969
970 G30.pngG10.pngG05.pngG03.pngG01.png 38 R30.pngR10.pngR05.pngR01.pngR01.png 948
942 G30.pngG10.pngG05.pngG01.pngG01.png 39 R30.pngR10.pngR05.pngR01.png 922
925 G30.pngG10.pngG05.pngG01.png 40 R30.pngR10.pngR05.pngR01.png 910
908 G30.pngG10.pngG05.png 41 R30.pngR10.pngR05.png 893
905 G30.pngG10.pngG05.png 42 R30.pngR10.pngR03.pngR01.png 889
708 G30.pngG05.png 43 R30.pngR05.png 700
879 G30.pngG10.pngG03.pngG01.png 44 R30.pngR10.pngR03.png 867
824 G30.pngG10.pngG01.png 45 R30.pngR10.pngR01.png 812
801 G30.pngG10.png 46 R30.pngR10.png 792
774 G30.pngG05.pngG03.pngG01.png 47 R30.pngR05.pngR03.png 767
764 G30.pngG05.pngG03.png 48 R30.pngR05.pngR03.png 757
768 G30.pngG05.pngG03.png 49 R30.pngR05.pngR03.png 765
783 G30.pngG05.pngG03.pngG01.png 50 R30.pngR05.pngR03.pngR01.png 782
759 G30.pngG05.pngG03.png 51 R30.pngR05.pngR03.png 762
739 G30.pngG05.pngG01.pngG01.png 52 R30.pngR05.pngR01.pngR01.png 742
778 G30.pngG05.pngG03.pngG01.png 53 R30.pngR05.pngR03.pngR01.png 782
804 G30.pngG10.png 54 R30.pngR10.png 809
803 G30.pngG10.png 55 R30.pngR10.pngR01.png 811
851 G30.pngG10.pngG03.png 56 R30.pngR10.pngR03.png 866
896 G30.pngG10.pngG05.png 57 R30.pngR10.pngR05.pngR01.png 916
949 G30.pngG10.pngG05.pngG01.pngG01.png 58 R30.pngR10.pngR05.pngR03.pngR01.png 973
1,018 G50.pngG01.png 59 R50.pngR03.png 1,050
1,115 G50.pngG05.pngG01.png 60 R50.pngR05.pngR03.png 1,151
1,103 G50.pngG05.png 61 R50.pngR05.pngR01.pngR01.png 1,144
1,044 G50.pngG01.pngG01.png 62 R50.pngR03.pngR01.png 1,087
650 G30.pngG03.png 63 R30.pngR03.pngR01.png 685
692 G30.pngG05.png 64 R30.pngR05.pngR01.pngR01.png 742
839 G30.pngG10.pngG01.pngG01.png 65 R30.pngR10.pngR05.png 908
813 G30.pngG10.pngG01.png 66 R30.pngR10.pngR03.pngR01.png 882
829 G30.pngG10.pngG01.png 67 R30.pngR10.pngR05.png 908
801 G30.pngG10.png 68 R30.pngR10.pngR03.pngR01.png 881
723 G30.pngG05.pngG01.png 69 R30.pngR10.png 803
622 G30.pngG01.png 70 R30.pngR05.png 698
653 G30.pngG03.png 71 R30.pngR05.pngR01.pngR01.png 748
663 G30.pngG03.png 72 R30.pngR05.pngR03.png 766
651 G30.pngG03.png 73 R30.pngR05.pngR03.png 766
609 G30.png 74 R30.pngR05.pngR01.pngR01.png 734
560 G10.pngG10.pngG05.pngG03.png 75 R30.pngR05.png 692
543 G10.pngG10.pngG05.pngG01.pngG01.png 76 R30.pngR03.pngR01.png 689
514 G10.pngG10.pngG05.pngG01.png 77 R30.pngR03.png 667
477 G10.pngG10.pngG03.pngG01.png 78 R30.pngR01.pngR01.png 638
433 G10.pngG10.pngG01.pngG01.png 79 R30.png 599
402 G10.pngG10.png 80 R10.pngR10.pngR05.pngR03.pngR01.png 576
368 G10.pngG05.pngG03.png 81 R10.pngR10.pngR05.pngR01.pngR01.png 546
332 G10.pngG05.pngG01.pngG01.png 82 R10.pngR10.pngR05.pngR01.png 515
300 G10.pngG05.png 83 R10.pngR10.pngR05.png 494
254 B10.pngB03.png 84 M10.pngM10.pngM03.png 450
204 B10.png 85 M10.pngM10.png 394
162 B05.pngB03.png 86 M10.pngM05.pngM03.png 360
134 B05.pngB01.pngB01.png 87 M10.pngM05.pngM01.png 323
110 B05.pngB01.png 88 M10.pngM03.pngM01.png 283
98 B05.png 89 M10.pngM03.png 264
307 B10.pngB05.png 90歳以上 M50.pngM01.png 1,024


将来の人口推計[編集]

日本の総人口は今後長期的に減少していくが高齢者人口は増加を続け、2042年(平成54年)に3878万人でピークを迎え、その後は減少に転じると推計されている[30]

「2005年(平成17年)10月1日の国勢調査」に基づく「2055年までの将来の人口推計」が、2006年(平成18年)12月に公表されたが[31]、近年の出生率低下や寿命の延びを反映して、前回の2002年推計よりも少子高齢化が一層進行し、本格的な人口減少社会になるとの見通しが示された。

歴史的人口統計[編集]

人口調査の歴史[編集]

日本初の戸口調査は紀元前の崇神天皇時代に行われたとされる。7世紀には全国戸籍「庚午年籍」や「庚寅年籍」が作成され、この制度は平安時代初期まで続いていた。

江戸時代に入ると宗門人別改帳制度が成立した。しかし本格的な全国人口調査が始まったのは18世紀徳川吉宗時代からである。

日本における国勢調査は、1920年(大正9年)に第1回国勢調査が実施された。2010年(平成22年)に実施された平成22年国勢調査で第19回目の調査となる。

国勢調査開始以前の日本の明治大正期の人口調査と推定人口に関しては国勢調査以前の日本の人口統計を参照。

歴史人口学による推計[編集]

現代の歴史人口学研究者の推定では、日本の人口は8世紀には450〜650万人。1000万人を越えたのは中世後期、早くとも15世紀以降と考えられている。江戸時代前半の17世紀に急増し、18世紀から19世紀は3000万人前後で安定化した。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ ただし、丙午であった1966年は出生数138万人、合計特殊出生率は1.58であった。

出典[編集]

  1. ^ 平成22年 国勢調査人口等基本集計結果 要約 (PDF)”. 総務省統計局 (2011年10月26日). 2012年11月1日閲覧。
  2. ^ a b c d e f 平成22年 国勢調査人口等基本集計結果 結果の概要 第1部 結果の解説 (PDF)”. 総務省統計局 (2011年10月26日). 2012年11月1日閲覧。
  3. ^ a b c 平成22年(2010)人口動態統計(確定数)の概況 第3表-2 人口動態総覧(率)、都道府県(20大都市再掲)別 (PDF)”. 厚生労働省 (2011年12月1日). 2012年11月1日閲覧。
  4. ^ a b 第21回生命表(完全生命表)の概況 3.第21回生命表について (PDF)”. 厚生労働省 (2012年5月31日). 2012年11月1日閲覧。
  5. ^ 平成24年版 子ども・子育て白書 第2章 出生率等の現状 第1節 近年の出生率等の状況 1.出生数、出生率の推移 (PDF)”. 内閣府. 2012年11月1日閲覧。
  6. ^ a b c d e 平成22年 国勢調査人口等基本集計結果 結果の概要 第2部 資料 (PDF)”. 総務省統計局 (2011年10月26日). 2012年11月1日閲覧。
  7. ^ 高齢社会白書. 内閣府. (2013). http://www8.cao.go.jp/kourei/whitepaper/index-w.html. 
  8. ^ 日本人の人口、初の減少=10年国勢調査確定値-総務省”. 時事ドットコム. 2011年10月30日閲覧。
  9. ^ 総務省 統計局. “人口推計(平成25年10月1日現在)”. 2014年6月6日閲覧。
  10. ^ 総務省 統計局. “人口推計(平成25年10月1日現在)”. 2014年6月6日閲覧。
  11. ^ 海外在留邦人数調査統計 2016年要約版 (Report). 外務省. (2016-10-01). http://www.mofa.go.jp/mofaj/toko/tokei/hojin/. 
  12. ^ a b c 平成21年(2009)人口動態統計(確定数)の概況”. 厚生労働省. 2011年6月13日閲覧。
  13. ^ 柳沢房子「フランスにおける少子化と政策対応」、『レファレンス』、国会図書館、2007年11月NAID 40015710824
  14. ^ “2000年には出生数半減”. 東奥日報: p. 3. (1989年10月30日) 
  15. ^ 出生率 東京1.0割る”. YOMIURI ONLINE (2004年6月11日). 2010年7月10日閲覧。
  16. ^ 「30年に1070万人減=労働力人口、昨年比で - 厚労省」 時事通信、2007年11月28日。
  17. ^ 平成22年(2010)人口動態統計(確定数)の概況”. 厚生労働省. 2012年4月24日閲覧。
  18. ^ 平成23年 人口動態統計月報年計(概数)の概況”. 厚生労働省. 2012年6月9日閲覧。
  19. ^ 厚生労働省 人口動態調査厚生労働省の発表する人口動態調査には、公表数値から推計した年間推計、月ごとの概数を合計した月報年計(概数)、月報年計に修正を加えた確定数の3種類があり、それぞれ翌年の1月1日、6月上旬、9月上旬に公表される
  20. ^ 第2章 人口・世帯 2-22 出生、死亡、死産、婚姻及び離婚数、2-25 標準化人口動態率及び女性の人口再生産率(統計局)
  21. ^ 平成21年(2009)人口動態統計(確定数)の概況 人口動態総覧の年次推移(厚生労働省)
  22. ^ 平成21年(2009)人口動態統計(確定数)の概況 人口動態総覧(率)の年次推移(厚生労働省)
  23. ^ 厚生労働省 人口動態調査
  24. ^ 平成21年(2009)人口動態統計(確定数)の概況 第2表-2 人口動態総覧(率)の年次推移”. 厚生労働省. 2010年12月23日閲覧。
  25. ^ 図録 合計特殊出生率の推移(日本と諸外国)”. 社会実情データ. 2010年12月23日閲覧。
  26. ^ [1] Population by Age Group and Indices of Age Structure(Excel:29KB)
  27. ^ World Population Prospects: The 2015 Revision, Key Findings and Advance Tables (Report). United Nations, Department of Economic and Social Affairs, Population Division (2015). (2015-07-29). ESA/P/WP.241.. http://esa.un.org/unpd/wpp/Publications/. 
  28. ^ 人口推計(平成21年10月1日現在)‐全国:年齢(各歳),男女別人口 ・ 都道府県:年齢(5歳階級),男女別人口‐(総務省統計局)
  29. ^ 1947年以降の統計で最低の数値である。
  30. ^ 将来推計人口でみる50年後の日本”. 内閣府. 2014年2月8日閲覧。
  31. ^ 日本の将来推計人口(平成18年12月推計)”. 国立社会保障・人口問題研究所. 2010年10月27日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]